猫と暮らそう~里親募集~

捨て猫や行き場のない猫の里親募集をしています。

本日の猫たち

2018-05-22 00:06:56 | Weblog
今夜は猫たちがとても静かな夜です

ヒロくん最近お気に入りの場所ですやすや


コアくん何故かびっくり顔


何見てるの?





出戻り隊の妹ちゃん

名前をつけてあげたいんだけど
いいのが思いつかない
今度こそいいご縁に恵まれるように
縁起のいい名前ないかな

それにしてもこのテント人気だなぁ
みんな好きでよく入るんです



ちびさんたち


グングン体重増えてもう1キロあります


一番小さいおちびさんは800グラム

ゆっくりだけど毎日体重増えてます


トライアル中のチビさん達も順調です





ばあちゃん

新しいお家にも少しづつ慣れてきています
体調はちょっと心配な面もあるけど
里親様がしっかり見てくださっているので安心です
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キジトラ兄妹落ち着いてきました

2018-05-18 12:32:07 | Weblog
出戻り隊のキジトラにゃん兄妹

引き取ってしばらくは興奮状態で
お兄ちゃんのキジ郎くんのほうは
ずっと鳴き続けていました


お兄ちゃんが鳴くと妹ちゃんもつられて鳴き始め



アーオーン アーオーン と大合唱



保護した時だってこんなに鳴いたことなかったのに

環境が変わって不安になってしまったんだね


一週間鳴き続けました・・・(ある意味ガンバッタ 私もガンバッタ)
今は少しづつ落ち着いてきてもうほとんど鳴きません



少しづつケージから出してみようと思ったんですが
思いのほかヒロくんがかたくなに拒否しまして

シャーの嵐・・・


臆病なんで見慣れない猫が怖いんです
前は一緒にいたのにね・・・
猫なんて三か月も経てばお互いのこと忘れてしまう生き物ですしね


ヒロがシャー言うとキジ郎も負けじとシャー
あっちでシャーこっちでシャー

ケージ越しでもケンカが始まりそうな勢いで大変でした



一緒の部屋は難しいかな・・・

とはいえ移動させる部屋もないし
ばあちゃんのお届けが済んだら
ばあちゃんの部屋に移動しようと考えていたのですが

シャーシャー言いながら毎日顔を合わせていたら
最近になってやっとヒロもキジ郎のことを認めてくれました



写真に一緒に写っているのはコアくんですが
ヒロくんも一緒にスリスリしてたんです


キジ郎くんは認めてもらえたのが嬉しかったのか
ケージから出してあげたら
グルグルグルグル喉を鳴らしまくって
お腹まで出して喜んでいました


まだ完全に慣れたわけではないけど
この分ならみんな一緒でも大丈夫そう


妹ちゃんは高い場所がお気に入り


キジ郎くんたちのケージが空いたら
なぜかヒロくんが入って満足そう





人嫌いだったコアくんは
甘えんぼさんになりましたよ



怖がりな猫さんは人間への歩み寄りがほんとにゆっくりですが
信頼関係をしっかり築いていけば必ず馴れてくれます


みんなゆっくりですが成長していますので
気長に向き合ってくださる里親様と出会えるといいな・・・


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猫テント

2018-05-16 17:50:38 | Weblog
コアくんが占領していたテント


ヒロくんもようやく使わせてもらえるようになりました



なぜなら・・・


コアくんのお気に入りの場所がこっちになったからです

先日古くなったキャットタワーを片付けたときに一部だけとっておいたんです

絶対猫たち気にいると思って

案の定だぜ



ヒロくんとミタゾノさんごっこして遊んでましたよ





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ばあちゃん、ちびーずトライアル

2018-05-14 16:41:37 | Weblog
昨日からの雨が止んで
今日はとってもいい天気になりました


さて、先週末はお届けが二件ありましたよ

土曜日はばあちゃんをお届けに群馬まで行ってきました


群馬県は応募地域ではなかったんですが
お会いするだけでもと思い見にきていただいたのですが
実際お会いしたらとっても優しい里親様で
猫を飼うためにペット可に引っ越す準備までしておられたんです
そして何より高齢猫こそ保護が必要と仰る素晴らしい方で
ばあちゃんのすべてを受け入れてくださいました


