orange

ほぼ日常のできごととたまーの思い切りをつらつらと

ミーソン

2018-01-14 00:47:17 | 旅行
ベトナムの世界遺産2ヶ所に行ってきたので。
ひとつは古都ホイアン。
レトロアジア。
日本風、中華風とベトナムっぽさとはちょっと違う感じ。
ボートの人のノンラー(笠帽子)はザ・ベトナムです。

もうひとつはミーソン遺跡。
こっちは知名度ないよね、わたしも知らなかった。
ただ日帰りツアーがあるので行ってみました。

ベトナムのツアーってお手頃。
時間があればほいっと参加してみて。

今回は宿まで迎えありでした。
ダナン発ホイアン経由なので、予定時間10分過ぎてもこない。まあ東南アジアだからなーと思いつつ心配な顔してたら、宿の娘が30分待ってみて。と。で35分過ぎて宿の奥さんが電話してくれた。あと5-10分で来るって。さらに15分後来ました。50分遅れってww
実は1つのツアーに47人バス2台の大所帯だと判明。

そう、ミーソンはホイアンから1時間ちょい。入場料が150000VND、換算750円はバスでガイドに払って引き換えカードをもらう。
ちなみにガイド、途中で現れた。訛り英語で半分聞き取れない。まぁ香港人の英語も聞き取れない耳なので、どっちにしても能力ないんですが。

入り口からちょっと歩いてカートで移動。
そこから散策路になってて遺跡まで
500m、もっとかな?
小屋で1日何回かアプサラダンスが見れます。
遺跡CDEを観光。ガイドがしっかり案内してくれますが、訛ってる。
ヒンズー教なので、アンコールワットを観光してたらなんとなく話がわかります。
遺跡GとFをみて、戻る。Eは見たかな?記憶ない。Aは離れてて見てない。Hは横目に見た。

ツアーは日本人とヨーロッパ人の参加が多かった。
評価は別れるなー。つまらんと言えばそうだし、面白いといえばそう。
個人的には、ツアー代以上の内容だと思う。

帰り道がボートのコースも選べる。7割がボート乗り場で降り、帰路バス組と別れました。
バスはホイアンの大通りで下車なので、ダナン発の人は午後から夜までホイアン観光できます。ダナンへはどう戻るのか知らんけど。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 想定してました。 | トップ | まっすぐ帰りたくない気分 »
最近の画像もっと見る