アリサカスクール ~マッサ・カンタービレ~ 東京都目黒区八雲教室

有坂まさよし テノール歌手です。
東京都と新潟県でアリサカスクール(声楽、ピアノ、イタリア語)を経営しています。

ミニ音楽史22!!

2017-04-30 16:17:34 | 音楽
今日もベートーヴェンについてお話をします。
ベートーヴェンの父親は宮廷歌手で、ベートーヴェンの音楽的才能を伸ばすために、彼に才能教育を与えました。10歳の時に母親を亡くし、その時から一家の面倒をみるという苦労をしましたが、1792年、22歳の時にウィーンに出て、ハイドンに師事します。その時、ピアニストとしても注目され、しだいに音楽家として頭角を現していきました。それから、弟子の教育や依頼作品の報酬、演奏料、作品の出版印税による収入などを得て、音楽家としての地位を確立していきました。ベートーヴェンは音楽家の人生を最初から現代の音楽家のような活動スタイルで実践した音楽家と言っていいと思われます。また、ベートーヴェンは時代の移り変わりに的確に対応した人物だったのです。
ベートーヴェンの音楽がそれ以前の音楽と最も違うところは、音楽に人の心を盛り込んだところです。彼は旋律、旋律から作られる主題、主題のリズムや和声、主題の設定、主題の展開技法といったものに人の感情や知性を取り入れ、音楽で表現しました。音楽は、感覚を理論化・形式化して表現される形式美から人の感情を率直に表現できる人間の言葉のようなものに変化しました。また、ベートーヴェンは非常に幸運だっだのでしょう。なぜなら、ピアノは現代とほぼ同じ機能を備えていて、オーケストラも2管編成に定着しました。つまり、人間の感情を表現するための音楽スタイルが揃いつつあったということです。
ベートーヴェンは音楽の新たな可能性を開いた作曲家だったと私は思います。
コメント

ワンポイント・イタリア語レッスン65!!

2017-04-29 22:54:23 | イタリア語
それでは、初級イタリア語レッスンを開始します。

【ミニ会話8】
続き…

- Si, ho gustato una trota squisita. Dopo pranzo abbiamo passato qualche ora, pescendo o passeggiando intorno al lago. Insomma, ieri è stata una giornata bellissima.

はい、おいしい鱒を味わいました。昼食後、釣りをしたり、湖のまわりを散歩したりして、数時間過ごしました。要するに、昨日はとてもいい日でした。

≪ミニ文法≫
過去分詞の種類と動詞の変化について解説します。

まず、過去分詞です。動詞の語尾の違いによって変化が違います。
~are→~ato:andare→andato
~ere→~uto:ricevere→ricevuto
~ire→~ito:sentire→sentito
この過去分詞には不規則変化もあります。それは1つずつ覚えていくしかありません。
例:fare→fatto, prendere→presoなど

次に動詞の変化を解説します。
〘essereが助動詞の場合〙
(io)sono andato
(tu)sei andato
(lui/lei)è andato
(noi)siamo andati
(voi)siete andati
(loro)sono andati
※この変化の時、単数は主語が男性で、複数は主語が男性だけの場合と男性・女性が一緒の場合です。

主語が女性の場合は語尾が変わります。
(io)sono andata
(tu)sei andata
(lui/lei)andata
(noi)siamo andate
(voi)siete andate
(loro)sono andate

〘avereが助動詞の場合〙
(io)ho mangiato
(tu)hai mangiato
(lui/lei)ha mangiato
(noi)abbiamo mangiato
(voi)avete mangiato
(loro)hanno mangiato
※この場合、主語が男性でも女性でも語尾が同じ変化をします。

[ミニ単語]
gustare(味わう) / trota(鱒)/ squisito(すばらしくおいしい) / insomma(要するに)

〚ミニ復習〛
1 あなたたちはパスポートを持っていますか。 - はい、持っています。

2 先生、あなたはクレジットカードを持っていますか。 - いいえ、持っていません。

さあ、イタリア語の醍醐味を味わっていますか。イタリア語は主語によって、また時制によって動詞は変化します。この変化については1つずつ覚えていくことが大切です。この動詞の変化を制することでイタリア語をマスターするができます。
それでは、また次回。Ciao ciao!!
コメント

楽しいレッスンの始まり!!

