紫の物語的解釈

漫画・ゲーム・アニメ等、さまざまなメディアにひそむ「物語」を抽出して解釈を加えてみようというブログです。

最終回を語れ!~【ダイの大冒険】編

2012-11-24 23:06:30 | 最終回を語れ!

ある作品の最終回を取り上げて徹底的に語るコーナーです。
今回は『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』の最終回について語ります。
コーナーの性質上ネタバレ全開となりますので未読の方はご注意ください。

もともとは、ファミコンゲームソフト『ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』の
販促的な企画で「週刊少年ジャンプ」に掲載されたこの作品ですが、
いざ連載が始まってみると、メディアミックスの企画漫画とは思えないほどの
人気を博しました。

当初はバラン編の直後に大魔王バーンが現れて最終戦に突入する予定だった
みたいですが、その人気の過熱っぷりから物語構成は大きく変更され、
1989年から1996年までの間、実に7年間に渡り長期の連載が展開されました。
(全344話)

物語は当初の主旨から一切ブレることなく、最終回前話までで大魔王バーンを倒す
という大目的を達成し、ついに物語は大団円を迎えることとなります。


  最終話「さらば!!! 愛する地上よ」

342話「さらば!我が友」、343話「さらば!!大魔王」ときて、
クライマックスの「さらば」シリーズ三部作完結編とでも言うべき
最終話「さらば!!! 愛する地上よ」です。

上昇を続けるバーンパレスはついに地上を見下ろす遥か天空まで
昇りつめました。
竜魔人と化した勇者ダイと鬼眼王と化した大魔王バーンの死闘は
苛烈を極めましたが、最後はついに勇者ダイが勝利するに至りました。

地上の仲間たちは遥か天空の勇者ダイの帰還を待ち続けます。
そして、ついに・・・!



ダイが、勇者ダイが地上へ帰ってきました!



落ちてくる勇者ダイを受け止める役は、ダイの一番の親友であるポップでした。

「この役だけは誰にも渡せねえぇっ!!」

ポップ悲願の勇者の凱旋でした!!



仲間たちからもみくちゃにされる勇者ダイ。
ダイにとっては自分が生命をかけて守った地上の人々から受ける
さっそくの祝福でした。
ところが、そんな祝福ムードに水を差すような不気味な声色が響きます。



そこへ現れたのは、なんと死神キルバーン!
アバンがたしかに首を刎ねたはずのキルバーンがなんと生きていたのです。
驚愕する一同に、キルバーンが自らの正体を明かします。



なんと、いままでキルバーンだと思っていた道化師の姿の男は
実はただの人形で、キルバーンの使い魔と思われた一つ目ピエロこそが
本当のキルバーンだったのです。
そして・・・!



キルバーンの人形の顔面にはなんと、いまわしき魔界の爆弾
「黒の核晶(コア)」が取り付けられていました。
ダイの父親・バランの命を奪ったり、大魔王バーンが地上破壊のために用いた
いわく付きの爆弾です。

キルバーンの本当の主は、魔界にいる冥竜王ヴェルザー。
地上破壊を目的とする大魔王バーンとは違い、地上そのものを欲しいヴェルザーは
キルバーンに機を見てバーンを暗殺するように命じていたのでした。
バーンは地上の勇者たちが倒してくれたが、大魔王以上の力を持つ
地上の勇者たちは非常に危険・・・!
キルバーンは黒の核晶を起動させ、地上の勇者を一掃しようとします。



その瞬間、はじかれたように飛び出した者たちがいました。
ダイとポップ・・・!
二人は核晶が起動したキルバーンの人形を抱えて上空へと飛び上がります。
手放している時間はなく、このまま二人は地上を守るために
心中してしまうことになります・・・!
でも、ポップはダイとふたりならそれでもかまわないと思いました。
・・・が、



ダイはポップを引き離しました。

・・・許してくれポップ
こうする事が・・・!!
こうして自分の大好きなものをかばって生命をかける事が・・・!!!
ずっと受け継がれてきた・・・
おれの使命なんだよ!!!



黒の核晶の大爆発から、地上は守られました・・・。
が、勇者ダイの姿はどこにもありませんでした。



それから数週間、仲間たちは世界中を探し歩きましたが、
勇者ダイの行方をつかむことはできませんでした・・・。

地上に突き立てられたダイの剣をみたポップには、
それがまるで墓のように見え縁起でもないと思いました。



しかし、それは勇者ダイが帰ってくる目印だといいます。
ダイの剣の宝玉はまだ光を失ってはいません。
それは、持ち主がまだ生きているということ・・・!
ダイがいまどこにいるかはわかりませんが、確実に生きています!
生きていれば、また会える!
ダイの帰ってくる場所は、地上(ここ)しかないのだから!



