日比谷同友会 楽写会

日比谷同友会の写真倶楽部としてスタートして8年
新入会員も増えて充実して活動中。
新入会員大歓迎です。

楽写会「観桜春季撮影会(新宿御苑)」実施

2024年04月10日 | 楽写会撮影会

🔲観桜春季撮影会を新宿御苑で開催(令和6年4月5日)

令和6年度春季撮影会を、4月5日に新宿御苑で開催しました。当初3月26日の予定でしたが、開花の遅れと雨天のため1週間延期され、この日の開催となりました。東京の開花時期は4月4日でしたので、丁度見頃でした。この日は曇り時々雨の予報で天気が心配されましたが、午後には回復に向かい、雨に降られることもなく撮影できました。徐々に空が明るくなるに伴い人出も増える中での撮影でした。桜のシーズン中でもあり、アジアや欧米からの外国人が観桜客の半分以上占めているように思われました。

今回の参加は9名で、13時に新宿門に集合です。林副会長の挨拶の後に、柿本先生から、曇り日に桜を撮影する際の注意事項、この日のように観客の多い場所での撮影の注意点、主たる被写体の選び方、作品例、等について具体的な解説があり、撮影が始まりました。

 全員集合!

  作品例による実地指導

この日は、園内の風景式庭園を一巡したあと、日本庭園をまわり桜園地に抜けるコースです。

コースを歩きながら、先生から、個々の撮影ポイントで、複数の桜の樹形を台形構図で捉えると安定感が出ること、被写体として桜だけではなく、クリスマスローズや楓の花など、この時期に旬な植物の背景として桜を撮る方法もあることや、特徴的な周辺の建物や園内のマラヤシーダーのような樹木を桜の背景に取り入れて臨場感をだす方法も活かすこと、その日の天気によって露出、彩度の設定に気を付けること、など、様々な撮影上の工夫や注意点について実地で指導していただきました。

 中の池の撮影スポットで

 桜園地にて

2時間半ほどの熱心な撮影を終え、参加者全員で新宿門の近くの居酒屋で反省会を行いました。そこでは、日頃からお気に入りの撮影ポイントの紹介、6〜7月の写真展への思い入れ、次回の夏季撮影会の場所候補、自主的な撮影会の候補地、なども話題に、写真談義で盛り上がりました。

 反省会-1 お疲れ様!

 反省会-2  冷めないうちにしっかり反省!

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

楽写会 冬季講評会、新年会の開催

2024年02月12日 | 作品講評会

🔲楽写会冬季講評会・新年会の開催(令和6年1月31日)

 今期の冬季講評会が1月31日(水)14:00から、同友会会議室にてリアル+Zoomリモートのハイブリッド方式にて開催されました。リアル出席者は14名、リモート参加者は3名、計17名が事前にGoogleアルバムに登録した3点ずつの作品に対し、柿本完二先生から講評をいただきました。

〈先生からの講評模様〉

 今回は12月1日に開催された町田薬師池での紅葉撮影会を中心に、各自撮り貯めた幅広い季節の作品が集まりました。先生からは常々、自分が撮りたいと思った主題は何なのか、何に美しさを見つけてシャッターを切ったのかを意識しなさい。そして主題にピントをしっかり合わせ、それを強調するような構図や構成を考えなさいとご指導いただいていますが、今回も一人一人の作品について、とてもわかり易いコメントをいただきました。

〈Zoomでの講評模様〉

 また複数の作品に対しては、先生自ら明るさの調整やトリミングを施し修正された画像をアルバムにアップしていただいていました。まさに百聞は一見にしかずの極めて説得力あるご指導で、一同すっかり納得した次第です。

〈左:原案 右:先生による修正後〉

 講評会終了後、会場をアネックス棟24階に移し新年会を開催いたしました。先生にもご参加いただき、久々のリアルでの歓談を楽しみました。そして今年のサークル活動ついて多くの案や希望が出され、更に充実した計画に反映させていきたいと考えています。

〈新年会模様〉

(文責:米川)


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

楽写会「町田薬師池公園紅葉」秋季撮影会開催

2023年12月06日 | 楽写会撮影会

🔲 秋季撮影会「町田薬師池公園の紅葉」を開催

12月1日、「町田薬師池公園の紅葉」をテーマに秋季定例撮影会を開催しました。
参加者8名は、小田急町田駅に集合し、バスで15分程のところにある公園に到着しました。
ここは、この夏に、古代ハスの撮影に臨時撮影会を行った場所でもあります。そのときの撮影場所であった「ハス田」(枯れても風情があります)の脇を通って、今回の出発点としています公園中央の町田フォトサロンに移動しました。

「さあ撮影開始」
この日は曇り空に時折日が差す天気で、日差しを気にしながらの撮影でした。園内の色づきは、今夏の猛暑で紅葉は遅れていたましたが11月に入ってからの寒波で元に戻りつつあるようで、ぎりぎり見頃に間に合ったといった状況でした。
西村会長から、事前に照会された柿本先生の作品例なども参考に撮影を、との挨拶、公園内の撮影ポイント例の紹介などのあと、自由撮影としました。

「薬師池入口」

「太鼓橋をどう撮るか」

「ここはいいぞ」
薬師池は、戦国時代に水田用水池として開拓されました。江戸期に何度かの洪水によって泥砂で埋まり地域が渇水状態になったために江戸後期に大規模な堀り直しが行われました。それ以降、灌漑用水として地元農家に大切に守られてきたそうです。

