キミの笑顔が見たいから

ジャニーズファンの日記です。

ドラマ見てます

2019-11-04 20:23:05 | 斗真
そうそう、斗真のドラマ見てます。面白いです。
なんかタイミングが合わずに録画で日曜日に見ることが多いんですけどね。
ホームドラマっぽいんだけど、昔って感じでもなく、今の話題もはいりつつ、でも家族の話で、ものすごーく大きな事件が起きるわけではないけど気になる話で。
斗真演じる満のようにあれだけ口が立てばいいなって思うぐらい私は頭の回転が遅いから、いっつも満の言い分に打ち負かされてます←別にアイスの犯人じゃないけどw

あれぐらいの寝癖もいいよね。
愛されるキャラだよね。

「死役所」もなんか分かるようで分からない話で、気になるよね。
って思ってたら黒島結菜演じる女の子の死因がはっきりして。悲しいね。
長い時間いるから、そろそろやばいよね。どうするんだろ。

「ブラック校則」がようやく昨日の深夜から始まりまして、とりあえず勝利くんがまだまだ高校生に見えるなって感心してます。

そういえばAぇ!男塾の正門くんが、すごい衣装だし、髪の毛くるくるしてるんだけど、そのままの野郎組よりも高校生に見えるから不思議。なんか幼さがでてるように私は見える。
今日も朝の番組にあの衣装で出てたけど、可愛かった。
隣にいるイケメン学園の大吾も普通に高校生っぽかったけどね。

「よ〜いドン」をリアタイしたけど、おすすめ3で紹介された黒いどら焼きね、私も食べてみたい。でも一個が540円なので、勇気が出ない(笑)
ローソンのどらもっち(あんこ&ホイップ)がTwitter企画で当たって食べたけど、これで十分です!美味しいです。

「おっんずラブ」も始まって、なんかついていけないかなって思ったけど千葉くんが、千葉くんが急にちゅーしたー。
千葉くんがネクタイ掴んで網ドンしたー。
可愛い顔のままでけっこうすごいこと言うー。ニコって誤魔化さないー。
ということで、見ようと思いました(笑)
チェックインカウンターが見た事あるなあって思ったら、撮影場所で関空ってあったしね。
PeachよりANA機が映ってる事の方が多い気がするw

関ジャニ∞のグッズが今日からプレ販らしく、アクスタを見て「いいなー」って思ってしまいました。山本くんのが欲しかったなー。←いつまでも言うと思う。
あとTシャツとかうちわの下に書いてあるイラストがかわいい。
明日も天満橋でやってるんやって思ってしまった(笑)

でも行かない。
山本くんのウチワを買うために、お金は大事にしないとね。

今日の6時台に5人からweb拍手をいただきありがとうございました。

コメント

偽義経冥界歌 2019/3/17 18:30

2019-03-24 20:32:46 | 斗真
席に着いたら、BOX席が近くて「あれ?」と思ったら演出のいのうえさんが普通にお話しされていました。
知ってるお客さんなんでしょうねえ。
そして私の横の階段を上ってその一番上で観劇(というのか?)されていたので、休憩時間にもお見かけしました。
是非文ちゃんをよろしくお願いします!!

さて、日曜日の夜公演。
さすがにバルコニー席も埋まってました。初日は平日だったのもあってか、布がかかっていたりしたけどね。

斗真の登場がふざけてる(笑)
しかも遮那王を蹴飛ばす斗真。飛ばされて自分の刀が刺さって死ぬ遮那王(笑)
あっけなかったなあ。

頼朝とおかめの赤ちゃんごっこがなくなった。だから1幕が5分短くなかったのかな。

斗真・義経のあれこれ言われよう!
・「あの顔で言われると妙に説得力がある」って確かにね。
・初めての頼朝の対面で無礼な義経。弁慶達にたしなめなれ「親しき仲にも礼儀あり」と言い「それ言ってんだよ」って返された(笑)難しい事は言わない方がいいタイプ(笑)
・「バカだけど気立てはいい」「自分で言うな」ごもっとも(笑)
・「信じ過ぎる」→遮那王の一件で簡単に捕まっちゃうし、用済みだからと殺される。「ここで死ぬの?」主役なのにね。

これだけ動いてるからさすがにちょっと痩せたかな。1階席でも双眼鏡で覗きながら、そう思いました。
一日二回公演って恐ろしい。

1幕が終わって携帯の電源を入れると20:00でした。

2回目ともなると、歌も落ち着いて聞けます。
フレーズは同じでも、歌詞が場面ごとに変わってました。死に関わる歌が多いけど、それぞれに違うから切なくなる。

あ、赤ちゃんプレイある!ここは外せないのね(笑)

ご先祖様を呼び戻す歌が山に響いて不思議がる人たち。
「歌っていたか?」と従者に聞くと♪あの日の悲しみさえ〜と歌い出して、知ってるけどなんだっけ?ともやもやしたけど「Lemon」だ!2回見て良かったw

ちなみに遮那王が出てくると喧嘩っぽい音楽が流れました。なんていうかコミカルな喧嘩っ早い音楽(笑)

「奥華は滅びる。あなたはそれを見届けなければいけない」と頼朝に言い放つ優馬にウルウルきちゃった。
優馬って若さあふれるしゃべり方でもないし、台詞の声も低めだけど、それが4代目としての覚悟みたいなのとうまーくハマって、泣いちゃうーってなりました。
奥華を守ろうと必死な斗真が戦う姿にグッときたのも大いにあり得るけどね。
だって、「こんなときになんやけど、美しい」って思ったもん!!