2017-04-27 17:05:36 | アリサカスクール・ありさかピアノ教室
先日、はつらつとした新入生さんがレッスンに来てくれました。


さあ、レッスン開始です。しっかりとしたタッチでピアノ演奏をしています。


手を交差して演奏するテクニックにも挑戦です。難しいテクニックを修得していきます。いいね


ピアノを弾く姿勢も凜としています。弾く姿勢がしっかりしていることも重要ですね。良いですね


オクターブを弾くときの手の形も綺麗ですね。素晴らしい


ペダルの練習もしました。これからペダルの踏み方もレッスンしていきます。


今日のレッスンの感想を客観的に書いていきます。自分のレッスンをしっかりと振り返ることは大切ですね。

これからたくさんの作品を愉快に学んでいこうね
Cara mia studentessa
コメント

ミニ音楽史21!!

2017-04-26 14:27:03 | 音楽
今日は、楽聖といわれるベートーヴェン(1770-1827)についてお話をします。
ベートーヴェンが生きた時代、音楽は一部貴族階級の独占的な芸術から市民階級も楽しめるものになっていきました。これは社会情勢の影響によるものです。例えば、ベートーヴェンが1792年にウィーンに出たとき、すでにフランス革命が勃発しており、ヨーロッパを支配していた絶対主義が崩壊しつつあり、市民階級が世の中に強く影響を与える社会が形成され、世紀後半の国民主義的な傾向へと変貌していました。
音楽家も自ら音楽事業をしていく、一音楽事業家になっていくのです。つまり現代の音楽家と同じです。ベートーヴェン自身も宮廷楽長のような貴族の肩書きで活動するのではなく、一音楽家として音楽事業を展開していました。また、時代が音楽家にそうした形態を要求したこともあるのですが、ベートーヴェンには現代の音楽家の形態があっていたようです。
ベートーヴェンの容姿は背が低く、肩幅が広く体格の良い人物で、頭が大きく、額は広く、瞳は輝き、凛とした口で、首は太く短く、顔色は浅黒かったそうです。性格は短気で怒りっぽく、社交的なことは苦手でしたが、面倒見のいい、親切な人でもあったようです。
ベートーヴェンは、モーツァルトのような天才というよりは自分の才能を時間かけて磨き上げ、常に自分の音楽的能力を見つめ、努力をして才能を開花させた音楽家でした。
それでは、また次回。Ciao ciao!!
コメント

新年度に向けて13!!

2017-04-24 19:06:44 | アリサカスクール・ありさかピアノ教室
先日、いつも真面目にレッスンに取り組んでくれる生徒さんがスタディレッスンに来てくれました。
英語のレッスンからスタートです。一生懸命に問題を解いています。


良い調子で問題を解いていますね。感心です。


非常によく集中しています。この集中力は大変重要です。良いですね。


英語のレッスンは楽しいでですね。Forza


国際的に活躍できる国際人を目指して、頑張ろう

新年度も一緒に愉快にスタディレッスンをしようね。
コメント

教育者に向いているとは…!!

2017-04-23 21:42:39 | 音楽
私は教育者に向いている人物は1つの専門分野を極めた一流の人材が向いていると考えています。その理由はいくつかあります。
まず、1つの専門分野を極めている人物は自分自身をしっかりと育て上げています。自分自身をしっかりと育て上げるためには自分のことを客観的にかつ明確に分析することが必要です。人を育てるためには、この能力は必要不可欠であり、最も重要です。
それに1つの専門分野を極めようとすると、それ以外の専門分野も学問として修めなくてはならないのです。一例として、音楽の分野は語学の分野も学問として修めることが必要です。
また専門分野を極めた人物は1つのことを極める難しさなどの苦労を知っています。
教育分野を専門として学んできた人物は教育者に向いているかどうかは疑わしいと私は考えます。教育者になるのであれば、教育分野をしっかりと学び、専門にしなくてはいけないと考えると思います。この考え方は間違えではないと思います。しかし、問題点は教育の様々な事象を学んだからといって、その人物に無意識に慢心が生れます。それに教育という分野は専門分野の中の一部分なのです。例えば、音楽という分野で考えると、音楽の中に音楽教育というものが含まれているのです。つまり、音楽という枠組みの中にあり、そこから外れることはないのです。教育を専門に学んだから音楽の教育ができます、とはならないのです。例えば音楽を学びたいと思ったときに、音楽を勉強していない教育分野専門の先生のところには行きません。すべての専門分野でも同じことが言えると思います。
すべての専門分野の共通した教育事項はあると思います。それらも一流のエキスパートを目指す中で、学び・追究していくことが最善の方法と私は考えます。
人を育てることは非常に難解なことだと私は思います。だからこそ、1つの分野を研鑽し、その労苦を知るスペシャリストが教育者に向いていると感じています。
コメント

失敗は成功の基…???????