「古民家もいいぞ」

公園には、薬師池の水辺にイチョウ、カエデ、フジ、クヌギなどの紅葉、降雪にそなえた雪吊り、水鳥、薬師堂周辺の山林の紅葉や樹齢500年の大イチョウ、里山の風景を残す2軒の茅葺古民家、水車小屋など、撮影要素も多く、2時間余りの撮影をゆっくりと楽しみました。池の中央では、カワセミも見られました。

「お疲れさまでした」
帰路、町田駅前に戻り、参加者全員で反省会を行いました。この日の撮影会の振り返りをはじめ、各自日頃の撮影体験、これから撮りたい被写体・場所、近況など諸々についての情報交換、次回の撮影会の候補地、などの話題をつまみに歓談できました。

「反省会」

(文責 木下)


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

楽写会「銀座街撮りスナップ」臨時撮影会の

2023年10月10日 | 楽写会撮影会

🔲 街撮り撮影会を銀座で開催しました

 10月2日(月)15:30に銀座三越ライオン前に会員7名+奥様1名が集合し、街撮りスナップに挑戦しました。これまで楽写会では、主に花や自然の風景などを主題にした撮影会を多く開催していましたが、今回は会員の希望もあり銀座にて街のスナップが計画されました。

 当日は銀座4丁目周辺を撮影した後「三原通り」を北行し、「マロニエ通り」から「ガス灯通り」を通って数寄屋橋へ、そして泰明小学校周辺の裏通りを撮影し、7丁目へ戻り反省会を行うルートが設定されました。

 

 銀座はご案内の通り、世界でも屈指のショッピング街で、トップクラスのブランド店をはじめ華やかなお店が粋を競って建ち並び、海外からの観光客を含めたくさんのオシャレな人々であふれています。

一方、一歩裏通りに足を延ばすと、情緒深い昭和を思い起こす懐かしい風景も多く残っていて、レンズを向けたくなるフォトジェニックな題材に事欠きません。

当日は曇り空で西日が射すビルの姿は撮れませんでしたが、ショーウィンドウの照明が輝く時間に間に合い、各自それぞれの視点から作品作りを楽しむことができました。

 反省会は「ライオン銀座ビアホール」にて、歴史的建築の豊かな空間の中で、名物の生ビールを堪能しつつ、写真談義に大いに盛り上がりました。

 東京には、それぞれ特色を持った素晴らしい街並みが多く存在しています。今後も引き続き街撮りスナップ撮影会を計画していきたいと考えています。(文責:米川)


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

楽写会「曼殊沙華」臨時撮影会の開催

2023年10月01日 | 楽写会撮影会

曼殊沙華の名所「巾着田」で臨時撮影会開催

9月27日(水)、埼玉県日高市にある「巾着田曼殊沙華公園」で、会員の任意参加による臨時撮影会を行いました。
ここは、昭和40年代後半に巾着田の土地を当時の日高町が取得して整地したところ、川の増水等により漂流物に混じって流されてきた球根が根付いて、今では500万株が群生するまでに育った場所だそうです。
この撮影会は、当初は9月20日に計画していましたが、公園事務所から「今年は開花が1週間遅れている。満開は9月の最終週になる見込みです。」との予報があり、直前に9月27日に延期しての開催になりました。
この日13時に西武池袋線高麗駅に参加者5名が予定通り集合し、公園に向けて出発しました。

写真① 高麗駅前で集合。撮る気十分です

この日の天気は曇りの予報でしたが、午後には時々日差しがあり好転の兆しがみられました。それに伴い、気温も上がってきて汗ばむほどでした。
公園に向かう途中、「この地域には、1400年ほど前に高句麗が唐と新羅に滅ぼされたときに、高句麗から王族や遺臣が移住し、この辺りに「高麗郡」ができたが、当時から多くの水害に悩まされてきた」ことを記した石碑をながめながら、また、地元の農家の出店で売られている、収穫されたばかりの装飾用かぼちゃや熟した花なすなどの産物を見ながら、ここの土地柄をあらためて感じつつ、移動しました。
その後、巾着袋のように丸く蛇行する高麗川の河原の土手に咲く曼殊沙華をそれぞれに撮影ながら、30分ほどで公園入口に到着しました。

写真② 巾着田曼殊沙華公園入口にて。さあ撮影開始です。

写真③ よい被写体が見つかったぞ。
公園では、2時間ほどの自由撮影にし、各自思い思いに撮影してきました。開花が遅れたこともあり、公園では、変則的に、当初9月16日からのところ、9月22日に延期して有料にしたそうです。
園内の曼殊沙華の咲き具合は、入口に近い上流区域は、部分的には満開ですが、まだ蕾の株も多く開花直前の状況でした。公園中央に曼殊沙華まつり会場のテント村があり(9/16〜10/1)、そこを越した下流区域では、多くは満開で群生していましたが一部は盛りを過ぎた株も見られるといった状況でした。全体では、咲き具合は、地区による差があり、まだらといったところでした。一般的に、曼殊沙華は、8月の気温が高く、降水量が少ない年は、開花時期が遅れる傾向があるそうです。今年は遅れる条件がそろった年だったようで、開花が遅れる場合には、このように遅れ具合がまだらになるのかもしれません。帰りには、冷めて消えないうちに反省したいと、所沢、池袋まで戻らずに、近くでの反省会の希望が多く、最寄りの飯能駅で反省会を行うことにしました。飯能駅ビル店で、参加者全員で十分に反省したあと、池袋で解散しました。(文責:木下)

写真④ 飯能で反省会。お疲れさまでした。

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする