C’est joli ここちいい毎日を♪

セジョリ♪映画三昧・舞台三昧・食などなど自分の好きなことを!映画はネタバレありが多いです。

ブラック・クランズマン

2019-12-12 22:25:29 | CINEMA(は)

ブラック・クランズマン
'18:米


◆原題:BLACKKKLANSMAN 
◆監督:スパイク・リー「セントアンナの奇跡」「インサイド・マン」
◆主演:ジョン・デヴィッド・ワシントン、アダム・ドライバー、トファー・グレイス、コーリー・ホーキンス、ライアン・エッゴールド、ローラ・ハリアー、ヤスペル・パーッコネン、アシュリー・アトキンソン、ポール・ウォルター・ハウザー、アレック・ボールドウィン


◆STORY◆人種差別が色濃く残る1970年代半ば。コロラドスプリングスの警察署で初の黒人刑事として採用されたロンは情報部に配属される。新聞広告に掲載されていた過激な白人至上主義団体KKKのメンバー募集に電話をかけると、面接まで進んでしまう。そこで、同僚の白人刑事フィリップの力を借り、2人で1人の人物を演じ、潜入捜査を行う。

第71回カンヌ国際映画祭でグランプリに輝き、第91回アカデミー賞でも脚色賞を受賞した、スパイク・リー監督による史実を基にしたクライム・サスペンスです。白人至上主義を掲げる過激派団体KKK(=クー・クラックス・クラン)への潜入捜査を試みる黒人刑事の活躍を描きます。

Nakajiはスパイク・リー監督作品すきなんだよね~
今回は最高でした!!!!

1970年代末のアメリカを舞台に、2人の刑事が過激な団体で潜入捜査するんだけど
それがまた面白い!
なんか、黒人でありながら白人至上主義の過激派団体KKKを潜入捜査するだからね、
言葉が巧みすぎて笑える。だって自分がやられている理不尽な世の中の話をしたら、
彼らは絶賛するんだもんね。
またさあ、KKKの構成員がさあ悲しいほど頭が悪い小悪党なのよ。
それにまた笑えてね・・・・

とにかくこのブラック感がたまらない!!
昔の話なんだと思いながらみてたら最後は現代の話になり、
今の時代もあってか、人種差別を隠そうともしないドナルド・トランプの批判を強烈にしている。
えっ?これ原題も続くはなしなのって思ったら本当にぞっとしてしまいました。

さすがだな~スパイク・リー!!!見どころたくさんだったわ。

Nakajiの満足度 ★★★★(4.0) 4/4  劇場鑑賞 18 作

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« バイス | トップ | 忘年会@吟魚のはなれ 吟チロリ  »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

CINEMA(は)」カテゴリの最新記事