目の中のリンゴ

一年たつのが早すぎるーーーー

「ブロークン・フラワーズ」 ビル・マーレイ 風味まんてん!

2006年05月05日 | 映画タイトル は行
ジム・ジャームッシュの映画といえば、一昔前には
”映画ツウの好む映画”の最たるものでした。
「ストレンジャー・ザン・パラダイス」「ナイト・オン・ザ・プラネット」
などなど、話題になった映画も多く、ファンの多い監督さんですね。

でも私、実はたぶん、観てないですジャームッシュ。
センスのよさを味わい、楽しむ映画なんだろうなーというのは
わかるんですが、昔「ストレンジャー~」をビデオで観て、
何度も睡魔に襲われて最後まで観られなかったという経験があり・・・。

で、今回の「ブロークン・フラワーズ」
ビル・マーレイが主演ということで楽しみにしてました!

IT業界で成功して 暮らしに不自由はないけれど、
若い頃から浮名を流しまくり、いまだに恋愛には煮え切らない
元・プレイボーイのドン・ジョンストン(ビル・マーレイ)。
彼の元にピンク色の封筒が一通。
それは、20年前に別れた彼女に 19歳になるドンとの息子がいた、
という名前のない手紙。
お節介な隣人にお膳立てされて、思い当たるフシのある、
当時の4人(プラス故人)の恋人を訪ねることに・・・。

なんだか「ライフ・アクアティック」
(ビル・マーレイ主演。ある日、息子と名乗る男が現れる)を
思わせます。 地図やBGMをお膳立てされての車の旅は
「エリザベスタウン」みたい。

ドン・ジョンストンって名前がイイですね。
「マイアミ・バイス」のドン・ジョンソンと
(メラニー・グリフィスの元ダンナ)
一文字違いなので、今まで名乗るたびに言われてきたんでしょう(笑)

彼が訪ねる昔の彼女たちも、今はそれぞれの暮らしがあり、
当時の想いを忘れたかったり、懐かしかったり、
思わぬ方向に進んでいたり、個性豊かな皆さんです。

シャロン・ストーン、フランセス・コンロイ、
ジェシカ・ラング、ティルダ・スウィントン
うーん 濃い!

そんな彼女たちを訪ねても、本当にドンの子供がいたのか、
はっきりとはわかりません。
でも、その、散々な旅を続けるうちに、ドンはかなりのダメージを
受けているようです。
自分のまいた種とはいえ いい加減に生きてきた過去に
後悔や寂しさをにじませます。
台詞で説明されるわけではないけど、ビル・マーレイの
表情が、寂しげな背中が、物語ってます。

彼はこれからの人生、しっかり愛と向き合っていくのでしょうか。
ビル・マーレイ、シブイおじさんになりましたね!
フレッド・ペリーのトラック・スーツ、色違いで揃えてて
似合ってましたねー。
「ロイヤル・テネンバウムズ」でのベン・スティラーの
アディダスの赤ジャージと双璧です。

ラスト、ビル・マーレイの実の息子さんが登場するシーンは
強烈に印象的でした!そっくりなんだもん(笑)
(悲しげな瞳が似てるよね。オデコもだけど。)

というわけで、台詞は少ないけど、それが心地よいような
不思議な感覚の映画でした。
レトロちっくな エチオピア音楽(?)もマッチしててよかったです。
人によって好みはあるかもしれませんが、
大人が楽しめる映画ではないかと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (25)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
« ゴダイゴ特別コンサートin東大寺 | トップ | シナモンロール? »
最近の画像もっと見る

25 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ジャージの似合うオヤジ?! (Kim)
2006-05-05 23:36:22
「ロイヤル・テネンバウムズ」でのベン・スティラーのアディダスの赤ジャージと双璧です←その映画見ていないのですが、爆笑してしまいました!ベン様のアディダス是非見てみます(笑)

で、「ストレンジャー~」は、私も睡魔に襲われました;;;
一通の手紙で。。 (Cartouche)
2006-05-05 23:55:22
一通の手紙を受け取ったことにより、今までの人生を見つめ直すドン。私の元彼たちも今どうしているのやら~?なんて思っちゃいました。
フクザツですよね (kino)
2006-05-06 00:59:04
>Kimさん

ははは よかったー 「ストパラ」(って略すか!?)で

睡魔に襲われたの私だけじゃなくて。

「ロイヤル~」はビル・マーレイも出てるから観てみてください!



