しもじも日記

早稲田大学出身の経営コンサルタント
日々思ったことを呟きます!

2018-11-18 19:59:53 | 日記
むかしむかし、ある所に、四人の妻を持つ、王がいました。

王は、すべての妻を愛していましたが、4番目の妻を一番大切にしていました。王は、最高の装身具で彼女を飾り、あらゆる最高の品々を与えました。

3番目の妻はとても美しい女性でした。王は彼女を連れて、近隣諸国へ行くのが好きでした。

2番目の妻はとても優して、忍耐強く、思慮深い女性でした。王は難しい意思決定に直面すると彼女に助言を求めました。

1番目の妻はとても忠実な性格で、王が、健康と富を維持するのに多大な貢献をしました。しかし王は、彼女に対して無関心で大切に扱いませんでした。

ある日、王は自分の病に気づき、死期がせまっていることを知り、王は不安になりました。

「今、私には四人の妻がいるが、死ねば一人ぼっちになってしまう」

王は、4番目の妻を呼んで尋ねました。
「私はおまえを一番愛してる。おまえは私の死出の旅についてきてくれるか」
4番目の妻は、
「いいえ、お断りします」
とだけ言って、立ち去りました。王はとても悲しくなりました。

3番目の妻も断りました。
「いいえ、お供できません。あなたが亡くなれば私は再婚します」

王は妻たちの冷たい言葉を聞いて落胆しました。

王は2番目の妻にも同じ質問をしました。彼女はそれを断って、
「今回ばかりはお力になれません」
と言いました。

王は途方にくれました。
そのとき、部屋の外から声が聞こえました。
「私がお供します。それがどこであろうとも」

王が見ると、そこには1番目の妻がひどく沈んだ表情でたたずんでいました。

王はとても後悔して言いました。
「私はおまえをもっと大切にすべきだった。そのチャンスはあったはずなのに」

すべての人は、人生において、この四人の妻がいます。

4番目の妻は、私たちの「身体」です。生きているうちは、見栄えを気にしますが、死ぬときはついてきてくれません。

3番目の妻は、私たちの「富と名誉」です。死ねば、他の人のところに行ってしまいます。

2番目の妻は、私たちの「家族と友人」です。
生きている間は、離れがたい存在ですが、死んだとき見送ってくれるのは、墓場までです。

1番目の妻は、私たちの「魂」です。富と喜びばかり追い求めて、その存在を忘れがちです。魂だけは、死んだあとも、あなたと一緒にいます。
コメント

トイレと心

2018-11-18 11:37:35 | 日記
トイレの汚れは心の汚れ
こびりついた汚れ、
実は自分の荒みなのかも。
やっていくうちに
剥がれる汚れ。
終わると清々しい。
良い一日を😍😍😍😍😍😍
コメント

