ハッピー☆アロレキャソワカ 。。。♪

@本日も晴天 ♪♪ 美輝明希(みきあけみ)の日々!

「≪不思議の国のアリスの≫帽子屋さんのお茶の会」 7 もうもういっちょお☆★!

2013-02-14 03:56:21 | 北九州芸術劇場

そして,そして,いよいよこの御人のことを!!

このblogの「≪不思議の国のアリスの≫帽子屋さんのお茶の会」4

で一回だけふれています。

そう,リバーウォークで最後に別れた ゆっこ と もりしんさん,の

もりしんさんこと 守田慎之介さんです!

「もりた しんのすけ」さんて,紹介のときとか耳から音だけで聞くと,

武芸の達人みたいにすがすがしく聞こえる。 のは私だけ?

行橋市というところで「演劇関係いすと校舎」という劇団を主宰されていて

今回,演出の良平さんの演出助手として ずっとついててくださってました。

実は,おととしの青木豪さんのリーディングセッション「ロング・クリスマス・ディナー」も

今回の「帽子屋さんのお茶の会」も,演出助手が守田さんだったので

私が出させていただく時は毎回,演出助手は守田さん!

演出助手は告知はされていないので,

今回12月のオーディションで演助が守田さんだと知って何かやはりすごーく安心しました。

(まだ受かってもいないのに!笑)

守田さんは,とにかく現場で,チームの中で信頼できて安心出来るのです!!!

九州男児として根っこは熱いと想いますが,それもそのままそのうえで

現場では常にいい意味で一定。決して荒げないおだやかなその居方に,

不安を抱えてる場合でも,そんな空気感というか気にあてられて

ああ,だめだめ、冷静に,うんうん,と

もちろんこれを言葉でいちいち想うわけではないのだけれど

そんな風に冷却出来て

そのおかげで,現場の熱が高まって来てもオーバーヒートはせず

取り組めてるような気がすごくします。

だってね,リーデインングセッションは稽古は泣いても笑っても5日間なのです 笑

一日一日の稽古は時間も長いですし,

やらねばなこと膨大、というか、ゼロから完成までですからね 笑

何かほんのちょっとでもノッテけないような事が起きると

それはチーム的にも進捗的にも

全体にかかわるような事に拡がって行く可能性はあって。

そんな事にはもちろんならないような,

精神的にもクオリティ的にも5日間で最後まで創りあげられるメンバーを

オーディションで選んでらっしゃるとは思いますが

人間が関わっていることですからね。。

そんな中で,演出家と出演者と劇場スタッフさんの中にいるのが演出助手さんで

私が参加した中ではいつも 守田さん。

守田さんがちょっとでも信頼するのに時間がかかる難しい人だったら,

やっぱり,役者は孤独できついと思います。

もともとオーディションでいろんなところから集まったメンバーで

会って日数も経ってないわけだから。

って!

こうして書けば書くほど,すっごいお世話になってる!!

なのに,もりしんさんにも特にそんなにお礼の言葉を

特別に言って帰って来てないような気がする!

(しかも気がする,って! おぼえてナイの? 笑

すみません,最後のうちあげ2次会3次会は本当に眠り死んでました!)

ただ,もりしんさんにはそんな,

していただいている、ひっぱっていただいていると感じていて

感謝の気持ちはもちろんあれど

正直こちらが頭をたれる感じなんですよ。

だからわざわざ時間をもらってお礼を言うっていうのを

大それた感じに想うのは確かです。



そのもりしんさんも,良平さんの指令のもとに

2日めと千秋楽は

ラストでステージにあがって

みんなと一緒に

ダンス!ダンス!!ダンス!!!



守田さん,本当におつかれさまです。

またまた今回もお世話になりました。

本当にどうもありがとうございます。

。。。って,直接言うのがおこがましいからって

blogに書いちゃいました。

これってどう? 笑



ゆっこも出てる,もりしんさんの「いすと校舎」さんのお芝居,いつかみれますよーに!





「≪不思議の国のアリスの≫帽子屋さんのお茶の会」 6 もういっちょ☆★!

2013-02-13 23:36:36 | 北九州芸術劇場


今夜は、『帽子屋さんのお茶の会』の共演者をもう一人紹介させてください。

百田彩乃さん  ももちゃんです。



ももちゃんは,この『帽子屋さんのお茶の会』のオーディションから皆んなを見つめてくれていました。

オーディションで良平さんの横にいらっしゃったので

「近藤ストゥーディオの人だ!」と

(そういうスタジオが実際あるかないかは存じ上げません←すいません;★

キンチョー状態で生まれた勝手な妄想キラーン;というやつです!)