そうだ あいつが戻るその日まで
おれたちが世界を守っていこう
いつの日か あいつを見つけても
あいつが自分で帰ってきても




美しい大地や街並みや
平和な人々の暮らしを見て
これがおれの守った地上なんだ と
誇らしく胸をはれるようにしよう・・・!




ふたたび勇者が帰ってくる
その日のために・・・!!



  語り尽くせ、最終回!

さーて、いかがでしたか『ダイの大冒険』の最終回は。

単純に大魔王を倒してバンザーイ!で終わりではなく、
本当の最後の敵にキルバーンを据えたのは当時ちょっとした衝撃がありました。
しかも、キルバーンの本体が実は一つ目ピエロのピロロの方だった!
というのも驚きの展開です。
最後の最後まで、こういう驚きの演出を挟むのは原作の三条陸先生の
匠の仕事を感じます。
それも、キルバーンの再登場は単純に驚きの演出のためだけではなく、
さまざまな要素をもって、エンディングの印象を引き締めるのに効果を
発揮しています。

まずは、「その後」への妄想を読者にかきたてさせる効果をもっています。
いままで話には何度か登場していた「冥竜王ヴェルザー」の目的である
「地上制圧」がキルバーンによって地上の者たちに明かされますが、
ヴェルザーは現在、魔界で岩に封印されています。
そんなヴェルザーが何故地上を欲しがるのか・・・?
この辺は、実は大魔王バーンを倒したあとも「魔界編」なる展開に
続く予定もあったことによる名残らしいのですが、
それにしても、こういう続編への妄想の余地を残してくれたことで
ファンはいまだにこれをネタに語ることができるわけで、
エンディングにてほんの少しの謎を残すことは意外と良い味を出す
要素だったりするわけです。

そして、なんと言っても黒の核晶が発動したキルバーンをダイとポップが
なんとかしようとするシーン!
ダイがポップを引き離したときに、読者は気付かされます。
ダイは、「勇者」であり「竜の騎士」だったのだと。

最終戦の折、大魔王バーンと勇者ダイが対峙した際に
バーンはダイに以下の問いかけを投げていました。

余の部下にならんか?

人間は最低だぞダイ おまえほどの男が力を貸してやる
価値などない連中だ
そんな奴らのために戦って…それで勝ってもどうなる…?

…賭けてもいい 余に勝って帰っても
おまえは必ず迫害される…!

そういう連中だ 人間とは
奴らが泣いてすがるのは 自分が苦しい時だけだ
平和に慣れればすぐさま不平不満を言いはじめよる
そして…おまえは英雄の座をすぐ追われる…

勝った直後は少々感謝しても
誰も純粋な人間でない者に頂点に立って欲しいとは思わない…!
それが人間どもよ…!

(レオナの反論)違うわ! 絶対に私たちはそんな事しない…!

…それは姫よ そなたがダイに個人的好意を抱いているからにすぎん

それではバランの時と変わらん
たった一人の感情では"国"などという得体の知れないものは
どうしようもない事は公事にたずさわるそなたなら
ようわかろう・・・?

・・・だが余は違う!
余はいかなる種族であろうとも強い奴に差別はせん!
反旗をひるがえした今でもバランやハドラーに対する
敬意は変わらんよ・・・

・・・さあ!どうするダイ!
無益と判っている勝利のために生命を賭けるか?
おまえの価値を判っている者のために働くか・・・?



大魔王のこの問いかけに、ダイは「"NO"」と答えました。
そのときダイがバーンに語った言葉が印象的でした。

人間たちが好きだっ!!
おれを育ててくれたこの地上の生き物すべてが好きだっ!!!

…もし本当におまえの言う通りなら…
地上の人々すべてがそれを望むのなら… おれはっ…

おれはっ・・・!

 …おまえを倒して…! この地上を去る…!!



今回の、黒の核晶が発動する瞬間にも
上記のニュアンスと似たようなセリフをダイが発言しています。


こうして自分の大好きなものをかばって生命を賭ける事が…!
ずっと受け継がれてきた…おれの使命なんだよ!!


