柏市議会議員 日本共産党 渡部和子のひとりごと

日々感じたことを毎日発信しています。

暑い、熱い、アツい

2014-07-31 18:13:50 | 日記
なんという暑さでしょう。猛暑、酷暑、あとなにか言い方ないだろうか。で、時々伺う根戸の手作りキムチ「蔵土」さんのキムチ購入。茄子とオクラは初めて。あと、好みのニラGet。今晩はキムチ三昧。
コメント

着物をリフォームして「作務衣」を作ってもらいました。

2014-07-30 13:04:45 | 日記
姉が着物や帯をリフォームして、バッグや簡単なスーツを作ります。作務衣がすてきだったので、知人にいただいた着物で作ってもらいました。一重なので涼しいです。チョッと自慢したくてアップ。
コメント

アミュゼで開催された、子育て支援コンサート「となりに、天才モーツァルト」孫と鑑賞

2014-07-29 19:10:05 | 日記
アミュゼ柏で「子育て支援コンサート」が開催され、孫と鑑賞。「となりに、天才モーツァルト」と銘打っての内容で、1部が「きらきら星変奏曲」の抜粋と「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」の第1・4楽章。2部が歌劇「魔笛」より12曲。出演者はすべて東京音大の学生で、無料のコンサートでした。「若い演奏」という感想を持ちましたが、魔笛の「夜の女王」の超絶技巧のアリアはすばらしかったです。
会場はほぼいっぱい。小さい子を抱っこしたママが多く、おしゃべりする子、泣き出す子、寝ている子、途中で子どもをあやしに抜け出すママ、壁際で子どもをあやしながら楽しむママ。「子ども連れでもコンサートを楽しみたい」という願いに応えた企画だったと思います。参加された誰もが心から楽しんだコンサートではなかったかと思います。


我が孫も話しかけてくるので、子どもはまったく気になりませんでしたが、気になったのは「スマホ」をしてるママ。特に後ろからだと画面の明かりが気になります。マナー違反ですね。
コメント

仙台での「自治体学校」3日目。「福島原発事故の汚染水問題」の講演、衝撃的な内容でした。

2014-07-28 19:25:53 | 日記
仙台で開催された「第58回自治体学校」、学びの3日間でした。最終日の講演は地質学の専門家、福島大学の柴直明教授の「福島原発事故の汚染水問題の現状」。難しい内容を分かり易く解説していただきました。地質学者ならではの話は非常に衝撃的で、あらためて福島の現状が深刻だと感じました。東電も国も情報を中々開示しません。ウソをつきます。今後「地元自治体の独自の監視体制」が不可欠です。
コメント

自治体学校2日目、「東日本大震災、原発事故と人権としての社会保障」の分科会に参加

2014-07-27 13:05:46 | 日記
仙台で開催の自治体学校2日目、「東日本大震災、原発事故と人権としての社会保障」の分科会に参加。福島における原発被害賠償問題の実態と運動についての話を聞いてます。今日は夕方6時まで企画が続きます。
コメント