くつろぎ日記

ストーリーとセリフに注目したドラマレビューです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

白夜行 最終話

2006-03-24 16:50:13 | 白夜行
  笹垣潤三、殺人未遂・・および救助。   ・・・・栗原典子に一子誕生。   間違いだらけやったけどお前が精一杯やったのは俺が知っている。   一人の人間幸せにするために、お前は精一杯やった。 父親のように手を広げ、もう十分やったと全て認めて受け入れて、亮司を解放させて やりかたかった笹垣の願い。すまなかったと謝りながら。子供がいることを知っても 思いとどまることもできず、自ら飛び降り . . . 本文を読む
コメント (22)   トラックバック (46)

白夜行 10話

2006-03-17 17:03:44 | 白夜行
   「私に・・何ができますか?     あの二人に関わった、一人の人間として、せめて何か・・」    「桐原亮司の言葉を皆に伝えてやってください。     これはあなたの言葉じゃないですか。     あいつらぎりぎりのところで化け物にせえへんかったのは     あなたのおかげですわ。もう、それで十分ですわ」 信号を送ってきた子供たちを救ってやれなかったと自分を責める谷口司書に 笹垣 . . . 本文を読む
コメント (22)   トラックバック (31)

白夜行 第9話

2006-03-10 16:24:36 | 白夜行
   gooブログのみなさまへ   TBが飛びません。お返しできずごめんなさい。 *********************     二人してそのザマか。    哀れやな・・・・ 正しいことなんて言われなくてもわかってるんですと、亮司。 二人にとっては行くわけにも戻るわけにも行かないのだと、雪穂。 母の愛はこんなに深いのになぜ届かない。太陽はすぐそこにあるというのに。 亮 . . . 本文を読む
コメント (25)   トラックバック (32)

「白夜行」第8話

2006-03-03 16:11:33 | 白夜行
   俺たちは醜かった。    誰もが目をそむけるほど、醜かったな。    だからこそ、誰もが突き放すその醜さを、    お互いに抱きしめようと決めたんだ 雪穂は結婚という形式で高宮を手に入れました。 しかし形だけのそれは幸せとは程遠く高宮はやるせなさを感じていたことでしょう。 雪穂に至っては搾り取るためだけの結婚。結婚は売春だと亮司に語ったそのもの。 利用されただけと悟った高宮はど . . . 本文を読む
コメント (16)   トラックバック (31)

「白夜行」第7話

2006-02-24 17:41:33 | 白夜行
  だからもう幽霊はやめて。私に約束守らせてよ。   お帰り、亮・・・。   なあ、雪穂。おれたちは醜かったな。誰もが目をそむけるほど醜かったな。   だからこそ誰もが突き放すその醜さをお互いに抱きしめようと決めたんだ。   ただいま、雪穂・・・。 新しい人生ではなく汚れた醜さの上塗りを醜さの上にふたをして、二人で決めた その選択を、確かめるように。昼の太陽を行くはずだったのに、二人 . . . 本文を読む
コメント (15)   トラックバック (32)

「白夜行」第6話  ~二人の絆~

2006-02-18 08:08:21 | 白夜行
血まみれのコートの亮司。おそらくはさみはその手に握られていたのでしょう。 そしてフィルムケースを出してみた。落ちていたんだとひとことだけ。     私だってあんな男死んでしまえばいいと思ってた。     だから・・やったのは私だよ。 はさみを握り締めた子供の雪穂と大人の雪穂。重なるほどに罪はどこまでも深く。 しかし二人は後戻りもできず白夜から逃れられない運命に逆らおうとするのみ。 この . . . 本文を読む
コメント (10)   トラックバック (36)

山田孝之の隠し子騒動   ~今夜は白夜行~

2006-02-16 14:36:06 | 白夜行
昨日から話題になっていましたが、ドラマのレビューも書いてることだしその最後に ちょっと触れようかと思っていました。しかし、レビューには書かずこういう枠で 書いた方がいいのかなとも思い直しました。 隠し子って発覚する人の年齢が高いのに山田孝之はまだ22歳。この若さで父親に なってしまったということもびっくりですが、結婚という形態をとらなかったことで 今後どういうメリットがあるか見ていきたい . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (3)

「白夜行」第5話  ~したたかな綾瀬はるか~

2006-02-10 16:05:17 | 白夜行
   なあ雪穂。月の裏側には一筋の光もなかったよ。    ひとかけらの優しさもぬくもりも美しさもなかった。    だけどなあ雪穂。オレを傷つけて去ることがあなたのやり方だったってこと。    いつの日も変わらないあなたの優しさだったってこと。    あのむちゃくちゃなわがままだって一度でいいから幸せな子供のように    甘やかされたかっただけなんだって。今なら、ちゃんとわかるんだけど。 . . . 本文を読む
コメント (17)   トラックバック (38)

「白夜行」第4話   罰をうける綾瀬はるか・・

2006-02-03 14:38:43 | 白夜行
堕ちていく亮司。 太陽を見たいとあがきながら見てはいけない夢を見てしまった雪穂。 二人はどこかですれ違い、現実はねじれ、許されない罪を決して置き去りに することもなく。けれど雪穂への思いは限りなく深く、深く・・・。   オープニング。亮司から渡されたもの。雪穂に通帳。母には死亡書類。 俺は騙されないとつぶやく笹垣。まだ誰もあきらめていません。いないはずの 亮司をめぐってそれ . . . 本文を読む
コメント (14)   トラックバック (34)

「白夜行」第3話  壊れた・・綾瀬はるか・・・

2006-01-27 15:34:44 | 白夜行
    この人にコビ売ったって幸せになんかなれなかった。     この人の前でおじさんにいたずらされそうになっただけ     神の前には皆平等なんて、信ずるものは救われるなんてうそばっかり。     私もうそつきだけど、この人だってたいがいだよ・・・。 教会をめちゃめちゃにし、キリストの十字架をステンドガラスに向かって投げつけ、 落ちてくるガラスのかけらが雪穂の心のかけらなのだと今頃にな . . . 本文を読む
コメント (12)   トラックバック (29)