KU Outdoor Life

アウトドアおやじの日常冒険生活

新緑のカサメリ男塾

2018年05月12日 | フリー(山梨、長野)
日程:2018年5月12日(土)前夜発日帰り
天候:
同行:カワちゃん、山ちゃん(我が社)
(各ルート、グレードの次の〇×等は今回の自分の結果)
 
 登れるスキーヤー、カワベ氏もスキーシーズンが終わり、いよいよ岩モード。
 登りたくてウズウズしているというので、まだ行ったことがないというカサメリをプレゼンする。
 直前にマムートジムで偶然会ったヤマちゃんも誘って、金曜夜にカワベ号で男三人現地入り。
 週半ばの雨が少し気になったが、岩場に着いてみると岩はパリパリに乾き、コンディションは良好。

 
【モツランド】
たぬき 5.10a (再登)
 まずはここから。
 終了点へのスローパーをどうこなすか下から見ていたが、二人とも無難にこなす。カワちゃんMOS、山ちゃんFL。

 
ミルクミルク 5.10c (再登)
 最後、終了点へのクリップがちょっと中途半端でスッキリしないが、人気のルート。
 山ちゃんFL。

 
 
レーザーズエッジ 5.10c/d (再登)
 岩の見た目ランキングがあったら間違いなく上位に入るであろう人気ルート。
 山ちゃん、さすがのMOS。カワちゃんもTO。
 自分は前回ヨレていながらも登れたので、今回は余裕のつもりが意外とヤバかった。何とかTO。

 
 
【コセロック】
トータルリコール 5.10b (再登)
 こちらも初見参のカワちゃんにはぜひ触ってもらわねば。さすがのMOS。
 
ワニワニワニ 5.11b ×(テン山TO)
 カワちゃんトライの後、自分も久々にやってみるが、最初の手順を忘れて四苦八苦。
 最初の牛タンを取ってから穴ホールドを持ち替え、そこから伸び上がって左上のコブカチを取るのに、いきなり牛タンから右に回り込むものと勘違い。ボケって恐ろしい。
 最後のリップ取りも体をイマイチ張れず、ポテポテ落ちる。かつて登れた時(2012年6月)の手順をほとんど忘れてしまっている。
 慢心は敵だ。改めて要修行。
 
 
 
 その他、山ちゃんは「漁師の娘(5.11c)」に数便出すが、指皮とフューチュラのソールをごっそり持っていかれ没。

 
 
【オランジュ岩】
ボトレイアン 5.11a (再登)
 カサメリにあって指に優しい癒し系パズル課題。
 カワちゃんを少し悩ませてしまったが、自分は中間部のアンダーから左足を置く位置を思い出し、何とか再登。
 山ちゃんもFL。

 
 
ちちくりマンボウ 5.10c ×(途中敗退)
 自分にとって因縁の課題。
 これまで1テンTOまではこぎつけたが、中間部テラス下で落ちて怪我してからトラウマになっている。
 今回、せっかく70mロープを持ってきたので、まぁやってみますか。
 下部はフリクションばち利きのボコボコしたホールドを使えてなかなか面白い。
 調子に乗って一か所少し手順を間違えてアセったが何とか凌いで、いよいよ自分の苦手なハング下へ。
 
 で、相変わらずあの並行した縦ホールドの処理がわからない。???
 片方使ってレイバック?それともクワガタのように挟み込むのか?
 結局、右側のハング下に逃げて岡持ちスタイルで粘るがいつものジリ貧。ここで落ちると斜めに振られ、どうにも怖い。
 ハングに手持ちのカムまでかけ保険とするが、結局そこまでで途中リタイヤ。
 後の二人にTO及び回収を頼むが、二人とも既に終わってしまって回収はできたがTOならず。
 うーん、わからん。自分にとってもっとも相性の悪い10c。もういっそ封印でいいかも。

 
 最後は気持ちよく終われなかったが、それでもカサメリはマイナスイオンが気持ちイイ。
 帰りは「小作」の冷やしほうとうで〆。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上州クライミングトリップ#2-子持山獅子岩マルチ

2018年05月06日 | フリー(関東)
日程:2018年5月6日
同行:我が社の山岳部(H井)
 