>Cartoucheさん

元彼に訪ねてこられて、子供いる?なんて唐突に聞かれたら

いやですよねぇ・・・。

でも、さんざんなめにあうドンが気の毒。
Unknown (mさと)
2006-05-06 10:41:36
わたしはカミさんと出会って、もう四半世紀なのだなぁ。。と実感させられました。

たぶん、「あなたの子供です」と言われることは無いと思いますが(『たぶん』と言うところが自信がない証拠。笑!)初恋や片想いだった人たちの噂を聞くと胸が締め付けられます。



一昨年でしたが、高校時代に片想いだった同級生が離婚して別の男性のもとに走った、とか、中学時代の憧れのキミはご主人を病気で亡くした、などの話を、当時のわたしを知ってる友人から聞かされて。。ちょっと凹んだことを覚えてます。



自分の過去ってそんなに複雑じゃないですが、それなりに考えることもありますねぇ。。カミさんにはナイショのこともありますし。。(^^ゞ
ビル・マーレイ (ミミヅク)
2006-05-06 14:39:41
は、いい役者さんですよね。



こういう作品にひっぱりだこ

なのわかる。

胸に手をあてて・・・ (kino)
2006-05-06 23:59:20
>さとさん

そうかー 奥さまとは長い付き合いなんですよね。

初恋の人とか、昔の恋人がどうしてるのか

知りたいような 知りたくないような。



>ミミヅクさん

中年の悲哀溢れる、とぼけた味わいがいいですねー。

若い頃はあんまり好きじゃなかったんだけど。

(ダン・エイクロイドの方がスキでした)
こんにちは (mambotaxi)
2006-05-07 00:47:59
コメントありがとうございました。



>大人が楽しめる映画ではないかと思います。



確かに振り返る過去がないお子チャマにはわからない

大人の映画と言えますね。

ビル・マーレイの胡散臭いオヤジぶりが

なんともいえない、いい味出してましたね。
あはは! (MAY)
2006-05-07 11:05:20
エリザベスタウンもあんな感じなんですね~

うちはダンナのツボだったよう♪

ビル・マーレイ以外にあの役を演じるのは

考えられないかも^^フレッド・ペリーの色違い

4,5着持ってましたヨネ☆

気合抜けの記事ですが、TBさせてください♪
TBどうもです! (sabunori)
2006-05-07 17:10:02
ジム・ジャームッシュの作品・・・過去において私もkinoさん同様スクリーンから発せられる睡眠光線にやられてどうにもなじめなかった苦~い思い出が。(笑)

この作品は彼の作品にしてはとっつきやすい作品でしたよね。

これはジム・ジャームッシュが変ったのか私が大人になったのか?

どう考えても前者ですよね。

お子ちゃまにはわかるまい (kino)
2006-05-08 00:00:30
>mambotaxiさん

ご丁寧にコメントありがとうございます。

こういう映画の味わい、やっぱり大人にならないと

わからないですよね。というほど大人でもありませんが(笑)

ビル・マーレイ、いい味です。



>MAYさん

”ドライブの旅”の段取りのよさが「エリザベスタウン」と似てたの!

この映画、この部分だけは必見!

(他の部分はつまらない、っていう人も多いから・・・)

TBありがとう!



>sabunoriさん

おお、ジャームッシュで寝ちゃった人がここにも!

そう言うと 映画好きとして、ちょっとかっこ悪いかな、

なんて思わされてしまうのがイヤなんだけど、

やっぱり合う、合わないがありますよねぇ。

私も、この映画は普通に観られました。

大人になった・・・と思いたいけど、そうでもないから

ジャームッシュの作風の変化、でしょうか(笑)

