食の健康保険商モリエ米店

お客様とのコミュニケーションの場として開設しました。

米屋の親父の配達日記286号

2018年10月12日 | 美味しいご飯を日本中に普及させる委員会よ

 2年連続で『健康ふれあい善通寺』が台風のために中止になったことに心が折れそうな米おやじです。

 本番予定日が割といい天気だったので、ご来場される方に事情を説明しないといけないなと思い、事務局員と二人で昼前まで児童公園で立ちんぼしてました。
 南風が吹き込み、 蒸し暑いのに気持ち的には木枯ら
し吹き荒れそうな日曜の 朝でした。
 それでも10・11月はイベント強化月間。
20・21日には農商工夢フェスタがありますし、27日(土)は元の農事試験場で四国研究拠点の一般公開日。
 20・21日の出店準備や27日の会場で配られるポン菓子製造が待ってます。
と、気を取り直したところで、「昨年は夢フェスタも大雨やったなぁ~・・・」
いやなことを思い出してしまいました。
 (今度こそ)気持を切り替えて、『まちゼミ』のご案内です。
今年は初心に戻って11月の開催。受付は10月22日(月)からです。
 モリエ米店の講座は、『男でも出来る超簡単☆甘酒作り』
 もちろん女性の参加もOKです。
 あまりに簡単すぎて拍子抜けするほどですが、けっしてブーイングやヤジなどは
飛ばさないようにお願いします。
・開催日時:11/3(土)10:30~11:30
      11/7(水)10:30~11:30
      11/13(火)14:00~15:00
1講座は3名まで。
材料費:有機JAS米糀代金400円実費。

≪はみ出し情報≫
★ダイシモチ入りご飯と相性の良い佃煮が出来ました。お楽しみに
 


コメント

モリエ新聞286号:健康ふれあい善通寺は今年も台風に負けました。

2018年10月11日 | 美味しいご飯を日本中に普及させる委員会よ
 今年も中止になった「健康ふれあい善通寺」ですが、
「みんなでつくるコンサート」は総合会館のロビーで開催するので多少の雨には負けません。
 お馴染みのメンバー以外に善通寺東西の中学生による「しかしか踊り」や古田さんのアコーディオンも加わって、
一段と楽しくなった歌って踊れるコンサートをお楽しみください。
 モリエの玄米団子、おからカリント、玄米ポンせんべいもお忘れなく
 
コメント

第15回『健康ふれあい善通寺』開催まで2週間を切りました。

2018年09月26日 | 美味しいご飯を日本中に普及させる委員会よ
10月7日まで、2週間を切りました。
オープニングイベントも四国学院大学ダンス部の『S.G. CREW』のパフォーマンスで決定。
メインテーマは
『広げよう、安心・安全まちづくり
 ~車いす体験を通して~』
昨日、車いす利用者が新幹線を利用するときの不便を知り、
まだまだ生活上で私たちが気づいてない『不便』・『無視』してきた障壁がいっぱいあるということに気づきました。
普段の生活の中で、私たちにサポートできることを一つ一つ体験していけたらと思っています。
第15回『健康・ふれあい・善通寺』
日時:10月7日(日)10:00~14:00
場所:善通寺市民会館 東隣の片原町児童公園
小雨決行

 
コメント

三度目の挑戦でやっと到達

2018年09月25日 | 美味しいご飯を日本中に普及させる委員会よ
月曜日は雨の心配もなさそうな薄曇り。
イベントで忙しくなる前に禅定へのチャレンジをと思い立ち、昼から出釈迦寺に出向いてみました。
イメージ 1
 
Tシャツ一枚では肌寒いと思っていたのも束の間。
4・5分も歩けばちょうどいいどころか、どんどんあったかくなってきます。
途中、一度だけ休憩を入れていると、下ってくるご夫婦が「もう少しですよ、頑張って」
引き返そうかと思っていたけど、そういうわけにもいかず
『もう少し』を頼りに再び頂上へ。
イメージ 2
 
イメージ 3
駐車場から30分あまり、やっと念願の禅定に到着。
汗が冷たく感じられたけど、脊柱管狭窄症で普通に歩くことも出来かねていた春から『いつかはきっと』の想いが叶い、けっこう胸を熱くしてくれました。
イメージ 4
 
 
 
 
とは言うものの、下りの道がきつくて、脊柱管狭窄症は関係なく膝が痛くて、後ろ向きに歩いて降りてきました。(^-^;
イメージ 5
 
 
 
イメージ 6

それでも、〆は、すずめ庵の女将さんの喜ぶ顔が見たくて、帰りはいつものうどんで。
コメント

9月20日は彼岸の入り。 今年ものぞみ保育園で『おはぎパーティー』に招待されました。

2018年09月24日 | 美味しいご飯を日本中に普及させる委員会よ
9月20日は彼岸の入り。
今年ものぞみ保育園で『おはぎパーティー』に招待されました。
5歳児がのご飯係さんたちがモチ米とうるち米とダイシモチを研いで、
自分たちで炊いたものを、先生の指導を受けながら自分たちで丸めていただきます。
  
今年の5歳児は餡子の苦手なこどもが多いようでしたが、
銘々が好みの味・大きさで作っていました。
私も、2個をいただきましたが、園児の最高は4個でした。
コメント