これから 別館

2019年6月大腸癌が見つかりました。
cT4aN2bM0

ゼロックス療法5クー2日目

2019-11-15 14:00:26 | 化学療法



昨日の都心と東京タワー


病院に着くと受付をして、血液検査から始まります。その後薬剤師との面談。出して欲しい薬や、症状をいい、オーダーが主治医に出されます。そして主治医の診察。
 
今日の主治医はやけに優しかったな。手足症候群がきついので、二段階薬を下げると一回2錠。始めた時は一回5錠。半分以下なので心配ですというと、体重を調整してくれて体表面積を変えました。今は抗がん剤最初の時より4キロ増えましたから。一回3錠に決定です。

血液検査には癌マーカーca125が追加されていました。卵巣癌を調べるマーカーですね。肺結節にも何か関係あるのかな。心当たりはあるけど割愛します。

そしてサポートセンターの看護師さんとの話。私が辛いといいに行き、残りの抗がん剤投与当日は付き添います。との事でした。今日も不満たらたらこぼして帰りました。

点滴はアレルギー予防の薬から始まり、エルプラット(オキサリプラチン)、点滴中手足の先の痺れが続いていました。この前からこむら返りするふくらはぎには、看護師さんがホットパークを当ててくださいました。無地終了。

ホテルに帰ると眠たくてすぐに眠ってしまい、午後10時に目が覚めました。もうすぐ午前様。そろそろ寝ます。
cea 2.3
ca19-9 27.8
ca125 11.4


メンタルクリニック受診

2019-11-12 21:07:53 | 皮膚科、精神科、整形外科、サポートセンター
午前中、空きがでたので診察に来られますか、という電話が鳴りました。
初診は3ヶ月待ちで予約も月末1日で埋まりますということだったのでキャンセルしたあとはそのままにしていたところです。
合う合わないがあるので取りあえず初回インテークの予約をし,行ってきました。

1時間近くお話して、とても満足でした。
否定されることなく、行って良かったと思ったクリニックでした。
次回の予約もしてきました。

抗がん剤の副作用が切れる投与から10日以降でないと動けないので、良い頃予約しました。
行動するのに限られているのですが仕方ないですね。

早く終わって欲しい抗がん剤。
術後化学療法という名の下、半年限定の丁度半分終わったところです。
転移したくない。
その不安や4クール2日目からの耳鳴りが今日の受診の目的でした。
亡娘が退院して家に帰った翌日、耳詰まりと耳鳴りが起こり、突発性難聴になりました。2年近症状は続き、忘れた頃直りました。
今も低音は聞こえずらく、忘れましたがどこかの周波数のところが聞こえません。
日常会話には影響しませんが、その時は辛かったです。
それがトラウマになっています。

先生と良い関係が続いてくれる事を望みます。


ゼロックス療法副作用/4クール11日目

2019-11-04 17:04:54 | 化学療法
先月もですが今月も仕事の為に夫のところに帰るつもりで飛行機の予約をしました。
でも帰る自信がなくて今回もキャンセルしました。

キャンセルすると夫とは一緒に居られなくなるのですが、オキサリプラチンの副作用の蓄積で体が悲鳴を上げているのがわかるので行かない事にしました。寒くなったのも災いしているのか、頭を締め付けられているような頭痛、孫悟空の様です。それに耳鳴り。過去に突発性難聴になっているので余計心配です。そのときは耳の詰まった感じと人の声がロボットみたいに聞こえてきました。耳鳴りもあったかな。。。だから耳鳴りはとても心配な症状です。飛行機にのると気圧の関係で耳にも良くないし。
他には鼻の奥が痛い、鼻の粘膜にオキサリプラチンが回っているのかプールの中で鼻がツーンとするときの状態が続いています。
低血圧だったはずが、血圧が安定していません。下は低くても100を越えています。上は100~160辺りをうろついています。脈拍は90から120。なんかヤバそうです。

主治医が心配する痺れもありますが、我慢できないほどではありません。しかし、普通の靴ははけないし、ハイヒールなんてもっての他。分厚い木綿の靴下履いて、足の裏にはガーゼ貼っているので2cm大きい25㎝の靴買いました。それも中に毛がついているムートン風なやつです。
足の痛みや痺れ、皮膚の厚み、皮がむける、色素沈着ゼローダの副作用だと思います