コメントを投稿

映画タイトル は行」カテゴリの最新記事

29 トラックバック

ブロークン・フラワーズ BROKEN FLOWERS (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
カンヌ国際映画祭2005 審査員特別グランプリ受賞 ビル・マーレイ、シャロン・ストーン、フランセス・コンロイ、 ジェシカ・ラング、ティルダ・スウィントン主演 ドン・ジョンソンはIT産業で成功し裕福な暮らしをしています 充分な貯えがあり 今はこれといっ ...
映画館「ブロークン・フラワーズ」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
「20年前にあなたの子供生んだの」なんて手紙が来たら、ビビリますよねぇ~。でも、その気持ちって女の人にはわからない感情ですよねぇ。女だったら、自分が知らないうちに自分の子供がどこかにいるなんてことないからねぇ~。 そんなわけで、近所のお節介さ ...
ブロークン・フラワーズ (映画チックな日々)
製作:2005年 アメリカ 原題:BROKEN FLOWERS 監督:ジム・ジャームッシュ 出演:ビル・マーレイ(ドン・ジョンストン)、ジェフリー・ライト(ウィンストン)、シャロン・ストーン(ローラ)、フランセス・コンロイ(ドーラ)、ジェシカ・ラング(カルメン) ...
*ブロークン・フラワーズ* (Cartouche)
{{{    ***STORY***          2005年    アメリカ ドン・ジョンストンは独身をつらぬく中年男性。IT成金で金持ち、しかしすでに盛りは過ぎた女たらし一緒に暮らしていた恋人シェリーに去られたばかりだ。 そんな彼のもとに1通のピ ...
中年独身男の悲哀…? 「ブロークン・フラワーズ」 (Internet Zone::Movable TypeでBlog生活)
仕事も終わったので、今日は夕方から“映画でも…”と新宿まで出かけてみましたが、やっぱり連休中、新宿の街は人だかり。映画館は満席でした。(^_^;) (今年5本目...
ブロークン・フラワーズ (俺の話を聴け~!)
ジム・ジャームッシュの撮る作品はかなり好きで、今回も楽しみにしていたが、期待を裏切らないというか、いい意味でいつもの安定したジム・ジャームッシュ作品だった。身近にありそうで、でもやっぱりないような、一種の寓話である。ちょっとした笑いとちょっと切 ...
沁み入るおかしみ「ブロークン・フラワーズ」 (That\'s the Way Life Goes)
[:映画:] 「ブロークン・フラワーズ」 公開初日。 2回目の上映で、客の入りは7割くらいか。初回でなく2回目にしたのは席を事前に確保しておきたかったからで、その中で一番早く観れる回にしたのだ。 それぐらい待望の映画。 期待にそぐわぬ可笑しさ満載。  ...
♦ ブロークン・フラワーズ♦ (ひとりごと♪)
2005年 アメリカ 106分 監督・脚本/ジム・ジャームッシュ 出演/ビル・マーレイ(ドン)、 ジェフリー・ライト(ウィンストン)、 ジェシカ・ラング    シャロン・ストーン、 フランセス・コンロイ、 ティルダ・スウィントン    ジュリー・テ ...
ブロークン・フラワーズ (龍眼日記 Longan Diary)
「実は19年前にあなたの子供を産みました」 ピンクの封筒で届いた差出人不明の手紙。 まさに青天の霹靂! この状況での男のリアクションはおそらくみんな同じ。 あわ、あわと慌てふためくに決まっている。 私が男だったとしてもそれは同じだろう。 考 ...
『ブロークン・フラワーズ』 (京の昼寝~♪)
■監督・脚本 ジム・ジャームッシュ ■キャスト ビル・マーレイ、ジェフリー・ライト、シャロン・ストーン、ジェシカ・ラング、ティルダ・ウィンストン、フランセス・コンロイ、ジュリー・デルピー□オフィシャルサイト  『ブロークン・フラワーズ』   ...
ブロークン・フラワーズ [ Broken Flowers ] (ほめいがろぐ(おすすめ映画LOGS))
予告編から伝わって来たビル・マーレイの雰囲気に惹かれて観に行った映画、です。 お金持ちだけど、無気力中年男なドン・ジョンストン。ある日、彼のもとに、ピンク色の封筒が届きます。その封筒には、「息子はもうすぐ19歳になります。あなたの子です。」と ...
★「ブロークン・フラワーズ」 (ひらりん的映画ブログ)
ビル・マーレイ主演。 このおっさん、間抜けな役が多いよね。 なにせ、「ゴースト・バスターズ」ですから・・ 本作品公開にあわせ、テレビ東京で昼間放映してたけど・・・ 相乗効果で客の入りが、良いんだか悪いんだか・・・
ブロークン・フラワーズ ★★★☆ (To be continued.)
ブロークン・フラワーズ を観終わって・・・・・・ えっ、これで終わり?! ちょっとちょっと、唐突すぎるでしょ! 強制終了させられた気分です。 [監督] [脚本] ジム・ジャームッシュ [出演] ビル・マーレー ジェフリー・ライト シャロン・ストーン フラ ...
ブロークン・フラワーズ (こっちゃんと映画をみまちょ♪)
