キミの笑顔が見たいから

ジャニーズファンの日記です。

20Years

2018-09-24 20:11:10 | 少年隊
「NON STOP」を聞いてから、どうしても見たかったPZ。
やっと今日見ました。あの青山の柱みたいな入れ物に入ってる大きなDVD(笑)

踊るジュニア達をみて、「Clapがしたいの!そうそう」って感じだったけど、なかなかのよー分からんストーリー(笑)
裁判コントと過去のタイトルを言ったらお金がもらえるとヒガシが「5night」と言ったのはよく覚えてた。

以下箇条書き。
シェイクスピアは物語は36通りしかないと言っていたらしい。「37作目はできたのか?」とか言ってたけど、PZそこまでなかったね。
ニッキ、老け役しがち。
青山劇場70年で改修する設定だけど、もっと早くに老朽化を理由に閉館しちゃったよ・・・。
かっちゃん、怪我したり死にがち。(この時は無事だったw)
ジャニーズ、時空を旅しがち。
「死ぬまでやって」・・・もう3人揃って踊らなくなって10年。
「ジュニアは通路を走る」「くじらだー」ただ走り抜けるだけのこの頃がよかった、ほんとに。
「ウエストウエスト、サイドサイド」町田さんの女装が可愛い。
ぽっぽちゃーん!?
アクロバットをした後に両手を広げる様子がとっても塚ちゃん。かわらなーい。
「ドカーン」アツヒロだー(笑)
最近ラップが頭を回るとこの曲か「Private Hearts」に変わるw
晃くん、台詞をハキハキしゃべるんだ。
「仮面舞踏会」の歌詞をしゃべりながら踊るMAがとってもMAだ!
ジャニーズ、劇場の天井改修しがち(笑)

この頃はまだ夏に一ヶ月みっちり踊るというのを続けていたんだよね。
大人が毎年夏休みをとらずに頑張っていたんだよ。大阪のファンはお盆を出歩けるように頑張っていたんだよ。
遠い昔の夏の思い出が懐かしくも寂しくも感じました。


さておとついは「ゼロ」をてごが登場するあたりから一気見しました。
メンバー全員が何らかの形で出演するってすごいなあ。ストーリーの「そうきたか!?」をより一層感じられたかなと思います。

あと昨日は「この世界の片隅で」を2話から一気見しました。
首が痛かったです(笑)
それはさておき、すずさんがぼーっとしていたからこの女優さんもそんな感じの人かと勘違いしてしまうほどでした(笑)
で、現代のシーンはいらないと1話を見た時に確かに思いました。でもあったから戦争ドラマの重い感じにならずによかったのかなとも思ったり、最後にカープ女子の話が出てきて広島を応援するのが今この夏だからぴったりあって良かったと思いました。
そして日本のどこにでもあった話なんだと思います。夫が戦争から帰ってこないとか身内が亡くなるとか大きな怪我をするとか、新型爆弾のことが分からないとか。妹さんの腕は被爆したってことだし、看護婦の応援に行って二次被爆もあっただろうなとか。
それにしても桃李くんがこのドラマとあの舞台が平行していた時期があったのかと思うと、俳優さんってすごいなって思います。(違うドラマだけど、チャラ男にしか見えなかった麦田役の佐藤健くんも役者だなあ。)ほぼモンペ姿だったけど、洋服を着た写真の尾野真千子さんがとても綺麗でモガとかそういうのが似合うなあってしみじみしました。

先週は「鬼」のSPでしたね。Mステばっかり見てましたけど、最後の方でひなちゃんが縁談を断る時の理由がすごかった。
なんていうか、ここまで言い切れたら楽なんだろうなって思いました。

昨日の20時頃web拍手をいただきありがとうございました。

web拍手を送る
コメント

えぬえいちけい

2018-04-13 22:29:20 | 少年隊
本日まとめて少クラ見ました。
ヒガシがコラボするってときの「キャー」は、びっくりしたとかじゃなくいやーの方に聞こえたけどそれは置いといて。
最初3人で歌って踊ってたけど、みんながみんなヒガシを見習ったキレキレのダンスだから違和感。
大勢出てくると、迫力があっていいんだけどね。岩本くんとジェシーが目立って仕方ないけど。