オキサリプラチンの事。
一度痺れたら、なかなか元に戻らない毒性を持っていると言うことです。次回で全量800ml 越えるので副作用の末梢神経症状の機能障害が、顕著に現れる回数となります。プラチナ系の抗がん剤は生涯かかっても抜けないのが恐いところ。次回は減量で、お願いしたいです。

以下、沢井製薬オキサリプラチンの取り扱い説明書より
2)末梢神経症状の悪化や回復遅延が認められると、手、足等がしびれて文字を書きにくい、ボタンをかけにくい、飲み込みにくい、歩きにくい等の感覚性の機能障害(外国では累積投与量850mg/m2で10%、1,020mg/m2で20%に認められたと報告されている)があらわれることがあるので、患者の状態を十分に観察し、感覚性の機能障害があらわれた場合には減量、休薬、中止等の適切な処置を行うこと。

主治医は痺れについても手足症候群も一度も見てくれない。寄り添うという事は皆無です。診なければわからないことも多いと思います。

私の通っているがん研はシステミック過ぎて機能的ではありますが、器械の数字をメインに検討するところで、人を診る、寄り添うということはないように思います。あれほど患者さんが多いと仕方ないのかもしれません。その分、薬剤師は看護師の役目を担っているようです。困ったときはサポートセンターに行けば心洗われます。


心療内科と生田緑地

2019-11-02 18:02:50 | 皮膚科、精神科、整形外科、サポートセンター

生田緑地

予約していた心療内科を受診しました。どうやらクリニックの指針が、私の訴えとは違うようなので別のカウンセリングを勧められました。

癌の診断がコロコロ変わり、何を信じていいのかわからない。
転移、再発の恐怖を訴えました。
心療内科や精神科的にはわたしの訴えは医師よりも心理士寄りの訴えのようです。
と言うわけで、35分枠のインテークは10分で終わりました。
私の事をよく知っている方にお話しを聞いて貰うことにします。

あまりに早く終わったので生田緑地の古民家を観てきました。




 


に囲まれ癒されそうです。
でも寝てばかりで運動出来ないしので筋肉がなくなって、階段を下っただけで足が震えて力がはいりません。と言うわけで駐車場まで戻りました。

岡本太郎美術館にも行きたかったのですが歩けない。
抗がん剤治療は脂肪過多になり脂肪肝になりやすいといいますがまさにです。

元々際肉が少ない私。
どうすればいいのでしょう。

内臓が、悪くなっているのが実感できます。少し歩くと心臓がドキドキして、血圧も上昇しており、下はいつも100を越えています。脈拍と多いときは100を越えて110とかになります。
胸のポートも多少の影響はあるそうです。脂肪も多くそれが結節になっているのかな。。。


術後4ヶ月検診

2019-10-31 15:51:00 | サーベイランス(経過)・診察


2019年10月31日


抗がん剤の副作用で行きの車の中ではゲボゲボでした。

プラチナ系の抗がん剤の副作用で耳鳴りがあり、薬剤師に相談したところ腫瘍内科の主治医の診察も必要だと言うことで時間がかかりました。
肝心の術後4ヶ月検診が気になって、大丈夫と思ってはいましたが中待ち合いでは冷や汗かいていました。

結果は転移なし。
肺結節は経過観察となりました。
次回のCT、診察は三ヶ月後で来年1月に予約をとりました。
経過観察もありますが、クリア出来ました。

夫は普通の検診でも結節の人はたくさんいるけどゴミみたいなもんだからといいます。今2ミリ以下なので全く何もわからない状態らしいです。このまま大きくならないでね。

副作用の耳鳴りもたいしたことないようでした。
手足症候群用にストロンゲストのステロイド処方して貰いました。
帰りの車の中では、プリンペラン飲んだせいか吐き気はましです。


やれやれ┐(-。-;)┌

今日も画像診断報告書貰いました。慢性膵炎なの?前のにはなかった。

cea 1.9
ca19-9 27.1


今日はハロウィン
子供達が仮装してました。