子持山獅子岩南壁マルチピッチ 5.9 7P
 
 本日はトリップ最終日の仕上げとして、癒し系のマルチへ。
 私は2011年10月以来、7年振り二度目。
 アプローチは子持神社を過ぎて林道を7号橋まで進んだ所から歩き始めるのが一番近いが、昨年の土砂崩れから林道が復旧されておらず、手前の3号橋付近から歩き始める。
 
 
 
 
 
 途中、分岐で道を間違えたりしてタイムロスがあったが、概ね小一時間で南壁の取付き着。
 既に先着組として他県から来たという男女4人の中高年組がいたが、こちらは二人なので快く先頭を譲ってくれた。感謝!
 (ただ、そのうちの一人の女性がやたら賑やかな人で、ちょっと辟易。自分たちのグループだけならまだしも、静かに山を楽しみたい人もいるのをわかってほしいな。)
 
 相方に「最初どうする?」と聞くと、「行きます!」と前向きの返事。
 昨年の八ヶ岳・大同心では「どうぞどうぞ。」と遠慮がちだったが、このところのクライミング修行で登る力と共に気持ちもかなり強くなっている。頼もしい。
 
 
1~2ピッチ 体感5.8~5.9? H井リード
 傾斜緩めの逆層スラブ系。
 昨日までの有笠とは明らかに異質で若干戸惑うかと思ったが、淀みない登りで2ピッチ目終了点までロープを伸ばす。
 途中のハイステップ・ポイントはもちろん事前に教えず、どうするか下から様子を見ていたが、特にハイステップなど使わずスイスイ抜けてしまった。うまくなったなぁ。
 久し振りのマルチのはずだが、コール、ビレイの準備も手際よく、見ていて安心できる。(ただ、隣のよそのおばちゃんが相変わらず大きな声でおしゃべりしており、肝心のコールが聞こえない。)
 
3ピッチ 体感5.8 私がリード
 巨大フレークがあるピッチ。フレークに乗り移るタイミングがポイントか。
 サイドをうまく掴んでペタペタと足で上がっていくのが面白い。H井さんは苦手系と言っていたが、特に問題なくフォロー。
 
 
 
4ピッチ 体感5.9 H井リード
 もう少し先かと思ったら、ここが核心ピッチだった。
 ちょっと慎重な登りになったが、ここも戸惑うことなくこなす。ジム練・週四の成果か、カチ課題なら自分よりうまいかも。
 
5ピッチ 体感5.8 私がリード
 段差が続く短いピッチ。特に問題なし。
 
 
 
 
 
6ピッチ 体感5.8 H井リード
 ここも短いスラブ・フェース。最後は正面から越えるか、向かって左の草付きから抜けるか。
 
 ここを上がれば土のテラス、ていうか獅子岩山頂直下の小広場。右に回ってしまえば鉄梯子を伝って簡単に上まで上がることができる。
 せっかくなので、以前来た時に気付かなかった左側の立ったカンテにボルトが打たれているのに気付き、取り付いてみるがこれは厳しい。
 グレード不明だが、ここまで来て本気でやることもないか。
 素直に中央正面の凹角へ。
 
7ピッチ 体感5.7 私がリード。
 最後のおまけピッチ。短く傾斜もないが、中央の岩がクライミングジムのハリボテのように邪魔で面白い。
 最後リップを抜ける時の隠れカチもジムっぽい。
 
 
 
 
 
 獅子岩マルチ、無事に完登。
 そして三日間のクライミングトリップもこれで終了。
 
 よく登り、よく落ちた。そして絶対に強くなった。
 「掟破り」の師匠越えも近いなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上州クライミングトリップ#1-有笠2days

2018年05月05日 | フリー(関東)
日程:2018年5月4日~6日
同行:我が社の山岳部(H井)
 
 GW後半は悪い天気予報を信じ、奥利根縦走も北アのバリエーションも諦め、有笠フリー&子持山マルチに転進。
 内容充実、天気にも恵まれ、これが正解。

 
一日目 のち
有笠
【偏屈岩】
 現地に着いたとたん、ポツポツとまさかの雨。降水確率0%のはずなのに。
 幸い小降りで、岩の状態には影響なく、千葉のカップル、栃木のグループらと共に続行。
 