本当に勝手に緊張してたのですが,

実は現在は九州在住のダンサーさんで

この『帽子屋さんのお茶の会』での,ダンスや動き関連で出演者をサポートする使命を帯び

ついてくださった方だったのです。

稽古がスタートしてからは

緊張どころか,ももちゃんの自然な笑顔やきらっとした瞳をみると

あ、何か,,,頑張らなきゃね!。。

って癒され,同時に

そうだわ!ううん!そうよね!!頑張る キラッ!! って

(抽象的でホントすいません)

ポジティブに戻って行けるようなパワーをいつももらってました。



でも,そのとっても親切で気さくでいつも笑顔の素敵レディー,

みんなのお母さん(ヤングだけど!)ももちゃんに

舞台の神様は杖をひとふり。。。!



体調不良のメンバーの「魔女」という役割を身をもって引き継ぎ,

ももちゃんは役者さんとして今回の全ステージに登板!となったのです。



もちろんもちろん,私だけが言うことじゃない事なんだけれど

今回の『帽子屋さんのお茶の会』は

ももちゃんのとつじょの頑張りなくしては,もとのプランどおりには成立しなかったわけで

そういう意味で本当に本当にありがとう,なのです。

同じ舞台を創ったメンバーの一人って想ってしまったのもあるのだけど

そんな気持ちも伝えきれないままに帰って来てしまった。 ああ。

いつかゆっくりまた,ももちゃんと話せる機会がやって来ますように。





北九州芸術劇場の近くの八坂神社から買って来ただるまさんに

昨夜,めを入れました。

でも,「だるまみくじ」っていうおみくじだったのをすっかり忘れていて

開けると中からおみくじがひらり。



。。。『大吉』だたよー!

何か,この『帽子屋さんのお茶の会』のしめくくり!のプレゼントみたいでうれしかった。



でもね,このプレゼントには最後にしっかりと

「....心驕り災いを招く恐れあり。心正直に」

とのメッセージが。



。。。ので!!

心正直,まっすぐに!☆

また がんばります。



もう立春すぎたね。

ってことは,もう春に向かってまっしぐらだ?

からだも動かしてみよう!



明日はバレンタインデーですね。

クリスマスにひきつづき,

私はまたもや演劇鑑賞です。

(そしておそらくは今月下旬の誕生日も演劇鑑賞な予定です! 笑)

明日は,『祈りと怪物』蜷川さんバージョン行って来まーす!




「≪不思議の国のアリスの≫帽子屋さんのお茶の会」 5

2013-02-07 05:35:27 | 北九州芸術劇場



新大阪着。

新幹線を降りて大阪駅までの在来線が通勤ラッシュ。

身動きとれないまま下を向いて目を閉じる。

じっとしてると

「私、あのですねー 小倉で「帽子屋さんのお茶の会」演って来たんですよ

こんな、あんなメンバーで、すっごいいい作品になったんですーよーおぉー!!」

実際には叫ばないけど、そんな事を何だか叫びたいーーー!!!

。。。って思ったら、、、

ダウンのそでに、、ポタ  ポタッ


あたし、やっぱり、バカ??

なんで今ごろこみあげて来てんのさ。

『ロング・クリスマス・ディナー』のときは、感動したのと

別れたくなくてゆっことせんちゃんの肩で号泣したけど

もう、ゆっこの肩もないよ。大阪やけん。

(今回はちょっと皆んなの北九州弁?うつった)



家に着くと両親が

「あら?10日に帰るんじゃなかった?」と出迎えてくれた。

「あれ?じゃあいればよかったかな??」と意味なく風来坊な私。



自分が観たお芝居で楽しくて一週間ぐらい浮足立ったことはあったけど

自分が出たお芝居の音楽が、

駅とか歩いてて、今日も私の中でだけで鳴って

ステップ踏みそうになるなんてはじめてだー!

