goo

BLOOD+ #46


■■真央★買物大作戦
ハジを縛り付ける自分を責める小夜は、遠い昔の約束を叶えることが望み。
小夜とハジの2人を見ていた真央は、機転を利かせてカイと小夜を買物に行かせる。


小夜の謝り癖は19世紀から変わらないのね・・・。
ハジも何度「いいのです」と言ってきたんだろうね(笑)

「貴女のために私はあるのです 小夜は小夜のしたいことをすればいい」

「うん 今はディーヴァを倒して そしてあの約束を叶えてもらうだけ
私が倒れるのが先か ディーヴァを倒すのが先か・・・もうすぐなんだね ごめんね ハジ」


初っ端から跪いて手を取るハジにニヤけてしまいます。
小夜の握り返しがイイ!
部屋からその様子を目撃していた真央。
カイを見て「相手が悪すぎるか・・・」ってちょっと!
仮にも好きな男とハジを比べてそれはないでしょ。
さすがお嬢、ヒドイ女だ(笑)

「あのさぁ カイは小夜にちゃんと告ったわけ?」
「なっ」
「まだかぁ」
「なっなんで お前がそんなこと!それに今それどころじゃねーだろ」


ストレートすぎ(´∀` )
慌てるカイ萌え(´∀`*)
しかしただのヒドイ女じゃないのが真央。
本人の都合もお構いなしに、買物大デート作戦を実行。

「あっ そうだ カイ 買い物行ってくんない?」

真央の思惑など知る由もなく、疲れ気味な表情でアパートを出るカイ。
カイが見えなくなる頃を見計らって、真央が動き出す!

①言い忘れたものがある・・・と小夜にカイを追いかけるように頼む
②小夜に渡したリストには男の子じゃ買い辛過ぎるものが入っている
③ハジは連れて行かせない


さすが姐さん!
特に②は、カイが小夜を気遣って追い返すことを見越した作戦勝ち!
そして③で邪魔者を一掃してカイと小夜の2人の時間をプレゼント!

どう見てもハジに凄んでましたね、真央。
微妙な困惑した顔のハジ・・・こんなハジを見せてくれるのは真央だけだ。

「ってわけで音無 彼 借りるわよ」
「・・・小夜!」
「大丈夫 カイもいるし 謝花さん手伝ってあげて」

「・・・・(´・ω・`)シュン」

ハジ、戦って。貴方の明日を守るため。
地下鉄ホームで追いついた小夜は、クラっと睡魔が。
電車にアタックする直前でカイが手を引く。

カイの手を意識して離しちゃう小夜+.(・∀・)゜+.キャッ




■■アメリカの思惑
真央の指示で掃除をするハジとルルゥ。
一方、アパートにはジョエルと復活したデヴィッドも揃っていた。
岡村の見つけたニュースを見た赤い盾は、ディーヴァたちの目的を知ることになる。


電球取替えをするハジ。
ある意味、真央が1番主人に向いてるね!
ルルゥにも「しっかりやれよ ハジ~」と言われ、小夜がいないと立ち場ナシ!
でもそこが良いんだよ( ´∀`)
室内なのにフード被ってるルルゥも良いなぁ。

うちのTVではデヴィッドとジュリアが手を握っているように見えた。
そんなまさか。
公衆の面前でまさかね・・・。
気のせいか?!


