日比谷同友会 楽写会

日比谷同友会の写真倶楽部としてスタートして4年
新入会員も増えて充実して活動中。
新入会員大歓迎です。

オンライン講評会の開催(2020.7.12)

2020年07月14日 | 作品講評会

第3回目のオンライン講評会を開催しました。

今回は14名の会員が参加しましたが、開催が3回目になりZoomの操作にも慣れ接続も

スムースになり楽しく充実した講評会になりました。

コロナウイルスの感染防止のため撮影会が開催出来ないことから、『足元の風景』、

『散歩で写真』を柿本先生からテーマとして出され各人が身近な風景を切り取って提出

しました。

柿本先生からは、写真をただ撮るのではなくどのように表現したいかどのように見せたいか

を意識して撮ること、またデジタルで撮影することのメリットを生かして撮影後にPCレタッチ

を行うことやプリントで仕上げることの重要性を解説いただくなど懇切な指導をいただきました。

今回は柿本先生も同じテーマで組写真を提出され解説いただくなど充実した内容となりました。

次回は日比谷同友会会報表紙作品の選定をテーマに9月に開催することになりました。

                                 文責 中山

            オンライン講評会の模様

 


【社会貢献】国連UNHCR協会に売上金を寄付しました

2020年07月03日 | お知らせ

日比谷同友会50周年記念合同作品展楽写会第五回写真展の開催にあたり、森田佳子さんから作品を葉書にして会場で販売

し社会貢献に寄付してはとの提案があり会員一同その趣旨に賛同し写真展会場で販売を行いました。

売り上げは多くの来場者の方々にご協力をいただき、セット販売(15枚1,000円)、ばら売り(一枚100円)合わせて41,900円の

売り上げがありました。

その後、会の中で寄付先を検討する中で吉澤秀樹さんと森田佳子さんから国連UNHCR協会(ユーエヌエイチシーアール・

国連難民 高等弁務官事務所)の提案があり、 国連UNHCR協会は1950年設立で亡くなられた緒方貞子さんも 活躍され、最

近では難民のコロナウイルス感染防止支援など活動を展開しており、寄付先として 時宜にかなっていることから寄付先に

決定しました。

国連UNHCR協会については以下のURLからご覧ください。

https://www.japanforunhcr.org/

寄付金については、7月2日に売上金41,900円に100円を楽写会から支出し42,000円を振り込み、 国連UNHCR協会 事務局

からは以下のお礼が届きました。

楽写会としては今後とも同様の活動を続けていきたいと思っています。

 

楽写会 様

 国連の難民援助活動へのご支援ありがとうございます。

このたびは国連UNHCR協会ウェブサイトより、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の援助活動に温かいご寄付を賜り、

厚く御礼申し上げます。

 楽写会 様からのご寄付は、UNHCRが実施する緊急援助活動に大切に活用させていただきます。

 今後ともUNHCRの援助活動へのご理解とご支援をお願い申し上げます。

                               特定非営利活動法人 国連UNHCR協会 事務局

 

 

         会場での葉書販売風景

        葉書の展示風景

 

                                      文責 中山 


オンライン講評会の実施(2020.6.21)

2020年06月24日 | 作品講評会

第二回のオンライン講評会を開催しました。

開始早々ZOOMの接続に手間取りましたが、今回も14名が参加し充実した講評会になりました。

オンラインでの講評形式にも慣れ、柿本先生からは作品表現の意図を明確にするため構図を工夫

し撮影することや、レタッチで仕上げるまでが作品作りであることなど作品作りに有益な指導を

いただきました。

会員からは大変勉強になり次回アドバイスを試してチャレンジしたいなどの感想がありました。

また、オンライン講評会終了後に講評模様の録画を配信することができるので講評後に改めて

見直して講評内容を確認することも大きなメリットの一つです。

緊急事態宣言が解除になり、行動制限が少しづつ戻ってきましたがまだまだ二次感染の拡大の

恐れがあることから当分はオンライン講評会を中心にした活動になりそうです。

 

                                                                                                            (中山)

           柿本先生によるオンライン講評模様


オンライン講評会の開催(220.5.24)

2020年05月25日 | 作品講評会

コロナウイルス対応で外出自粛に迫られ3月、4月の活動を休止しておりましたが

自宅に居ながら活動をしてみようと今流行りのZoomを使ってオンライン講評会

を行ってみました。

楽写会の講評スタイルは作品をプリントして生ずる風合いも写真の評価の重要な

要素ということで活動してきましたが当分の間は緊急避難的措置として行うこと

としました。

開催にあたってはZoomを使用した経験がある木下さんに管理者になっていただき

当日スムースに接続できるように事前に接続試験日を設けテストを行い全員何とか

接続できました。

講評内容は、外出自粛をして撮影会に行けないため今まで撮りためた写真や、家の

庭などで撮影した花の写真などをPC上で共有し、柿本完二先生に講評していただき

ました。

柿本先生からは通常の講評と変わりなく的確な講評をいただき刺激を頂くとともに、

久々にメンバー同士の顔を見ながら話し合うことができ大いに盛り上がり充実

した講評会になりました。

緊急事態宣言は解除されることとなりましたが、二次感染に備え3密、ソーシャル

ディスタンスを心掛けた行動をとらなければならないため当面オンライン講評会を継続

していくことになりそうです。

                                (中山)

オンライン講評会Zoomの会議画面


(報告)日比谷同友会50周年記念功労者表彰・感謝状贈呈式に参加して 2020年3月23日(月) 唐澤規夫

2020年03月27日 | お知らせ

日比谷同友会50周年記念功労者表彰・感謝状贈呈式に参加し、感謝状(賞状)

と副賞を頂戴して参りました。

式は宇治会長の挨拶から始まり、感謝状を渡された出席者は9名で、このうちサークル

の代表者は書道サークル(榎会長)と楽写会の2サークル代表で、あとは日比谷同友会

の各委員会活動代表と福祉事業や社会貢献活動をしている会の代表の方々でした。

全員の記念写真

表彰状を渡された後は全員そろっての記念撮影を撮り、被表彰者が、それぞれ感想や感謝の

言葉と今後の抱負を述べて、時節柄、コーヒーで懇親をしました。

宇治会長から表彰状を頂きました

感想と感謝の言葉を述べました

この式に参加された方々の中には、久しぶりにお会いする方々もおられて、旧交を懐かしみ

ながら挨拶を交わしました。秘書OG会という会もあって、辻さんという方が代表をされて

いて、懐かしくお会いしました。会は1時間20分で散会となりました。

式後の懇談の模様

 

今回表彰を戴けたのも、楽写会会員皆様の日頃の活動の賜物と感謝申し上げます。

なお、副賞としていただいた金員は、楽写会の活動に役立てていただくようにします。

                                             唐澤規夫