なんかさ、少年隊って3人それぞれの個性があるからいいんだなあって改めて思いました。だからって振りが揃ってないという意味ではなく、ちゃんと踊れて個性もあるのが少年隊なんです!!
それとカウコンとかでもそうだけど、やっぱりヒガシってすごいよね。あれだけのジュニアが集まって、うまいと言われる子たちもいるのに、違いを出してくるもん。ま、「仮面舞踏会」だから踊ってる回数が桁違いだけどね(笑)

今週分ではコーナーをよく見た気がする。みずきくんが安井くんからもらった服を後輩にあげてもいいのかって悩み相談が、もう後輩がいて後輩のことを考える年齢なんだあと思ったり、樹の同期へのメール話とか、みっちーとけんとの喧嘩とか面白かった。

あと、雑誌も見てきた。
文ちゃんは出てないけど、今の舞台で共演してる子が載っていて文ちゃんは「ジャパニーズホラー」って話をしてくれてた。天然具合の話だったかなあってぐらいよく分からんかったけど、共演者さんと仲良くしてるようで何よりです。

そして明後日には夏の舞台の一般発売。思った以上に苦戦状態。なんとか行きたいですー。
楽しみプリーズ〜。

雑誌と言えば、7MEN侍の読み方は分からなかったセブンメンサムライであってるのかな??

「スクアッド」のレポ、ほとんど書いたんだけど、これを完成させると終わっちゃうなあと思うと寂しくなってます。
でもサントラのおかげで余韻には浸れています。

おとついの22時頃、今日の8時頃web拍手をいただきありがとうございました。

web拍手を送る
コメント

すごい人たちなんですよ

2017-12-24 20:43:17 | 少年隊
今日はクリスマスイブですね。
うちでは少し早くにチキン食べて、ピザ食べて、ケーキも昨日食べたので、とっくに終わった気分です。
そして1人でテレビ見放題だったので、いろいろ見ました!

『PZ FINAL』
私、よく考えたら定期的に見てる気がする。
そしてもちろん山本くんを目で追ってしまうんだけど、それだけじゃないんだなあって。
ヒガシってどこをとってもヒガシで居続けてるなあ。ダンスがうまい後輩っていっぱいいるけど、ダンスだけじゃない堂々と真ん中で立つ強さとかもあってこそのヒガシなんだなって。なんかわからないけど、凄さを実感しました。
ニッキの「ジュニア」の発音が気になるんだけど、それだけ離れつつあったんだなって思ったり。でも少年隊3人の関係性はそのままで楽しくて。
かっちゃんは「Super Star」が好きすぎて、その後「SHOCK」でもやったからねーと思ったり。
ジュニアを見たら、今もいる子、とっくにいない子、「出てたんだ」って思う子、大河って確かにこのときまだ10代真ん中だよって思ったり。
「Oh!!」はうしろでチャカチャカ踊るジュニアよりも、片手をただ挙げるだけの3人がかっこいいって何度見ても思ったり。でもチャカチャカ踊るジュニアも見たくて忙しかったなあとか。

今って自分たちで振り付けを考えたりするけど、少年隊ってそういうことはなかったんだよね。ニッキが演出したのも1回だけだし「fin.」を考えたりしたけどその程度で。
それって振付師さんにしろ、スタッフさんがしっかりがっつりいたからなんだろうね。確かデビュー前からNYでレッスン受けさせてもらったり、環境面ですごく恵まれてて、それを生かす場(青山劇場でのPZ)があったしね。だから考えなくてよかったんだよ。
逆に考えると今の子たちはそこまでの環境がそろってないのかなって。もちろん先輩と同じようにしてたら埋もれるだけで、○○もできるジャニーズって感じじゃなきゃ一般的にも覚えてもらえない時代だけど、江田ちゃんがオリジナル曲を作ったのもそういうことだろうしねー。(結局聞けなかった・・・。宇宙Sixになったからもう聞けないんだろうな。)

あとFINALは歌って踊ってをショーアップした内容だったけど、ただ歌を並べただけじゃないんだよ。
それまでの22年間の思い出込みの歌だから、それぞれにあのときの演出はああだったけど今回はこうきたかとか、あのときはまだ学生だったなあとか、染みついたというかこびりついたものがよみがえってくるんです。
そしてそれらをひっくるめて23年間分の宝石箱になっていることを改めて感じました。