ばあちゃんはお外の生活が長かったので
慢性鼻炎があったりてんかん発作のようなことが
保護してから3回あったのですが
そういった事情も全部受け入れてくださった優しい方です




長旅になるので少しでもキャリーに慣れててもらおうと
出しっぱなしにしておいたらすぐに入ってくれました





そして電車に揺られ里親様のお宅に到着



ちょっとびっくりしてるみたい



里親様のお宅はサンルームのある素敵なお宅です

ひなたぼっこがいっぱいできそうだね


少し落ち着いてきたころに
フードをあげていただきましたら
物怖じせずに食べていました








私までお昼をご馳走になってしまいました


ご寄附もいただいたり駅までの送迎もしていただき
本当に何から何までお世話になりました


ばあちゃんはその日の夜もしっかりご飯を食べ


いつものように顔を洗っていたそうです



新しいお名前を「ポッポ」ちゃんとつけていただきました
ポッポちゃん長生きしてね




そして日曜日は


ちびさん二匹のお届けをお預かり様と一緒に行ってきました

スモークちゃんと


白黒八割れちゃんの女の子コンビです



里親様はちびさんたちのために大きな三段ケージを
用意してくださっていました

猫を初めて飼われる里親様ですが
ご自身でいろいろと勉強されて
子猫はあっという間に大きくなってしまうので
大きくなっても使えるようにと大きいものをご用意してくださいました

ケージの中もいろいろと工夫してくださっていたので
安心してお渡しすることができました

早速ご用意いただいた箱の中に入れてあげましたが
ちびさんたちちょっぴり緊張気味のようでした

でもまあ、子猫さんなのですぐ慣れるでしょう

新しいお名前はスモークのこが「ソイ」ちゃん
白黒のこが「コチ」ちゃんとなりました
ご夫婦で釣り好きだという里親様らしいお魚の名前です

私たちが帰ったあとフードも食べたみたいです





そしてもう一つ嬉しいお話

人馴れした三毛猫がいるので保護してほしいと
巡り巡って私のところへご相談がありました


三か月くらい前に捨てられたこで
とても人懐こいので保護して飼いたいとのことでした


ご依頼者のお姉さんは一度はご自身で捕まえようと
洗濯ネットを使ってみたりキャリーに入れようとしたらしいのですが
中に入れようとすると嫌がられて失敗してしまったそうです

早速現場へ行ってみると、
初対面の私にもすぐによってくる
ほんとに人馴れした三毛さんがいました

あっという間に御用


避妊手術と必要な医療処置をしてもらい

お姉さんのお宅に引き取られていきました


幸せになるんだよ~


三毛さん、妊娠初期だったようです
危なかった



みんな幸せになってね
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

5匹のちびさんたち+お兄さん

2018-05-10 17:10:22 | Weblog
お知らせ
里親募集状況の表記に間違いがあったので訂正しました(5/11)


