食の健康保険商モリエ米店

お客様とのコミュニケーションの場として開設しました。

米屋の親父の配達日記:328号 脱!「今だけ、カネだけ、自分だけ」

2022年09月06日 | 美味しいご飯を日本中に普及させる委員会よ

  「タネは農の基本であり
   私たち日本人の命を繋いできたものである」
:山田正彦(元農林大臣)著「タネはどうなる!?」
 の前書きの1文です。

 始まりは子どもたちの食環境健全化のために、
学校給食を良くするための『学校給食を考える会』でした。
試行錯誤のなかで行きついた行動が種子法廃止・種苗法改定という難問を解決すること。

 自家採種・増殖で栽培を続けてきた農家はもちろん、
莫大な私財を投じて新品種を作り上げた農家も育成権を
民間企業に譲り渡さなければならなくなる可能性があります。
農業競争力強化支援法という名の欺瞞性に満ちた政策で
日本の農業そのものが壊滅していくことに気づいた私たちは、
新たに「種子を守る会 香川」を立ち上げ、
会長の佐久間さんを中心に山田正彦さんを講師に迎え、
映画「タネは誰のもの」の上映会を開催したり、
全県下で意見交換会などを何度も開いてきました。

 その運動の一環として、昨年度は種子条例制定要求の署名運動を始めたところ
多大なご協力をいただきありがとうございました。
時間がかかりましたが、この度、県に対して18,713筆の署名を提出できました。

 また、三木町、坂出市、丸亀市でも議会を通して県に種子条例制定の請願提出をしていただけるようになりました。
 善通寺市においても、先月、正式に市議会に請願要求をお願いしたところ、全議員の許諾を得ることができました。
 これも偏に皆様方のご理解、ご協力のおかげです。
念願の県条例制定に向けて、さらに一歩ずつ歩み続けてまいります。

 併せてより良い学校給食実施に向けても頑張りますので、
今後とも変わらぬご支援をお願いいたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 『食料危機が来るってホント?』
    鈴木宣弘教授の講演決定!
    主催:種子を守る会 香川
    日時:10月22日夕18時
    場所:丸亀生涯学習センター

    脱 ! 今だけ、金だけ、自分だけ

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

モリエ新聞328号 表面

2022年09月05日 | 美味しいご飯を日本中に普及させる委員会よ
天気のいい日は青空に秋の雲が広がり、
木陰に入れば風も爽やかに吹いてくるようになりました。
でも、台風の季節でもあり、天気は急変、
いきなりの豪雨に驚かされることも度々。
 
昔の長閑な秋の日は記憶の彼方に隠されてしまったのかもしれませんね。
とは言え、秋は山にも里にも美味しい食べ物で満たされる季節。
お米も新米がどんどん出てきますよ。
古米の扱いはお任せください。
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

米屋の親父の配達日記327号:食料自給率コメ98%のカラクリ

2022年07月29日 | 美味しいご飯を日本中に普及させる委員会よ
 ”コロナ以外にもウクライナ、旧統一教会、サル痘などと世情はにぎやかですが、その陰で『食』の問題が深刻に!?”
 
 6月から日曜種思考セミナー「種の社(たねのやしろ)」(岡崎 仁壽講師)に参加しています。
食の問題をタネから考えてみようというセミナーです。
 実は以前から学校給食の有機化を考え、自治体に提言していく中で、「食」の問題をメンバーで勉強してきました。
行きついた先に「種子法廃止」「種苗法改定」などから私たちの食を守るために、『種子を守る会 香川』へと発展してきました。
 
 岡崎講師はその中で知り合った仲間です。
 月と種の関係とか、種と発酵の話とか、様々な生態系が繋がりあっている話など面白いセミナーです。
 でも、その『種』が一部の企業の『儲けのタネ』にされようとしている現実が私たちの生活を脅かしています。
現状でも飼料・農薬・肥料を海外に依存しているので、自給率で優等生のコメでさえ実質10%程度と考えられます。
野菜も、そのタネの90%は海外生産ですので実質は8%の自給率。
 今後、国際穀物メジャーが日本に本格的に進出してきたとき、
コメのタネの育成者権を握られた場合、2035年には6.6%になってしまうと想定されています。
 食料は外国から買えばいいという考えが標準になっているようですが、今の日本の経済力では、ますます海外依存率のあがる中国に買い負けするのは自明の理。
 ハウスや工場のAI管理栽培が注目を集めていますが、穀物栽培には使えない農法です。
 それ以前に、上図のように地域の植物の根と繋がりあう糸状菌のネットワークが豊かな土壌こそが、生物の多様性を育み、稔り多い環境を約束してくれるのです。
 本来、田んぼには5668種の生物と2075種の植物が共
生できる能力があるそうです。その中の1種が私たち人間だと思えば、農業に市場原理を持ち込むのはとんでもないことです。欧米並みの「食の安全保障」を確立すべきです。
 
 コメ・麦・大豆ぐらいは農家が安心して生産し続けられる金銭的補償をすべきで、海外に高価格で売れる商業的農産物よりも、環境保全にも貢献している国民食糧の生産農家をこそ支援すべきです。
 それが出来るのは政府だけだと思っている人が多いのですが、私たち一般市民や地方行政でも出来ることはあります。
 今治市では学校給食を有機化することで、地域の農業が変わり、県外から注目を集め、農業の未来が開けてきています。もちろんそれを支える「今治市 食と農のまちづくり条例」があり、愛媛県には「種子条例」も制定されています。全国ではたくさんの道県が条例を制定しています。
 今度は善通寺、香川県の番です!種を守り、豊かな自然を守り、次世代を切り開く子どもたちを守り、ともに未来を目指す町を作りましょう。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

