ポコアポコヤ

食べ物、お菓子、旅行、小説、漫画、映画、音楽など色々気軽にお話したいです(^○^)

「みつばちのささやき」とアナ・トレントの現在

2005-03-19 | 映画感想 他

私が特にお気に入りの映画の5本の指に入る作品「みつばちのささやき」
映像といい、風景、音響、服装といい、とにかく大好きなんです。
服装でダントツお気に入りなのは、ステンカラーのコートです
何と言ってもこの映画は主役の女の子アナこと「アナ・トレント」の魅力による処が大きいと思います
すごく可愛かった。あの丸くて澄んだ瞳が何とも言えず魅力的です。

画像見えなくなってしまっています。こちらで、この記事と同文および画像が全部見れます。m(_ _)m


ana
みつばちのささやき El Espiritu De La Colmena 
こちらクリックすると映画の写真が幾つか見れます。写真と出所elmundo.esさん

実は、私は現実の「子供や赤ちゃん」が昔から、苦手な方で・・・自分が子供持つ様になって、少し変わったとはいえ、やっぱり今も、他の人が無条件に「子供・赤ちゃん」という存在を可愛い!と言う様な気持ちにまではなってないです。それなのに、昔から映像の中の子役は凄く好きだったり、気になったりするんです。

「みつばちのささやき」を見たのは、20年以上前で、でも実際作られた年というのがそれよりもさかのぼること10年以上昔の1973年というのにも、びっくり!!
それまであったスペインのイメージ=青い空!カラッとした夏のイメージとは全然違ったイメージ・色合いにびっくりしました。黄色い一面の麦畑?枯れ畑?、埃っぽい寒そうな風景、曇った空、暗い父と母。
そこに登場するのが、可愛いくて元気な姉妹。
ana →ana

現在のアナ・トレントは、どうしていて、どんなお姿なのかな?と探してみて、まずびっくりしたのが、この「サン・セバスチャン映画祭」El Festival de Cine de San Sebastián2003 でのポスター。
「みつばちのささやき」の線路に、30代になったアナが立ってる!という,,, この映画は、Una preciosa puesta de solという映画だそうです。

ana
大人になったアナ
最新作は、「IRIS」 2004

私が「みつばちのささやき」他を見たのは大人になってからだったので、ずっとアナ=「ちっちゃい子」のイメージですが、本当のアナ・トレントさんは1966年生まれなのです@@殆ど自分と同じ位だと言うのに衝撃。
フィルモグラフィーはこちら
その後アナ出演作は「カラスの飼育」(1975)「エル・ニド」(1980)を見ましたが、やっぱり、「みつばちのささやき」が私には一番です。

そして、この「みつばちのささやき」のビクトル・エリセ監督
その後の作品10年に1回ペースでお仕事されているみたいで・・・「エルスール」(1982) 「マルメロの陽光」(1992)も、もちろん見ましたがやっぱり、私は「みつばちのささやき」が最高です
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (33)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スターウォーズ エピソード... | トップ | 犬顔の人が好き トリス犬、... »
最近の画像もっと見る

33 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ひょえ~・・・ (ダイアン)
2005-03-19 16:31:03
アナ・トレントってそんな歳なんだ・・・

って同い年だよ・・・へ~・・・

サン・セバスチャンって有名なリゾートですよね。そこで映画祭をやっているところが面白い!

「みつばちのささやき」私も好きです。

スペイン映画の映像美に凄く惹かれました。

言葉も含めてね。

スペインっていろんな顔を持っている国だなと思います。そしてアートシーンも凄く面白い。とっても魅力的な国ですよね。
ダイアンさん☆ (latifa)
2005-03-19 16:39:02
あら!ダイアンさん、そんな言っちゃって・・

私はやっぱりダイアンさんより、ちょこっと

年上だったみたいっす



ダイアンさんも、みつばちのささやきが

好きだなんて、嬉しいな~~~

ダイアンさんは、スペイン語もお解りになられるから、

もっともっと心に染みて見られたんじゃないかな~

いいなぁ~!!言葉を理解して見るのと

字幕だけで見るのじゃ、全然違いますから・・・
Unknown (あっぺ)
2005-03-19 21:22:22
大学生のとき同じ彫塑科の先輩から借りてみたのが「みつばちのささやき」でした。

すぐにこの映画の虜になってしまいました。

よ~し、僕もこれからこの映画について書きます。

すいません、、、まねっこで。
あっぺさん☆ (latifa)
2005-03-19 22:03:01
いえいえ、まねっこだなんて、とんでもないですよ!