先週ちびさんたちを連れて
ワクチンとウィルス検査などをしてきました

ギュウギュウなんですけどぉ

お預かり様が
「小さいから皆一緒でいいと思って」と
一つのキャリーに全員入れられてきましたが
さすがにちょっと暑そうだったので
このあとキャリー二つにわけました


お預かり様が献身的なお世話をしてくださっているおかげで
真っ黒だったちびさんたちもピカピカになって
ますますラブリーになっていましたよ


まずは八割れの女の子

カッチンコッチンに固まってます

里親様が決まりました


スモークちゃん(女の子)はかなりマイペース

ひとりだけ早くも三段ケージの一番上まで登れるようになって
兄弟たちを眼下にひとり悠々と寝ています

里親様が決まりました



キジ白の女の子です

里親募集で一番人気でしたが
健康診断で背骨の異常がみつかり
日常生活に問題はないものの
要観察とのことで募集を中止しています

一番小さいので心配だけど元気は元気です
里親募集を中止しています



キジ白の男の子です

イケメンちゃんですよ

初対面の人にはシャイな恥ずかしがりやさんです

里親様募集中止です←コピペしたら間違えた~
里親様大募集中です


八割れの男の子です

体は白が多めの黒ブチ模様です

やはり初対面の人にはシャイな恥ずかしがりやさんですが
お預かり様曰く、抱っこもできるしすぐに馴れるわよ~とのことです

里親様募集中止です←コピペしたら間違えた~
里親様大募集中です



お兄さんたちにも愛の手を

コアくん、ちゅーる命

里親様募集中止です←コピペしたら間違えた~
里親様大募集中です


ヒロくん、メス猫好き

里親様募集中止です←コピペしたら間違えた~
里親様大募集中です


お兄さんたち、すごく馴れてきたのでほんとにおすすめです
穏やかで優しい男の子です
よろしくお願いします



ちひねこさんの里親希望のかたはこちらからお申込み下さい
ペットのおうち

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

キャットタワー崩壊

2018-05-09 15:48:27 | Weblog
ここ数日寒くなってしまいましたが
GW中は夏日が続いたので
猫様の冬物を少し片づけたりしていました


久々にこれを出したら
コアくん大喜びです




ほんとはヒロくんも入りたかったのに
コアくんに先を越されて入れてもらえなかったので
こっちの箱で我慢だね


じとっ

羨ましそうに見ている


最近は私の枕もお気に入りでよく寝ているんです



キャットタワーも古くなってボロボロだったので
新しいものを購入したんですが
場所を取らないスリムタイプの物にしたら
一週間も経たないうちにこの有様です

倒れた先にはにゃんたちの寝場所があったので
朝起きてこの光景を見たときはびっくりしました

誰も犠牲にならなくてよかったです


支柱の一部が折れました

知らない人も多いと思いますが
支柱はダンボール製なんですよね
支柱一本のタイプはもっと太いタイプを選んだほうがいいかも・・・


ぼくちん危うく下敷きになるところだったにゃ

危なかったよね
エムくんよくあそこのベンチに寝てるから





そんな騒ぎも我関せず
いつも幸せそうなばあちゃんに癒されてます






ばあちゃん耳が遠いので
大きな音がしても気づかないんです
ある意味幸せかも?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

帰ってきました・・・

2018-05-08 17:33:43 | Weblog


トライアルを経て正式譲渡になっていた
山猫兄妹が戻ってくることになりました
https://blog.goo.ne.jp/ieneko_club/e/69c683e1d430e9e6af84832cd37029e8

約三か月弱

人馴れイマイチの兄妹ですが
それなりに歩み寄りを見せていたと感じていたのですが
里親様にはそう思えなかったようです・・・
(ちゅーるをあげながら触れるぐらいにはなってたようです)

とてもがんばってはくださいましたが
がんばって馴れさせようという人間側の思いとは裏腹に
猫たちが思うようにこたえてくれなかったことに
不安を感じてしまったのかなと思います