突発性獣化症候群=SZN
人間の翼手化がニュースで隠されることもなくなり、隔離部隊コープスコーズですらニュース映像に登場するようになっていた。


「この国は常に敵を必要としてい 敵が居るからこそ国民が団結しアメリカという理想を体現する国家が成り立っている」
「私たちが作り出すことが出来 私たちだけが倒すことの出来る 全人類の敵」



サンクフレシュ製薬が世界中にバラ撒く製品で、すべてはアメリカの思惑通りに進んでいる。
すっごい皮肉だよね、このアニメ。
私、ずっとあの黒人女性はイギリスの人と思っていた。
けどアメリカ政府の人なんだね。
ブレッドさんという名前らしい・・・。
いや、初登場時からモデルは予想できたけどさ。
そんな分かりやすい名前を付けなくっても。

ずっと無表情で顔をあわせようとしなかったアンシェルが気になります。
ディーヴァのことなんて一切内緒だろうから、「無様な人間どもが!」byジェイムズ みたいに思っていたのかな。




■■生きようぜ
広場で野球をする兄弟を、リクとカイに当てはめる2人。
ベンチで休憩中に、カイは動物園で小夜に言ってしまったことを小夜に謝る。


久々に出てきた31話の3人証明写真。
これが出ないと寂しいけど、出たら出たで思い出しちゃってグスン。
すでに仲直りしたのに、なぜ今更謝るんだろう・・・と思いつつも「動物園のことに関してはカイは小夜に直接フォロー入れてない」ってのもネックだったしなぁ。

「前にさぁ 動物園でリクがディーヴァに襲われた時 俺お前に酷いこと言っちまったよな
“俺たちは家族だ” そう言ってたのに・・・目の前のリクのことしか頭になくって
小夜だって俺と同じで辛かったのに あんなこと言っちまった
時々リクに怒られる夢見るんだ “兄ちゃん 何やってんだよ”って」


なにその夢。分けて。


「リクはカイの思い出の中で生きているんだね」
「ああ リクだけじゃない 親父やイレーヌ モーゼス カルマン・・・
一緒に戦った仲間たちのことは忘れない 覚えていてやるんだ 俺が」



この会話なんて、めちゃくちゃシフの影響受けてるよね。
確か前に小夜も「思い出になりたい」系のこと言ってたし。


「私も忘れない 忘れたくない・・・でもそれ以上に忘れちゃいけないこともある」
「忘れちゃいけないこと?」
「遠い遠い昔に交わした約束 そのために傷つく人が居る 全部私がいけないの」


この「傷つく人」ってハジ?なんか文脈が混乱してくる。
小夜のその約束の重さを悟ったのか、カイの前後を無視したセリフが炸裂。


「小夜 生きようぜ」


( ゜∀゜)アハハ

いきなり「生きようぜ」ってオイ。

( ゜∀゜)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \



不意打ちヽ(´Д`*≡*´Д`)丿萌え
何だよ、カイ。不意打ちは卑怯だよ!
「生きようぜ」って・・・・変哲もないセリフなのに萌えちまったんだよーう!


「最後まで生きて…」

「死なせないよ カイは私が守るから 絶対絶対 守るから・・・」


カイの手を掴んで握る小夜(*´∀`)サヤってば


「・・・小夜」
「お願い カイは優しすぎるから 私のことよりもっと自分を大事にして カイは私みたいに傷が治ったりしないんだから・・・」
「悪ぃ そうだな」
「なんくるないさ カイの教えてくれた 魔法の言葉」
「そうだったな」



立ち上がってカイの腕を引く小夜。
服を選ぶ小夜を見つめるカイ。
ホットドックを食べる2人。口元のケチャップを指摘するカイ。
大道芸を見て笑う2人。


な に こ の カ ッ プ ル !
BLOOD+史上、1番デートっぽいデートだなぁ( ´∀`)




■■バカなシュヴァリエ
小夜に申し出を断られたソロモンは、気力をなくしていた。
そんなソロモンを、ネイサンはディーヴァの元へ連れて行く。
ソロモンを再び味方として引き入れようとするネイサンの誘いを断り、ソロモンはディーヴァへ攻撃する。


王子のメロセリフは必需品のようで。
毎回、甘いセリフに視聴者としてはウットリです。
服を肌けてフェロモンでエロモンなソロモン、堪らない(*´Д`)!