(確かにMOPではステップ踏むような芝居はなかったけど 笑)



幸福の記憶。

記憶という呼び名が新たについただけで

そう感じた現実がそこにあったのは、まぎれもなく現実。

だから薄れてしまうかもなんてこわがらず前に踏み出す。

昨日の続きを、またちゃんとやるだけだ。

自分が想うように歩くのだったら

間違いなんてあり得ないだろうし。



感謝の気持も忘れようがない。

劇場でお会いした客席の皆さま。どうもありがとうございます。



「≪不思議の国のアリスの≫帽子屋さんのお茶の会」の戯曲に

文化を伝えに来た、という使者が出て来る。

こぞってほかの人物は「私にもくれるのか」

「いちばんいいやつを分けてくれ」

「風呂敷を持って来た」

「入れものはびんの方がいいか」など言ったりするのだけど

使者は「文化は伝えるものだ」と告げる。

あげたり、手で渡したり、出来ない。



芝居が文化だと自ら言うのはおこがましい気もするけど

相手の中に炎があるか、燃えているか、消えかかっているか、

本当のところは他人にはわからない。

でも、伝えるところまでは、こちらの意思で出来るかな。

相手に響かないこともあったとしても。

伝えたい。



また、頑張ろうっと。

昨日からの、

今日からの

明日からの、続きをずうっと。

また会ったとき、私の炎もめらめらと燃えていますように。




「≪不思議の国のアリスの≫帽子屋さんのお茶の会」 4

2013-02-07 05:14:31 | 北九州芸術劇場


アウェイの私からチケットを買ってくれた友人が2人、この日来てくれた。

北九州芸術劇場リーディングセッション vol.19の

『ロング・クリスマス・ディナー』で共演したメンバー。

ここに書いていいか承諾とってないので名前はひかえるけれど

本当にどうもありがとう!!!


終演後に皆でバラシて、また皆で2回目のうちあげへ!笑

美味しい焼き餃子いただきました♪

バラシの最中に、こそこそ皆で仕上げた寄せ書きを

良平さんと、音楽のトオルさんへ。

もう、気持ちがあふれるほどあるんだけど言葉にするのが難しかった。



2次会と3次会は転がるかと想うほど寝た時間があった。すいません、、

最後は、

『ロング・クリスマス・ディナー』でも最後に小倉駅でお別れした,

ゆっこともりしんさん。

リバーウォークの交差点で振り返って振り返って、小さくなって

暗いからわからなくなるまで手を振った。


その後に撮った、、空。





一応、リバーウォークの上空方面。朝6時すぎごろ。



部屋に帰ってアウトの準備。

何にもしてなかったから大変、大変。

1時間だけベッドに寝て、アウト。

資さんうどんに行ってむきえびうどん。

ぶらぶらしてリバーウォークの近くにある、

良平さんとトオルさんから, 楽屋で通りがかったときたまたま教えていただいた、

でっかいちゃんぽんのお店へ。



でかっっ!! でも、500円。

食べてばっかり?

そして、今回のオーディションの前にコーヒー飲んだ、

リバーウォークのお店に入る。

この日はコーヒーでなく黒蜜スムージーだったけど 笑

あのときは本当に緊張したなぁ。

でも、本当に選んでもらえてよかった。

稽古の5日間は、それはそれは素敵なオーラが充ちていたけれど

振り返るとすごいのぼり坂だったとは想う。

でもそれを最中は楽しくのぼれたのは、

良平さんと,

劇場と,

すぐそばにある、情熱に充ちた顔の、自分以外の仲間たち,

トオルさんの 舞台を世界に感じる音楽,

いつもがっしりサポートして何かあってもすぐにたすけて下さるスタッフさん,

速やかに気持ちよく引っぱって下さる制作さん,

お姿を見ると、緊張感と初心を忘れないと自分に素直に想える、プロデューサーの能祖さん、

そういった人々の存在のおかげだと本当に想う。

その存在が、自分の中にある炎を、より大きく燃えさせてくれるのだ。

この炎。大事にしよう!!



帰りは、やっぱりシロヤでサニーパンを買って新幹線に。

ひとり反省会をしようと思ったけど

慣れないあいふぉんで、もらったメールの返事をうつ間に

眠りこけてしまった。




「≪不思議の国のアリスの≫帽子屋さんのお茶の会」 3

2013-02-07 04:45:38 | 北九州芸術劇場


★初日。2月2日。(土)

朝、シャワー。

湿ったからか、声が普通に出た!

体も特に寒くない!

やったー!!!風邪かなんかわからなかったけど、ふっとんだ。

オレンジジュースのビタミンがよかったのだ、きっと!