斗真って175cmで筋肉もあるし、フェスという広い会場で1人で立っても絵になる。
美しいと思ったのは、後ろからくる刀を背中越しに刀で受け止めてる姿です!!
他の俳優さんと並んでも(新感線って大きな人多い気もするからアレだけど)対等やし、女優さんといい感じやし、大きすぎへんからしっかり動けるし、好き(笑)

でもしびとだから、冥界に帰ります。
歌で♪天に昇れ〜と歩いていくその姿に涙しました。
今まで迷った事のない人生だから、迷う事なく迷って、結果として体を張ってこの世は生きている人の物って守って、あーもう言葉じゃ説明できない。

暗転でカンと拍子木の音がして、舞台上にいる優馬たちはその場で礼。

カテコは順番に出てきて最後に斗真。
ハケて、また出てきて、3回目で薄い幕が閉まり、最後まで残っていた斗真が奥に消えて終わりました。

携帯の電源を入れると22:08でした。やっぱり1幕短くなった分、終わるのも早くなりましたね。いえ、十分遅いですけどw
大阪から始まって、金沢に松本。そして年が明けて福岡、東京。
その間に他のいろんなお仕事が入ると思うけど、頑張ってください!


昨日の21時台に2人からweb拍手をいただきありがとうございました。

web拍手を送る
コメント

偽義経冥界歌 2019/3/8 18:30

2019-03-09 21:26:34 | 斗真
行ってきました。
「偽義経冥界歌」
1幕が1時間35分、休憩が25分、2幕が1時間45分。
つまり18時30分開演で終わるのが22時15分!?

確か「VBB」も長かったから、と覚悟していきましたが、休憩時間にようやくタイムテーブルを確認出来て思わずシナモンなんちゃらを買って食べた次第です(笑)

2階席やや下手から見てきました。
長いのでストーリーは覚えてません(断言)wwネタバレするけど。
ただ奥州の話と源氏の話が組み合わさって、史実に近いようなでもやっぱり脚色して面白おかしくなっていたり、そんな感じでした(えー)
でもざっくりと源氏の話を知っておくと面白いかも。政子は怖いとか、平家が持って行った三種の神器とか、そんなぐらいだけでもね。

さて最初に出てきたのは牛若。そして後ろ姿だけど第一声で分かっちゃった優馬。そんなに意識してなくても声を聞いただけでピンとくるもんだねえ(笑)
で、その牛若役が早乙女友貴くんなんだけど、斗真が出てきたら殺されちゃうの。え?この人が?もう?死んじゃうの??

で、まあ相変わらずおバカキャラの斗真演じるげんくろうくにひら(音だけで聞くと源九郎と変換しちゃったけど玄九郎でしたw)は、何度も「無駄に顔がいい」とか言われまくり、うまいこと牛若の代わりに仕立て上げられるという(笑)でも確かに昔は写真とかないし、いくらでも「私が牛若です」って言っちゃえば通るよね〜。

そのまま元服して義経と名乗り、しっかり戦で功を上げ平家を滅ぼす。
戦つまり殺陣が多いんだけど、斗真はくるくるよく回るねー。もちろん刀を交えることも多いけど、他の人に比べるとよくくるくる回ってるからその辺はジャニらしさを取り入れてくれてるのかなあって思って見てました。

ただ壇ノ浦の戦いのあと、大陸からきた歌うたいと出会い、父の亡霊と会い、奥州に戻ると殺されてしまう・・・。
1幕で主役が死んじゃうって・・・。

1幕が終わると20:02でした。初日のわりに(?)時間よりやや早く終わったね。
すっごく客席が温まっていて、笑いの絶えない1幕でした。戦だから、死んじゃったりしてるのに(笑)

2幕の斗真はしびと(死人)です。なので頭の上から下まで白いというか灰を被ったような色です。
顔も白塗りしてて、主役なのにキラキラしてない(イメージです。別にスパンコールが欲しいとかではないです)。
しかもご先祖様とか冒頭で死んじゃった牛若もそんな見た目だから、モノクロテレビを見てる感じがしましたw

そんな冥界の人たちが現世に戻ってくると、カラーテレビの中にモノクロの人たちで出てきたみたいで、目がおかしくなりそうww
なので斗真の弟役の優馬が藍色の衣装でキリッと4代目を継いでるから、かっこよく見える。
実際、感覚的には前回の神ちゃんより出番が多かったかな。神ちゃんの記憶がふんどしだけになってるからなんとも言えないけど(変態じゃないよ)、奥州のシーンではほとんど出ていたからね。戦いに強くないという設定だから殺陣でも無理な感じもなく、わりと低い声でしっかり者の(たまに目がすわってたけど)弟役がよかったです。