有笠登頂888 5.8 MOS
 アップで。今さらながらやってみる。有笠のガビガビホールドにまずは手慣らし。
 
ハローミッチェル 5.10a (再登)
 小雨ながらも岩は滑らず。さすが有笠。
 
有笠2000 5.10d (ほぼ)MOS
 最初、隣の10bと勘違いして取付くが、出だしが悪くクライムダウンし、改めて仕切り直し。
 次の離陸は何とか頑張ってそのままTOしたが、後で教えてもらったら実は10bでなく10dだった。どおりで。
 腕の力をだいぶ吸われてしまったが、本日満足の一本。
 
ねずみ返し 5.10b (再登)
 H井さん、苦手の被りモノ。他のおじさま達も苦労していたようだったが、足をどう置くかがポイント。
 
リスのえさ箱 5.10c OS
 千葉のカップルが「面白いですよ。」と勧めてくれたので、やってみる。
 ハイライトは大きめのハング越えだが、それより出だしの細かい部分もちょっとクセあり。
 ドッ被りのハングは見たまんまの位置に気持ちよくガバがあり、グイグイ登っていける。快適。
 
掟破り 5.11a (再登)+回収便
 前回のMOSがまぐれではないことを確認するためトライ。
 核心は3ピン目をどうクリップするかだが、意識してしまうとたしかに少しやりにくい。
 自分の場合、左のサイドを保持して昔、お笑いコンビの「ゆーとぴあ」がやった「よろしくね!」ムーブが一番やりやすいように思った。w
 中間の棚に上がってレストすれば、あとはイケイケのガバ繋ぎ。楽しい!

 

 

 
 
 初日は半日ながら、二人ともまずまずの便数を出せた。気温はかなり低めだった。
 夜は「道の駅・霊山たけやま」に移動してテン泊。
 

二日目 
 朝起きると、二人とも異様にダルい。orz
 昨日の頑張りもあるが、先週の小川山からの疲れをずっと引きずっている感じだ。
 本日は東口に回って開始。朝早くからクライマー諸氏の車が続々と林道を上がってくる。

 
【東の石門】
有笠中央岩稜 5.9 (再登)
 アップで。何の問題もないが、相変わらず岩が手に刺さって痛い。
 
はし休め 5.10c (再登)
 これも体感10aのアップ課題だが、今日は身体が重く感じられ危なかった。
 核心の抜け口はクロスで取って足をうまく上げていくのが楽。
 
大いなる山の日々 5.11a (再登・二便)
 これも既に登っているが、復習の意味で。ただ今日は身体が重く、下部で消耗。
 やはり右の大ガバを使うと手順が崩れてしまう。核心は明瞭な左手アンダーから両足決めて右手で大穴取りにいくのが一番楽か。
 大穴マッチ後の右カンテ奥のホールドの位置も確認しておきたい。わかってしまえばこれもアップ課題。
 
 
 
【いっぷくエリア、アドベンチャーランド】
大福 5.9 (再登)
 雑に登ると、ちょっと狭苦しくなるかも。
 
しお豆 5.10a (再登)
 大福より簡単、快適?
 
ぼたもち 5.11a (三便)
 先に来ていたグループが代わる代わるやっていた、お買い得の一本。
 これもOS済。プリクリのため左側から取付いている人もいるが、右側から取付いた方がよりスッキリしているような。
 四手目のホールドがやや持ちにくいが、足をいい位置に決めて右手を角に飛ばせばOK。
 一段登ってしまえば、あとは終了点まで5.8~9程度。
 タダでは帰らないH井さんもしつこく粘って、最後は見事RP。これで三週連続のイレブンGet!
 
おいらの人生 5.10a MOS
 少し長めのスラビーな課題でクールダウン。
 出だしと終了点間際が油断できないが、後はアルパイン。有笠にあって腕のパワーを使わない希少の一本。

 

 
  
 クライミング後は有笠までせっかく来たので、定番の沢渡共同浴場。
 ダチョウ倶楽部並みの熱湯だが、バキバキに張った筋肉をほぐしてくれる効果大!