モリエ新聞327号 7・8月合併号

2022年07月27日 | 美味しいご飯を日本中に普及させる委員会よ

==ちょっとおしらせ==
  「やっぱり 味わいだし

 市販のお出汁の原材料には「イワシ」「カツオ」「椎茸」など
本来の原材料の他に、「アミノ酸、タンパク加水分解物、
酵母エキス、○○エキス、食塩、人工甘味料、果糖ブドウ糖液糖、
砂糖、香料、保存料」などの様々な「人工物」が使われている商品がたくさん出回っています。
 問題点はいろいろありますが、それらの原料が本来は、
産業廃棄物であり、それを塩酸とか酵素などを使って分解・抽出したもので、
そのため様々な副反応も報告されています。

・・・タンパク加水分解物(かすいぶんかいぶつ)とは?
 コクや旨味をもたらす目的で加工食品などに使われているアミノ酸混合物です。
 従来の旨味調味料だけでは作 れなかったコクや自然な旨味を作ることができるため、
1970年代後半以降、日本の加工食品において欠かせ ない「化学合成調味料」の1つとなっています。
  タンパク加水分解物は産業廃棄物の「小麦グルテン、鶏ガラ、牛や豚のアバラ骨」などを
「酵素、塩酸もしく は熱水」を用いて加水分解して作られる「化学的に抽出された旨味成分」です。

・・・酵母エキスとは?
 酵母エキスは、旨味、苦味、塩味など、
どんな味も作れる「万能化学合成調味料」として、
カップラーメンや インスタント・レトルト食品、加工食品、スナック菓子などに使われています。
 酵母エキスは、ビール工場から出る使用済みの酵母に酸や酵母を加え
酵母の有用な成分を、自己消化、酵素、 熱水などの処理により抽出させたエキスです。
 酵母エキスの製造工程で出る不純物は、
イースト症候群という アレルギー症状を起こす原因物質になっています。
イースト症候群になると、腸内細菌が減少し、
ビタミンB 群も減少するので皮膚や粘膜が荒れたりかゆみが出たりします。
また、慢性の下痢が続く、イライラする、怒 りっぽくなる、記憶力・集中力の低下なども招き、
疲れやすく、慢性的なだるさが続くともいわれています。

・・・○○エキスとは?
 ビーフエキス、チキンエキスなど様々なエキスがあります。
 これらは、「熱水」で抽出したり、「酵素」で分 解したり、
「加水分解」してエキス抽出されます。
○○エキスは、酵母エキスやタンパク加水分解物と同じ 「化学合成調味料」で、
食品に旨味を出すために使われています。

 そこでモリエのお薦め『味わいだし』
鰹もイワシも昆布も椎茸も、全部丸ごと真空低温調理器で塩さえ加えず、
完全無添加ですから、自然のミネラルが豊富です。
(但し、保存料も使っていませんので脂肪分もゼロです)

1袋:500g 3,240円(税込み)

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

米屋の親父の配達日記326:七夕めぐり

2022年06月12日 | 美味しいご飯を日本中に普及させる委員会よ
・・・善通寺近辺の7つの四国霊場は71番から77番まであり、
  その7か寺を七夕の時期に回る七夕めぐりが昨年好評でした。
昨年は6月26日から7月7日まで弥谷寺から道隆寺まで
それぞれの寺院で綺麗に飾られた笹飾りに願い事を短冊に書き結びながらのお参りが
参拝者で話題になった『七夕めぐり』
 それが今年も開催されるようです。
 第71番 弥谷寺 、第72番 曼荼羅寺、第73番 出釋迦寺、第74番 甲山寺、
 第75番 善通寺、第76番 金倉寺、第77 道隆寺と、
それぞれの番号に合わせて、
7月1日から順番に回ってみるのも一興かと。
 この期間限定で七ヶ所参り専用の「散華帳 (さんげちょう)」に、御本尊と、七福神の参拝の証を授かることができるそうです。
~~~~~~~~~~~~~~~~
せっかくですのでモリエ米店でも『七夕めぐりセール』を開催決定( ´艸`)
①『きな粉・みたらし・粒あん』3本セット300円セール
 4月に開催したセールの復活です。
 30分以上前までにご予約の方に限り、
 1パック300円(5パックまで)で販売いたします。
 
② ダイシモチのスナック2袋500円セール
 2つのスーパー穀物(カルゲン玄米・ダイシモチ)と2つの
スーパー調味料(奇跡のオリゴ・クリスマス島の塩)だけで作った、添加物を一切不使用の「奇跡のポンせんべい」(380円)と
主原料ダイシモチ100%のポン菓子「むぎゅ~ポン」(220円)を
それぞれ1袋ずつ
合計2袋で500円(お一人3セットまで)。
---------------
モリエのセール期間は7/1(金)~7/7(木)まで
※7/3(日)は10時から12時までの短縮営業です。
※七夕めぐりセールは店頭販売のみのサービスです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆モリエの出前ゼミ☆
あの「まちゼミ」があなたのご指定の場所へ参ります。
・味噌づくり
・甘酒作り
・玄米袋のエコバッグ
ご要望、ご質問は
☎0877(62)0468まで、お尋ねください。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする