★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「消されたヘッドライン」

2010-09-05 03:38:08 | 映画(か行)
<T1233/2010/A098/S043>


新聞記者モノってたまに映画になるけど、
今回のは、出演者もストーリーもスケールがでかそう。
原題は「STATE OF PLAY」。
2009年製作のジャーナリスト系政治・サスペンス、127分もの。

あらすじ・・・今回はMovieWalkerさんから引用させてもらいました。
キャル(ラッセル・クロウ)はワシントン・グローブ紙のベテラン記者。ある日、1人の女性の死亡記事が紙面に掲載される。その被害者女性と将来有望な国会議員コリンズ(ベン・アフレック)のスキャンダルを追っていたワシントン・グローブは、前夜に起こった別の殺人事件との奇妙な関連に気づく。豪腕の女編集長キャメロン(ヘレン・ミレン)の指示で、渦中のコリンズに接触するキャル。旧友であり取材対象でもあるコリンズとのやりとりをきっかけに、彼は相棒のデラ(レイチェル・マクアダムス)とともに、警察の捜査とは別に独自の調査を開始。持ち前の知恵と行動力を駆使して、次第に事件の裏側に迫っていく。ライバル紙のスッパ抜き、クールな上司のプレッシャー、警察との腹の探り合い。困難な状況を乗り越え、ベテランならではの鋭い嗅覚で真相に迫るキャルだが、そこに待ち受けていたのは、想像を絶するアメリカ最大の闇。やがて、自ら紙面で国家権力に挑戦状を叩きつけることになったワシントン・グローブの記者たちに危機が訪れる。迫りくる暗殺の恐怖、幾多の社会的圧力。はたして彼らは、真実を暴くことができるのか……?

   

ここからひらりん的レビューのねたばれ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
●アメリカ最大の闇とは・・・
コリンズが公聴会を開いてる軍需関連企業が国防を牛耳ろうとしてるところ。
●死んだのはコリンズの女性スタッフで、その軍事企業からのスパイだったのね。
予算を取りまくり、民間で軍隊を編成しようと企んでるので、ロビー活動も活発。
女性スタッフの推薦者はコリンズの先輩長老議員。取り込まれてるの間違いなし。
●とはいえ、妻(ロビン・ライト)がいるのに女性スタッフと不倫してる議員は立場が弱い。

釈明会見はさせられるし、カルと奥さんは仲良しだし・・・
●しかし、ラッセル・クロウのやる役って、たいてい仕事には一途で変わり者って役。
今回も真実を追い求めるジャーナリスト役なので、親友の気持ちも察せず、
バシバシ真実を暴いちゃうのね。
●軍隊上がりの殺し屋も出てきちゃうし、議員もカルも命が危ない・・・
なんて緊迫シーンもあったけど・・・
●一番印象に残るシーンは、軍事企業の関連PR会社のハデハデ社長を監禁して吐かせるシーン。
記者がそこまでやるか・・・とは思ったけど、イイねた仕入れられたのね。
●しかーーし、もういっちょ、落とし穴があって・・・
よーーく考えると、あの殺し屋、コリンズの知り合いジャン・・てことに気づく。
●議員会館に出向いて、コリンズは逮捕。
殺し屋もやってくるが、警官隊に射殺されて、一件落着と。

☆警察をないがしろにして、真実を追究していくけど、結構被害者出てたね。
まあ、ベテラン記者だけに、コネ使って取材しまくってたからどっこいどっこいなのかな。
☆レイチェル・マクアダムスに記者らしさを叩き込んでいくのも、それらしくやってて、
最後の議員逮捕の記事は二人の共同執筆にしてあげてたね。
☆今回のベン・アフレック・・・ラッセル・クロウのアクが強過ぎて、
ちっとも怖い顔が生きてなかったけど、
結局、愛人を監視させてた元兵士が暴走して愛人を殺しちゃったのを、
軍事企業の罠に仕立て上げ、友人のカロに記事にさせようと画策した真犯人だったのね。