2017-04-23 08:31:59 | 音楽
私は日本のことわざがとても好きです。なぜなら、先人の知恵が詰まっているからです。同時に先人たちが厳しさを教えてくれているものだからです。
例えば、「失敗は成功の基」の意味は、失敗してもその原因を追究し、反省して改善していくことで、成功を掴み取るということです。一見すると「失敗を恐れずに何度でも失敗していい」と安易に考えてしまいます。しかし、このことわざの別の見方をすると最後には必ず成功することを要求しているように考えられます。最終的に成功するから、その成功するまでの失敗は意味があり、成功の母であって、成功を掴み取れない失敗は単なる失敗であり、その人物が愚者ということになります。つまり、報われない努力は努力をしていないと同じことということです。
先人たちは優しくも、的確で厳しい助言を与えてくれます。ことわざは古からの素敵な贈り物ですね。
コメント

ワンポイント・イタリア語レッスン64!!

2017-04-22 00:17:29 | イタリア語
さあ、久しぶりの初級イタリア語レッスンです。

【ミニ会話8】
続き…
- E com'è andata la gita?
それで、ドライブはどうでしたか?

- Benissimo. Dopo un percorso piacevole di circa tre ore, siamo arrivati all'incantevole lago.
すごくよかったです。約3時間の快適な走行の後、私たちは魅惑的な湖に着きました。

- Avete mangiato del pesce di lago?
君たちは湖の魚を食べましたか?

…続く

≪ミニ文法≫
直説法近過去を解説します。
助動詞avereを用いる動詞
①自動詞のうち、意味に「方向性」と「終点」を含まない動作動詞
(pensare,parlare,mangiare,dormire,lavorare,studiare,passeggiare,viaggiareなど)
②他動詞
③天候・自然現象を表わす非人称動詞

そして、もう1つは定冠詞の確認をします。
女性名詞
単数:〔子音〕la porta 〔母音〕l'erba

[ミニ単語]
gita(ドライブ) / percorso(走行、行程) / piacevole(快適な) / incantevole(魅惑的な)

〚ミニ復習〛
1 君は定期券を持っていますか? - はい、持っています。/ いいえ、持っていません。

2 免許証をもっていらっしゃいますか? - はい、持っています。

それでは、また次回。Ciao ciao
コメント

バースディ・コンサート!!

2017-04-20 22:00:04 | アリサカスクール・ありさかピアノ教室
先日、いつも快活にピアノ・リトミックレッスンに来てくれる生徒さんと一緒にお母さんのバースディ・コンサートを開催しました。


バースディ・コンサートの開催を伝え、お母さんにコンサート・プログラムとお誕生日カードを渡します。


演奏開始です。お母さんのために今まで練習してきたことを精いっぱい披露します。


お母さんもピアノに合わせて、歌を歌ってくれています。


すごい集中力です。いいね。


お母さんと一緒にピアノ・リトミックをします。楽しい楽しい音楽表現です。


やったね、上手にできたね


今後は音楽用語クイズです。クイズの解答もしっかりと説明できたね。Brava pianista

本当に楽しい、愉快なひと時でした。
これからも、もっともっと色とりどりの音色を奏でようねCara mia musicista
コメント

新年度に向けて12!!

2017-04-19 09:07:27 | アリサカスクール・ありさかピアノ教室
先日、いつも真剣にピアノ、音楽のレッスンに取り組んでいる生徒さんがピアノのレッスンに来てくれました。


ピアノ・レッスン、スタートです。軽やかに演奏を開始します。


新たな目標に向けて、ステップアップです。


目標を達成するために、計画的なプログラムで新しいレパートリーに挑戦していきます。素晴らしい


新しいテクニック、新しい表現方法、新しいピアノ・タッチをしっかりと学んでいます。今まで学んでいたことも生かされています。とても良いですね。


ピアノの音色をイメージしながら読譜をしていきます。


ピアノを弾かないで、曲を想像することは非常に大切なテクニックです。Brava


目標に向けて頑張ろうForza

新年度も新しい目標に向けて、一緒に頑張ろうね。Cara mia studentessa
コメント