で、なんでそんな内容のことを書いたかというと、続けてプレゾン2012を見たんです。
歌って踊って、ちょっとギャグいれつつショーアップして、と構成はFINALと同じようになってるんだけど、そこが違うんだなって感じたので。23年間挑戦し続けたんだよ。
これだけを見れば楽しいのは楽しいんだけど「これはプレゾンじゃない」と思ってしまう自分もいて、当時もやや思っていたけどそれは少年隊からもっと離れた今でも感じることだから、そうなんだなあって。ん?日本語がおかしくなってきた(笑)
ただ松崎くんのヒレの通販だけはツボみたいですw

でもFINALではアンコールで右耳に髪をかける山本くんが可愛かったけど、全体的にちょっとだけど髪が短くなった山本くんも可愛いなあって思いました
ものすごく華奢だったのが、ちょっとしっかりしたかなあとか思ったり。
ただロンダートバク宙とかの高さがなくなってきたかなあとか、腰を痛めたあとからずっとそうかもなあって思ったりもしました。
江田ちゃんがね、「紫の人」だったり(薔薇ではなくバスローブw)、蚊の鳴くような声で「えだにゃんでした」って言ってて、ここから単独ライブで成長したんだなあって感動しました(笑)
はやっしーは今も童顔だけど、さらに童顔でした(笑)


さらにそれから4年たった2016年。「応援屋!!」も途中まで見ました。
山本くん、さらに髪が短くなったし、腕とか筋肉がついた。でも8年前の方が無邪気に踊っていたね。それはやっぱりいろいろ考えちゃうよね。
そういえばFINALで客席にマイクを渡して、自分のソロパートに間に合うかどうかで歌い始めるニッキを見る山本くんの目に「なんだ、この人?!」って書いてて面白かった。これが少年隊クオリティですww

ミリオンのときのダンスや殺陣がかっこよくって、ここだけ切り取って毎日リピしたいぐらい!!あとやっぱりサントラも欲しい。
「サポーターズ」を宇宙Sixで歌ってくれないかなあ。CD化されたし、歌いやすいんじゃない??

っていうか最後まで見たかった・・・。

8年分の成長という面では屋良ちゃんが歌もダンスも上達したと思う。屋良ちゃんでいうなら「応援屋!!」にでは出てないから9年分だけど、このときでも十分うまかったけど「DOGFIGHT」で歌を聞いたときにますますうまくなったなって思ったもん。
まだまだ成長できるんですね。

なんて考えてると、1月の帝劇に行きたくなってきた(笑)

昨日の23時頃web拍手をいただきありがとうございました。

web拍手を送る
コメント

レコードでした

2017-12-12 21:27:25 | 少年隊
「仮面舞踏会」が発売されたのが1985年12月12日。
今日は少年隊のデビュー32周年のお祝いの日。

特に何もないけど、GCは毎年更新してくれます。
そしてロゴがクリスマス仕様になり、待ち受け画面もプレゼントしてくれます。
思えば6年前連載が始まったのもこの日でした。
懐かしいなあ。友達が私が見られないし録画もしてないと言うと「まる見え」を録画しくれたりしたなあ。その友達は結婚して今は離れちゃったけど(涙)

少年隊としての活動は期待薄で薄すぎなんだけど、でも応援してた時期は間違いなく楽しかったです。
せめて4年ごとにでも何かしてくれたらよかったのになあ。


おとついの21時、22時頃web拍手をいただきありがとうございました。

web拍手を送る
コメント

おめでとうございます

2017-05-22 21:54:41 | 少年隊
NK52だっけ?
カウコンでヒガシが「今年50」って言ったのはいつだっけ?今年の気がするから51かな?って悩むようになったのは、表にでなくなったからー。
実際問題、52才になったんですよね。
昔、青山の柱に「死ぬまで踊って」って書いた人がいたそうだけど、踊らなくなって早何年だろ・・・。
勿体ないなあ。
というか、演出ばっかりで舞台に立たなくなったもんなあ。
とりあえず「GC」でかっちゃんも書いてたぐらいだから、楽しいお酒でも飲んで下さい。


