hiro@weblog

尿管ガン、ステージ4
抗がん剤治療中

ちょうど1ヶ月経ちました

2022-09-30 08:40:23 | 尿管癌ステージ4
9月30日金曜日

入院9日目

おはようございます

血尿騒ぎから

ちょうど1ヶ月経ちました

そこから今日までの事

ざっくりですが全部書きます



なんの自覚症状も無かったのですが

突然の血尿

Σ(゚ω゚ノ)ノ


びっくりでした


慌てて、かかりつけ医へ行き

エコーからのCT検査

腎臓に腫瘍が見つかり

手術が必要と言われ

長野市民病院泌尿器科を紹介して頂き

翌週受診

尿管癌と診断されました

抗がん剤で小さくしてからの手術がおすすめ

と言われましたが

抗がん剤に良いイメージが無く

出来れば無しでお願いしますと

そしたら22日手術室空いているので

摘出手術をしましょうと

21入院22手術30退院と日程も決まり

話が決まれば早いです

その日の内に、術前検査が全て出来てしまい

22日の手術を待つだけ

と思いきや

翌日

肺に影が有るので、呼吸器内科を予約したので

受診して下さいと、泌尿器科担当医から連絡

その直後、呼吸器内科の先生から

コロナからの肺炎だと困るので

明日、コロナ検査に来てくださいと

9日コロナ検査に

陰性でした

まあ一安心

ですが

この辺りから発熱が始まり

やっぱり肺炎?てなり

心配なので先行で肺炎の薬を2種類

処方してもらい、飲み始めました

13日呼吸器内科を受診

血液検査、肺の内視鏡等の検査結果

肺炎確定

22日の手術は中止

肺炎治療の為、早めの入院を勧められました


この時20日までの予約は、ほぼいっぱい

その旨を伝え

入院は21日からに

本来自分の中では

癌は良くも悪くも、いじらない

以前から、そう思っていたのですが

トントン拍子に話が決まり

手術する事になりました


中止が決まり

これは神様が手術するな!

って言ってるんだって

勝手に思ったのでした

そしたらそこへ

泌尿器科の先生から電話が来て

既に転移が見つかり

尿管癌ステージ4転移ありと宣告

このまま手術をしても

開けて締めるだけになります


更に手術出来ない事を伝えられました

やっぱりこのまま手術もせず

今の生活を保ったまま仕事して

生きられる所まで行きましょう


家族にも泌尿器科の先生にも

その旨を伝え

まっ

どこまで生きられるのか分かりませんが

今の生活を続ける事に決めました


最初は、好きなように生きてきた人だから

好きにすればって言っていた家族も

後日

家族揃って泌尿器科の先生から説明を受けに行き

ステージ4でこのままでは手術出来ない

抗がん剤先行の治療しか方法は無いと告げられ

そこから

息子と先生の抗がん剤話が盛り上がり

息子の抗がん剤の知識に先生もびっくり

僕もびっくり

勝手に2人で話を決めて

妻もその話に乗り

3人で話は盛り上がり

僕抜きで

肺炎治療からの抗がん剤からの手術

入院は21日から

まっ

決まる時はこんなもんですね

20日まで営業させて頂き

21日から、お休みを頂く事となりました

肺炎が治るまで、その後の予定は未定

結局入院は22日からにしてもらい

21日までの様子はブログを見て頂けると

分かると思います

今はまだ、肺炎治療中ですが

血液検査の炎症数値は、ほぼゼロに近いとの事なので

来週辺り退院で

その後、泌尿器科へ入院

抗がん剤治療に入ります

先は長そうです

すぐ復帰して営業再開みたいな期待を

お客様に思って頂くのも失礼と思い

本当の事を書きました

ご迷惑をおかけ致します

抗がん剤を味方に付けて

早く癌をやってけて

仕事復帰目指して頑張ります

こんな状況です

やっと書けました

よろしくお願い致します

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 昼が | トップ | 出来ました\(^o^)/ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