ここまでねたばれ注意↑

ジャーナリストものといえば・・・
ジェニファー・ロペスの「ボーダータウン 報道されない殺人者」とか、
ヘイデン・クリステンセンの「ニュースの天才」など。
 

という事で今回は・・・
ジャーナリズム度・・・
ちょっとやり過ぎ感はあるけど、
親友夫妻の愛人殺害疑惑+軍事スキャンダルが絡んでくるとは、あー面白い。

●文末にブログランキングの宣伝を・・・・・・・・・・・
最近下位に低迷してるブログランキング・・・
気にしちゃいないが・・・上位が映画とは無関係の韓流系やYouTube系ブログばかりで、
ちょっと悔しい・・・ので・・・、
ひらりん同様、「どんでん返しは思いつかなかった」あなた・・・
バナーにポチッとクリックおねがいしまーーす。

「人気ブログランキング(映画)」


ひらりんもツイッター始めました。
映画以外のこともつぶやいてるので、
ちょっと見に来てね。

コメント (3)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
« 「ROOKIES -卒業-」 | トップ | 「パリの恋人」 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (かみぃ)
2010-09-08 03:42:07
スケールのでかい事件かと思いきや、最後は綺麗に収まって、逆にそこが面白かったです。
陰謀モノというよりジャーナリストのバディモノって感じの描き方も好きでしたね。
ご無沙汰してます! (sakurai)
2010-09-08 08:53:33
骨太の見ごたえのあった作品でした。
もとのオリジナルの番組が見たいのですが、なかなか見る機会が無くて・・・。
マカヴォイ君が出てるというんで、ぜひ見たいのですがねえ。
TBありがとうございました! (maru♪)
2010-09-09 01:44:25
最近gooの方にこちらからTBが飛ばないみたいです(涙)
不正なURLと言われてしまうので、リンクもできませんが、コメントで失礼します。

型破りなベテラン記者と、野心家の若手女性記者というありがちな設定ながら、さじ加減がよくて楽しめました。
サスペンスとしてもテンポがよくて面白かったのですが、着地点が残念でした・・・

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画(か行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