そして、松崎くんがCM出演!!
ご飯食べてるときかな、相葉ちゃんが最後にかわいこぶりっこみたいなポーズする可愛いCMが流れたんです。この最後のポーズでファンがきゅんってするなって思ったんですけど、あの四つ葉のクローバーになる後輩社員っぽい人・・・ふぉ〜ゆ〜の松崎くんやねんてん!!
びっくりした。カルビーのHPで見たら、ほんまに松崎くんやった(笑)
おめでとう。

おとついの21時頃web拍手をいただきありがとうございました。

web拍手を送る
コメント

思い入れの強さ

2017-04-30 21:57:05 | 少年隊
「SHOCK」のサントラを買ってから、どうにもこうにもDVDが見たくなっていました。
私が持っているのは2012年のもの。

この年は1月に初の博多座公演があり、2月から4月までの3ヶ月も帝劇公演がありました。だからといってもの凄い回数を見たわけではないけれど、印象に残っている「SHOCK」なんです。

毎年、修正を加え、走り続けている「SHOCK」だけど、この年の演出が好きだったりするんだなあ。
2幕の太鼓の前にコウイチとウチが歌うあれ。やっぱり好きだなあ。
エンディングで真っ白の世界からカラフルな世界に変わるあれ。好きだなあ。
マチダとヨネハナがしっかりしてるし、ふざけるときはちゃのふざけるんだなあ。

この時の4Uはまだそんなに役設定がなくて、そう思うと今年のハマナカは別格の設定だったなとしみじみ実感しました。ヤラが好きだからこそついて行ってるし、意志があるって言えばいいのかな。うんー、まだ文ちゃんは29才だもん。どんどん上り詰めてほしいです。

で、オーナーは男性がいいなあって。
自分がジャニ贔屓なのは分かってる。ずーっとかっちゃんのファンをしてたから、欲目なのも分かる。
でも、男同士だからこそ、アドバイスできる空気感、悔やむ気持ち、色々すっきり入ってくるんだなあ。でもオーナーがジャニじゃなくなったから、見せ場を作る必要がなく、その分かどうか分からないけどライバル役の曲が出来たわけだもんねえ。若者2人の成長物語になったしなあ(ちょっと違うかw)

なんか色々考えたりしたけど、とりあえず9月と10月の「SHOCK」にも文ちゃんがでるとして、ちゃんとチケットが取れますように!ってとこかな。

昨日の23時台に2人から、今日の10時頃、12時台に2人から、14時頃web拍手をいただきありがとうございました。

web拍手を送る
コメント

走馬燈のように

2017-04-18 22:09:40 | 少年隊
「SHOCK」のサントラが届きました!

なんか、かっちゃんの歌声に飢えてたみたい。
「Yes,My Dream」という楽しい・千秋楽終わった〜って歌で泣きそうになりました。ソロパートがもう少しあれば、感極まってたね
あと「Don't Look Back」がウエクサオーナーだったら、確実に泣いてたね。

もう、かっちゃんが新しい歌を歌うことはないのかな。そんな気持ちも混じったりして、複雑な感じです。

あとリカが色々で、「あら、この声はだ〜れ?」って感じ(笑)
内くんの声が甘すぎてびっくりしたのもあるなあ。全部ではないんだけど、「こんなに甘かったっけ?」てびっくりするぐらい甘いのがあったんだよね。どの曲か忘れたけど。
3月に屋良ちゃんの声で聞いた曲は屋良ちゃんの印象が強く残ってるからかなとも思うけど。
光ちゃんは安定だね。

そして通常盤を買ったんだけど、ブックレットに一応文ちゃんも写ってた。カイトはいても3年出てるから、わかんないけどテラがいたから探したよ!!
初回盤にはもうちょっと写ってるっぽいけど、そこまではいいかな。DVDには涙ちょちょぎれる映像がいっぱいらしいから気にはなるんだけどね−。MAとかMAとか

MAといえば、昨日の少クラ収録で屋良ちゃんが「みんな辞めちゃったからね。くるくるアクロバットするやつとか」って言ったとか。
町田さんがくるくるできないよって思ったけど、米花さんですよね。くるくるね