戻ってきてすぐの兄妹は結構荒れてました

警戒心むき出しのキジ郎くん


妹ちゃんのほうはキャリーに隠れて出てきません


不安だよね

三か月も経つと元居たうちのことなんて忘れてますから
仲良しだった猫同士も今じゃ敵同士みたいに威嚇し合ってます

しかしスペースのない我が家では
コアくんヒロくんのいる保護部屋にしか入れられないので
なんとか仲良くできるようになってもらわないと・・・

とりあえず三段ケージを二つ置いて兄妹別々に入れることにしました。

兄妹一緒だといつまでも馴れない可能性があるので
この機会に別々にすることにしました

別々にしたこともあってか
戻ってきてからずーーーーーーーっと
朝も昼も夜もずっーーーと鳴きっぱなしでした

どうしたらいいものか私のほうも苦しくなってきます


もうこのこたちは一生人に馴れないのか

そんな思いもよぎりましたが
今はとにかく少しでも落ち着いて
鳴かないで過ごせる日がくるように
祈るしかありませんでした



そして一週間経ちました



少しづつ鳴く時間が減ってきています




妹のほうはヒロくんとケージ越しにラブラブモード



手からクリスピーキッスも食べてくれました


怖がりなだけなんだよね




キジ郎くんはウーとかシャーとか言いますが
ナデナデすることができます


昨日はちょっとリラックスして貰うために
マタタビちゃんをあげてみました


ゴロンゴロンして喜んでくれました



こちらの方たちもマタタビ効果でゴロンゴロン
よだれべちゃべちゃで大喜びしてました















コアくんだって最初は噛みつきで大変だったけど
今じゃ抱っこもナデナデもできるもんね

ヒロくんだって最初は警戒が強くて
狂暴だったけど今じゃナデナデもできるし
慌てて逃げることがなくなってきたよね


みんな少しづつ心を開いていくんだと思います
山猫兄妹もきっと少しづつ歩み寄ってくれる日が来る
そう信じて待ってるよ







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しーちゃん抜歯しました

2018-05-04 20:27:51 | Weblog
しーちゃんはエイズキャリアです

そのせいもあって保護当初から口内炎がありましたが
食欲があってドライフードも食べていたので
大丈夫かなと思っていたのですが



最近よだれが更に多くなり
かなり痛みも強そうな様子が続いていました

歯を診てもらったら歯石がたまって
ぼろぼろになってました

歯石だけじゃなくエイズウィルスも関係してると思われ
抜歯をしても完治する可能性はあまりないのと
高齢なので麻酔をかけることが心配で
抜歯手術をするかしないか悩みました


幸い血液検査では腎臓肝臓の数値は悪くないので
麻酔をかけることは可能だと獣医さんから説明され
完治は難しいけど悪い歯を抜けば
今よりは痛みが軽減するかもしれないとのことで
思い切って抜歯をすることにしました

年齢的にも麻酔をかけるのは最後のチャンスかなと






そして抜歯後


手術の翌日退院したのですが
食欲モリモリで以前よりも食べています


完全に口の中の赤味がひいたわけではないのですが
痛みがかなり減ったようでよだれもぴったりなくなりました


前は口から膿がたくさん出ていたのでとても臭ってました
くちゃい口で体を舐めるので全身くちゃくちゃで
部屋の中もしーちゃんのくちゃいのが
ぷ~んと臭ってたんですが
今はまったくくちゃくありません


しーちゃんがモリモリ食べてるよ!


たくさん食べてお腹いっぱいになってお休みしました


いい結果になってよかった



おまけ

こちらのおばあちゃんはいつも幸せに寝ています
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うみちゃんトライアル!!!

2018-05-02 11:07:19 | Weblog
まったく人馴れしてないうみちゃんに
とうとう春がやってきました



なんとトライアルが決まったのです


「触れないこでも大丈夫ですよ」
という神様のようなお申し出


実はうみちゃんのトライアル先は
影千代さん(元コガレちゃん)のお宅なのです

今じゃすっかり膝乗り猫になった影千代さん
影千代さんの人馴れをうみちゃんも学んでくれるといいな

人馴れしてない子の場合脱走が一番心配なので
脱走防止がしっかりできる方をと思っていました

影千代さんの里親様はその点では安心してお任せできる方です
お仕事の関係でDIYが得意な方なので
玄関には手作りとは思えない立派な脱走防止扉があったり
キャットウォークも手作りですごいのがあるんです


