まるの日<へミシンクのある暮らし> まるの日圭(真名圭史)の公式サイト

ネコ19匹を世話するため、本を書いたり街に出かけたりMINI乗ったり。見えない世界とともに日常を生活する一人の男の物語。

家に本が来たので。

2011-08-10 15:48:05 | モンロー研初体験記
夏になると、なぜか親戚の動きが活発化するのが田舎でして。 祖父の家にも従兄の子供とかきてましたし。 子供が集まって、広い家で走り回る様は昔の自分たちと重なりますが。 今は子供の数も少なくなってきているのでしょうね。 そもそも、あまりたくさんの人で集まる事が少なくなってきてますし。 時代の流れなんでしょう。 さて、全く関係の無い導入から始まってますが。 明日からの販売用に、家に販売用の . . . 本文を読む
コメント (5)

京都と芦屋

2011-05-16 22:45:26 | モンロー研初体験記
今日は、午前中京都観光。 「京都近辺を歩いて散策して、痩せねば!」 と思いまして。 三十三間堂まで徒歩。 結構きました。歩くにはちょい遠かったですね。 その後さまよった後、豊国神社に紛れ込み。 それで午前は終了。 豊国神社は私には合いませんでしたが。 まあ、それはそれ。 三十三間堂はよかったですねぇ。 弓道やっていた身としては、あの通し矢のすごさにも感動。 そして、お堂の中もすごい迫力で . . . 本文を読む
コメント (6)

まるの日圭 モンロー研初体験記 <番外編>

2011-05-09 07:42:14 | モンロー研初体験記
まるの日圭 モンロー研初体験記 <番外編> なんでもそうですが。 「番外編」というのは存在していて。そして、「これ、本編よりも面白いやん!」という不幸な作品も多々存在します。 今回はそれがあてはまるかどうかわかりませんが。その後の番外編です。 まず、皆さん興味のある話題から。 坂本さんに告白する件ですが。 後日アクアビジョンにメール送るときに「実は私が、まるの日で」なんて書いて送りまし . . . 本文を読む
コメント (7)

まるの日圭 モンロー研初体験記 15 <完結編>

2011-05-08 08:56:30 | モンロー研初体験記
モンロー研初体験記 <何も言えなくて・・・春  成田編> 最後の夜、モンローさんとイメージ対話です。 「ところで、賭けはどうなったんですかね?」 「今更、何を言う。最初に水晶のところに来ただろう?」 とフォーカス10を最初に聞いたときに、水晶に引き寄せられた時の事を言います。 「え、あれ体脱? あんなのが?」 「自分の期待通りになる事が、必ずしも正しいわけでも、それが重要なわけでもな . . . 本文を読む
コメント (5)

まるの日圭 モンロー研初体験記 14

2011-05-07 09:40:53 | モンロー研初体験記
まるの日圭 モンロー研初体験記 <何も言えなくて・・・春> そして、午後のシェアの時間。 それぞれの願望実現の話とか、そういうところをシェアし合って。 体験の話とかも有りでしたね。 あとは、今後のセミナーの流れとか。アクアビジョンのセミナーについてとか。 坂本さんからの説明もありまして。 「次は小渕沢のライフラインか。」 と思った次第。 「ガイドライン」は英語出来ないと受けられませ . . . 本文を読む
コメント (3)

まるの日圭 モンロー研初体験記 13

2011-05-06 10:39:58 | モンロー研初体験記
モンロー研初体験記<何も言えなくて・・・春> そういえば、 毎晩、なんらかのフォーカスレベルのフリーフローが、今回から流されているのですが。 「ナレーションで目が覚めた」とか。 そういう事も聞きましたし、実際私もナレーションで目が覚めて、トイレに行って、そのまま寝て、ってパターンもよくありました。 でも、時差ぼけで夜眠れない人には良かったみたいでしたね。私のようにどこでも寝れる人は、寝る . . . 本文を読む
コメント (3)

まるの日圭 モンロー研初体験記 12

2011-05-05 09:17:14 | モンロー研初体験記
モンロー研初体験記 <何も言えなくて・・・・春> 朝日とイルカの彫刻、プールサイドにありますよ。 ちなみに、この写真撮影するときに、プールに足突っ込んで大変な事になりました。 おかげでこの日は一日中サンダル生活でしたよ。 余談です。。 そして、この日はふと目が覚めたのでそのまま起きることに。 まだ外は暗くて。 「ブログ書くために、少しでも覚えている間に記録を取らねば。」 と思っ . . . 本文を読む
コメント (4)