今日の20時頃web拍手をいただきありがとうございました。

web拍手を送る
コメント

50歳

2016-07-24 20:50:24 | 少年隊
かっちゃん、お誕生日おめでとう!
ここ数年、ヒガシがちゃんと当日にJwebを更新して祝ってるのが不思議な感じです。

そして冷静に見てる自分も不思議な感じです。
だーいぶ前の予定では、今日は渋谷に行く予定だったんです。そして8年ぶりに7/24に青山劇場に行こうと思ってました。
それが壁で覆われた写真を見て、余計にいてもたってもいられない気持ちになって、でもそこまでドMにならなくてもいいっかという気もしてきて・・・。

2年前の夏「ガラスの仮面」で、しっかり青山劇場には「さよなら」も「ありがとう」もしてきたのもあるしね。

かっちゃん、何してるんだろ?
たまーにGCを更新するけどほとんどお料理の話しでお仕事の話しはないよね。実際、去年の代打SHOCK以来何もない気がするし。
50歳になっても少年隊として、歌って踊ってってしてると思っていたのにな〜。

待ってるファンのためにも何か良い話しを、二度目のオリンピックが始まっちゃうよーなんて遠巻きに見てしまってます。


50歳のお誕生日おめでとうございます。

web拍手を送る
コメント

ざわざわする

2016-07-11 21:38:57 | 少年隊
「こどもの城」の囲い工事が始まったみたいですね。
ついったーでその画像を見て、胸がざわざわしました。

取り壊しの工事ってあっという間に終わっちゃうよね。
具体的にいつから始めるんだろう。そしていつ終わるんだろう。


やっぱりもう一度最後に青山劇場を見に行きたいな。
今月中だったら間に合うかな。

本当に工事を始めるんだったら、工期を書いた看板が立つはずだし、そしたらその画像がネットで流れてくるかな。今、調べても全然具体的な話しがでてこない・・・。検索下手なのは自覚してるけど

なんだかいてもたってもいられない。
どうしよう



林くん、舞台出演おめでとう!
もうチラシが出回ってるらしいのに今日ようやく発表ですね!
小さい劇場で頭の先から足先まで見られると思うので、体中に力を込めて精一杯舞台に立ってください

今日の0時頃web拍手をいただきありがとうございました。

web拍手を送る
コメント

9/27夜 SHOCK

2015-10-12 19:21:39 | 少年隊
今更ですがようよく感想をまとめたので、記録用に残しておきます。
パンフレットを購入していないので、シーンのタイトルは変わっているかも知れません。

第一幕
Overture~Off Broadwayのショー
オープニングからテンションあがりますね。なんだろう、SHOCKマジック!!
先頭のコウイチとその斜め後ろにウチでウチのシンメにタツミ。へえ、そうなんだ~。

そして植草オーナーの登場。あ~変わらない歌声~♪ちゃんと歌えてる~
歌詞も台詞も大丈夫~。でも「幕が降りる」のあとの間はなかったですね。「磨けば磨くほど」とかの動きもそんなになかったですね。

ショーのイリュージョンが変わってました。ウチの登場の仕方とか、リカが衣装で隠れてる間に消えるのとか。なんかそういうところがちょいちょい気になって、まっすぐ見てないかも

劇場のバックステージ
いつだったかのパンフでパナがここを好きなシーンであげていたけど、そんなことも思い出したりしてウルウルしそうでした。だってみんながみんな楽しそうなんだもん。
ここら辺でオーナー、1回かんだかな。でも2幕も通して、その1回きりだったから素晴らしい!!気になったのはコウイチの鼻声かな。所々なんだけど、大丈夫?って思うことがありました。
そしてリカに指輪を渡しそびれたウチ。それをオーナーに見付かり、「リカちゃんとは、ちっちゃい頃から一途で、そう一途に想ってて」なんだらかんだらって話し始めちゃって「長いよ」とオーナーに切られちゃいました。