声は高めだけど、動きが速いから殺陣が綺麗な友貴くん。この人、本当にすごい。芯がしっかりしてるんだろうね。強く見えるし、綺麗に見えるってすごいよね。
ただ、そんな友貴くんくんと戦う斗真がかっこいいんですよ。勝っちゃうし!
広い舞台上で戦って存在感がある2人だなあ。

斗真から見れば義理の、優馬の母役のりょうさん。
怖いけどかっこいい。キリッとした顔立ちとあった役で、立ち回りもすっきりとしてかっこよかったです。

歌うたいの藤原さくらちゃんは、歌声は可愛いのにセリフ回しは中性的な感じがしました。はっきりとは言わないけど偽義経とココロでは繋がっていたのも可愛くてね。
衣装も可愛らしかった。

弦を切られて自分の歌だけではどうにもならないということで、優馬も一緒に歌うことに。あれ?そうなの?歌うのね。
そんなシーンが2回あり、斗真の見事な立ち回りがあり、そして、ついに最後の最後で歌いました。
「冥界に歌う」ようやく、来ました。

でもそれで冥界に帰る斗真。
幕とかを使って、わりとアナログであの世と繋がって、消えていくんだけど、なんだか去年はコウイチをそして今年は斗真を見送るんだなあ優馬はって思っちゃいました。

そうそう山内圭哉さん。この前のドラマで嫌な上司役してたから、声を聞くとちょっと思い出しちゃうけど、全然違う人でした(当たり前w)役者さんってこういうところが不思議です。
りょうさんも「コード・ブルー」の人なんだよなあって、カケラも感じる事がなくてすごいなあって思いました。←小学生の感想文みたいw

カーテンコールは3回出てきたかな。
2回でアナウンスが入ったけど、なんとか出てきてくれて、でもしっかりとした挨拶はなく「ありがとうございます」って言ってるなあ程度でした。
この時の走り方が斗真だなってw
序盤で縦一列でくるくる回るような踊りがあったけど、そのときもジャニーズっぽい動きだなって。いえ、好きなんだよ。斗真のダンス。

斗真ぐらいの身長があって、あれだけ動けて、顔もうるさくて(クドカン談)って華があるよね。

「いのうえ歌舞伎」って初めて見たけど、とにかく楽しかった。
ストーリーが盛り沢山すぎるぐらいだから、誰の刀をバリバリしたっけ?とか忘れたりしたけどw
もう一回見るので、色々じっくり見たいと思います。

あ、夏秋公演のチラシにまたも米花剛史の名前がありました!?2回目があるって、よかったねー。

7日の9時台に二人からweb拍手をいただきありがとうございました。

web拍手を送る
コメント

久しぶり

2018-12-13 20:46:48 | 斗真
「8時だJ」が復活!
カウコンに4TOPSが出る!!

わーい

それで斗真が続けて更新!!!

懐かしいよね〜。
見てる方もだけど出てた方もはしゃいじゃうよね〜。
出てたけど出ない人もいるんだよね・・・。
出てないけど出る人(たっちょん)もいる(笑)

よしこの勢いで斗真の舞台を申し込んだぞ。
「SHOCK」とれなかったけど、斗真も内くんもFCじゃなくて情報サービスだからって負けないぞ(笑)新感線のもよく考えたら斗真の名義ではとれなかったけど

あー。
帝劇のキャストで「SHOCK」見たいから、一般発売を頑張らないとなあ。
大丈夫。1/12は「スケリグ」とれなかったから家にいる(笑)

山Pとツーショットだなんて嬉しいね。「欲望のレイン」また見たいね。
8Jで言うならすばるの「愛してる愛してない」も見たいな〜。

web拍手を送る
コメント

義経、の偽物

2018-10-29 20:39:46 | 斗真
朝からテレビで義経の装束をしてる斗真を見ました。
いやー、驚いたね。
今朝解禁だったんだよね?
新感線だね
また数年後にしか出ないかと思っていたから、嬉しい。
当て書きでちょっとおバカというか前向きな役なんだよね
いのうえ歌舞伎も初めて見るから楽しみ〜

そして大阪はフェスだから18:30なら余裕で行けちゃう。
金沢はなんとなく分かるけど、でもあんまり惹かれてなくて。
長野がね、知ってる(笑)こけら落とし公演に行ったよ。「スカパン」っていう演目でね、町田さんと屋良さんとオカケンが出てました。懐かしいなあ。あのときに誘ってくれた町田担のお友達は今はすっかり玉森担になってるなあ。
お花見の季節とあいそうだし、また行ってもいいなあとか思ってる。

そのあとになんと2020年の予定まで出ちゃってるから驚き
赤坂ACTシアターって場所は知ってるし、駅から近いし、行ってみたいなあ。
博多座は好きだから行きたいなあ(笑)

もはや何目的か分からへんようになってるけど、とにかく来年の春が楽しみです。

そして優馬も出演するんですね。
ということは、2月から3月にあるであろう「SHOCK」には出られないってことが確定。
ついでに言うと辰巳くんも無理なんだよね。
文ちゃんも無理だし。