影千代さんの譲渡時は二段だったケージも
うみちゃんはケージ生活が長くなるかもしれないからと
一段増やして三段にしてくれました

立派なうみちゃんのお部屋、すごいねーーーー


わかりづらいですが中にこもってます



里親様はうみちゃんのペースでゆっくりでいいよとおっしゃってくださってます
ご寄附もたくさんいただきありがとうございました

のんびり少しづつ家族になれるといいね
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

4月のTNR・追加

2018-05-01 12:24:11 | TNR
明日からGWだーーーと喜んでいた4月27日

知り合いのえさやりさんから
「子猫が出てきたわよ」と連絡がありました

実はですね、コアくんヒロくんのお母さんが
ずっと捕まえられずにいまして
今年もとうとう出産してしまったんです

「ボクたちの弟妹が産まれたの?!」



お腹が大きくなる前から何度か捕獲作業をしていたのですが
まったく入ってくれなくて
お腹が大きくなってからも出産前になんとか捕獲しようと動いていたのですが
ついにお腹がぺしゃんこになってしまい(出産したということ)
出産後は母猫を捕まえると子猫たちが死んでしまうのでできません。


子猫が離乳して餌場に出てきたタイミングで
親子で捕獲しなければいけません。
そのタイミングを待っていたのです

そして今度こそ親子で捕獲しないとと事前準備をしていました

普通のやり方でお母さんを捕まえるのは無理と判断し
知り合いを通じて紹介していただいた捕獲の名人Nさんに
お願いすることになりました

いつものえさやりが朝6時過ぎなので
その前の5時半に現場で待ち合わせです

現場に着くとすでにお母さん猫がいて
そばには父猫もいました

子猫の姿はまったく見えませんが
餌を食べたあと母猫がどこに戻っていくか後をつけて
大体の居場所を把握していました

子猫がまだ小さいので母猫を捕獲するなら
子猫も一緒に捕まえてあげないといけません。

捕まえる順番がとても大事です
子猫は警戒心がないので餌につられてすぐ捕まえられますが
子猫が捕まる様子を母猫が見ていると
警戒して捕まらなくなります。
最悪、捕まってない子猫を連れて移動してしまうこともあります
これが一番怖い


普通に捕獲器をしかけたら警戒心の薄い子猫が先に入ることが多いので
母猫を先に捕獲って簡単なようでなかなか難しいです
前回はそれができず失敗しましたから・・・

捕獲名人Nさんはリモコン操作の捕獲器や
他にもいろんな捕獲グッズを持っていて
数々の捕獲困難な猫を捕まえてきた経験がある方なので
自分ができなかった母猫を先に捕獲ができます


しかしいよいよ捕獲作業開始するも
あの手この手を使うも警戒心の強いお母さんはなかなか捕獲器に入りません
Nさんが最後の奥の手を使いようやく入りました


捕まえられない猫でお困りの方のために
奥の手をご紹介したいところですが
猫捕りや虐待する悪い奴らに知られるとまずいので書けません(ゴメンナサイ)


そして子供たち




排水溝の入り口に5匹で固まっていたので
一匹づつ手でとって保護しました
小さくても逃げ足は速いので入口と出口を塞いで
逃げないように慎重に保護しました


そして翌日父猫も捕獲できました

このこを捕まえるのに二年かかりました
捕獲器には絶対入らないし
勘が鋭くて捕獲する日になると姿を現さなかったりして
何度空振りさせられたことか

この日もいつもいる場所にいなくて
第二の餌場にいるところをみつけて捕獲作業するもやはり捕獲器には入らず
ちょっと目を離したすきにいなくなり今日はダメかと諦めかけましたが
NさんもSさんも粘り強い方なので第一現場をもう一度確認することに
戻ってみると父猫がいました

少し人馴れしたこだったので
捕獲器の横から一粒づつエサを投げて少しづつおびき寄せ
リモコン捕獲器に入ったところでNさんがスイッチON


2年間悩みの種だった現場がたった二日で終了
もっと早くNさんの存在を知っていたらという気もしますが
とりあえず終わってよかった~


本日のちびさんたち
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加