劇場の屋上
コウイチにペンダントを渡すリカ。「みんなから」ってみんなが来たときに言うんだけど、みんなからしたら「なんのこっちゃ?」だよねって冷静に見てしまう私wとりあえず朝起きられないコウイチが明日「ショーを見に行こう」って提案する不思議なシーン(笑)
コウイチとオーナーだけになり、真面目に「オンに行きたいか?」とか話した後に「そんなあなたが、す・て・き」と少しずつ近付いて手を握る植草オーナー。「そこまで再現しなくても」と苦笑いのコウイチ(笑)酔っ払って絡むことなく女性オーナーに役作りを近付けるかっちゃんと、「そとー、違う、ウチー」と叫んで降りていくコウイチでした。

Broadwayの街~裏の路地
無事に起きたコウイチよりも支度に時間がかかったウチ。変なメガネをかけ、靴にも翼ついててトータルで不思議な格好になってた(笑)その一部はマツザキにいったり、後輩にいったり。

険悪な空気になり、解散になっても帰らないリカをそっと連れて帰るマツザキ。あ、マツザキと上手くいってもいいかもと思いました。なんとなくね、ウチとまとまるよりも違う子の方がいいかなって思ってるんです。そんな続編はないですけど。

「World Adventure」
ショーの始まりが違う。白のコウイチと赤ドレスの女性という組み合わせが何かを思い出させると思ったらオープニングでした。
あとウチの曲も違うんですよね。そういえば、そうでした。一昨年見たとき、ヤラがタップダンスを前面に出してて、それに合わせてリョウタも頑張ってて、ダンスの見せ場がいっぱいあったなあ。。。ウチはあの曲とは違う、よね?
「SOLITARY」が始まるとなんだか辛い。そんな中唯一なごむのが、倒れたコウイチに話しかけるお掃除の人。「どこから来たの?」「京橋から」「あー近いね-」って(笑)
一昨年見たから分かっていたけど、オーナーの見せ場はないんだよね。そうだよね。そこは急に変えられないよね。

バックステージ
なんかウチが出てくる前からピリピリしてる感じ。もちろん出てきてスタッフを怒鳴りつけたら、もっと険悪な空気になるんだけどね。そして「(オフに)帰ろう」って言うのがマツザキ。そうか、マチダの台詞を、そうか。
それにしてもコウイチとウチが言い争うのが歌になってるのには驚きました。急に歌劇みたいになっちゃって、そっちの方が気になって歌詞とか全然耳に入ってこなかった。これ、1回だけじゃ消化しきれないよ。
「お前には仲間がいる」ってコウイチに言うオーナーの声が優しかった。めちゃくちゃ優しかった。

「Japanesque Show」
笛を吹きながらでてきたのがマツザキでタツミが杖。そうか、そうか。
ウチ対コウイチの一対一になって、二刀流になるウチ。長ーい刀を振り回すのも好きだし、大きい体で2本の刀を振り回すのも迫力あって好きです。
そっか、階段の中段で待ち構えてるイメージだったけど、タツミもマツザキもやられちゃうんですよね。コウイチ側だから。そして、マツザキが刀を持ってきて渡す。そうだね、そういう役だね。
コウイチの「抜けー」からすでに泣きそうになる私。もう条件反射ですね。抜くのか、そうか、抜くんだなウチ・・・。
階段から落ち、オケピもあるんだけど最後は階段を這い上がるバージョンでした。そっか、下がるのは帝劇なんですね。

1幕が終わったのは19:20ぐらいでした。

第二幕
Prologue~シェイクスピア・シアター
そうだ、ウチから始まるんだ。心境を吐き出すんだった。そして「DEAD OR ALIVE」でガシガシ踊るんだった。
あれ、「リア王」のコウイチのセリフ多くない?確かに変わったけど、こんなにも多かったかな?
最後、ウチにしがみつくタツミとマツザキ。なんか急にここで差を感じてしまった。そしてコウイチからウチに変わるところで、刀を抜いて同じ状況の夢を見ていた・・・と。
「絶望して死ねぃ」の台詞はそのままあって、なんだかあの曲を聞くと色々クスってなってしまうんだけど、全体的に重いシーンになりましたね。