同じ映画が好きで、とっても嬉しいです!!!



凄く楽しみに、明日あっぺさんのブログに

拝見に上がりますヨ

明日ゆっくりお邪魔しますね~~~^^

(私は非常に早寝なので、もうこれから寝ます~)

こんにちは! (ken)
2005-04-28 11:14:46
latifaさん、どんな映画が好きなのかなと思って、リストを拝見してたら、「ミツバチ」発見!これは僕も頬すりすりしたいくらい大好きな映画です。

30代のアナが線路に立ってる写真、興味しんしんです。これは「ミツバチ」に関係してる映画なのかなぁ。

あと、「ミツバチ」の写真が見られるサイトも嬉しかったです。
kenさん☆ (latifa)
2005-04-28 11:51:20
こんにちは!コメントありがとうございました。

kenさんも、みつばちのささやき、お気に入りの映画なのですね。

頬すりすりしたい位・・っていう表現が、とっても可愛いですー。

あのポスターは、Una preciosa puesta de solという映画だそうです。(私も未見です)

kenさんは、スペイン語をお勉強されているんですね

週に1回くらいつづ、昔のですがスペイン旅行記もupしているので、もし気が向いたらちょろっと見て下さると嬉しいデス
Unknown (哲)
2005-10-24 00:53:06
この映画の背景にはスペイン戦争があるの

ですが、そこまではきちんと読み取ること

ができません。しかし、この映画からは

圧倒的なものを感じます。

さて、寡作のエリセ監督ですが、

「10ミニッツ・オールダー」の

中に「ライフライン」という作品が

あります。おそらくご存知と思いますが

これはすごい作品です。

映像の力、それを操るエリセの力に

圧倒されます。
哲さん☆ (latifa)
2005-10-24 08:41:49
こんにちは、哲さん

私は恥ずかしながら、この映画を始めて見た時は、スペイン戦争とか全然知らなくて、あの隠れていた男性や、お母さんが手紙を送るシーンとか、色々政治的な部分を、そういうやんわりした表現で、でも意味していたのは、映画を見た後に知りました。

でも、この映画自体は、そういう背景を知らなくても充分良さが伝わる映画ですよね♪



>「10ミニッツ・オールダー」の中に「ライフライン」という作品

教えて下さってありがとうございます

全然知りませんでした!!

後で調べて、見られそうだったら、是非ぜひ見てみますね

また、どうぞ、色々教えて下さいネ
やっと見ました。 (aki)
2005-12-10 22:04:49
こんにちは。

今日、やっと「ミツバチ」を見たんです。いい映画だったね、本当に。



必要最低限の言葉と解決しない会話とガラスでできた蜂の巣箱。短い時間のシーンのひとつひとつがすべて暗示的で、これ、何回も見たくなるような映画でした。

akiさん☆ (latifa)
2005-12-11 07:46:41
akiさん、おはようございます

この映画、akiさんに気に入って頂けた様で、

とっても嬉しいです!

そうそう、何度も見たくなるような映画ですよね♪

akiさんがご覧になられれお薦めの作品など

ありましたら、教えて下さいね^^

コメントを投稿

映画感想 他」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

4 トラックバック

[HITO]アナ・トレント (THE KAWASAKI CHAINSAW MASSACRE)
ビクトル・エリセのDVDボックスが出るということで話題になっています。 ビクトル・エリセ DVD-BOX 出版社/メーカー: 紀伊國屋書店 発売日: 2008/11/29 メディア: DVD ビクトル・エリセ作品といえば「ミツバチのささやき」であり、「ミツバチ~」といえばアナ・トレント...
133●ミツバチのささやき (レザボアCATs)
'73年、スペイン監督・脚本: ビクトル・エリセ出演: アナ・トレント イザベル・テリェリア フェルナンド・フェルナン・ゴメス テレザ・デンペラ
「ミツバチのささやき」 (シネマ・ワンダーランド)
スペインの巨匠、ビクトル・エリセ監督(1940年~)がメガホンをを執った長編第一作であるアート・フィルム「ミツバチのささやき」(原題=ミツバチの巣箱の精霊、1973年、西、99分)。この映画は、スペインの1人の少女が体験する現実と空想の交錯した世界を描...
ミツバチのささやき El Espiritu de la Colmena (映画って面白いですね。)
「ミツバチのささやき」(El espíritu de la colmena)は1973年スペイン製作の映画です。サン・セバスティアン国際映画祭でグランプリを獲得しています。 時代設定は1940年、スペイン内戦(civil war)が終結したばかりの頃のスペインの田舎が舞台です。主人公...