ありがとう☆ロイホ!

劇場へ。

そんな朝を経て劇場へ行くとさらにオーダーが。

とある場面で、7人でPL学園の応援団のように、持っている台本で

パラパラパフォーマンスをするべし!との事。

えっ 今日初日で、ゲネは数時間後、な、なんだ、よっねー ちがったかな??笑

でも、神様はみててくれていたのか、

メンバーの中に学生時代、そういう応援の大会で優勝したメンバーがいたのです!

それに、チームワークでリーダーシップをとるのが得意なメンバーも。

おかげで、ゲネと初日、ちゃんとパラパラ出来ました!


初日も終わって、有志でごはん。

よせ鍋。

幸福。。。。キラーン☆

舞台をカメラで撮って下さってたカメラマンの木寺さんが

その日に撮った写真を持って来て下さって合流。

皆で感激!!!!

と、1枚の写真のとある部分に「?」

芝居のラストに全員でダンスを踊るのだけど

良平さんの、とある振付の足が!ひざが曲がっている!

私、のびている!!

わおーん。

修正。



★本番2日め。2月3日。

初日もゲネもいい感じだったから

座内では2日目ならではの「2オチ」はやめようねーフフ、的な指令。

この、フフ、がこの座ならではのムードな気がする。

ムード歌謡ならぬ、ムード指令。

(・・歌謡ってなんだよ 笑)

ところが!そんな?心配をよそにテンポよかった☆!♪

それと!客席通路にもお客様が入って下さった。

感激。。。☆☆☆

お尻は痛くなかったかな。。?

あと、

この日お誕生日のわっきーと、あくる日お誕生日のみわさんのサプライズバースデイも!

みんなでお祝いしましたー ♪


そしてこの日、ラストのステージを明日に残して打ち上げ。

美味しーい、とり鍋を食べたあと、

衣裳のまゆき先生のお店に2次会で皆で行く。

明日はバタバタとするだろうからと、皆それぞれ良平さんと写真大会。

もうほんとに人としても芸術家としても尊敬する良平さんなんですが

お酒も入って、皆んな、距離的には

とっても大好きで素敵な,めったに会えない親戚のお兄さんに

「ねえねえ」って行く感じ? 笑

はたでみてて、本当に皆んな目がきらきら輝いてました。

って!そんな人ごとのように言ってますが、私も写真とってもらいました。

でも到底、人にお見せできないようなゆるんだカオに私がなっているので

UPは出来ません!!!笑

最後、何だか罰ゲームみたいな雨に降られて

でも優しいまゆき先生に傘をお借りして

最後まで残ったメンバーは見事に別々の、各自のホテルまで帰りました。



★さあて。千秋楽。2月4日。

翌日ホテルをアウトするつもりだったけど

↑この時間からアウトする準備をするのは

千秋楽を控えて絶対おかしいと思い起ち、フロントへ延泊申請。

部屋あいててよかった。。

数時間後。

起床。声出る。丈夫な体と声に産んでくれて本当にありがたい。

劇場へ。まず、稽古。

ダメ出しというよりは、さらに、深める、あげる稽古。

このチームではいつもそうだった。

前日に頼んでおいた中華丼をいただき、お昼。

準備。

本番。

前夜の飲みの場で言った「明日の自分のために今あえて言います」ポイント頑張る。

でも途中で、そう思い過ぎることで、

自分自身や空気を固めてしまっている部分があるとも気づく。

解き放つ。解き放つ。

今回の舞台では、自分的にそれがテーマだった気がする。



千秋楽のみ、最後のダンスシーンでは、

舞台さんや照明さんや音響さんや、制作さんも舞台に上がって

ダンス! ダンス!! ダンス!!!

3回のカーテンコールをいただいて

予想なんて出来なかったので前もって決まってはなかったけど

もう一度全員でダンス!!!!☆★☆


3日間のあいだ、お越しいただいた皆さま、本当にどうもありがとうございました!!!


  

  as. 公爵夫人。Wキャストの仲間、ささきょん (右) と。




「≪不思議の国のアリスの≫帽子屋さんのお茶の会」 2

2013-02-07 04:25:28 | 北九州芸術劇場


★2日め 1/29(火)

早くも劇場入り。

劇場に入ると、もうセットが建っていました!!!!

