★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「100万ドルのホームランボール 捕った!盗られた!訴えた!」

2009-09-08 03:38:47 | 映画(は行)
<T1070/2009/A155/S067>

米大リーグ・マリナーズのイチローがメジャー通算2000本安打を達成・・・
そして、前人未到の9年連続年間200本安打も目前・・・
というタイミングで、メジャーリーグねたを鑑賞。
本作はサンフランシスコ・ジャイアンツのバリー・ボンズ選手が、
年間本塁打記録を73本打った時の球をキャッチした時に勃発した騒動のドキュメント。
原題は「UP FOR GRABS」。
2004年製作の裁判系ドキュメンタリー・コメディ、88分もの。

あらすじ・解説は・・・Allcinemaさんから引用させてもらいました。
2001年10月7日、MLBのスーパースター、バリー・ボンズが記念すべき年間最多本塁打記録となる73号ホームランを放った。その3年前、マーク・マグワイヤがそれまでのシーズン最多となる70号を記録した時は、そのホームランボールになんと3億円の値がつけられた。この日も、外野スタンドは一攫千金を夢見る人々の殺気でみなぎってた。そこへ飛び込んできた白球は、まさに“100万ドルのホームランボール”。瞬く間に大混乱となった外野席で、最後にボールを掲げたのは一人の男性、パトリック・ハヤシ。新たな億万長者の誕生と思われた次の瞬間、自分こそは一番最初にボールをキャッチしたと主張する男性、アレックス・ポポフが現われた。2人の主張は平行線を辿り、ホームランボールの行方は遂に法廷の場へ…。本作はそんな2人の熾烈な法廷闘争を軸に、一つのボールを巡りメディアを巻き込んで繰り広げられる滑稽な狂騒の一部始終を記録した爆笑ドキュメンタリー。

         

ここからひらりん的レビューのネタバレ注意↓
ドキュメンタリーなので反転なし・・にしようと思ったけど、
裁判結果とか結末は意外なので、一応反転モードに・・・
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
●金に目がくらんで泥沼の争いに・・・
しかし、周りにいた観客の証言も、少ーーしづつ変化してたような気も・・・。
証言というより、気持ちの変化とでも言うんでしょうか。
●だんだん気合が入ってくポポフは、目立ちたがり屋というか話題の人になって、
嬉しそうだし、儲け話まで考えてる男。
●対して、パトリックは落ちてた球を拾っただけで訴訟騒ぎになってしまい、
困惑しまくりの日系人。
●ポポフは「sucker」って書いてある、
冷かし用の通称「バカボール」を持ち込んでたって噂もあるし・・・
パトリックは騒動の中、少年の足を噛んだって証拠テープまで残ってるし・・・
●記者やテレビレポーターも呆れてるし、
当のボンズも、オークションで売却して折半すればいい・・・と言ってるのに。
●しかし、法廷争いに・・・
これまたアメリカらしいのは・・・
「ボールを所有する」・・・って事の定義に付いて、
ロースクールで討論会になったり、一種真面目な法律論議になった点。
●結局、判決は、ボンズの言ってた両者折半・・・
ちなみに、裁判開始まで一年・・・
判決出るまで二年かかってました。
●その間、ボンズもメジャーリーグもどんどん試合を消化してたのに・・・
●で、オークションの落札額は・・・
驚愕の45万ドル・・・
笑顔が消えたのはポポフのほう。
だって訴訟費用に62万ドル使ってたから。
折半するから、両者22.5万ドルの分け前だけど、
パトリックのほうの弁護料は分け前の3割だったので、7割は手元に残る計算。
●しかし、善いオチと悪いオチが残ってて・・・
パトリックの方の弁護士は、もともと人権派弁護士団で、
日系のハヤシ氏を応援してただけなので弁護士料はタダにしてくれた・・・
一方のポポフ氏は、判決とオークションの結果に納得せず、
担当弁護士に弁護料を払わず、裁判沙汰に・・・
オークション代金を差し押さえられて、
1セントも受け取れずにいる・・・らしい。

★いやーー、日本では考えられないメジャーリークの熱狂ぶりと、
裁判社会の異常。
日本でも「行列が出来る法律相談所~」みたいな裁判番組とかが、
テレビ放映されてるけど、
何でも訴えてやる・・・というのは日本には馴染まない気がするけどね。
★あっそうそう・・・今回観るきっかけになったイチロー選手・・・
彼の打球はあまりスタンドに入らないので、騒動にはなりずらいけど、
偉業が達成された時には何が起こるかわからないから、
トラブルだけには巻き込まれないようにして欲しいね。
アジア人だからって差別視されそうな気もするしーー。

ここまでネタバレ注意↑

   

という事で今回は・・・
ドキュメンタリー度・・・
野球場にはグローブを持って出かけましょう。
取ったボールは放さずにしっかりキープしましょう。
裁判費用は計画的に・・・。

ちなみにボンズ選手・・
その後薬物疑惑が持ち上がってたけど、どうなったんでしょう。
数々の偉業を成し遂げても、
薬物で地に落ちるのは、情けないねーーー。
ボンズのウィキはこちら


●文末にブログランキングの宣伝を・・・・・・・・・・・
最近下位に低迷してるブログランキング・・・
気にしちゃいないが・・・上位が映画とは無関係の韓流系やYouTube系ブログばかりで、
ちょっと悔しい・・・ので・・・、
ひらりん同様「イチローにはもっと記録を作って欲しい」
           
と思ってるあなた・・・
バナーにポチッとクリックおねがいしまーーす。

「人気ブログランキング(映画)」

コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
«  gooブログモニタープログラ... | トップ | 「ヘンダーソン夫人の贈り物」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画(は行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

100万ドルのホームランボール 捕った!盗られた!訴えた!(DVD) (ひるめし。)
製作年:2004年 製作国:アメリカ 監 督:マイケル・ラノヴィックス 出演者:アレックス・ポポフ/パトリック・ハヤシ 時 間:88分 No.984 [感想] アレックス・ポポフ、滑稽だね。 彼はただの目立ちたがり屋のイタい男。 実にバカバカしい。 ギャラリーが言う通り...
『100万ドルのホームランボール/捕った!盗られた!訴えた!』(2004) (【徒然なるままに・・・】)
2001年10月7日、サンフランシスコ・ジャイアンツのバリー・ボンズは、年間最多記録を更新する73号ホームランを放った。記念ボールは高値を呼び、それを手にした者は億万長者になることも夢ではない。一人の男がその幸運を掴んだと思われた時、それに待ったをかけたもう一...