オーナーの劇場のバックステージ
ウチの歌とセリフで話が進んで、そこにコウイチと少しオーナーもでてきて歌うぐらいで・・・。
いきなり出てきたコウイチ。自分の写真を見て「イケメンだなあ」(笑)でも「遺影みたいだな」とか話してたらリカが急に来てその写真で顔を隠したりまあまあやりたい放題。リカは真面目に芝居をしてますけどね。
後ろから抱きついたところでマツザキとタツミがやってきて、「もうちょっと身長があれば」って気楽に話してると、刀のことに触れて「よかったー」って言うマツザキと、身長にこだわって「よくない」ってコウイチのかみ合わないのが楽しいよね。うん、一年待ち続けた人達とそのことが分かっていないコウイチってのがね。
「久しぶりに1曲やろうよ」で帽子やステッキを投げるのに、猫パンチで飛ばすコウイチ(笑)慌てて拾いに行マツザキ(笑)
もちろんオーナーも帽子とハットを使って踊ります。でもやっぱり前ほどじゃないかな。あとオープニングからすべてそうなんだけど、美波里さんのキーで歌うんです。ちゃんと声が出るんです!!

インペリアル・ガーデンシアターのステージ~バックステージ
オンでショーを続けているウチたち。曲が終わったと思ったのに次の曲「Higher」のイントロがなり始め動揺する仲間たち。それに対し「続けるしかねえ」とウチ。あ、ショーを続ける気持ちを受け継いでる。分かりやすくなってる。
でも、コウイチ達がやってきて、仲間がみんなコウイチの輪に加わるのを見てられなくなるウチ。ここはやっぱり辛いよ-。
仲間との再会を喜ぶコウイチ。「かいと、お前かわいいなあー!!おれの年の半分だけど」(痛)
あのときのことを話し出すウチ。ここら辺の流れは変わってなくてやっぱり泣いてしまうし、すすり泣きしてるのがあちこちから聞こえてきました。

「It's A New World On The Earth」
太鼓の前にウチと歌わないんだね。そしてなんとなくだけど前より狭い太鼓の中を二人でぐるぐる周りながら叩くから、振り上げたときにどっちかがどっちかの頭を叩きそうで怖かった。そして全員で踊る。和をイメージしたダンス。そうだ、リョウタも出てきて踊ったな。ここ、踊ってポーズ決めちゃうから終わっちゃった感じがするんだよね。うん。

タスキの片方をくわえつつ結ぶタツミとマツザキがツボ。こういうのって男らしく見えるよね!
あ、両サイドの紐がでてくるスクリーンがない?3月の事故のところだからなくしたのかな?スクリーンから出てきた紐を受け取る風の演出が好きだったんだけど、単なる演出変更かもしれないけど。でも、縦一列の前から順番に扇子をぐるぐる回して後ろのスクリーンが1番大きな扇子をぐるっと回す演出はありました。これも好きな演出。

最後に「夜の海」のイントロが始まるだけで泣ける私。だって、好きなんだもん。曲が始まると更に辛いんだよ-。その終盤あたりに、ふと気付くと金色の布が下手前方に落ちてました。よく見るとコウイチの帯がなかったから、それがほどけちゃったみたい。どうするかなと思って見てたけど、誰もどうにもできないみたいでそのまま全員が舞台方向に下がり始めました。そしたら、隊形がかわるときにささっと拾うデキる辰巳!めっちゃ出来る子辰巳!!それを左脇にはさんで(自分の衣装に重ねたのかな?)、最後までしっかり踊りきりました。あの布があるとその後、コウイチが倒れたときに邪魔になるから、ずっと「さすがだあ」って思って見てました(笑)

ラストがみんな白い衣装で出てきて、コウイチが歌う歌に他の人の違う歌が重なって重なって、舞台中の音楽をもう一度聞いて終わりました。
うーん、迫力あるんだけど、でも次々くるからそこそこ長かったけどなんか分からない間に終わっちゃった感じで、しかも一昨年までのダンサーさんたちの衣装の後ろからカラフルな布がでてくる演出が、輝かしい未来に向かってる感じがして好きだったので変わっちゃったのが寂しかったです。


フィナーレ
それぞれ出てくるタイミングとか音楽は変わってなかったと思います。辰巳くんと松崎くんがでてきた瞬間、腕を出してがっちり手を握りました。でも後ろに向かって笑顔で頷く松崎(笑)まあ、体勢的にはそれも自然なんだけど、もちろん辰巳くんに「こっち!」って注意されてお客さんに向かって笑顔を振りまきましたけど。

