orange

ほぼ日常のできごととたまーの思い切りをつらつらと

秋に切り換え

2014-09-30 07:01:55 | 日記
9月後半はダルい感じでした。

旅行を無事に楽しんで帰ってきたので、
心の緊張感が緩んで。

年末は連休短めなので、まったくどこにも行くつもりがなかったのに。
やっぱ行きたいよなー。
と。
もう近場でフラッと行きたい場所がないーというせめぎあい。
さらに、バカ高い正月レートは当然避けて…
こんなこと考え、youtubeでちらほらドラマみていたらほら、引きこもって休みが終了。その合間に買い物しまくってしまい。無駄金遣わないようにまた引きこもって。
10月から秋物!
壊れた靴は2足処分すべきなので、2足注文しました。
スニーカーと通勤用です。
贅沢したのはコスメ。
無駄ではないんですがね。。

あとは通勤バッグがほしいんよねー。
さて、靴が届いたらメイクも変えて、秋を楽しみます!

写真は今の季節の写真を探していたら、随分前の京都写真みいつけた。
銀閣寺です。
コメント

王宮

2014-09-29 22:06:21 | 旅行
9時にプランバナン観光チームと街に戻るチームに分かれて乗車、10時過ぎ にホテルへ帰着。

日差しが強くなる前に出発したので、ちょ うど良いツアーでした。

ホテルの朝食が10時までだったのですが、 まだOKだったので遅い朝食にしました。残っていたのは食パンとジャム、コーヒーか紅茶、フルーツは スイカが数切れだけ。 それでもお庭の真ん中で朝ごはんなんてすごくき もちいい。

さて王宮まで1キロちょい。ベチャでなく歩いて行ったら遠かった。王宮の敷地が広いから。南側に行きたかったので、壁にそってずーっと左へ。 ベチャと車がたくさん停まっている奥に門 がありました。

ここでは日替わりで伝統芸能が見れます。 この日は影絵でした。昨日見たやつと同じ ような。演奏アリです。 舞踊とかみたかったなー。

結局、ちょこっと見つつ、 日本人の休暇の方としゃべってました。 その後、王宮の展示エリアを適当に見回っ てました。 結構充実してます。 ジョグジャカルタの王様たちの肖像とか。

近くにタマンサリっていう水浴場付の離宮 があるんだけど。 ベチャにしつこく声掛けられましたが、行きませんでした。

この時点で12時過ぎ。

ここから、ソロへの電車旅にでかけましたが、駅前でご飯食べて、きっぷ買った以外まったくつまんないストーリーなので、割愛。
コメント

ボロブドゥール2

2014-09-28 13:42:22 | 旅行
ぼちぼちと階段を上れば、一番上に到着。
足腰健康なら誰でも大丈夫。足場も問題なし。

サンライズ組と早朝組がいるので結構人は多い。
なぜご来光ツアーにしなかったかと言うと。なかなか見れないらしいので。じゃあ睡眠時間優先、と。
上からはいい眺めです。

玉ねぎ型の尖塔には目線の高さは網模様。そのひとつずつに仏像が入ってます。
尖塔が壊れて野ざらしの仏像。

ここはパワースポットですね、確かに。
下の回廊は仏教の物語の彫り物があります。
アンコールワットと同じような。
この辺までは、正直アンコール遺跡の方が建造物的価値も観光のしやすさも優れてて、残念感を抱いてたんですが。
「ここはアンコールワットよりも古い時代のものだよ」
この言葉でわざわざ来た価値を見出だせました。

仏教の物語はふーんと眺めてたぐらいです。
屋根がないのにそれほど劣化してないところはすごいです。
これで1時間20分ぐらい。
今思えば敷地内のマノハラホテルでフレッシュジュースでも飲みながら休憩すればよかった。
実際は回廊のヘリに座ってベラベラ話してました。日本人はまあまあいます。
バリ島からの日帰りツアー客が到着する昼ごろはさらに混むのかな?

出口は遠くて、お土産通りをぐるり回らされます。
博物館でトイレ休憩を取ってから、出ました。
こっから車探すの大変だったんだけどー。
それでも30分ほどガイドのおじさんたちと話したり、適当に休憩してました。

コメント

ボロブドゥール

2014-09-27 15:04:24 | 旅行
旅のメイン、ボロブドゥール遺跡です。
サンライズツアーではなく、朝ツアーに参加します。
4時起き、5時集合。
暗い時間にお迎えのバンがホテルに来ました。
参加者はヨーロッパ系の方ばっかりです。
車で1時間。バスだと乗り継いでいくらしいので、ツアーか敷地内のホテルに泊まるのが一般的らしい。

到着が6時頃で明るくなってます。
ツアー案内兼ドライバーさんからチケットを買い、ツアー代も支払いました。
この時、よく聞いてなかったんだけど。他の人たちは支払窓口へ。
あー。窓口でカード払いできたんだった・・・。後悔。
後々まで失敗したなーと思いました。

そうそう、案内っていっても集合確認したり、チケット売り場はあっちみたいなレベルで
観光ガイドさんではありません。

9時に車止めてる場所集合ってことで。
ワルンで朝食を取るグループと、遺跡内に入るグループに分かれる。
外国人窓口では、腰巻きサロンを渡され、コーヒー紅茶サービス。
さて入場。

きれいに整備された敷地を人の流れのとおり進むと、どどーんと遺跡。
うぉ。という感じです。

しょぼくないんだけど。すごいんだけど。
やっぱりアンコール王朝の遺跡を観光しまくってますので。
1つの寺院なので、ここしかみるところないんですよね。

でもでも。
ステキですよ。ここまで来る価値アリな仏教寺院ですよ。



コメント

夜も観光

2014-09-26 07:55:18 | 旅行
さて疲れて晩ごはんを食べたら。
モール別の階にBENTO屋さんがありました。日本食?カジュアルレストランな様子。こっちにすればよかったなー。
他にはパン屋とか。マクドのデザートショップはいつも行列でした。

ここから、歩きながら。
マリオボロと王宮手前の交差点はなんか面白い、露天が並んでいて、フクロウ?と写真撮ったり、コスプレやらパフォーマンスやら。デートスポットっぽい。
スルーしたんだけど。翌日の夜も大盛況でした。

通りをなんとか渡って、ソノブドヨ博物館へ。
ここでは20000Rpで影絵が見れます。カメラ持込料別途。
毎日20-22時。
お手軽に地元カルチャーに触れられます。
生演奏とハモり?語り、影絵劇。
ストーリーはラーマーヤナの一部を日替わりで。

ラーマ君の冒険?アクションストーリーってことはわかります。
インドネシアわかる人は笑ってたので、コメディ要素もある?
翌朝4時起きなので、1時間ほど見て帰りました。
コメント