DOOR-Is

PC(パソコン)、模型(ガレージキットとか)、小説(SF/時代)、アニメ、そしてゲームなどについてあれこれ。

売れ行きはどうなんだ

2006-05-17 | 小説
 今日は「ハリー・ポッターと謎のプリンス」の発売日でした。
私的にはこのお話は巻を追うごとにつまらなくなってきてると思ってますので、
購入するか少々迷いましたが結局買ってしまいました。
それにしても3990円はちょっと高いね、元来児童向けの本だと思いますが、
子供には結構きつい金額では?
文庫だったら6冊は買える値段です。
それにハードカバーは読みにくくて私は苦手です。



 折角、発売日に買ったけど先に読みたい本が幾つもあるので、
読むのは後回しになるかもしれません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 完成・・・関羽雲長(青龍刀) | トップ | ちょっと違うものを »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
謎のプリンスとは・・・ (デスイーター)
2006-05-18 02:04:47
それはスネイプのこと。ママがアイリーン・プリンスって魔女で、パパがマグルのhalf-bloodだったってわけ!そんな謎のプリンスがなんと、ダンブルドア校長を殺害!!ハリーといえば、マートルになぐさめられているドラコを襲撃して、流血の惨事を起こしたり、ベッドの中でジニーのことを・・・とか、いろいろ激しい巻でしたよ。お楽しみに。

コメントを投稿

小説」カテゴリの最新記事