黒の核晶をかかえながら、ポップを引き離したダイの姿をみたとき、
この言葉とともにダイが大魔王へ投げかけた言葉がダブって
胸によみがえった読者も多かったかもしれません。

こういった、ダイの「勇者」や「竜の騎士」としての使命感を
あらためて提示する
という意味でも、キルバーンの再登場から
黒の核晶発動までのラストエピソードは役割を発揮していると言えます。


最後の2ページをつかって、サブキャラクターたちの
その後が描かれていたのもかなり良かったです。





この2ページ。
『ダイの大冒険』という作品は、主人公たち以外のサブキャラたちの
ドラマもなかなか見ごたえのある作品でした。
で、この2ページにサブキャラたちのドラマの決着や今後の展望などが
見てとれます。

まずは、ポップとマァムとメルル
メルル登場時からちょいちょい描かれていたこの三人の三角関係ですが、
ポップとマァムが完全にニブチンで、メルルが超ひかえめだったために
作中まったく進展しなかったのが特徴でした。
読者もこの三人の関係の進展についてはまったく期待せずに読んで
いたんじゃないでしょうか。
これが、バーンパレス突入時のポップのアバンのしるしのゴタゴタで
一気に、ポップ→マァムが好き メルル→ポップが好き
というのが発覚して(当事者たち以外は全員知ってましたが…)
当人たちとしてはギクシャクする間もなく、すぐに最終決戦へと突入して
しまったので、これは決戦後にあらためて三人で会ったときに
さぞや気まずかったことでしょう…
そんな気まずさを克服したのか、このコマではなんと三人一緒に冒険してます!
そういえばポップ、バーンパレスでマァムに告白までしたのに
ハッキリ返事もらってないんだよね・・・
これは、もしかしてこの三人でラブコメ展開あるか!?
ということを妄想させてくれるひとコマでした。

そして、アバン先生とフローラ女王様
なんとアバン先生、玉座らしきものにちゃっかりとおさまってます。
もうこれはケツのコンしたことに間違いはありませんが、
考えてみればフローラさまもずいぶん可哀想でしたね。
出会ったときからアバン先生に惚れてたことは明確なのに、
アバン先生ってば、魔王ハドラーを倒したらすぐに弟子あつめに
奔走するわ、デルムリン島でメガンテかまして実は無事だったのに
一切無事を報告せずに地元の洞窟にこもって延々とダンジョン攻略
ですもんね・・・。
これはバーン戦後はフローラさまがガッチリとアバン先生を拘束したに
ちがいありません・・・

ヒュンケルとラーハルト
いっしょに旅してますけど・・・
ヒュンケル、あんた重傷で戦士引退したんじゃないの・・・?
きっといつもの"不死身"パワーであっさりと復活したんでしょう。
ヒュンケルの一番の親友はクロコダインだったはずですが、
ぽっと出で、しかも復活までしたラーハルトがあっさりとその場を
奪っていきました。

その下のコマのエイミさんもヒュンケルを奪われたひとりw
エイミさん一度告白までしてフラれてんのになー
これどこまで追いかけるつもりでしょうか・・・。
(行き着く先がちょっとコワい)

獣王遊撃隊+先代獣王+ブラスじいちゃん
魔物たちはやっぱりデルムリン島で暮らすのが住み心地いいでしょうね。
クロコダインのおっさん、戦いがおわったら嫁探しするとか
言ってたけど、いい嫁みつかった?

ニセ勇者一行とマトリフ師匠
ピラァオブバーンで世界が消し飛ぶ直前に、最後のピラァに
あらわれたニセ勇者たちは、マトリフに激を飛ばされながらも
ピラァ内の黒の核晶を凍らせることに成功しました。
マトリフから、
「最後にチョコっと手を出すだけで英雄になれるんだ こんなボロイ役はねぇ」
とおだてられた結果がこのコマ・・・
あきらかに金品巻き上げられてて英雄になってるようには・・・

ロン・ベルクと北の勇者ノヴァ
このコマみているだけで目から水がでやがる・・・
ノヴァといえば、初登場時は「勇者はひとりでいい」とかそんな感じの
自己中心的ないけすかない青年でした。
それがダイをみているうちに次第に考えがあらたまっていき、
最終戦では「真の勇者とは自らよりもむしろみんなに勇気を起こさせる者だ」
という悟りに達し、命がけの行動で他の者たちに勇気を
ふり起こさせようとしていました。
ロン・ベルクはこのノヴァの行動をみて、自分も生命を賭ける
決意をして、見事に超魔ゾンビとなったザボエラを討ちました。
しかし、この戦いによってロン・ベルクの腕は崩壊し、
武器鍛冶としては致命的な深手を負ってしまいました・・・。
ノヴァはロン・ベルクの手となり、ロン・ベルクに師事して
武器鍛冶を志します。
このひとコマでは、ノヴァが熱心に槌をふるう姿と、
それを満足そうに眺めるロン・ベルクが読者の胸を打ちます・・・。