 
 上州トリップ、最終日の明日は有笠から移動して、子持山獅子岩マルチへ。
 今夜のテン場を探してしばし車で迷走してしまったが、最終的に道の駅「こもち」の隠れスポットにテン泊。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小川山で会いましょう

2018年04月30日 | フリー(山梨、長野)
日程:2018年4月28日(土)-30日(月・祝) 前夜発二泊三日
同行:我が社の山岳部、ツジタ夫妻、チオちゃん、リンさん、おトミさん、カンキさん、その他

 前夜発、いつもの「道の駅・南きよさと」で軽く酒盛り。登る前からいつものようにOBが怪気炎を撒く。(やれやれ・・・。w)
(以下、ルートは今回自分がトライしたもので、グレードの次の〇×、OS等は自分の結果)
 
一日目 
【姉岩】
 我が社の山岳部御用達のエリア。本日のお題はやはり「卒験」。
 
センター試験 5.8 (再登)
 アップで。
 
卒業試験 5.10b (再登)
 二つのミニハングの間が核心か。クラックには指が入ず、下から見えない保護色の左手カチを見つけて、うまく足を運ぶのがミソ。
 
美貌の神様 5.10c (再登)
 ルート名ほどには見た目あまり美しくない。最後の小ハングは自分はレイバックで、他のメンバーはうまく足を拾って正対気味でクリア。
 
なんとなくホゲホゲ 5.10C (再登)
 前回RPした時は上部の核心抜け口で右手クラックをガストンで決めたのを覚えているが、今日登ってみたらなぜかそれが見つからず。
 何とか左側カチで耐えてTOしたが、少々アセった。
 
 本日は、このところ精進目覚ましいH井さんが、10b、10cを次々とFL&OS!
 月パス買ってボルジムに週4日!通っているせいか、強いし安定している。オヤジも名ばかりの師匠として嬉しい限り。(感涙
 夕方、買い出しに行ったナナーズで八丁堀組と遭遇。このろくでもない世界は広いようで、やはり狭い。
 夜は当然、酒、肉、焚火!

  

  

  

   

 二日目 
【スラブ状岩壁】
 お久し振りの八丁堀組と合流し、一日遊ぶ。
 
穴があったら出たい 5.10a/b ×(1テンTO)
 アップで。出だしでOBに騙され左側がスタートしたのが敗因。右から取りつけば行けたはず(言い訳)。
 1テンしたが、そのままTO。
 
オーウェンのために祈りを 5.10c ×(2テンTO)
 以前登った時はスローパーとカチを使って直登したと思ったが、やはり直登バージョンはこのグレードにしては難しい。
 ジタバタしてテンションかけた後、結局少し右に逃げてそのままTO。やはり、このルートは限定ではなく、この登り方でいいのかな。
 サトシさん、勝手にハードル上げてしまって申し訳なし。
 
高い窓 5.10b ×1テンTO(三便)
 ずっと宿題のままの課題。
 出だしのスラブも緊張するが、やはり核心はハングから上のタワー部分。
 皆さんやはり落ちてるようで、最後のボルトはひん曲がりハンガーがクルクル回るのが恐怖心を煽る。
 何とか1テンで繋げることはできたが、スローパーとスメアで耐えてマントル返すのが何ともシビレる。
 チオちゃんTRながらも皆の声援を受けTO、最後は有段者のサトシさんが力技のボルダームーブで完登!さすがっ!
 
 帰り際、クールダウンでyokkoさん、チオちゃんにウィスキー・キャット5.10aを勧めるが、なぜか途中敗退。
 おかしいなぁ。そんなはずではないのに。ヘンなの勧めて申し訳なし。
 そして、今宵も酒、肉、焚火!

  

  

  
 
三日目 
【ストリームサイド・エリア】
 結局、最後まで一緒にいたのは、山岳部の登りたがーる(H井、K原)の2名。そのガッツは一体どこから沸いてくるのか。
 ストリームに向かう途中、大きな黒カモシカと遭遇し、ビックリ。熊かと思った。
 
ママコのシリヌグイ 5.8 FL
 アップで。短いが、出だしが少しやりにくいか。
 
オードリー 5.10b FL
 「日本100岩場」だとB4、10bとなっているが、カンテ沿いを登ってみるとB5で体感10c。
 特に最後のフェースは高度感あり、小粒のフットホールドに一歩立ち上がるのがなかなか怖い度胸課題。
 H井さんMOSはお見事。
 
