Life にゃんず

東日本大震災のペットレスキュー
http://members3.jcom.home.ne.jp/kyoko_y/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ご報告

2013-02-24 01:13:36 | シェルター
23日、明け方5時をもって、
シェルターにいたすべての犬・猫を出し、
里親さん、預かりさんの元へ送ることができました。

この間に温かいコメントやメールをくださった方、
里親さんや預かりさんに手をあげてくださった方、
シェルターに駆けつけ、差し入れやお手紙をくださった方、
そしてわんにゃんの為にご支援を頂いた方、
そのすべての方々に心から御礼を申し上げます。
皆様のおかげで全頭引き出すことができました。

ディアママさんがいずれ戻ったときには
自分できちんとブログをアップするとのことです。

私はその日まで静かに待つことにします。
ありがとうございました。
『犬』 ジャンルのランキング
コメント (105)   この記事についてブログを書く
« 茶々ママから皆様へ | トップ | 報告致します。 »
最近の画像もっと見る

105 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (茶色)
2013-02-24 03:11:42
ひとまず
お疲れ様でしたm(_ _)m
良かったです! (椛ママ)
2013-02-24 09:17:35
茶々ママさま、お疲れ様でした!
みんな幸せになって欲しいですね^_^
Unknown (かずこた)
2013-02-24 09:24:26
本当にお疲れさまでした。
少し休まれた方がいいですね。。。
明け方5時まで。。。寝られないですね。。。
何もお手伝い出来ず申し訳ありませんでした。
茶々ママさんを初めとする皆さんのお陰でシェルターの子達は幸せになれますね。
ありがとうございます。
COO、茶々、まる美ちゃんとゆったりとした時間を過ごして下さい。
ありがとうございました。 (竹本ビリー)
2013-02-24 12:43:52
茶々ママ様ご報告ありがとうございました。
茶々ママ様自身も私達同様心痛めておられる中、すべての子のお世話、本当にありがとうございました。私もディアママを信じて…待ちます。
お疲れ様でした (ふくはなママ)
2013-02-24 15:55:34
茶々ママさん、今回のことに携わったみなさん本当にお疲れ様でした。
声かけはしたのですが、結果なにも役に立てずすみませんでした。
別の方のコメントで見たのですが、今日も遠方ですか?
本当に大変な活動ありがとうございます。
今後こちらのブログが落ち着くまでは茶々ママさんのブログをのぞかせていただきます。
なにかお役に立てることなどありましたら、メールやメッセージ等お待ちしております。
お疲れ様でした (超人)
2013-02-25 08:17:54
この度は急な大変な事態の対処本当にお疲れ様でした。
ただただ感謝申し上げます。

いつか野村さんがブログをUPするのを待ちたいと思います。
 
全てのワンにゃんの幸せを祈ります。
ありがとうございました。
Unknown (ruirui)
2013-02-25 16:51:14
茶々ママ・・・本当に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

言いたいことを言う人はいうだけで動かない
今回のことはそれが良くわかったと思います。
心を痛めて・・茶々ママさんが動いてくれた、これが事実です。
ありがとうございます。救い出してくださった皆様に感謝です。お手伝いも出来ませんで申し訳ないです。
これからもいろいろ大変だと思うので、メールにて投げてくださいねぇ。
この人達は (!)
2013-02-26 09:21:31
なんか、こじきとボランティアは一度やったらもう辞められないわよって言ってたらしいですよ。今、野村さんをかばってる方、早くきずかないと、またやられますよ!
茶チャママへ (あ)
2013-02-26 09:29:15
ちゃんと資金集めてボランティアをしてるんですから、野村さんがいなくても、犬猫ちゃん達、募金、物質の報告はして下さい!野村さんかいないから、中止や辞めるなんか言うと信用が出来なくなりますよ!それとも茶チャママも同類?
Unknown (Unknown)
2013-02-26 13:41:12
茶々ママは収支報告の義務はないと言い切っているので、いくらこの場で依頼をしても無駄です。

野村さんはいつも、汚い恰好をしていた方が、支援をしてもらえると言ってました。
お金がなくて猫の治療が出来ないと言ってた時も、シャネルの時計を自慢してましたし、ベンツに乗ってました。
車はベンツではないといけないそうです。

会う相手の服装や持ち物を見て、お金がありそうか判断をして、付き合いを決めていました。
古くからの人は知っているので、誰も支援をしませんでした。
本人も学習したようで新しく会う人には、言わなかったようですね。

シェルター」カテゴリの最新記事