かっちゃんは控えめですね。

全員揃って、光ちゃんがセンターで下手から内くん・光ちゃん・かっちゃんの並びでした。
「植草さんが数時間で覚えてくださったおかげで続けてます」とか光ちゃんが真面目に話してる後ろで内くんとなんか話してるかっちゃん。楽しそうなんだよ~。何話してるんだろう。これを毎回どっかに載せてほしい(笑)
そしてリカも梅芸から変わったと話してました。そっか、このカンパニーに入るのって大変だから相当頑張ったんだね。「あとウチも」と軽く付け足してました(笑)でも同じ役と言えど、毎年変わってるしもう1人の屋良ちゃんと比べられるし、大変だよねー。
そんな挨拶のなか、ガッツポーズし合う光ちゃんと内くん。体力的に大変だろうに、ここでは楽しそうに話したりしてるよね。ホッとする。

すべてが終わって携帯の電源を入れると21:16でした。


かっちゃん、美波里さんが怪我して降板した翌日から評判が良すぎてどうしようかと思ったけど、本当に代役を引き受けて数時間でここまで仕上げられたと思えないほど”オーナー”になってました。しかも以前の植草オーナーじゃなくて、女性オーナーの代役のオーナーが出来上がってました。
微妙な違いだからこそややこしいように思うけど、それも含めて出来ちゃうのが恐るべきジャニの遺伝子だなって思いました!!


でもね-、ここからは勝手な個人の感想ですけど
私の中で大好きな「SHOCK」は2012年のものなんです。
確かに今回のオーナーは、その時のオーナーよりも”オーナー”らしいんです。酔っ払ったりふざけたりしなくて、懐深く見守ってるというかそういうオーナーに変わったんです。でもね、どっちにしろオンに行ったカンパニーのことは止められないんです。だったら、私は現役プレーヤーと同じ目線に立ち、絡むこともあったけど、コウイチたちを止められなかったことを悔やみ、みんなが帰ってくるのを待つっていうそういうオーナーもいいんじゃないかなって思うんです。単純に出番の多さとかもあって、2012年のオーナーが好きなのかも知れないけど。

あと、変更されたシーンがね「前の方が良かった」とかいうのだけじゃなく、前のシーンに思い入れがありすぎるなって感じたんです。
だから、去年も「SHOCK」にやまもっちゃんが出ていたにもかかわらず、見に行こうとしなかったんだなって何度も感じました。今年は特に町田さんが事務所を辞めたこともあって、「ここは」「この台詞は」って思うことが多くて失礼な話なんだけど町田さんや米花さんが頭に浮かぶこともありました。あと素直に好きだった曲がなくなったのも寂しくて・・・。

演出はどんどん変えて行くものだというのは分かってます。かっちゃんがオーナーをしてる間にも変更はありました。
今出演してる子たちが頑張ってるのも分かります。物足りないとかそんなことは思いませんでした。
でも、なんか見終わった後、複雑でした。いつものように「あーすごかったなあ。毎日これを続けるなんて!!」とかの感想が出てくる前に、ちょっと空白の時間があったというか「純粋に楽しんでないな」って思う方が強かったというか・・・。
自分がめんどくさくて仕方ないのですが、2012年版の「SHOCK」への思い入れが強すぎて受け入れにくくなってしまってるんだと思います。もちろん、楽しんで見てる部分の方が圧倒的に多いんだけど引っかかりを感じながら見ている部分があるんです。だから、博多座に行ってもう一回見ることで受け入れられる変更点もあると思うんだけど、わざわざ見に行くだけの気力がなくてチケ探しをしているようでしてない日々をすごしてます。
はあ、ごちゃごちゃしてるなあ(笑)もし来年、オーナーがかっちゃんでやまもっちゃんも出るとしたらどうするんだろ?行くのかな,私。

そんなこんなを考えた私のSHOCK2015でした。
でも見ることが出来て良かったです。見切れるシーンもある席だったけど、急遽でも対応できるかっちゃんと走り続けるコウイチカンパニーの姿を見られて本当に良かったです。


今日の6時、8時頃web拍手をいただきありがとうございました。

web拍手を送る
コメント