ブリジッド 5.9+ MOS
 グラウンドupで5.9+、下の岩を踏み台にして取り付くと5.9か。最後、右のカンテを取るか左のカチを取るかがビミョー。
 
松虫草 5.11a (再登・二便)
 本日のお題。以前、RP済だが、改めてトライ。
 一便目、右の側壁も使ってTO。ホールド確認後、次の便で正面から再登。
 ボルト二つの紐付きボルダーでお買い得。H井さんもTRを含む三便でクリアし、これで二週続けてイレブンGet!(お買い得課題だけど)

  

  
 
 三日間、一緒に登って、酒をいただき、焚火を囲んだ皆さん、ありがとう!
 また、小川山で会いましょう。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

GWプレ合宿@古賀志

2018年04月22日 | フリー(関東)
日程:2018年4月21日(土)-22日(日) 一泊二日
同行:我が社の山岳部(H井、K原)
 
 岩好き女子2名同伴で、古賀志へ。
 関係ないけど、出だしで道を間違え、首都高で川崎の工業地帯を突っ切るルートを初めて走ったみたが、ここは凄い!
 まさに映画「バトルランナー」の世界で、何ともSFチック。今、外国人旅行者に「KAWASAKI」が人気らしいが、納得。
 首都高・浅野-アクアライン・コース。ここは絶対、夜走ってみたいぞ。
 さて、車はそのまま東北道を進み、現地入り。
(以下、グレードの次の〇×、OS等は自分用のメモです。)

 

一日目 
【不動滝右フェイス】
新人クラック 5.8 (再登)
 まずはここから。女子二人ともソツなくこなす。
 
ドライアイス・センセーション 5.10a (再登)
 自分はもう何度も登っているはずのアップ課題だが、今日はなぜか右のカンテ側に手を出してチグハグになり、ちょっと危なかったが何とかノーテンでクリア。
 その後、女子二人は大いにハマる。
 地元クライマーの話では12クライマーも「わけわからん!」と言ってハマッたことがあるらしいが、それは大げさ。
 素直に登ればやはり10a。

  
 
【不動滝左フェイス】
粉屋の娘さん 5.8 RP
 出だし核心。これまで1テンTOを繰り返してきたが、恥ずかしながら今回ようやくRP。
 キーホールドの左手カチが判ってしまえば、何てことない。(強がり?)
  
ウルトラマン・フェース 5.9 (再登)
 最初のクリップで気持ちが若干圧されるが、そこさえ乗り切れば、あとはガバカチの連続。

 初日はここまで。
 夕飯はたまたま通り掛った「たけし」という名の定食屋へ。知らずに頼んだ「わらじチキンカツ」に圧倒される。
 夜は森林公園の駐車場で車中&テント泊。地元のヤンチャな兄ちゃんたち、頼むから夜は静かにしておくれ。

  

二日目 
【マラ岩】
溝ルート 5.8 MOS
 アップで。下から見ると緩過ぎて簡単に見えるが、登ってみるとそれなりに傾斜はある。

 

ワイワイ 5.9(10a)(再登)
 ラインは直登と左のカンテ寄りが選べる。
 女子は薄被りのカンテが苦手のようで直登のカチ拾いに専念していたが、そちらの方が難しいそう。

スリーナイン・カンテ 5.10b MOS
 トポ「日本100岩場」には掲載無しの課題。すっきりしたラインで前回から気になっていたが、やってみるとアルパインちっくの好ルート。
 女子二名も無事に一撃。ちょっとジダバタし危なかったが、K原さん大金星!

ホットロッド 5.11a (再登)
 こちらもトポ「日本100岩場」には掲載無し。ボルト3つの紐付きボルダー、手順を教えてしまえばジムの5級か?
 H井さんはTRを含む三便でRP。お買い得だが、これが初イレブン。おめでとう!

  

チャーリー 5.10b ×
 前回の宿題だが、出だしの外傾スタンスがどうにも滑り易そうで(実際滑る!)またしても没。orz
 グレード的には行けるはずだし、どこかホールドを見落としているとしか思えない。拘るほどのものでもないので、しばらく封印。

 今回はここまで。
 我が部のホームである湯河原の緩傾斜に較べると、やはり古賀志は肩甲骨に来る。
 女子二名は10aには打ちのめされたが、10bをFL、11aをRPと自己グレード更新。それなりに成果があった二日間。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加