でも屋良ちゃんと内くんは空いてる。ライバル役は戻るのかな?
ふぉ〜ゆ〜の役どころもそろそろジュニアに変わったりするのかなって思ったり。

ちなみに去年の発表は日記を振り返ると11/22あたりだったみたい。まだまだ先ですね。


斗真と言えば星野源のANNも聞きました。
2人でハワイに行った話解禁とか、仲の良さが伝わってくるトークが続きました。
なにせそのために一番早い「いだてん」の宣伝できたぐらいだからね(笑)
でも後半がえっちなコーナー(笑)ひたすら笑ってる斗真が可愛かった。素直でいいよw
2時間、ながら聞きしてたけど、あっという間で共演したあのドラマを見たくなりました。←奥の方に保管してるから取り出すのが大変

昨日の21時頃web拍手をいただきありがとうございました。

web拍手を送る
コメント

おめでとう

2018-10-07 22:00:40 | 斗真
生田斗真くん

34歳のお誕生日おめでとう

34歳。あの斗真が34歳!?
不思議な感じですなあ。

とりあえず16日深夜のANNは頑張って聞きます。録音で(笑)
なので、そろそろ次の舞台のお仕事とか決まりませんかね?

好きなお芝居をずっとずっと続けてください。


お誕生日動画の顔色を見てちょっと心配になりました。

web拍手を送る
コメント

そこそこ?

2018-05-19 21:26:11 | 斗真
今日は珍しく関東地方より先に番組を見ました。
「おかべろ」という番組で、なにもかもがなんか謎なんですけど・・・。前に翼くんと龍太が出演したことあるけどなんか分からない番組だった記憶・・・。

で、今日は斗真とふぉ〜ゆ〜が出演。
今度の映画は考えさせられる内容だからおそらく見ないんだけど、その宣伝であちこちに出演する斗真はかっこいい!
斗真の場合はもう少し長くてもいいんだけど、短髪だからお顔が見やすくて好き(笑)
そのお顔も33歳だと今調べてびっくりするぐらい変わってなくて可愛い。ジャニーズって感じだよね〜。
岡村さんとしゃべってるとき、常に楽しそうで、笑顔で暴力シーンを見てても可愛いーって思える(笑)

それにしても、いいいじり具合(笑)
私、斗真の歌もダンスも好きなんだよ。そこそことは思ってない!
いわゆるCDデビューはしてないけど、新感線の舞台でサントラが出たから斗真の歌はいつでも聞けるんだよ〜♪
ダンスも続けてないから今の流行にはついていきにくいかもしれないけど、手足をしっかり伸ばして踊るから綺麗なんだよ〜。女性とペアで踊っても映えるしね!

斗真と風ポンがツートップであとは中学生のグループでデビュー(笑)
それはかなり見てみたい(笑)っていうかCD買うよ

もしくは屋良ちゃん、文ちゃんあたりのソロの人たちと企画ユニットとかどうかな?ソロも多いから、山P、内くん、優馬のCDデビューしたことある人は抜いて、あとハセジュンと佐野くん(笑)
楽しそうだなあww


さて、ソロデビューと言えば茂子さん。
今朝は8時とかに数百人並んでいたという話で・・・。心折れました(笑)
西宮の優先エリアのキャパが分からないけど、早起きしても入れないかもしれないなんて。一人で何時間も並ぶなんて。更に場所取りしないといけないかもしれないなんて・・・。とかあれこれ考えて、これだけ大好評ならまあいいかなって気になったので、明日は引きこもり(笑)
かっちゃんがゲスト出演したドラマとか昨日の「少プレ」見ようっと
「ミタゾノ」は見たよ。「リバウンドしないように」って2回も言ったねww


昨日の22時台に二人からweb拍手をいただきありがとうございました。

web拍手を送る
コメント

彼らが本気で編むときは、

2017-02-25 20:52:02 | 斗真
公開初日の初回に見てきました。
ネタバレもあると思います

なんでしょう。
可愛いの。見始めて数分はジタバタしたくなるぐらい可愛くて、どうしようかと思いました。
それだけ斗真が見た目も女性でありたいと思うリンコさんそのもので、声の出し方も仕草もすべてが可愛かったです。

でも見始めるとトランスジェンダーだからどうのこうのじゃなくて、斗真が演じるリンコさん、桐谷さんが演じるまきお、その姪っ子のトモちゃん、そして関わるまわりの人達みんなのお話で色んな人目線で映画に吸い込まれていきました。

「ぷいぷい」に斗真と桐谷さんが出演したときに、「親子で見ても良いと思う」と言っていた通り親子の物語の方が強いかなって思いました。
とくにいろんな母がでてくるんです。しかも、どの母も一生懸命で、だから”母”というものを考えたことがある人なら誰が見ても泣けるんじゃないかと思いました。
子供を持ったばかりの新米母も、子育て真っ最中の母も、そろそろ卒業かなと思ってる母も、とっくに卒業したわよって母も、母になりたい人も、母になりたくてもなれない人も、みんな誰かに共感するし、そういう母もあるんだなって思えるだろうし、なんていうか見終わってしばらくは歩きながら反芻するだけで泣きそうになったぐらいでした。