さいご、レオナ姫・・・
思えば、作中決して活躍してないわけではないのに
こんなにもヒロインとしての存在感のないキャラもいないんじゃないでしょうか…
たぶん、活躍が政治とかそういう方向だから主人公たちの向きと
合致しなかったり、恋愛方面やるにしてもダイが超絶ドライだからといった理由で
ヒロイン的においしい思いが一切できなかったんじゃないかなと思います。
(最後にダイを受け止める役も、ポップに「この役だけは誰にも渡さねぇ」とかで
 譲ってもらえなかったし)
あ、でもフレイザード戦では氷漬けにされたのを勇者から助け出されてたから
そこがピークか・・・。
バーンパレス突入前からは突然キャラ的に優遇されだしたんですけどね。
フローラ様からしるしを与えられてアバンの使徒と同格に格上げされたり、
アバンですら身につけられなかった大破邪呪文ミナカトールを覚えたり、
アバン本人から、アバンの後継者役のお墨付きをもらったり、
あげく、大魔王との戦いでおっぱいポロリまでしてしまうんですよ!
おっと、最後のは失言でした・・・。
とにかく、ここまでやってる彼女になんでこんなに
ヒロインイメージが付かないのか…
この作品最大の謎かもしれないです・・・。


・・・とまぁ、こんな感じで『ダイの大冒険』の最終回は
さまざまなことを思い起こさせてくれる非常に良質な
最終回だったと思います。

拍手ボタン
記事が面白かったらポチっとよろしくです。

◆関連記事◆
【ダイ大・ロト紋読み比べ】作中の経過時間について【ダイ大編】
【ダイの大冒険】「ドラクエ」を漫画化するということ
【ダイの大冒険】ハドラーの物語を追う
【ダイの大冒険】アバンの物語を追う
【ダイの大冒険】獣王クロコダインの物語を追う
【師匠キャラの言葉】~アバン先生編
【師匠キャラの言葉】~マトリフ師匠編
細かすぎて伝わらない名場面【ダイの大冒険編】

コメント (13)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 『魔法陣グルグル2』は【外伝... | トップ | 【故キャラを偲ぶ】~パクノ... »
最新の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2012-11-25 21:16:51
ダイの大冒険…懐かしいです。最終回をリアルタイムで読んだ時は、ダイが帰って来なかったことでとてもショックだったのを覚えています…
…と、今回の記事を読んでしんみりしていたのに、レオナ姫についての考察が鋭すぎて最後で思いっきり笑ってしまいました。確かに、ラブコメ要素が薄いせいでヒロインとしては存在感がなかったのかも。ヒュンケルとポップの二人を手玉に取りつつ?、作中では結論を出さなかったマァムの方がよっぽどヒロインだった気がします(笑)
Unknown (Unknown)
2012-11-27 09:40:32
ビィトをやるくらいなら、魔界編をやってほしかったです。
ヴェルザーもドラゴラムでドラゴンになった元人間かなと予想してましたが・・・
ダイだけでなく稲田先生までも生死不明になってしまいましたが
Unknown (Unknown)
2012-11-28 11:08:21
万が一亡くなられたのであれば、休載中の作品があるのだから集英社から公表されるでしょう。
魔界編、というより続編はやらなくて良かったと思います。
綺麗に完結していますし、本家ドラクエとは大きくかけ離れた作品になってましたから。
Unknown (Unknown)
2012-12-16 23:22:20
名作中の名作ですね・・・
伏線が残りまくりなのが残念
あんまりダイのキャラは好きじゃ無い! (ダイアンチ)
2013-10-02 22:03:25
こんばんは!ちょっと突っ込んでいいですか?
…賭けてもいい 余に勝って帰っても、おまえは必ず迫害される…!
とか何とか言ってますが、おびえて?迫害する様な人間がいたとして
何で…おまえを倒して…! この地上を去る…!!
と言わなくちゃならないの?と言いたいです。

まず迫害、ダイの力が恐ろしいのは明白ですが、その恐ろしさに、迫害という攻撃を与えうる力が
あるじてんで迫害を与える人に、ダイを殺したりできるかもしれないという希望的観測があるのは間違いないです。

ならば、なぜ人々はダイを恐れる必要があるんですかとまずは言いたい!
なんだかんだ言って、バランは殺されかけましたからね!
ダイは迫害されたらこう言えばいいのです。
「僕を殺す力があるのに、なぜ僕を恐れるの?」

自分には…おまえを倒して…! この地上を去る…!!ってきどったセリフにしか聞こえないな
そのせいでこのセリフが嫌いだ!