まるの日圭 モンロー研初体験記。 11 

2011-05-04 20:45:02 | モンロー研初体験記
ロバート・マウンテン・リトリーツ(R・M・R って表記を同期の方がしていたので、カッコいいのでつかいます。)に戻ってきてから。 しばらくお茶のんだり話したり。 また居間でしばらくくつろいだりして。 このまったりした時間がいいですね。 さて、午後のセッションは、フフォーカス21のセッションとなります。 今回は、初めてのフォーカス21となりますので。 毎度の事ながら、「フォーカス21を感 . . . 本文を読む
コメント (3)

まるの日圭 モンロー研初体験記・10 『モン研買い出し紀行』

2011-05-03 09:38:48 | モンロー研初体験記
まるの日圭 モンロー研初体験記 <何も言えなくて・・・春 。今日は『モン研買い出し紀行』> そういえば、5つの問いで、ある男性は本を書くようにと、そんな情報を見せられたかたもおりまして。 最初に石が見えてきて、それが本のように開いてきて、その中に本の内容に関する情報も書いてあったとか。 モンロー研では、今後の未来に向けての、なんらかの情報を得ることができる場合もあるみたいですね。 モンロー . . . 本文を読む
コメント (3)

お出かけ前のお知らせと、モンロー研写真

2011-04-27 20:59:40 | モンロー研初体験記
明日から、4泊5日で東京に行きますので。 しばしブログをお休みする事になりますので。 毎度毎度ですが、セミナー情報から。 『まるの日カフェ in 関西 知覚訓練コースⅠ』 開催決定です! 来る5月28日土曜日、兵庫県某所(大阪より電車で30分) にて「知覚訓練コース Ⅰ」を開催致します。 内容は、阿蘇、東京、名古屋、などで行ってきています、「向こうの世界を知覚する、訓練方法。」など . . . 本文を読む
コメント (7)

まるの日圭 モンロー研初体験記 9

2011-04-27 09:37:15 | モンロー研初体験記
まるの日圭モンロー研初体験記 <何も言えなくて・・・・・春> そういえば、フォーカス15あたりから、坂本さんのダジャレが聞けるようになりました。 どんなネタか? それは実際に聞いてのお楽しみです。 「おおお、これが坂本さんのダジャレかぁ。」 と、一人喜んでいたり。 後日、他の方が「笑っていいのかどうか、分からなかった。」と言っていましたが。 この場合は、「微妙に笑う」のがマナーとい . . . 本文を読む
コメント (7)

まるの日圭 モンロー研初体験記 8

2011-04-26 10:15:48 | モンロー研初体験記
モンロー研初体験記 <何も言えなくて・・・・春> 午前のセッションの後、所長さんのスキップ・アドウォーターさん来られまして。 ヘミシンクの話とか。技術的な話。 実際に現場で聞くと、いろいろな人がヘミシンクに関して「誤解」している部分もあるものだな、と思うところでした。 ヘミシンク技術に対して、何らかの脅威を感じているかた、不安を感じている方は実際にモンロー研に来て、話を聞く事をおススメし . . . 本文を読む
コメント (4)

まるの日圭 モンロー研初体験記 7

2011-04-25 12:42:52 | モンロー研初体験記
まるの日圭 モンロー研初体験記 <何も言えなくて・・・・春> さて、前日に「3つの問い」でブーメランの話を書きましたが。 その時、「大きく回って来た事に意味があるのかも」とトレーナーのジョンさんが言っていた事、それの意味が分かりました。 その日の夜、メールを見ると妻からの連絡が。 何事かと思ってみると(ipodですね)、予定していた倉庫件事務所よりもお金のかかりそうな。店舗兼事務所が建つ . . . 本文を読む
コメント (10)

まるの日圭 モンロー研初体験記 6

2011-04-22 17:45:56 | モンロー研初体験記
モンロー研初体験記 <何も言えなくて・・・春。> お昼休みは今回は散策したり、話をしたり。 ゆっくりとしているだけで、時間は流れていきます。 風景写真ばかり撮ってますけどね。 このとき、すでに同室の若者には私の素性はバレておりまして。 今回、私の中のミッションでは、 ①坂本さんに「私がまるの日です」と挨拶する ②私のサイン本をこっそりモンロー研に置いてくる というのがありまして . . . 本文を読む
コメント (5)

まるの日圭 モンロー研初体験記 5

2011-04-21 20:44:00 | モンロー研初体験記
モンロー研初体験記 <何も言えなくて・・・・春> 前日の夜カエルの声がとても美しく聞こえていたので、どこかに小川でもあるんかな、と思っていたら。 なんと敷地内にカエルが住んでいたのでした。 カエルの置物がある小川があって。 これはなんだろうな、と思っていたらカエルたちはそこを目指して夜の道をぺったりぺったりと歩いてくるのですね。 ジョーさんが、夜中に「カエル踏むとたいへん」、 . . . 本文を読む
コメント (8)