「小夜 君なくしてこの僕にどう生きろと言うんですか・・・」


言葉の破壊力を感じました(* ´∀`)
顔を伏せて塞ぎ込む仕草に萌え。
褒め過ぎ?
そんなムッハーなソロモンタイムの前に現れたのはネイサン。
普通に窓開けっ放しだったからね、ソロモン。


「小夜にフラれちゃったのね」


どいつもこいつもストレート過ぎですね。
なんとネイサンはディーヴァの子供たちとソロモンを会わせるためにやってきたそうな。

ネイサン邸でゆりかごは入った繭に歌を聴かせるディーヴァ。
既にアンシェルがディーヴァのお腹から2つの繭を取り出していた。
私、勝手に公演中にディーヴァのお腹を引き裂いて双子が誕生すると思い込んでいた。
結構アッサリだなぁ、ここらへん。


「ディーヴァ 次世代の女王たちですね」

「ねえ ソロモン こうして次の世代が生まれてしまった以上もう貴方は戦う理由なんてないと思うの」


「僕の心は小夜に捧げたままです」


おぉソロモン 貴方は萌え製造機・・・(*´Д`*)

「フラれちゃったのに…なぁソロモン少しは大人になれって


ついにソロモンにまで男言葉キタ━━━━(´∀`)━━━━!

「残念ですが・・・・死んでください ディーヴァ」

しかもネイサン無視してディーヴァに特攻━━(゜∀゜)━━ッ!
思い切ったね、ソロモン。
でも返り討ちにあって、頭グリグリされる。


「まったく しょうがないわね この庭の修繕も大変なのよ わかってる?」
「ごめんよ ネイサン でもソロモンがいけないんだ」
「ちょっとやりすぎじゃなくて?」
「いいんだよ バカに付ける薬はないんだから アンシェルたちが帰ってくる前に片付けておいて」



ネイサン、こんな時にもまず庭の心配なのか(笑)
崩壊した庭は美的センスが許さなそうだからね。
ディーヴァはソロモンを味方に引き戻したくて、アンシェル外出中にネイサンにソロモンを連れてくるように頼んたのかな?
ネイサンのディーヴァへの態度がいつも通り過ぎて、違和感と同時に和む。
他のシュヴァエリエは主人に敬意を払うからさ。
あ、リクは違ったね。


「はいはい…殆どの血が流れてしまえば貴方もそう簡単には立ち上がれないわね
哀れなソロモン でもこれは貴方が自分で選んだ道ですもの ホント…バカなシュヴァリエだ



血みどろソロモンの顔を見えないようにしたのはスタッフなりのファン気遣い?
ネイサンはソロモンをどう片付けるんだ?
来週予告的には閉じ込める程度っぽいけど。
やっぱディーヴァはソロモンを捨てがたいのかな~?




■■シンクロニシティー
翼手化の感染者の推定発症率。
全人口の約3%がサンクフレシュ製品を口にしている。
そのうちの1/10000=約2万人が自然発祥する確立があるという。
しかしディーヴァの歌声効果で、その発症者は2億人にも膨れ上がってしまう。


ディーヴァの録音音声をD塩基保有者に聴かせても効果はない。(例:9話ムイ)
しかし感謝祭では違った。
ディーヴァの歌声。姿。そしてD塩基保有者。
シンクロニシティー。
これが揃えば、発症率100%に限りなく近づく。

感謝祭ではキャンディバーを食べた子供でも翼手化しなかった子がいるしね。
アンシェルが改善する・・・とか言ってたけど、とっくに修正できてそうだなぁ。

そしてコーヒーを入れてきた真央。
こっちも個性的なコーヒーに修正は加えられたのだろうか?
デヴィッドは彼女のコーヒーを飲めるのか?!