リンコさんは母になりたくても自分で産むことができないし、そんなリンコさんの母は子供の頃からすぽっとリンコさんを受け止めてるからすごいなって思うし、息子が男の子を好きなのを受け入れられない母の気持ちも分かるし、母でいることがつらくてたまに逃げ出すのも(話を聞く限りだけど)分かるような気もするし、実際に逃げるかどうか問題は別としてだけどね、大号泣じゃないけど自然と涙があふれて目を閉じるとつーっと涙が頬をつたうことが何度もありました。

そうそうリンコさんの中学生時代の役の子が天テレの頃の斗真にちょっと似てました。
でも、心は女の子の役だからブラを買ってきて貰って喜ぶシーンがあるんだけど、ブラをつけたり胸を詰めたりするシーンって嫌だっただろうなと思いました。もし実際にそうだったとしてもそれを人前でつけるのって恥ずかしいだろうし、女の子が好きなんだったら余計に興味津々の年頃だろうしね。

まきおさんがね「黒い」って最初びっくりしました。本屋さんで働いているのに、どこでそんなに灼けたの?ってぐらい黒かったです(笑)
でも役としては普通の人でした。特にテンションが高いわけでもなく、どこにでもいそうなふっつーの人でした。
しかしまきおの方からリンコさんに惚れたわりに、一緒に生活してる様子を見ると何でもやってもらってました。おかずをよそってもらったり、「お風呂入りなさい」って言ってもらったり、そこは男と女の役割を当たり前のように受け取っているんだなって。

トモちゃんがね、うまいの。初めてリンコさんに会って胸を見て驚いて、なんやかんやあって、その胸を素直に触って抱きしめられて安心して、リンコさんが偏見を持って見られたら反撃して、その方法は子供だから拙いんだけど「自分は間違ってない」とばかりに謝らなくて、少しずつ成長していくトモちゃんにも感動しました。子役じゃなくて、1人の女優さんとしてリンコさん・まきおの家族の一員になっていました。

しかしまあ、リンコさんが編んでいたものがあれだったとはねwリンコさんと一文字違いのあれwwまきおの腹巻きも編んだみたいだけど、煩悩として108つ編もうと決めていたとは。
そんな話もトモちゃんにしていたから、一緒になって煩悩を投げ合っていたけど冷静に考えたら「50Shades!」よりも具体的だったかも。だってあれは横文字ばかりだったからイマイチピンとこないこともあったけど、こっちは分かりやすい言葉だったんだもん。

それにしても斗真さん、きれいでかわいくてつよい女性でした。夜のお仕事のイメージが強いけど介護職員として丁寧にお仕事して、共働きのどこにでもいる夫婦でした。
ただ女性が着ても難しい服が多かったなあ。黄色のワンピとか、スカートの裾がなみなみになってるのとか。でも確かに私がベリーショートをしていてもTシャツジーパンという服装でも女に見られるし男と間違えられたことはないけど、リンコさんがTシャツジーパンじゃ「男が化粧してる」って見られるだろうし、意識して可愛らしい服を着て欠かさずにネイルをして片方の膝を曲げて小さく見えるように努力し続けなきゃいけないんだなって苦労もしみじみ考えちゃいました。

感想文があちこちに飛びすぎて訳分からなくなってきたけど、まとめると映画館で1人で集中して見るのがいい映画だなって思いました。
堅い話でも重い話でもなく、笑えるシーンもあるし、ゆっくりと映画の世界を味わって欲しいです。じわじわ〜っと多くの人に見てもらいたいな。


昨日の22時台に2人からweb拍手をいただきありがとうございました。

web拍手を送る
コメント

Vamp Bamboo Burn 10/29夜

2016-10-30 15:00:52 | 斗真
2回目の「VBB」は3階席から。うーん、高い。しかも手すり邪魔w
でも緑の照明が客席を覆って、竹藪の中にいるように見えたり、それなりの良さはあったかな。水平距離的には1階後方と変わらないかも知れないし。

そして2回目なのでストーリーとかこの人はあの役とかを分かって観られるので、すっきりした部分もありました。休憩いれて3時間40分の舞台だから、どうにもこうにも複雑な部分があってね(汗)

●かぐや姫への求愛のダンスで斗真演じる藤志櫻と踊ってる神ちゃん演じる蛍太郎。濃いめの水色の直衣ではないけど(身分的に)平安衣装。張り切って踊ってるね~。

●藤志櫻が吸血鬼に血を吸われる前の説明がそういえば面白かった。「蝋人形にしてやろうか」から「小籠包は?」から「浪人生にしてやろうか」だんだん離れていく・・・。

●輪廻転生とか不老不死とかの話しの時、場所指定される藤志櫻。「バミリあるでしょ、マジックで生田って」あー役名無視w

●そうそう斗真は客席通路を通るんでした。下手側を颯爽と。

●音テツの徳永さん。「JR西日本をご利用いただきありがとうございます」って言ってた。さらに笑いが起きてもアナウンスは続いてて、「日根野で切り離し後りんくうタウンに、後ろ4両は和歌山まで各駅に停車します」って言い切ってた!すごい。割れんばかりの拍手もすごい。さすが交響楽団とかが使用するホール。音の跳ね返りとかが素晴らしい(ここで感心するのも変だけどww)

