またたくま

五つの目で視たその日そのとき・・・

世間はクリスマスイブ

2018-12-24 20:18:33 | 日記


サッカー競技を撮るために、採算度外視で買ってしまった 100-400mm ズームレンズ
昔は、400mm なんて外で振り回すほか能がないレンズだったけど
今どきのは違うんだなぁ、寄れるのだ
98cm まで寄れてしまう、寄っても十分にシャープな絵が撮れる
スタジオでの物撮りもオッケーなのだった、やれやれこれでなんとか元が取れるよ・・・






思い出は白黒すぎて

2018-12-15 18:02:58 | 日記


これは1982年頃の山中湖、撮ったカメラはOLYMPUS XA2、トライXをD76 1:1希釈液で現像
レンズは4枚構成のD.ZUIKO 35mm F3.5、ピント合わせはゾーンフォーカス(要は目測)
このカメラ、グッドデザイン大賞を授かったそれはそれはグッドデザインなカメラでした
残念ながら今は手元にない、売った記憶はないから捨ててしまったのかなぁ・・なんてことを





こちらもXA2、トライX D76 1:1希釈液で現像
時は1983年夏 門前仲町にて16ミリ映画の撮影中、わたしは役者として参加
この作品じつは未完成ということを数年前の同窓会で知ってショーック・・・







目から鱗ではないけれど

2018-12-14 20:19:35 | 日記

ええ なんとか国体後遺症からは抜け出せたよーな気がしてますが・・
ここにきて持病の白内障が手術しごろな状態になりまして
右目左目と順次手術を受けることとなりました
またもやお客様にはご不便をおかけするやもしれませぬ・・・
すでに右目が術後3日ですが、まー世の中きれいなこと、そしてなんとハイコントラスト!
もう左目の番が待ち遠しくて仕方ありません
撮影は今日からじわじわはじめていますが、山登りは1月下旬までよしておいたほうがよさそう




先日28ミリレンズを手に入れました
28ミリ単焦点を買うのはじつに1994年以来のことです(ビオゴン28ミリだった)
その焦点距離はずーっとズームレンズで楽をしておりました・・・
フランジバックの短いミラーレスカメラでは広角レンズの設計に無理がなくなるわけで
このFE28mm F2も間違いないセレクトだったようです





なんとなく

2018-11-08 22:25:55 | 日記

国体の後遺症?から未だ抜け出せず
お待ちいただいているお客さま、本当にごめんなさい、浮気しないでね




そのむかし写真技術概論の故新川幸信先生が講義中に絶賛されていたのがタムロン90ミリマクロレンズ
今では新旧マウント違いで3本所有している
古いのなんか売っぱらっちまえばいいのだけれど、先生お薦めのレンズと思えば愛おしくもあり
どうせ二束三文だし防湿庫の肥やしそれもよし

古い90ミリをこれまた古めのα900に取り付けてファインダーをのぞきこむ
実のところ人の目の画角は70ミリレンズくらいだと聞いたことがあるけれど
70ミリはやや望遠だから、きょろきょろして映ったものを瞬時に脳で合成しているのだろう
人は目で見ているようで実は脳で見ているのだともいえる
老いて視野が狭くなるのは目玉の劣化ばかりではなく脳の働きの鈍化のせいではないかな

α900のファインダーの優秀さも手伝ってか、
この90ミリでもファインダーから目を離してものぞいても見え方にそれほどの差がない
ふーん、この組み合わせでしばらく遊んでみるか





色収差にスポットフレア、仕事で使うには看過できない欠点があるのだけれど
お遊びにはそんな緩さもまたよし・・・なんて遊んでる場合じゃないですね。。









ナイスベンザ

2018-09-01 18:57:36 | 日記


便座が冷やっとした朝
くもりのち雨のちくもり、日没時ちょい晴れ
9月に入るなりすごし易い一日でした・・