初日に近藤さんも仰ってられましたが

北九州芸術劇場は本当に素晴らしい劇場なんです。

劇場の小劇場しか知らない私が言うのはおこがましいのかも知れませんが

真心と企画と誠意が満ちてる感じがします。

そこで役者として一つの作品で舞台にのって出演出来るなんて

本当に幸福です!

でも、この段階ではまだ何も芝居の内容がない状態だったので

頑張る気は充分満ちてるけど、チケットは売れてるけど

中身がまだないという。。笑

考えたらはっとしそうなので考えないようにしてみたり 笑


でもでも、この日、近藤さんが初日に戯曲を4つに分けたうちの2つが

出来あがったんです!

パンパカパーン☆★☆

ただ、ここまでにはまだ登場しない役の役者さんもいたし

私も舞台には30cmぐらいしか?見えてなくて(ワガママ言うなってカンジですね笑)

現場は充分押せ押せムードのまま稽古終了をむかえました!


この日は劇場近くのお店に有志のメンバーでお鍋を食べに。

おいしかった。。。



★3日め。1/30(水)

で、3つと4つめが出来あがりました!!

最後の最後に登場する「魔女」役の稽古が始まる際には

魔女の役者さんを舞台上にむかえる時、座内から自然と拍手が。。。♪

皆んな優しい!

それに,早い! 

近藤さんも,

そしてそれにちゃんと着いて来て、体動く皆んなってすごい。。!

若くて、体が本当に機敏に楽しく動いてて、

見てるととてもHAPPYになれるんです!!



★4日め。1/31(木)

お昼ごはんは、去年の5月くらいにtwitterでみてずっと行きたかった,

劇場近くのVIVO。

オーディションの日は満席で入れなかったんです。

念願の初☆鉄板にのったナポリタン!☆




稽古はさらに深めて、通し稽古。

5日間稽古して、3日間本番という日程はここにいる皆んなが知っていて

それで稽古しているわけだから残り時間とかわかるわけですよね。

でも、、、

近藤さんの人のパワーってすごい。

近藤さんのところに、皆、自分の持ってる力を持って、近づいて来たくなるんです。

子どもが「みてみてー!」って得意なこと見てもらいたくてやって来るみたいな?

純粋にパワーをどんどん「じゃ、私も!」「僕もいい?」って

近藤さんのところで皆んな、響かせたくなるというか。

で、近藤さんはちゃんとそれを見て下さる。

で、「いいね!」って。

プロデューサーの能祖さんいわく「近藤さんは、人たらし」だそうです。笑

打ち上げで仰ってました。


この日はまた皆、有志でごはん。

もつ鍋。

さらにさらに、おいしかった!!☆



★5日め。2/1。(金)

衣裳つき通し。

かつら外れる。

歩くたびに自分でドレスの介錯をしないと

後ろを歩くメンバーに影響が出る事を知る。

でも。やるのだ!

元気パワーをおとしたくない一心でがんばる。

いや、がんばると決めて来ているのだから

もう、がんばって当たり前なのだ。



残念ながらキャストの仲間の1人が体調不良で降板。

自主練習でも他のメンバーにしっかりアドバイスをして下さったり

陰で不安を抱えるメンバーを励ましたり

本当に頼りになる役者さんだった。残念。。。

でもご本人が一番残念だと思う。

でも!またお会いしたい。



帰りにまた赤ワインが飲みたくなった。

あの初日に行ったファミレスに。

気がつくとコップの水を飲みほしている。

オレンジジュースが急きょ飲みたくなってドリンクバーも付けた。

そうすると、、、あらら、オレンジジュースをストローですぐ飲みほしては

またおかわりを5回繰り返した。

風邪か!?風邪なのか??

そんな悪どい不安は省みない一心でホテルの部屋へ。




「≪不思議の国のアリスの≫帽子屋さんのお茶の会」 1

2013-02-06 23:16:19 | 北九州芸術劇場


「≪不思議の国のアリスの≫帽子屋さんのお茶の会」にお越しいただいた皆さま、

本当にどうもありがとうございました。



blogは以前の更新が1月9日って。。

ごぶさたしておりました。



1月はまたまた「忙しいときにはどうしてこんな風に用事重なる症候群」

になっておりました。そんな中でも、

「祈りと怪物」KERAバージョン観たり(三上さんのお父さん役素敵でしたねー)

篠原哲雄監督の映画のWSへ行ったり。

いろいろしてました。

で、1/28、小倉へ。



★稽古初日。1/28

まず初めにスーツケースを預けるべくホテルへ。

ホテルから劇場へ向かう。

で、ふと。

北九州芸術劇場は、リバーウォークという商業施設の建物の中にありまして

そのそばを、紫川という川が流れているのですが、

この日はなんとっ  水がエメラルド色に!っっ



って写真ではまったくもってわからないですね 笑

何度かここに来てるけど,いつもこんな色だったかなぁ???