オホン ここで一句...。 ジム・ジャームッシュ  嗚呼ジム・ジャームッシュ  ジャームッシュ (詠み人 こちゃ麻呂) 【2005年 アメリカ映画/映画館にて鑑賞】 ブロークン・フラワーズ(公式HP) 【お話し】恋人に愛想を尽かされ去られてし ...
ブロークン・フラワーズ/BROKEN FLOWERS (我想一個人映画美的女人blog)
2005年カンヌ国際映画祭グランプリ獲得! というと期待しちゃうけど、 ジョニーデップの「デッドマン」はじめ、今まで苦手なのが多かった ジム・ジャームッシュ監督の、長編としては6年振りの新作 というのもあって、超・満員のマスコミ試写室。。。 5月公開を前 ...
ブロークン・フラワーズ (悠雅的生活)
 ひとりの男と、ピンクの花
「ブロークン・フラワーズ」 (2005) (choroねえさんの「シネマ・ノート」)
{{{: 出演:ビル・マーレイ、ジェフリー・ライト、シャロン・ストーン、ジェシカ・ラング、ティルダ・スウィントン 監督: ジム・ジャームッシュ  製作: ジョン・キリク、ステイシー・スミス  脚本: ジム・ジャームッシュ  撮影: フレデリック・エ ...
ブロークン・フラワーズ (Alice in the Theater)
久々にこの手の映画に魅了されました。淡々と過ぎ行く映画の中でしっかりと意志主張があってなんだか心に響いてくるような不思議な映画。このような映画を待っていたのかもしれないです。主役のビル・マーレのあののほほんとしたキャラが更にこの映画の味を深めて ...
ブロークン・フラワーズ (Pocket Warmer)
邦題:ブロークン・フラワーズ 原題:BROKEN FLOWERS 監督:ジム・
ブロークン・フラワーズ (週末に!この映画!)
期待値:50%  ジム・ジャームッシュ監督+ビル・マーレイ主演映画。 ジム・ジャームッシュ作品は結構
ブロークン・フラワーズ (ネタバレ映画館)
「リストを作れ」「いやだ」 「ブランチを食べに来い」「いやだ」 「計画を立てておいたから、後はカードを使って旅に出ろ」「いやだ」
映画「ブロークン・フラワーズ」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:Broken Flowers この映画、またまたビル・マーレイが、"ロスト・イン・トランスレーション"してるよね。あのポーカーフェイスのまんまで、哀愁に満ちた時が過ぎる・・。 差出人不明のピンクの手紙に綴られた、まだ知らぬ19歳の息子の ...
ブロークン・フラワーズ (ひとりごと)
自由気ままな独身生活を送るドン・ジョンストン。 恋人に去られた彼の元に、ピンクの封筒で手紙が届く。 差出人はどうやら20年前の恋人らしい。手紙には、20年前にドンとの間に息子が生まれていて、その息子が父親を探すために旅に出た、とあった。 おせっかい ...
【 ブロークン・フラワーズ 】 (もじゃ映画メモメモ)
自分の息子がいるというピンク手紙を貰い、昔の恋人たちを訪ねる旅に出るロードムービー。主演はビル・マーレイ。 相変わらずのオフ・ビート感は変わらないねジム・ジャームッシュ監督。ビル・マーレイの何とも言えないとぼけた雰囲気、独特の間がこの作品を面 ...
ブロークンフラワーズ (PLANET OF THE BLUE)
これ、ほとんど1ヶ月前に見たんですが・・・。^^; 今更ながら書かせていただきます。 監督・脚本:ジム・ジャームッシュ 出演:ビル・マーレイ ジェフリー・ライト シャロン・ストーン フランセス・コンロイ     ジェシカ・ラング ティルダ・スウ ...
ブロークン・フラワーズ (とんとん亭)
「ブロークン・フラワース」 2006年 米 ★★☆☆ 期待はずれでした。 滅多に 映画館で寝ない私が 初っ端、物凄い睡魔に襲われ、字幕を追ってるうちに 余計眠くなり ウトウト(〃´`)~o○◯・・・ 字幕も見逃して、ついに5分ぐらい 爆睡した ...
ブロークン・フラワーズ (ぶっちゃけ…独り言?)
4.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) えっと、これは・・・ 一体何が言いたかったんでしょうか。 ジム・ジャームッシュ監督作品でカンヌ映画祭グランプリという事なので、 ちょっぴり・・・てか、結構不安を抱えながら観ました。 ま ...
『ブロークン・フラワーズ』’05・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじかつては多くの女性と恋愛を楽しんだ元プレイボーイのドン・ジョンストン(ビル・マーレイ)は中年となった現在も勝手気ままな独身生活を送る日々。そんなドンに恋人のシェリーも愛想を尽かして出ていった。そこへ、“別れて20年、あなたの息子はもうすぐ19歳...
ブロークン・フラワーズ (SSKS*)
2005年アメリカ  監督:ジム・ジャームッシュ 出演者:ビル・マーレイ/ジェフリー・ライト/シャロン・ストーン/フランセス・コンロイ/ティルダ・スウィントン ストーリー:昔は、多くの女性と恋愛を楽しんだ元プレイボーイのドン・ジョンストンは、中年となった現...