Life にゃんず

東日本大震災のペットレスキュー
http://members3.jcom.home.ne.jp/kyoko_y/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

搬送ボランティアさん募集

2012-08-29 02:35:39 | 被災地のペット
現在搬送は茶々ママがひとりでやっています
茶々ママも仕事をしながらの活動でたまの休みも搬送で一日が終わってしまいます
犬の引き取り先は福島県か栃木県となります。
ドライブと犬猫大好きな方大歓迎
もちろん交通費、ガソリン代などはにゃんずで支払います。
里親希望者さんで希望の子を現地に引き取るついでに他の子も運んでくれる方も大歓迎

にゃんずはみなさんに支えられてここまでやってきました。
もうこれで最後と何回思ったことでしょう
しかしお手伝いしてくれる方、支援してくれる方の輪が少しずつ広がりここまでくることが出来ました
でも続けていくほどまだまだレスキューしないといけない子が多いことを知りました。
ここでやめたらその子たちは二度とペットにはなれません
狭いケージに一生入っていなければなりません。
そこに震災や原発事故が起こり飼育している側もお金をかけることができなくなりました。
被災ペットは飼い犬猫だけではなくブリーダーの犬猫もいるとみなさんにわかってもらえたこと、これが私が一年以上続けてきて訴えたかったことです。

メッセージを頂いてこちらから返信しても届いていないという方が最近多いみたいです。
もしかして迷惑メールにはいっていませんか?
こちらのアドレスがフリーアドレスなのでプロバイダーではねられている可能性があります。

テンちゃんご希望の方へ
やはりメール届いていないですか?

里親募集についてですが、みなさんのブログで拡散してくださいねっ

それとちょっと余談だけど、前から私がレスキューしている猫プロダクション行ってみました。
そしたら猫のきもちのコマーシャルに出ている子(アメリカンカール)がいました。
とても血統がいい子だとかで社長の自慢の子
とところがイベントで飛行機に乗せたら頭が斜頚になっちゃてました
多分治らなければ野村さーん持ってってよぉ~と言うんだろうなぁ
この写真が猫プロダクションの子達です(ちょっと前の写真ですが)




コメント (3)

原発とセブン

2012-07-16 23:09:30 | 被災地のペット
本日原発反対のデモが代々木公園で行われました。
16万人も集まったそうですね。
暑いのにご苦労様でした!
私もセブン連れて行きたいぐらいでしたよ。

私は今まで福島、栃木の子達のレスキューをしてきて原発についてとても考えさせられました。
とくにセブンと知り合ってからは私にとってかなり身近な問題となりました。
もちろん原発後に奇形の子が産まれやすくなったことも偶然ではないと思います。
幸いいわきは風の流れで原発の影響は少ないとされています。
しかし栃木は那須岳からの風が危険だと言われています。

セブンは飯舘村から避難してきた飼い主が致し方なく飼い主放棄された犬です。
とても性格がよく飼い主さんにかわいがられていた子だと思われます。
この子は大ママが福島の三春シェルターから引き出してきた子です。
シェルターはパチンコ屋さんを改造したところだそうです。
もちろんボランティアさんたちが朝晩の散歩には連れいってくれています。
ただセブンは引き出し当初は外に出るのを恐がりました。

原発事故は東京電力のずさんな管理が引き起こした惨事だと思います。
私はこの惨事は天災だと思いません。
独占企業をいいことにやりたい放題にしていたのではないでしょうか?
もちろん原発に頼らないと電気が足りなくなることも少しは理解できます。
でも他の方法もあるのではないでしょうか?
私は難しいことはわかりませんが、原発によって人も動物も運命が変わってしまいました。
私はやはり原発推進派にはなれません。