17 トラックバック

消されたヘッドライン (LOVE Cinemas 調布)
イギリスの大人気サスペンスドラマをハリウッドでリメイクした作品。主演ラッセル・クロウをはじめ、ベン・アフレック、レイチェル・マクアダムス、ヘレン・ミレンと実力ある俳優がそろったサスペンスムービー。監督はドキュメンタリー映画の鬼才ケヴィン・マクドナルド。...
消されたヘッドライン (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『そのスクープが、時代を揺るがす。』  コチラの「消されたヘッドライン」は、2003年にイギリスBBCで放送された大ヒットサスペンスドラマをハリウッドで映画化した5/22公開の社会派サスペンスなのですが、早速観てきちゃいましたぁ~♪ちなみにオリジナルのドラマ「...
消されたヘッドライン (迷宮映画館)
2時間に収めるのは、やっぱもったいない。
【消されたヘッドライン】 (日々のつぶやき)
監督:ケヴィン・マクドナルド 出演:ラッセル・クロウ、ベン・アフレック、ヘレン・ミレン、レイチェル・マクアダムス、ロビン・ライト・ペン、ジェイソン・ベイトマン      暴くのか、逃げるのか―。 「ワシントンで起きた二つの事件。 黒人の少年がド
消されたヘッドライン/ラッセル・クロウ (カノンな日々)
この映画、脚本にはトニー・ギルロイも参加してたんですね。シネコンに掲示されてたポスターを見たときに初めて気づきました。劇場予告編では濃厚そうなサスペンスって印象でしたけど、その一方でラッセル・クロウのロン毛とちょっとメタボな体型が気になるのでした(笑)。...
消されたヘッドライン [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:STATE OF PLAY公開:2009/05/22製作国:上映時間:127分鑑賞日:2009/05/23監督:ケヴィン・マクドナルド出演:ラッセル・クロウ、ベン・アフレック、レイチェル・マクアダムス、ヘレン・ミレン、ジェイソン・ベイトマン、ロビン・ライト・ペン、ジェフ・ダニエルズ...
映画「消されたヘッドライン」@スペースF... (masalaの辛口映画館)
今回の試写会は劇中に登場する新聞社“ワシントン・グローブ社”日本支社に登録した市民ジャーナリストを招いた試写会で、なんとマスコミ試写より早いブロガー試写会だそうだ。上映...
消されたヘッドライン (だらだら無気力ブログ)
イギリスのBBCテレビのテレビドラマを舞台をアメリカに変更して リメイクしたサスペンス。 関係のない2つの事件から巨大な陰謀を嗅ぎ取った新聞記者が真相を めぐって奔走する様をスリリングに描く。ワシントンDCでドラッグ中毒の黒人少年が射殺される事件と。 国...
消されたヘッドライン (ダイターンクラッシュ!!)
2009年5月24日(日) 17:00~ TOHOシネマズ スカラ座 料金:1250円(チケットフナキで前売りを購入) パンフレット:600円(買っていない) 『消されたヘッドライン』公式サイト 薄汚いデブが似合うラッセル・クロウと阿呆面ベン・アフレック競演の政治スリラーか...
消されたヘッドライン (とりあえず、コメントです)
イギリスBBCのテレビドラマを映画化したサスペンスです。 政界を揺るがすスキャンダルな事件の真実を 必死に追う新聞記者の姿と揺ぎ無い信念がリアルに描かれていました。
消されたヘッドライン (★YUKAの気ままな有閑日記★)
観ようか、、、観まいか、、、悩んだのよ~コレ。・・・・・ラッセル・クロウったら、、、太り過ぎじゃないポヨ~ン いや、、、笑顔はキュートだけどサ【story】ワシントン・グローブ紙の敏腕記者カル(ラッセル・クロウ)は、旧友の国会議員コリンズ(ベン・アフレ...
消されたヘッドライン (Peaceナ、ワタシ!)
暴くのか、逃げるのか-。 それは、一人の新聞記者が見た“現代アメリカ最大の闇”。 週末『消されたヘッドライン』の試写会へ行ってきました! なんと! 「ブロガー限定」の試写会だったんです! (マスコミ関連の試写より早いんだって…) わ~、招待されるとは光栄だわ~と...
消されたヘッドライン   試写会にて鑑賞 (だって興味があったから 【映画と本と、日常日記】)
暴くのか、逃げるのか──。 それは、一人の新聞記者が見た“現代アメリカ最大の闇”。 巨大権力VS.新聞社 果たして、本当にペンは剣よりも強いのか。 何の関係もない2つの殺人事件がひとつの糸で結ばれた時、”現代アメリカ最大の闇”がその姿を現す。 2009年 ...
『消されたヘッドライン』 (Cinema + Sweets = ∞)
『消されたヘッドライン』俺たち!ジャーナリスト試写会っていうので試写会に当たって、昨夜は東宝東和さんの試写室で試写を観てきました。 東宝東和さんの試写室、確か2度目のはずなんですけど、めちゃくちゃ道に迷ってしまった方向音痴な自分。30分以上歩いて、しかも...
「消されたヘッドライン」 抑制された作りに好感 (はらやんの映画徒然草)
劇場公開時見逃してしまった本作、ようやくDVDで観賞しました。 本作はジャンルと
09-157「消されたヘッドライン」(アメリカ・イギリス) (CINECHANが観た映画について)
ブラッディ・ニュースペーパー  ワシントンDC。時を置かずに発生したある2つの事件。ひとつはドラッグ中毒の黒人少年スタッグが何者かに射殺された事件。もう1つは、国会議員スティーヴン・コリンズのもとで働く女性職員ソニア・ベーカーが出勤途中の地下鉄で不可解...
「消されたヘッドライン」(2009年、アメリカ... (楽天売れ筋お買い物ランキング)
「消されたヘッドライン」(原題:StateofPlay)は、2009年公開のアメリカ・イギリス合作の映画です。イギリスBBCのテレビドラマ「ステート・オブ・プレイ~陰謀の構図~」をラッセル・ク...