できない

2018-11-17 23:25:13 | 日記
さ来週枚方交野にて講話。

まだ練れていない。


なんかだめだな
コメント

お金

2018-11-17 00:08:38 | 日記

大事だけど


ないもんはない


必要なこと

わかるけど


なんだか矛盾しちゃってて

へんこんでしまう
コメント

練習

2018-11-15 23:04:09 | 日記
何度も練習

何度も書き直しては読んで


今まではしなかったけど

目の前で役員の名前を呼ぶ練習をしていたのをみていて、

名前を呼ぶという行為にも練習が大事だと知った。

私も頑張ろうとおもって

何度も練習

ありがとうございます
コメント

準備

2018-11-15 16:30:29 | 日記
こんにちは

今明日のお夕飯仕込み中

明日はおでんです
おでん

明日こそは
ゆっくりしたいなー
コメント

ありがとう

2018-11-12 22:58:56 | 日記
不思議と
落ち込んでいる時に
ふっと連絡くださる人がいる。


捨てる神に拾う神ありか。

やめようかなと思うと
そのやめようとしていることを
紹介してくださる人がいて。

ありがたいなとおもう。

コメント

思いは叶う

2018-11-12 22:48:08 | 日記
中学

高校の時から

美術はいつも作品展に貼り出され掲示されるか、賞をとるか

そんなかんじだった。


中学2年の時もかなり賞をとっていたと思う

中学三年生のときは
卒業アルバムに先生の顔を書いたら似ていたようでのった。

高校ときは
高校の美術の先生が
とても変わっていて
1年の時はよくわからず成績は普通

2年の時はなんとなく先生の言いたいことがわかってきた

そうすると
あれよあれよで学校で貼り出されたり掲示されたり賞をもらったり

それが当たり前になっていた


そして
自分は美大に行くものだと思っていた。

でも
それはかわっていた。

高校の美術の先生から
美大にいったらどうかという
話が出た。

その時の私は
美術で稼げるわけないしと
諦めていた。

そして無謀にも
早稲田大学に行くんだと

決めていた。

その道は

かなった。
コメント

あんたは必要ない

2018-11-12 21:15:32 | ・・・考える

今日1日考えたこと。

率直に言いますと

あんたは必要ないねん。


要は

ニーズがない。


さて、ニーズと言うのは、誰かが欲しがるということですが、趣味の場合自分が好きなことなのでそもそもそのニーズを考えていない場合もあります。


これが1番の間違えだった。



学生の頃にはよく“おしゃれ”と“身だしなみ”の違いという話を聞きました。

“おしゃれ”これは自分がしたいことをするものです。自分の価値観を重視していいんですね。着たいものを着て見せたい自分を演出していいんです。

一方、“身だしなみ”と言うと誰かに見られた時にその人がどう思うかを重要視します。

それで、趣味というのは大抵の場合この“おしゃれ”の方なんですよね。


もともと誰かに評価されるということは考えていませんし、自分が満足する形であればそれでよかった訳です。


にも関わらず、その趣味をやっているだけで楽しいという理由で仕事にしたらどうなるでしょうか?

よっぽどのカリスマ性のある人以外は誰も見向きもしないでしょう。

ニーズというのはほかから求められているサービスです。


趣味は残念ながらこのニーズとは正反対の性質ものが多いんですね。


誰かのニーズを満たすのではなく、自分のニーズを満たしているんです。

ニーズは欲求とも言いかえられますが、趣味が楽しいのも当然ですよね。


だって、自分のニーズを満たしているんですから。


しかし、仕事をする以上誰かのニーズを満たさなければいけません。

このニーズを追求しなければ趣味を仕事には出来ない。


そして、誰かのニーズを満たすことの出来る趣味であったとしても
まだ成功するかどうかはわからない、、、

コメント

ダサいよ

2018-11-12 18:59:47 | 日記
今日のあなた

本気で

ダサ

って思ったけど

言うのやめました。

言ってあげる優しさもあるけれど

自分で学んで気づきましょう


思うことにした。

コメント

無料でやること

2018-11-12 18:43:51 | 日記
依頼を受けて
絵を描きます。

1番ショックだったのは

材料費を払うから。
と。

デザイン料はないわけです。

時々、デザイン無料でやれないのか?といわれます。

以前やってました。

そのときに、何が起きたか。

 

いちばんつらかったのは、たくさん描かされることです。

1枚1枚仕上げるのに
何時間もかかる。

せっかく何枚もかいているのに、ほかの人が気に入らない場合、簡単に話が流れます。

無料だから、簡単に言ってきます。でも、その人の範囲内で収まってしまいます。

 

また、普通にいきなりキャンセルされます。

無料だからです。


コメント

ボランティアという言葉

2018-11-12 18:34:51 | 日記
「ボランティア」という言葉を安易に使っている人がけっこういます。

私はその言葉で
苦しんだ1人。

仕事で施設の子がいるから
タダでする。

以前やっていた。

でも
妊娠中

やっぱり体がしんどくて

交通費もない。

言うと
ボランティアだからだと。

それってどうなんだろう。

自分の時間を削る。

そんな余裕な毎日ではない。

むしろ自分の時間なんてない。

それを
ボランティアという言葉で
締め付けられる。


お金とは、人間のマンパワーです。


だから、人間が行動するということは、お金が動いてるのと同じです。


1人を雇うお金と、1人の人間の行動は、等価です。


タダでなければ
いいや

タダだから
あの人にお願いしよう


マジでふざけんなといいたい。





コメント

とのかいさんありがとう

2018-11-12 18:32:49 | 日記
表面上はきれいかも

でも
中はそんなことない。

でも
たまには吐き出したい。

自分の汚いこと
嫌なこと

多分普通の人に話すと
おそらくひかれるかもしれない


でも
そんな私をいつも
受け入れてくれる
とのかいさん

大好き❤❤❤❤❤❤❤❤❤
コメント

無神経 敏感神経

2018-11-12 14:02:23 | 日記
83分

お久しぶりですとのかいさん。


スッキリしました。

いつもありがとう❤

コメント

どう??

2018-11-12 08:40:57 | 日記
人にはお茶をにごすのに

自分は
どう?



きいてくる


何度も教えてるんだから
自分で考えろ知るか

言いたいけど

やめた。


いいですねー

いっといた。

求めないでください。
コメント