kebaneco日記

二匹の猫と
二人のシモベ
慌しくも楽しい毎日

役得・・・

2018年11月09日 | 仕事&いろんなお道具
長い1日となった昨日、最後にちょっとした役得が待っていた。

ちょっと遠いけどね(苦笑)

演目は勧進帳から延年の舞。関を去った一行を、富樫が追いかけてきて、疑ったおわびのしるしとして酒をすすめる。大杯を重ねて酔った弁慶は、昔の恋の話をしてから、比叡山で修行をしていた時に延年(寺院で行われた芸能の一種)の稚児として行った舞。平和と長寿の象徴らしい。

舞を披露したのは、さて、誰だかわかるかな?
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« なんでもあり〜〜 | トップ | 気に入った? »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
海老蔵さん? (みどり)
2018-11-09 16:00:06
役得で?
いいなあ~。

海老蔵さん (しまそだち)
2018-11-09 16:16:47
こんないい役得 羨ましい
本物の歌舞伎は 未だ 見たことありません

海老さんの子供さんのこと 少し心配です
あんな小さな頃から マスコミに出すって
大丈夫かしら
歌舞伎界だと 守ってくれるのかな ??
みどりさま (keba)
2018-11-10 12:11:57
そうです海老蔵さんでした。
ほんの10分くらいの素踊りでしたが
凛とした空気が漂いました
しまそだちさま (keba)
2018-11-10 12:17:24
若い頃に日本の伝統芸能がお好きの先輩に
歌舞伎や文楽に連れて行かれ、
激しい睡魔との連戦連敗の記憶があります(笑)。
今だったらもっと楽しめると思いますが。。。

歌舞伎の名門のお子さんたちは歌舞伎界の宝なので
関係者が守ってくれるんじゃないでしょうか。
うちの近くには狂言師の野村萬斎さんのお宅がありますが
騒いだり「あそこが萬斎さんちよ」なんていうのは
よくないことっていう空気があります。
近所の方との関係がちゃんとできていれば
みんなで守っていける、そういう感じです。

コメントを投稿

仕事&いろんなお道具」カテゴリの最新記事