●「うーうーうーとまーろーは、しか歌ってないし」って拗ねるTOSHIRO。そのシーンはね、ほら徳永さん、歌も上手いし。

●平安時代に話しを戻したら、うすーい水色の直衣っぽい衣装の蛍太郎。「今日は初夜イブ」ってかぐや姫が言うと「ぐふぐふ」した笑いが上手かった。

●血に飢えた藤志櫻が捕まったとき、牢屋の前にきて助けるのかと思ったらなたを振り落とし、柿を割って食べた蛍太郎(笑)

●そりゃ藤志櫻も怒って柵壊すわな。両手両足伸ばして穴を広げて脱出するわな。その様子がかわいいわな。

●藤志櫻が逃げたと言うことで捕り物劇が始まり、鎧つけた蛍太郎。藤志櫻は主人のはずなのに「殺してもやむを得ないな」に、悩んだ風で「おー」が軽かった。

●蛍太郎は藤志櫻に向けられた矢に刺さって死んだと思うんだけど・・・。その後、たまらず藤志櫻が血を吸っただけだと思うんだけど。

●現代ではTOSHIROが血液保管庫に行ったものの、全部捨てられてて思わず看護師(婦長さんじゃなく師長って言ってたわりにここでは看護婦さんって言ってた)アリサの血を吸ってしまう。容姿がかぐや姫にそっくりだから殺したくなくて自分の血をアリサに吸わせる。

●アリサも吸血鬼になり、愛人のはずの組長の血を吸う。そして2幕でばんぱいやくざが出来上がっていくんですね。

●それにしても藤志櫻&TOSHIRO。やたら白塗りだなあって思うけど、綺麗です、はい。

●でもスキップとか走り方が斗真なの。可愛い部分がでちゃうね。まあ、可愛くお調子者っぽくやってるんだろうけど、かわいいね。

18時30分開演で20時07分から休憩。

●沖縄のフェスからスタート。3階席なので座って手振りだけ参加。

●「なんくる」「ないさー」とかC&Rあり。

●「照さんと呼んでください」「照さーん」「一発OKね」大阪はノリが良いらしい。

●平安時代、蛍太郎が死んで「来ないで」と藤志櫻を拒むかぐや姫に、想いを伝え近付いて抱きしめる。いい感じになりかけるけど、つい血を吸ってしまい「嘘つき」と更に嫌われ、かぐや姫の憎しみが増して千年経ってもいつまでも憎むことに。

●冷凍保存の蛍太郎。なんとかお姉様方のお触りを耐え続けたけど、ヒメ(現代に生まれ変わったかぐや姫・男)にちく○あたりを触られ笑いが我慢出来なくなってる神ちゃん。離れてくれて良かったねw

●「ヒメよ」と言われても容姿が違うので胸を触って確かめる蛍太郎。前から触って首を捻る蛍太郎。後ろから触ってゆらして「ぽいぽいが好きなのね」って言われて余計に揺する(笑)ここ、男なんだけどモモクロがメイド風にコスプレしたような格好だからややこしいww

●でも蛍太郎は駅員の徳永さんの触り心地がよくて抱き合って、血を吸ってしまい2人で謎の生物になってしまう。

●自衛隊が狙撃って報道が流れたから、殺されちゃったんだね・・・。

●このときのヒメの声がね、切なくて・・・。男の人が女性を演じてるから余計なのか、もともとこの人の声が切ないのか分からないけどヒメが蛍太郎を想う気持ちと届かなかった悲しさが痛くて泣きそうになりました。

●いつしかバンパイヤとナメクジ(エイリアン)の闘いがあり、や●ざの内部紛争もありややこしいことに。

●バンパイヤ初心者に親方と持ち上げられまんざらでもないTOSHIRO。そうでした。目立つのが好き、でも後先考えないで手を挙げる、でした(笑)

●団体戦もありつつだけど、TOSHIROとヒメの1対1。「蛍太郎を二度殺した」とかなんだかここはヒメに感情移入しちゃう。

●ただ肝心な場面で劣化してるTOSHIRO。助けに来てくれたと思ったら、血液ではなく「柴漬けを洗った水や」って(笑)

●結局師長さんはTOSHIROに血を吸われるんだよね。「こうしてほしかったんや」とも。これも切ないな。

●ヒメは蛍太郎のなたを持って襲ってくる。そこに徳永さんの奥さんもやってきて、ナメクジに身体を受け渡していて、でもあっけなくTOSHIROに斬られるし、その刀はTOSHIROのものになって、ヒメと闘うし。

