Life にゃんず

東日本大震災のペットレスキュー
http://members3.jcom.home.ne.jp/kyoko_y/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

まる美の症状

2012-09-05 03:52:24 | 預りさん日記
一昨日まる美を世田谷のアルマ動物病院に連れて行きました。
アルマは腕がいいと評判の病院でにゃんずの協力病院でもあります。
ただ患者さんが多くて2時間待ちは当たり前
とにかくまる美の症状を院長に診断してもらいたかったので思い切って行って来ました
ただ閉院ギリギリに行く私の作戦が成功
あまり待たずに診察してもらえました

しかしまる美の診断結果はよくなかった
詳しいことについてはCooと気ままに行こう!の茶々ママのブログを見てください。
脳炎か水頭症の可能性が高いようなのです
最悪だとジステンパーらしいんです。
ジステンパーだと長生きは無理だそうです。
先生がこんなかわいい顔して・・・と言ったとき茶々ママさんと涙でそうだったよぉ~

先生はMRIをすすめています。
でも高額な資金がかかります
毎日まる美の遠吠えで起こされている茶々ママさん一家
それでもまる美にとっていい環境をと考えながら保護してくれている茶々ママさん
わたしができることは資金を集めてまる美を治療すること
診断がはっきりすればそれにあった薬が処方されます。
そうするとまる美の発作も軽減されるんだよねっ

みなさんまる美を助けてやってください
もし資金が集まればMRIを受けさせてあげたいと思ってます

モーちゃん基金
三井住友銀行
日本橋支店
普通 7970109
口座名 ノムラサナエ

わたちはまだまだ楽しいこといっぱいしたいの
そうだすよっわたすのようにずっと待ってたらこんなに幸せになっただす。だから生きるんだすよっ






コメント (12)

アンジュのこと その2

2012-04-28 03:21:27 | 預りさん日記
アンジュをmayuさんが代々木公園犬猫病院に避妊のために連れて行ってくれました。
そして診察の結果を聞いてなんと言っていいのか
mayuさんに預かりさんを頼んでそして大変な負担をかけてしまうことになりました

mayuさんブログにアップする前にここで書いてしまってごめんなさい
以下mayuさんからの診察結果のメールです

-----------------------------------------------------------------------------
眼についてですが
両目とも若年性白内障で見えていないとのことでした。
左目の赤さは 白内障の子に多い眼房出血でした。
白内障に関しては想像していたので確認できてよかったと思っています。

ただ、眼振があることを指摘されました。
眼振は、脳神経からきている可能性が大とのことでした。
眼振・左目眼球が出ている・お口の左右がちがうことから疑いとしては、水頭症の疑いが高いとのことです。
頭の隙間が閉じているのでエコー検査もできないので、検査するとしたらCTになるけど、今現在、発作もないし食欲旺盛・元気もあるので、すぐに検査しなければということでもないとのことです。
ただ、将来的にてんかんなどの発作がでるかもしれないということを私の頭の片隅に覚えていて、日々の生活の中で変わった様子がないかを見て発作などが起きてからの検査でもいのでは、、とのことでした。
-----------------------------------------------------------------------------

私はCT検査をする場合はこちらで全額負担しようと思っています。
mayuさんは避妊代金もご自分で払うと言っていますがそれはダメダメ
mayuさんは預かりさんでした、
アンジュに障害があったからおうちの子にしてくれたのでmayuさんのやさしい気持ちだけでも私には感謝しているのです
だからアンジュの治療及び避妊代金はモーちゃん基金から出していきたいと思っています。

みなさ~んお散歩大好き♪」のmayuさんに応援のエール送ってあげてくださいね
コメント (4)

アンジュのこと

2012-04-25 05:49:40 | 預りさん日記
アンジュの眼がどんどん悪くなっているようなのです
眼の色も変わってきたようで多分全盲状態だと思います
今週末に避妊なので代々木公園犬猫病院で眼をしっかり診てもらいます

そして預かりさんがこのままうちの子にと言ってくれています。
私としては押し付けてしまったようで大変心苦しい
預かりさんは2匹飼っていらして3匹目を入れてしまうと預かりボラができないからあくまで預かりと言っていたのに
本当に申し訳なくて

