Life にゃんず

東日本大震災のペットレスキュー
http://members3.jcom.home.ne.jp/kyoko_y/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

にゃんず漫画第15話

2011-10-31 02:22:59 | 漫画
ハロウィーン

ワタシイケテルかしら?



まだまだ里親さん大募集です


コメント (4)

三重県亀山市の問題

2011-10-30 02:55:44 | 雑談
昨日三重県亀山市の野良猫捕獲問題がニュースでやっていました。
飼い主のいない猫は捕獲して保健所に送り殺処分するということでした。
幸いボランティア団体が入ったり、抗議が全国から殺到したため捕獲は中止となり、ボランティアにより避妊・去勢して地位猫として猫たちを見ていこうという試みになったようです。
ただ住民は「手術してもらってもそのあとはお願いしますじゃねぇーそれは困る」と言ってました。
まっ最初はみんなそう言いますよ。
人間はエゴだらけの動物ですから
亀山市もバカですよね殺処分して問題解決すると思ったんですかね?
今どき殺処分時代の逆行行ってますなぁ
震災でたくさんの人間やペットたちが死んで、国民の心がふさいでいるときに「殺す」なんてセリフよく言えたものですよ
空気読めてないなぁ
私たちみたいに被災の子のボラやっている者から見ると亀山まで抗議に飛んで行きたいほどアタマきましたよ

話は変わって私も地域猫が始まってすぐこの活動に加わりかなり地域住民ともめました。
しかし私は強い
決して引かなかった
「おたくご飯たべないで生きられるの?おたくが一日でもご飯食べないって言うんだったら猫の餌やりやめるよ」と言ったなぁ
相手は「あんたはきちがいあんたとは話にならない」とあきれてました
でも「私は土地の人間ではありません。しかしこの猫たちを捨てたのはここに住んでいた人たちです。その人たちの尻拭いを後から来た私がやっているだけです」と言ったら相手は何も言えなくなりました。

でも数日すると「猫ってかわいいもんだねぇーあんた毎日ご苦労だねー」と言ってくれる人がひとりひとり増えて言ったのです。
そして餌やりを手伝ってくれる住民の人も出てきました。
そしてこの辺はオフィス街なので野良猫がサラリーマンたちの癒しになり始めました。

地域猫問題はとても難しいですが、コツコツとやっていけばほとんどの人たちが理解をしてくれます。
もちろん避妊・去勢については必須条件になれますが、その費用は餌を与える人間が出すことは仕方ないと思います。
しかしこの数年で、私の住んでいる東京都中央区は飼い主のいない猫については全額区が補助してくれることになったのです。
でもまだまだ野良猫問題は永遠のテーマですね








コメント (2)

葛西臨海公園

2011-10-27 01:57:21 | 被災ペットの預かり
フクシマから来たもーちゃんとゆいちゃんを連れて葛西臨海公園に行ってきました
もーちゃん大はしゃぎ
しかし西なぎさというところは駐車場から10分ぐらい歩くんです
もーちゃんはリードつけると歩かないので途中からバギーでしたよ
ゆいは歩くのですが、今まで歩いたことがないので歩幅がチョコチョコしていてなんか不自然
その日はお友達のフレンチブル3匹とにゃんず在住のフレブル3匹で総勢6匹かなり暑苦しい現場となりました


今まで狭いケージ生活だったのでお外は楽しいよねっ
他の子も早く外の世界に出してあげたいなぁ

引き続き里親さん大募集しています


お友達のあずきちゃんです


もーちゃんとボストンのチェリーくんです





にゅんず漫画第14話

2011-10-26 04:28:38 | 漫画
里親希望者さんがストップしてしまったよー
やっぱりこの不景気が原因なんでしょうかねぇ
福島のブリーダーもこの子達どうなってしまうのかしら?と悩んでいました。
被災にあってから経済的に困窮してしまい、犬猫にお腹いっぱいご飯を食べさせることもできない状態です
犬猫たちとってもとってもやせています
ゴールデンの子は1才なのに20キロもなく、やせて毛が剝げ落ちてしまっていました
あまりにもかわいそうなのでわんにゃんレスキューの仲間の男性が引き取りました
まだ引き取って数日ですが、いくらご飯をあげても食べたがるそうです

一次預かりさんでもいいからよろしくお願いします





耳血腫

2011-10-25 03:23:07 | レスキュー日記
プロダクションのセルカークレツクスのルナが耳血腫になったと連絡がありました。
ルナは一度私が引き取り耳の治療をしたのですが、プロダクションに戻したら悪化してしまったようです
さすがにもう引き取っていいよと言われましたが、もうシェルターに入る余地なしです
とりあえず代々木犬猫病院に連れて行き治療してもらいました。
もちろん治療費はプロダクションの社長持ち

それが最近の医療は進んだんですね
耳血腫といえばオペが当たり前で麻酔しなくてはいけませんでした。
ところは最新の医療だと耳から血を抜き取ってそこにある薬を注入して終わりなんですよー
そのある薬というのがミソでして、この薬以外だと再発してしまうそうです。
5分で終わりました
おかげでおこりんぼのルナも大人しくしていました
犬にも同じ方法です。
だから施術後は犬も猫もエリザベスカラーなんてダサいものはまるで必要ナシですよぉ


治療前のぎょうざ耳


治療中


治療後のすっきり耳


ここでひめちゃん登場こんなに元気になりましたよー

コメント (2)