●思えばこの奥さん、夫は死んじゃうし、新築の家のローンは残って借金ありだし、そのためにバンパイヤ退治に参加するし、散々だったね。

●でもTOSHIROも切ないよね。愛するヒメは自分のことをとにかく憎んでるんだもん。それでもヒメの中で生き続けられるって言っちゃうんだもん。報われないんだもん。なのに不老不死だもん。

●一方団体戦の方は夜が明けて朝日が当たってみんな死んじゃうの。そんなアリサに着物をかけてあげる親分がちょっといじらしい。

●バンパイヤとはいえ、死んだから入れものが空になったので、そこに今さっき死んだばかりのヒメが乗り移れるんだね。だから見た目かぐや姫そっくりアリサが中身もかぐや姫になって、TOSHIROと闘うんだね。

●やっと最後に闘う意味が分かった。TOSHIROは幻と闘ってるのかと思ってたけど、筋が通ってたんだね。でも報われない。

●みんな一途なだけに切ないね。切ないお話だったね。泣いちゃったね。

●とはいえ、カテコは派手に歌います。

●♪バンパイヤ〜、エイリアン〜、混ぜるな危険〜、バンパイヤ〜

●ほんと、いつのまにかマイク持ってるんだよね。

●あちこち絡みながら歌うんだけど、1人になった斗真が小池栄子さんの肩をとんとんして2人で歌おうとするのが可愛かった(笑)

●歌って終わって、みんな出てきてお辞儀して終わって、みんな出てきて去り際に社交界デビューしたレディのように足をクロスしてスカートの端を持つようにジャケットの裾を持ってお辞儀した斗真が可愛かったです。

携帯の電源を入れたら22時13分でした。

うん、長い(笑)色々伏線にはなってるんだけど、もうちょっと短くてもいいかなってちょっと思ってしまう。
でも今回はこの前の反省を踏まえ、しっかり休憩時間にも食べたから元気に集中して見られた。うん、面白かった。

見てる時から、あー新感線って面白いなあって思った。ジャニとはまた違う派手さがあって、わくわく感があって、面白い。
劇団員のみなさんってそこそこ年齢を重ねつつあると思うけど、激しく動くし歌うし、パワフルだよね。うん、パワーがみなぎってる。

そんな中ほぼ出ずっぱりで貴族になったり、ヴォーカルになったり、普通でも派手な私服になったり、大忙しの斗真。
殺陣もかっこいい。主役だから周りがかっこよく見せてる部分もあるだろうけど、それに応えてしっかりかっこいいから斗真ってすごい!
すっかり映画の人のイメージになったけど、やっぱり斗真には舞台に立って欲しいな。毎年何本もというのは難しいだろうけど、定期的に生で斗真のパワーを見たいな。
これだけ濃い人に囲まれてる座長としてしっかり咲いてるもんね。役者・生田斗真、すごいな。

神ちゃんも良かった。こういう舞台はやっぱり似合うと思う。双眼鏡で見たらバンコランみたいなアイシャドーでびっくりしたけど、それは神ちゃんとは関係ない話しで(でも書きたかったw)、「滝沢歌舞伎」での悪い役も好きだったし、これから楽しみだね。

そういえば関ジュの中学生日記あたりの子達が見に来ていたらしい。あんなに夜遅くに終わるのに帰りは大丈夫だったかな?と余計な心配をしてしまいました。


web拍手を送る
コメント

Vamp Bamboo Burn 10/19

2016-10-20 22:11:02 | 斗真
行ってきました久しぶりの新感線!!
とーっても新感線だなあって楽しかった。
神ちゃん担が戸惑うのも仕方ないなあって思うぐらい新感線(私のイメージ)だった。でもジャニに興味のない人が松竹座を見たら、それはそれで戸惑うと思う(笑)
ネタは多すぎて覚えれきれないので感想をばばーっと。


●斗真、ひーさーしーぶーりー!!

●プロローグの部分でいつ出てくるか、今か今かと構えていたけど、「まだ劇団員しか出てないのに大事なこと言っちゃった」って今思うとそこそこ話しの核心部分が話されて、なかなか出てこなかった。

●「かぐや姫」がベースなんだね。そういえば♪みつきばかり、よきほどとなる〜って歌ってた!すぐに大きくなったんだよね。

●斗真はかぐやに求愛する貴族の1人で藤原の姓を名乗ってたから有力候補だった。でもふられる。

●神ちゃん演ずる斗真の付き人がかぐやの心を射止める。

●「身分が卑しく、爽やかしかなくて、どこをとっても爽やか・爽やか、爽やかの玉ねぎみたいなものです」とか、さらっと自慢してる神ちゃんがかわいかった。

●失恋して、でも諦めきれずに竹藪の中で作戦会議をしていたところ、吸血鬼に噛まれ、吸血鬼の血を飲んでしまったことで吸血鬼(不老不死)になった斗真。その肉体のまま千年もの間、かぐやの生まれ変わりを探す。

●ちなみに吸血鬼になったばっかりで血に飢えた状態で、神ちゃんの血を吸ってしまい、かぐやに憎まれてしまう。それでも愛し続ける。

●現代ではヴァンパイヤという設定のビジュアルバンドのボーカルをしている斗真演ずるTOSHIRO。設定じゃなく1028歳とか言うけど、まあややこしいということで(笑)