「まさか あの子1人に全部やってもらおうって訳じゃないでしょうね?!」

「あのねぇ 音無だってロボットじゃないんだから疲れたり倒れたりするんだよ!
こんな絶望的な状況知ったら・・・・」



赤い盾の戦力不足に激怒した真央。
そんな真央の言葉に何も言い返せない赤い盾たち。
そこへ風呂掃除から逃げ出してきたハジが登場。

「戦います 小夜は戦います 最後の1人になったとしてもディーヴァを倒すことを諦めないでしょう
この戦いで全てを終わらせようと小夜は思っているのです」


「そんなことよりアンタ、次はトイレ掃除よ」
 ←捏造




■■鍵
真っ赤な夕日の中をゴンドラに乗る小夜とカイ。
カイは小夜にOMOROの鍵を渡し、自分の思いを告げる。
そのとき小夜が思い出したのは、遠い日のハジとの約束だった。


「なぁ小夜 イギリスにいたとき 俺 沖縄に帰ったら親父の跡を継いでOMORO開くって話したよな」
「うん・・・」


カイはピンク色の鍵を取り出し、小夜の手の上に置く。
買い物中に寄った鍵屋で、カイは小夜の好きなピンク色の鍵を作っていたのだ。
同じ型の鍵を取り出し、小夜に見せるカイ。


「覚えてるか?」
「え・・・?」
「OMOROの鍵だよ 一緒にいてもらいたいんだ」
「・・・一緒に?」

「お前と一緒に新しいOMORO作っていきたいんだ」

「………カイ」



「俺の味噌汁を作ってくれ」並みのプロポーズをぶちかましたカイ。
確かにあの鍵は何なんだろう・・・とは考えたけどさ。
OMOROの鍵とは。
カイにしては根回ししてたので驚きだよ!
真央もカイがここまでするとは思っていなかったかもね!


( ´∀`)プロポーズ・・・

(*´∀`)あのカイがするとはね・・・


ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ



*・゜゜・*:.。..。.:*・゜(*´∀`)゜・*:.。..。.:*・゜゜・*



しかし小夜はカイから目をそらし、夕焼けを見つめて涙を溢す。
100年以上前、夕焼けの中を走る列車内で交わしたハジとの約束を思い出したから。

「・・・ハジ」
「はい」
「約束して欲しいことがあるの 私が全てを終わらせたら・・・」


「貴方の手で 私を殺して」


「小夜」
「貴方だけしか・・・いないの」
「誓います 最期の日が来るまで 私は貴女を守ります
そして貴女が死を望むのであれば 私はこの手で貴女の明日を奪いましょう」


遠い日の約束。
小夜を抱き締めるハジ。


同じ夕焼けの中で、違う涙を流す小夜。



「迷惑だったか?」
「ううん 嬉しかった・・・本当に嬉しいと思った」


「カイ 明日も晴れるかな」
「ああ」



鍵を握り締める小夜。
ついに明らかになった小夜とハジの約束は、やはり「殺してね」でしたか。
ファーストインスピレーションと一緒の結果でちょっとガックリ。
てか普通に考えるとコレしかないからね。
これで約束が違う内容だったら暴動モノだよね(笑)

死を望み、死ぬことを約束してくれたハジ。
生きようと言い、帰り場所を作ってくれるカイ。

小夜はどうせ返事をしないと分かってたけどさ。
今回も「嬉しかった」で寸止めかぁ。
でも今回はカイが進んだことに意義があるのかな。




■■総評と考察

CM前のやつ、変更しましたね~。
あれを変えるタイミングっていつも分からない・・・
でも今回はシフがいなくなったからだよね。
(前回までの武器が飛んでくるやつは、小夜とシフの武器だったし。)

ビル間の空中戦・・・かな?
人間と翼手が飛んで、翼手のほうから何かが落ちる。

小夜と翼手が飛び上がり、翼手が腕を斬り落されるシーンかな。
大穴で狙いで。

小夜 「ハジ 行くわよ、飛んで!」
ハジ 「あ、チェロケース落としちゃった!!」(急降下)