後、ダイにはバーンと話し合いを持ちかけてほしかったな!
力こそ正義ってバーンのセリフ肯定してるようにしか見えなくてね…
バーンも立場の違う正義なのは明らかだし…
交渉決裂でもいいから、話し合いを持ち掛ける展開が欲しかったと今は思ってます!

「力こそ正義という物の負けたらお前は悪になるし、メリットも無い」とか言って、諭す事もしてないしな…
そのせいかダイのこんな物が正義であってたまるかのセリフ大嫌いだしな!
暴力を否定したかったら、もっと真剣になれよと!実際ダイの方が力で勝ってたしな!
諭す事はいくらでもできたはずだし、ルールもちかけて戦う事もできたはずですし
(ダイ又はバーンが自分で言ったルールを破るバーンが見えたけど)
ダイが本当に暴力を否定していたとは思えないな!
Unknown (Unknown)
2013-10-28 20:49:17
バーンが地上を滅ぼすことは、ダイや人間達にとって到底受け入れられることではありません。
そして、魔界全てを背負っているバーンを心変わりさせることは到底できないと確信したでしょう(207話「太陽を我が手に」の演説)。
しかしバーンを力で打倒して、勝てば自分たちが正義だなんてやはり間違っている、ともダイは思っている。
こんなものが正義であってたまるか! という叫びは、バーンが語った「力こそ正義」が正しいと理解しているからこそ出た言葉でしょう。
叫びとともに流れる涙が、ダイの悲しみを証明しています。

魔界を踏みにじりながら地上の人間たちが太陽の恩恵と平和を享受している、という構図は結局解決していません。
魔界編でヴェルザーと戦いながら、これを解決する予定だったのでしょうね。今となっては想像しかできませんが。
Unknown (Unknown)
2014-12-23 17:17:33
あれ?
本誌と単行本じゃタイトルや内容違ってる!?
それはさておき、
大魔王さまは… バーン様は何のために生きてきたんだ…?
犬死でしか無かったのか!

人間が魔族や竜を根絶やしにする未来しか見えない!
大魔王さまだってダメだったんだ!
オリハルコンすらも素手で壊す(しかも骨にヒビが入っている状態で)のに
非力なオレ達(魔族や竜)なんかが戦ったって勝てないんだ…
もう魔界に光は永遠に来ないんだ!!!!!!!!

俺らを根絶やしにするんだろぉがぁ!!!!!!!
人間に消える事のない憎悪(死んでも消えない)を
持つ魔族や竜が出てもおかしくないだろうな…

作画の稲田浩司が病気で死ねば、
永遠に帰って来る事はない…
嘘つき!
Unknown (Unknown)
2016-01-20 18:51:30
あんまりダイのキャラは好きじゃ無い! (ダイアンチ)

もうちょっと日本語頑張れよ低能
Unknown (お茶妖精)
2016-06-07 19:39:51
偶然か運命かダイは本当に人間の前から姿を消しましたが、ほんとあの後にどうなったんでしょう。
また姿を現してどこかの王様になって人間同士の争いに介入して負けたほうから魔王と言われるのか。たぶんそうなんだと思います。そして「ダイ魔王」と呼ばれることに・・・。
力こそ正義 (ヨシアキ)
2016-11-17 14:37:11
> 作中では結論を出さなかったマァムの方がよっぽどヒロインだった気がします(笑)

同感。レオナがいまいちヒロインと感じられないのは、大たちと一緒に冒険している場面がマアムほど描かれてなくて、ダイたちと一緒に濃密な時間を過ごしている印象がないからでしょうね。

> 魔界編
うーん、続かなくてもよかったかなあ。ヴェルザーはバランに倒されてるわけなのでバーンほど強くはないだろうし。まあ「ドラクエIII」で大魔王ゾーマの力を弱めるために光の玉を使ったように、ヴェルザーの力を弱めるために何らかのアイテムを天界の妖精あたりから授かってそれをバランが使って弱体化した上で封印してる可能性もあるけど。

> 「力こそ正義」
このセリフで思い出しましたけど昔、ヒュンケル役の堀秀行さんが初主演&デビュー作となるアニメ「タイガーマスク二世」のオープニング冒頭で「力が正義なのではない。正義が力だ!」とこのセリフを堀さん演じるタイガーマスク二世が言ってましたね。

もしアニメが続いてたら声優ネタでバーンにこう言い返すシーンとかあったらよかったかも。同じ東映アニメだし。

コメントを投稿

最終回を語れ!」カテゴリの最新記事