●RXシリーズというのは生バンドがいて歌うのが多いシリーズのことらしく、生バンドさんがいる〜。いきなりマイク出して普通に歌う〜。求愛のダンスを踊る〜。たーのしー。

●斗真のダンスはそのままなのー。「Can do!Can go!」を全力で踊っていたちっちゃい頃のまま、全力で手足を伸ばして踊るからきれいなの。身長があるときれいだよね〜。スキルという点では高くないかも知れないけど、斗真のダンスは好きだなあ。

●殺陣がかっこいい!!激しく動けちゃうんだよね〜。

●人気バンドだから取材が入るんだけど、ZIPPOとかスッカリとか目潰しジャンケンとかビビッタとかDONとか、これでもかーってぐらいうっすら違う程度で面白かった。

●鉄道ヲタクの徳永さん。めっちゃうまいの。わざわざ書くぐらい印象に残ってるのは、西武鉄道の駅員さんなのに大阪駅からの特急の停車駅とかスラスラ言えちゃったからで「日根野で前4両を切り離します」とか「前4両は関空行き」とか完璧で思わず一番の拍手をしてしまったかもしれないぐらい(笑)で、パンフを見たら大阪出身の方なので、もともと詳しいのかも知れないね。

18時30分開演で1幕が終わったのが20時03分。
そして20分休憩。

●2幕OPは沖縄のフェス設定なので、客席も立って(3階席は危ないから自己責任で)ちょっと手振りなんかもして楽しむ。あー確かに自担をガン見タイプの子はこういうの嫌いかも−。

●ビジュアル系バンドに、看護師長に、ヤク○に話しが広がる広がる(笑)

●理科とか化学の研究所を略して理研(笑)ほぼかたってwwネタ的にはちょっと・・・。

●ビジュアル系じゃなく本音のバンドがいいってことで出てきた「ジャンボタクシー」のおじさん3人。「サンボマスターか」と元ネタを言い当てる斗真(笑)

●そうえいば話題になっていた神ちゃんのふんどし。平安時代に血を吸われ、そのまま冷凍保存されていたとかでふんどし姿で仁王立ち。どれだけ女性陣がぺたぺたしても仁王立ち(笑)あまりに動かないから、そっくりさん人形かと思った。

●かぐやの生まれ変わりは男なので、神ちゃんは信じられずとりあえず胸を触る。もちろん「違う」(笑)でも信じて欲しいと近寄ったりしてるうちに後ろから真顔でモミモミする神ちゃん(笑)小さく悲鳴が聞こえてきたけど、そっか、神ちゃん担からするとショックかぁと冷静に見てる私。

●色々話しが広がって、書ききれない。

●憎まれてもいい、憎むことでまろのことを覚えていてくれる。
ある意味ドMの話。でも憎しみを真っ向から受けて立ち、それでも千年前から愛してると言い切れる藤志櫻。
純愛なんだよね。

●カテコでも歌うんだけど、斗真は誰とも近い。ちゅーできちゃうよ。

●3回目ぐらいで少しご挨拶。「足をお運び頂きありがとうございます。」とか「3000人キャパの会場で2700人ぐらい入って頂いて」とのこと。

●劇団を代表して粟根さん。「斗真の話を聞きながらお客さんが44人の頃を思い出してた」と。そういえば私が初めて新感線を見たのはライブハウスみたいなとこだった。

●近くに演出のいのうえさんが座っていたので、この時チラッと見たら大笑いじゃなくて当時のことを思いだしたかのように顔が笑ってた。


終演。22時10分。

うー長い。見てる分には長さは感じないんだけど、なかなかのボリュームだったな。仕事帰りに行ったからか、軽く食べたけどスタミナ不足になって最後の方辛くなったし・・・。一時的なものでラストは元気に見られたけど。

それにしても席がまっ正面で見やすかった。もっと前でみたい!とは思うけど、どセンターですっごく見やすかった。
改築したフェスにもようやく入れたし、座席は前の列と半分ずつずれていて頭が邪魔になることはないし、いいね。

そしてセットももちろんあるんだけど、映像でのセットチェンジというのかな、そういうのが多用されるようになったなあって。映像技術が進んで、竹藪のセットがなくても竹藪の中にいるように見えるもんね−。


斗真はこれだけの中にいて、しっかり座長してるなあ。
登場してからはほとんど出ずっぱりだし、はちゃめちゃな設定ではあるけど一本筋の通った役で、かっこよくてきれい。
CDデビューをしてなくてジャニの中で異色とか言われてきたけど、自分の切り開いた道をしっかりどーんと真ん中を歩いてる感じ。役者として受け入れるように頑張って来た結果、新感線で主役をはらせてもらった・認めてもらったというのが見ていて気持ちいい。
斗真自身も舞台上で生き生きしてるし、最近はスクリーンの中ばっかりだったけどやっぱり生で見たいなって思いました。


昨日の0時頃、今日の6時頃web拍手をいただきありがとうございました。

web拍手を送る
コメント