この子だけは元のブリーダーのところに返せばという意見もありましたが私にはできません。
私は引き取ってシェルター犬にするしかないと思っていました。
みなさんお願いですアンジュの預かりさんブログの「お散歩大好き♪」に励ましのコメント入れてくださいなぁ
さて、原発わんにゃん保護計画は着々と進んでいます
大ママから大きなサークル作ったよと写メが来ました
二人でどんな子が来るか楽しみだねって言ってます

たくさんのコメントありがとうございます
必ずお返事書きますね

それとシェルターは手作りだからドライフードは使わない?とメールくれた方がいらしたのですが、手作りの上にトッピングしてますから使ってますよぉはいっよろこんでっ状態です

オフ会ですが代々木公園、木場公園、豊洲ららぽーとと候補地がありますがみなさんはどう思いますか?
時期的には5月15日、22日、29日あたりはどうですか?

この写真の子ですが以前お伝えした両目がないプードルです。
実物を見ましたがぬいぐるみみたいでとってもかわいかった。
でも左目は目の位置に何もなく右目は小さな目のみです。
シェルターで保護しようと思いましたが、子犬で全盲は無理と判断し泣く泣く置いてきました。
もしこんな子でもと思われる方がいたらご連絡ください。
現在三ヶ月ぐらいです。

コメント (13)

今日は感動いっぱいです

2011-03-03 03:47:55 | 預りさん日記
リアンの預りさんがリアンのアルバムを作ってくれました。
私は胸がいっぱいで
リアンをレスキューできて本当によかった

このアルバムに出てくるキジトラの1匹には片目がありません。
この子たちは私が保護をして、リアンの預りさんがママになってくれたのです。
私が路地裏で発見したときに片目がぶら下がって落ちかけていた仔猫...そしてもう1匹は冷たくなりかけていてほとんど動かなくなっていた。
先生からもう1日発見が遅かったら死んでいたと言われた仔猫たち

ボクたちは生きたかったんだ

下記の文字をクリックしてください。

リアン仮住まいの間の出来事

リアンで思うこと

2011-03-01 01:45:59 | 預りさん日記
今日はサイベリアンのリアンの預りさんからのメールをご紹介します。
リアンは猫エイズではないのですが、免疫不全症ということです。
急性肺炎になり一次は危篤状態になりました。
酸素室で何日も過ごし、トップの写真の点滴あとが痛々しいですね。
実は4本の足すべてに点滴のあとがありました。


先週末、通院の日でした。(また、キャリーの中でおもらししてしまいましたが、今回は小だったので、まだ良かった)
前回レントゲンを撮ってから二ヶ月経ったという事で、また肺のレントゲンを撮りました。
結果は、前回とほぼ変わらず(少々の曇りがあります)
ステロイドの量を1日一錠から2.5日に一錠に減らしたにもかかわらず、横這い状態は、改善の兆候
と言う事で、2.5日に0.5錠に減らす事に
ステロイド、切れる日がくるかもo(^-^)o
鼻水も、青っ鼻から黄色っぽくなってきています
ついつい、病人という事を忘れてしまう程、普通に過ごしています
歯肉炎を抱えているので、フードを噛ますに飲み込んでの節食ではあるものの、心配しないで済むだけの量は食べてくれています
パンチされても無視するリアンに、家の子達は逃げていく始末、暖簾に腕押し状態...
リアンの肝っ玉はすごいです
フランちゃん、元気ですか?
爆弾抱えているから、安心は出来ないでしょうが、普通の生活を過ごしているようで、良かったですね

次から次と、レスキューする子がいて、気の休まる時はないと察しますが、幾つもの命が救われている事、嬉しい限りです


こんな大変な子を預かって頂き本当にありがたく思っています。
まだ肺に曇りがあるとのこと...まだまだ油断はできません。

プロダクションの子で里親さんに出せる子は本当に少ないです。
リアンは治療してから3ヶ月経っています。
しかし未だに定期的に病院に通っています。
里親に出さなければボランティアとは言えない、と非難されたことがありましたが、私は何が何でも里親さんに出すことよりもこの子達の体調を安定させることが今回のレスキューだと思っています。
Life Catsのときも体調が不安定な子は里親さんには出しませんでした。
私達はどこのレスキューをしようともそのスタンスは変えていきません。
せっかく助けた命、最後まで責任を持たなければいけないと思っています。
この子達を助けたからと言って、プロダクションが儲かるわけではないし、多頭崩壊の飼い主がうるおうわけではありません。
だれが得する...ではなく、猫を助ける...それだけです。

下の写真は現在のリアンです。