こんなのだったら和む( ´∀`)



小夜とハジの約束「殺してね」が明らかになりました。
これはもう、ハジが「それが貴女の望みでも・・・」と断るんでしょう!
と睨んでます。

①28話のハジ・リクの会話中の「私はずっと小夜の側にいることはできない」発言
これはリクに小夜を託してもいた言葉だったので、ハジは小夜の約束を叶えずに消えるつもりでは?
約束を叶えるつもりなら、こんな発言はないでしょうからね。

②29話で語られたパリ在住時に出した答え
この答えは明かされてませんが、場所的に小夜最初の休眠時かな。
それで「やっぱ小夜殺せない」という答えを出した・・・とか。

今の小夜には帰る場所があるからね。
ただ、人間との寿命がネックだからどう転ぶか分からないんですけど。


■■次回
あれ?
ジェイムズの声、おかしくない?!
まさか体に拒否反応??
それとも声優さんの問題?

次回のタイトルはソロモンのためにあるのか?!
ソロモン、予告でいっつも萌えさせてくれるな。
ジェイムズの報復はなるのか?
でもソロモンに邪魔されるみたいですね。

小夜はまた睡眠中。
真央はリンゴ!バナナ!!ミカン!!!
何を作る気ですか?



「無様な姿だなぁ ソロモン お前はディーヴァのシュヴァリエでありながら小夜を守ると?」
「血を越えて…僕は血よりも甘く芳しいものを見つけたから 
今この時より僕は小夜のシュヴァリエです

「笑止!」



次回 『全ての血を越えて』



「邪魔をするな ソロモン」
コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )
« ゼーガペイン... ルードヴィッ... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (リコ)
2006-08-27 23:41:41
毎週拝見させていただいています。

いつも思いますが、素晴らしい内容ですね!ブラプラ見たらココに、っていうのが習慣になっています。



ジュリアとデヴィッドの手は、やはり組まれていたんでしょうか。

がっちり!でしたよね。

さ、さすがオトナ…



乱文、失礼しました。またお邪魔します。
 
 
 
やっぱり…っ(笑)! (魔女のホーキ)
2006-08-28 10:46:26
こんにちはっ♪



>うちのTVではデヴィッドとジュリアが手を握っているように見えた。



アレってやっぱり見間違え、気のせいじゃなかったんですね…っ!

全体画面に切り替わった時には、手を握っていなかったので「アレ?さっきの…!?」と気になりつつも、録画再確認していなかったので…でも気になっていたんですよ(笑)。

何だかやっとスッキリ(?)出来ましたっ☆
 
 
 
リコさま (ひらりんこ/管理人)
2006-08-28 19:33:46
こんにちは。

そんな・・・習慣だなんてうれしい限りです!

ありがとうございます!!



ジュリアとデヴィッドはやっぱりそうですよね。

人前でまさか・・・と思ったので幻覚かと思いました(笑)



また遊びに来てくださると光栄です(^▽^*)

 
 
 
魔女のホーキさま (管理人)
2006-08-28 19:37:12


こんにちは。

私も録画を巻き戻してチェックしちゃいましたよ。

全体に切り替わったときの距離感で、まさに「アレ?さっきの…!?」でしたよね!

そのあとのルイスとジョエルの気の使いようがなんだか笑えました。

 
 
 
こんばんは~ (しのぶん)
2006-09-01 22:11:45
遅くの訪問ですみません。



>ある意味、真央が1番主人に向いてるね!

同感デス。置いていかないで~と縋るようなハジ⇒結局置きざりにされてルルゥにまで下僕扱いのハジ、の一連の流れにしっかり萌えました。



>ブレッドさんという名前らしい・・・。

そうだったんですか!

