時間を生み出すブログ はりの助

作業手順を重視した操作性と数々の独自機能により無駄な操作を削減し、時間を生み出す「レイアウトワープロ はりの助」を紹介

相対セルの便利さを確認

2015年03月07日 | エクセルとの連携
【卒業式の来賓座席表も 「はりの助」】

「絶対参照」を理解するためには「相対参照」をきちんと理解することが大事です。
「相対参照」のツボはコピーしたときに「参照先」と「参照元」の相対位置が維持されることです。
しつこいようですが、もう1例だけ「相対参照」でのコピーを確認しておきましょう。

このブログの最初に説明したREPT関数には2つの引数があります。
その2つの引数に参照を使う方法も説明しました。
そのセルをコピーしたときの数式の変化を確認しましょう。
G3セルには
  =REPT関数(A4,D2)
と入力して、「卯」を2回繰り返して表示しています。


このセルをH5セルにコピーすると、数式は
  =REPT(B6,E4)
となります。


前回はコピー元の「参照先」と「参照元」の位置関係と、コピー先での「参照先」と「参照元」の位置関係を比較しました。
今回はコピー元とコピー先での、「参照先」同士の位置関係と「引数」同士の位置関係を見てみましょう。

G3セルとH5セルは、1列右で2行下の関係です。
第1引数のA4セルとB6セルも、1列右で2行下、
第2引数のD2セルとE4セルも、1列右で2行下の関係です。

このように複数の引数に参照を使っていても、相対的な位置関係が維持されています。
普段は意識せずに使っていると思いますが、相対参照はとても便利ですね。
でも、この相対参照が問題になることがあります。

「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ

この記事が参考になったときだけ、右下の「いいね!」を押してください。

   <前へ>   <目次へ>   <次へ>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 複数のセルの範囲を参照して... | トップ | 文字の輪郭線を二重にする機... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エクセルとの連携」カテゴリの最新記事