Les Artisans

スイス時計を中心とする職人との架け橋の日々を綴ります。

フローリアンのアトリエへ

2019-02-16 23:30:23 | 日記



この日はフローリアンのアトリエでも撮影。



トリプルトゥールビヨンを組み立ての作業もしてもらいました。

 

ディファレンシャルの中に入るボールベアリング。
このサイズのものを入れるのはかなり気を使いますね。

隣人のワンちゃんもきになる様子で



撮影風景をじっと見ていました



撮影は結構遅くまで続き、



アントワーヌさんの撮影初日から
2002年の嫌な思い出が蘇ってきました。

 

 お二人は全然問題ないよと嫌な顔をせず
22時くらいまで付き合ってくださいました


再会

2019-02-15 22:37:34 | 日記



アントワーヌさんのアトリエへ。
撮影スタッフさんと17年ぶりの再会。



近くのレストランまで歩いて



日替りメニューで



ランチタイム。
お魚料理美味しかったですよ^o^



数日間の撮影のスケジュールを確認しフローリアンのアトリエへ。 


アンデルセンさんのアトリエへ

2019-02-15 00:22:45 | 日記



ジュネーブに到着後、アンデルセンさんのアトリエにて撮影。

 

最近はポーカーモデルの受注を受けて作られているそうですが
今回は違うモデルの組み立て等を撮影させていただきました。



スケジュールの関係上、1日しか撮影日がなかったので
結構遅くまで撮影させて頂きました!!!

アンデルセンさん、有難う御座いました 


車窓から

2019-02-14 23:10:09 | 日記



4日目はジュネーブへの移動と撮影でしたが山を下る前に



ラショードフォンからブルリューまでの道中を車窓から撮影。



 ラショードフォンの遠景を撮影してジュネーブへ


撮影3日目

2019-02-13 23:50:51 | 日記



3日目はルノーエパピ社での撮影。



パーツの仕上げを行なっている部門へ。



 パーツひとつひとつルーペで見ながら丁寧に磨かれます。

 

組み立て部門の責任者と打ち合わせをしてから撮影開始。







このケーブルをムーブメントの右側と左側に一本づつ通します。



 

レンズが真横にあるのにも関わらず集中されてて
これを組んでしまわれる職人さん半端ない技術ですね〜