なんだソレと思いつつ、ウマイ!とこっそり受けたりして。<わかりやすいギャグに弱いタイプ



>おぉソロモン 貴方は萌え製造機・・・(*´Д`*)

たしかに(笑)冒頭のしょんぼりセクシーソロモンといい、どこをどうやってももれ出てくる萌え・・・・。



>BLOOD+史上、1番デートっぽいデートだなぁ( ´∀`)

ホントですよね!しかし今この時点でやってる場合かという・・・・なんか種デスのアスキララクメイのショッピングを思い出します。



>私、勝手に公演中にディーヴァのお腹を引き裂いて双子が誕生すると思い込んでいた。

うおっ!こ、これはキョーレツですね!

でも、私ももうちょっと出産がらみではドラマがあると思ってたので拍子抜けでした。



>ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ

>*・゜゜・*:.。..。.:*・゜(*´∀`)゜・*:.。..。.:*・゜゜・*

カイのプロポーズへのこの反応がステキすぎで爆笑デス★



>ハジ 「あ、チェロケース落としちゃった!!」(急降下)

(爆笑)下の方で結構な悲劇が起こっている気配★



来週のソロモンが心配デス。それでは失礼します。
 
 
 
しのぶん様へ (ひらりんこ/管理人)
2006-09-04 21:40:09
返事遅れました(>_<)

みんなの下僕なハジ、いい感じですよね。

いっそ『ハジレンタル、ハジめました』とかでも・・・・ゴクリ。



出産は繭から劇的に孵化してくれるんじゃないかと新たに期待してます。

生まれてこないとかも有り得そうですよね!



ソロモン・・・・萌えつつ心配していたら惨劇でしたね。

頭の中を先週分に引き戻して現実逃避してます。



 
 
 
全てが終わったら・・・ (テツロー)
2006-09-04 22:47:13
 カイ「OMOROの鍵だよ 一緒にいてもらいたいんだ」



 小夜「え?私も持ってるけど?」



てな具合になったら笑えたんですが、そもそも小夜はケータイも自宅の鍵も持たされてなかったんですね。



 カイ「OMOROの鍵だよ 一緒にいてもらいたいんだ」



 小夜「え?今までも一緒に住んでたじゃない?」



こんな感じの天然ボケ小夜はもう見られないんですね・・・



≫「俺の味噌汁を作ってくれ」並みのプロポーズをぶちかましたカイ。



誰が聞いてもプロポーズですよね・・・未成年のクセに合鍵渡すなんて・・・ちなみに家賃滞納でOMOROは謝花不動産に取り上げられていやしないか心配していたのですが、第47話の冒頭を見て少し安心しました。



≫電球取替えをするハジ。ある意味、真央が1番主人に向いてるね!



ハジの就職先は、謝花組の無敵若頭に決定ですね(血にも困らないし)



≫室内なのにフード被ってるルルゥも良いなぁ。



作画がラクだから・・・(ゴホゴホ)

いやいや真央もルルゥの面倒みてあげて下さい。かわいらしい子供服を買ってあげて下さい。



≫100年以上前、夕焼けの中を走る列車内で交わしたハジとの約束を思い出したから。



という訳で「シベリアンエクスプレス」の回で、



 小夜「ハジは電車乗ったことある?」



 ハジ「・・・」



の答えは「ある!」が正解(児玉清の声で)

 
 
 
テツローさまへ (管理人)
2006-09-06 03:06:24
こんばんは。

天然ボケな小夜はあるなら最終回くらいですかね~。

でも人の話をポカーンと聞いてるだけな小夜もなかなか好きです。



ハジが謝花組の若頭・・・・・!!!!!

確かに血には困りませんが、真央が頑張らなきゃ組織力はなくなりそうですね(笑)

組員の間では「それが貴方の望みなら」が合言葉になるんでしょうか。



そうですね!

『シベリアンエクスプレス』でのハジの華麗なシカトは、「乗った事あるのに覚えてねーのかよ」の無言の訴えだったんですね。

アタックチャンスは色んなところに散らばってますね!!

 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。