とそんな事つぶやき,写真とりつつ,急ぎ足で劇場へ。

この日は全国的に悪天候で、京都の米原で雪のために徐行運転をしてた結果

山陽新幹線も到着が30分くらい遅れてたのです。

劇場の稽古場へ行ったらもう半分以上のキャストさんが到着されてて

キンチョー 汗


演出の近藤良平さんと音楽の吉田トオルさんが入られ、稽古スタート!

まずは,衣裳のまゆき先生も入られ、衣裳合わせ!

素っ敵な衣裳がもりもり。緊張の上にさらに期待がもりもりで、うっ


衣裳のあとは、自己紹介,ハイタッチ,名前を振りで現す,椅子とりゲーム,,,,

ああ!やっぱりその日に日記とか書いておけばよかった!!

シーンシーンは映像でくっきり脳裏に残っているけど

全体を全部が全部思いだせない。もったいない。。


で、続いて戯曲の読み。

ご存じのとおり「≪不思議の国のアリスの≫帽子屋さんのお茶の会」は

別役実さんの戯曲なんですが、本当におもしろく。

子どもミュージカルとして上演されることもあるんですが

お子様だけに楽しませるのはもったいない!☆ってぐらい,

おっもしろい戯曲なんですよね。。。

今回,私の役は「公爵夫人」

前半から登場する,「お茶の会」に招かれた最初のお客様。

それまでの雰囲気をどう変えるか。

その変え方も演じる役者や演出家によって

いろいろ遊べる戯曲でもあるんですが☆★


戯曲の読みをWキャスティングで2回やって

夜ごはん休憩。


休憩後、Wキャストの1人が読み,1人がそのセリフにあわせて動き、チェンジ。

で、、、ラストで全員にダンス振り写し。

早めに解散。


なぜかむしょうにサラダボウルいーっぱいの野菜サラダと

グラス1杯の赤ワインが猛烈に飲みたくなり

ホテルの近くのファミレスに直行したのは憶えてます 笑




Commig Soon☆★☆★☆★♪!!!

2013-01-09 22:38:49 | 北九州芸術劇場

お待ちしております! 





北九州芸術劇場リーディングセッション vol.21

 「≪不思議の国のアリスの≫帽子屋さんのお茶の会」

作・別役実 × 演出・近藤良平

2013年 2月 2日(土)  18:00 ☆

      3日(日)  14:00

      4日(月)  14:00

北九州芸術劇場 小劇場

  開場は開演の30分前   ☆アフタートークあり

チケット料金(税込) 日時指定・全席自由 1,500円 (当前共通)

  ※未就学のお子様はご入場できません


演奏(キーボード)  吉田トオル(ストライク)


出演

小笠原萌   片山敦郎(富む平原)   きたみようかん

佐々恭子   椎木樹人(万能グローブ ガラパゴスダイナモス)   百合絵

高野桂子(village80%)   高野由紀子(演劇関係いすと校舎)   立石義江

田中克美(超人気族)   谷岡紗智   寺田剛史(飛ぶ劇場)

中嶋さと(14+)   野中香織    響金太郎

  福田雅人   美輝明希   三ツ木真央

     美和哲三(14+)   村上差斗志(14+)   脇内圭介(飛ぶ劇場)


チケットはtwitter @amickey222(←私、美輝です!)まで

リプorメッセージかfacebookでも美輝あてメッセージいただければ


私がチケット予約いたします!