今回セブンを迎えてくださる里親さん及び預かりさんのおかげで次も三春シェルターからの引き出しができます。
残念ながらセブンは昨日の血液検査でフィラリア陽性でした。
というか福島の子はほとんど陽性だと思ってください。
でも最近はフィラリアは薬で陰性に陰転します。
そこは恐れずこれからも原発避難地域の子達をみなさん救ってあげてください。
まだ新しい飼い主さんを待っている子達がたくさんいます。

阪神大震災のときにシェルターの子は全部里親がついたと発表されました。
それは違うのです・・・残った子は密かに処分されてしまいました。
もちろん漏れ聞いた話などで事実ではないかもしれません。
でもそんな悲しいことは二度とあってはいけません。

まだまだにゃんずで活動を一緒にしてくれる方が少ないのですが、少しずつ輪が広がってきています。
モーちゃん基金についてですが、以前のわんにゃんレスキューの口座に入金して頂くと私の方でお金の管理ができません。
大変申し訳ないのですが、とりあえず私個人の口座に入金をして頂ければと思います。
通帳記帳ですが担当してくれる人も仕事をしており度々はできませんが、必ず入金して頂いた方のイニシャルはブログにてアップしていきます。
もちろん支援物資についても今後アップしていきたいと思います。
もし私たちの活動を賛同してくださる方がいたら基金および支援物資をよろしくお願いします。

ありゃおばさんあいかわらずずうずうしいこと言ってるだすな
だんからわたすがいつかスカウトされて美人タレントとしててんれびでびゅーするだすからまってけろって言ってるだすのに
でんもわたすからもちょっとお願いがあるだす
ネコさんのドライフード(生意気にプレミアムフードだそうだす)
ネコさんのレトルトパウチのウェットフード
これはいくらあっても足りないそうだす
そんれと預かりボランティアさん急募だす最初はわたすが指導するだすからやってみないだすか?

支援物資送り先
〒104-0033 東京都中央区新川2-17-15-906
野村早苗
080-4299-1209

モーちゃん基金口座
三井住友銀行
日本橋支店
普通 7970109
口座名 ノムラサナエ

さくのんさーんこちらの手違いで住所わからなくなってしまいました。
メール送ったのですが、パソコンメールは拒否になっているようで返ってきます。
住所教えてください。
コメント (5)

原発区域の置き去り犬猫

2012-04-12 04:09:22 | 被災地のペット
デブ美帰ってきました~
先住犬のチワワちゃんは固まってしまうような大人しい子のようなのです。
それをいいことにデブ美が追っかけまわして威嚇したそうです
それだったら仕方ないよ戻ってきても
まったくうちでは小さくなっているのに外でデカイ態度とるんだねぇ~
それが玄関で里親さんのキャリーから出たとたんリビングにすっ飛んでいきましたよ
「おーみんな帰ってきたぞぉ~」みたいな態度
そしたら佐藤くんにさっそく怒られていましたが
とりあえずあまりにもデブだからダイエットですわっ
ドライフードは一切なしの手作りのみでいくわよっ

先日最近決まった人のみ避難区域に入ることができるようになりましたよね。
大ママがいわき市役所に問い合わせところいわき市のシェルターに数匹の犬猫が保護されているとのこと。
大ママ(ブリーダーさん)が、今回自分のところの子ばかりお世話になったことが心苦しい、できれば原発での置き去り犬猫のボランティアをやろうと思うのと言っています。
彼女は犬を慣らすことに関してはプロです。
野犬化した犬を1匹ずつ慣らして里親に出せればと思います。
もちろん私は大賛成
大ママのところで保護し、しつけを入れてもらって里親募集する。
たとえ1匹ずつでもいいからやろうよっって話しています。
もしいわき市のシェルターから引取りが可能になれば少しずつ活動していこうと思います
そして現地でボランティア活動してくれる方も募集したいと思います。
原発区域にはまだまだ置き去りの犬や猫がたくさんいます。
猫は人を恐がりいわき市のシェルターの中でケージに入れられっぱなしになっています。
でも一度飼われていたのだから絶対慣れます
そして残念なことを外国人の友達から聞きました。
現地にシェルターまで持っているある大きな団体が世界各国に支援金を求めて、かなりの金額が集まったとのことでした。
しかしそのお金が正しく使われていないそうです。
個人の懐に入ってしまっているようで
なんだか広島ドッグパークと同じことがまた起きているのかな?
まだまだたくさん被災ペットはいるのだからボランティア活動はずっと続けて行ってほしいなぁ

コメントを入れていただいたみなさーん
ごめんなさいねー返事がなかなかできなくてっ
またまた犬が増えたことと風邪ひいてしまったため遅れています
でもどんどんコメント入れてくださいね~
私にとってみなさんのコメントはすごく励みになりますからっ
コメント (16)

今後考えないといけないこと

2012-03-14 05:18:56 | 被災地のペット
東日本大震災から一年が経ちましたね。
私は3月11日にブログを書くことができませんでした。
私は現地に行ってボランティアをやった訳でもなく現地の方々の生の声を聞いていません。
私は果たして何したの?何もやってないじゃん・・・と自問自答をしていました。
レスキューしたと言ってもほとんど東京にいて、現地の方たちの苦しみなんて全然わかっていないのでは?

しかしここで立ち止まってはいられない現実があります。
この子を見てください。
両目がありません。
この子は東北のあるところで出生しました。
誤解のないように言っておきますが、私たちがレスキューしているところの子ではありません。
原発事故後に妊娠して生まれた子です。
原発事故との因果関係についてはわかりません。
ただ原発事故後ということです。
私はこの子を引き取ることを考えています。

私は被災のためのレスキューしか考えていませんでした。
しかし今後は東北のペットたちを原発区域から遠ざけるということを考えないといけないのではと思い始めました。
私は原発反対派でも原発推進派でもありません。
ただ気になるのは放射能が人体に及ぼす影響は皆無ではないということです。
小さなお子さんがいるママさんたちが必死に子供を守る気持ちとてもわかります。
それは子供のために絶対必要だと思います。
とても悲しいことに原発区域にいた犬猫の多くががんを発症しています。
どうかみなさん東北のペットたちを早く避難させることにご協力ください。
現在ダックス(フォーンメス)、チワワ(フォーンオス、ブラタンメス)、マルチーズがまだ決まっていません。






コメント (23)

いた吉、ヨーキ、プードルの幸せ報告

2011-09-11 00:44:57 | 被災地のペット
またまたたくさんの子が幸せになりました

まずイタグレのいた吉ですが、たまたま決まっていた方からキャンセルが出た日に、うちのディアの友達であるミニピンのロクちゃんパパママがいた吉に遭遇しました。
ロクちゃんちは猫もいて楽しそう
ママとパパさん一目ぼれ状態で迎えて頂くことになりました
ミニピンとイタグレならいいかんじじゃね

ブラックプードルのヘレンは、プードルの仔犬の希望者の方に成犬をすすめたらオッケーのことで迎えて頂くことになりました
この子は前回の記事にも登場してます。

福島から連れてきたトーマスはご主人の実家が被災されたという方がわざわざ名古屋から迎えに来てくれました
福島のほうにも何度も通われたのことで、ぜひ被災した子をということでした。

最後は福島から来たヨーキちゃん。
ちっちゃくて大人しい子・・・あの日怖かったね、でもやさしいパパとママが迎えに来たよ










モーちゃん少し太って来ました
鬼食いなのにお腹が弱くすぐピー、しかし便検査を何度してもネガティブ(何も異常なし)。
先生がビオフェルミン的なもの飲ませてみたらと言ったので、ワカモトを飲ませてみました
美味しいらしくおやつ感覚でボリボリ食べるんだわっ
そしたらお腹の調子が安定してきたんです
先生が体重が増えてきたら避妊しようと言っていたのでもうすぐですね。
でも現在ヒートがきてしまいました
でもいつでもおむつしているから問題なしだわっ
コメント (2)