どシどシお待ちしております♪♪


念のため→北九州芸術劇場
 オンラインチケット(3:00~4:00除く)
 プレイガイド(10:00~19:00)

その他取扱プレイガイド
 チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:419-189)
 ローソンチケット 0570-084-008(Lコード:85779)

お子様連れの方へ 託児サービス(有料・要予約)
この公演では未就学のお子様の入場はご遠慮いただいております。
託児サービスをご利用ください。 北九州劇術劇場


(以下、プロフィール共に劇場HPより)

独自のスタイルで人気の「北九州芸術劇場リーディングセッション」。

役者は脚本を手にしていることをルールにどんな演出もありえること、

生演奏の音楽とのジョイントであることなどが特徴です。

役者の稽古から本番までを約1週間に凝縮して演劇のエッセンスを味わっていただく人気企画、

第21弾は、学ラン姿でダンス、映像、コントなどを展開する人気のダンス・カンパニー「コンドルズ」の主宰であり、

野田秀樹演出『THE BEE』では役者として新境地を開いた振付家・ダンサーの近藤良平を迎え、

別役実のちょっと不思議でおかしくて子どもから大人まで楽しめる戯曲を上演します。

戯曲×音楽×ダンスの融合に、ぜひご期待ください。


演出/近藤良平

学ラン姿でダンス、映像、コントなどを展開するダンス・カンパニー、コンドルズ主宰。
コンドルズは世界20カ国以上で公演。
NHK「サラリーマンNEO」「からだであそぼ」内「こんどうさんちのたいそう」連続テレビ小説「てっぱん」オープニング振付出演。
第四回朝日舞台芸術賞寺山修司賞受賞。
三池崇史監督「ヤッターマン」宮崎あおい主演「星の王子さま」などの振付も担当。
野田秀樹演出、NODA・MAP「THE BEE」で役者デビュー、映画「ブタがいた教室」などにも出演!
桜美林大学、横浜国立大学、立教大学などで非常勤講師としてダンスの指導にあたる。
南米育ち。愛犬家。


演奏〔キーボード〕/吉田トオル(ストライク)

ダンス・カンパニー、コンドルズのバンドプロジェクト“ストライク”のメンバー。
アンダーグラフ、加藤和樹、JOKER、等のLIVEサポート。に加えプロデュースワークも行っている。
2013年公開の柳楽優弥主演映画「ゆるせない、逢いたい」(金井純一監督)の音楽も担う。



北九州芸術劇場さま

2012-12-19 02:56:45 | 北九州芸術劇場

今年2012年もあとわずかですね♪



今日は。。。今度,私が「≪不思議の国のアリスの≫帽子屋さんのお茶の会」で

お世話になります「北九州芸術劇場」について書きたいと思います! ↓



行かれたことのある方々はご存じだと思いますが,,,

そしてそして,自分が出演させていただくから言う訳ではないのですが

この,「北九州芸術劇場」,とーても素敵な,素晴らしい劇場なんですよねぇ。

本当に大好き! ホレボレです。。。

北九州市の劇場です。大阪にも,こういう劇場出来てほしい,,,つくづく。。。

東京でやってる芝居はもちろんのこと,大阪ではやらない芝居も

この北九州芸術劇場では,かかってたりするんですよ。

あと、いろんな演劇や歌やダンスのワークショップも年間通じて行われ

リーディングセッションや芝居の公演も独自で。。。!☆☆☆







こないだ12月あたまに行って来たときに写した写真でーす。

曇り空&全景が写ってなくてすいません 汗

右側のこげ茶色の建物が劇場が入っているリバーウォークという建物です。

北九州芸術劇場の大劇場・中劇場・小劇場の他に

朝日新聞社・NHK北九州,他,ショッピングモールもあります。

北九州市の小倉にあります。



マキノさんも2011年の9月に「ズ・ビ・ズ・ビ。」を

この北九州芸術劇場のリーディングセッションで演出されてるんですよね。

マキノさんblog「今週のマキノノゾミ本人」

↑というかこのマキノさんのblogで私は北九州芸術劇場を知ったんです,確か!

で、マキノさんの次の回のリーディングセッションを劇場のHPでみると

グリングの青木豪さんだったので,これは!と思ってオーディション受けに行ったんです。

小倉に行くのもはじめてでしたが

それより何より!!劇場の空気感と綺麗さ!!!にびっくり!!!でした。

オーデションからプロデューサーさんがちゃんとジャケット来て青木さんの横に座られてて

「プロデューサーの●○です」キリッッって。

後日,あたりまえのことでしょ?笑 と言われたんですけど 笑

大阪でそんなことあまり出くわしたことなく。。

ジャケットだろうとジャンパーだろうと別にいいっちゃいいんですけど

とにかく私はその雰囲気にびっくりしたわけでした。汗

運よくその結果,ちょうど昨年の今頃ですね,

「ロング・クリスマス・ディナー」に出演させていただけたんです。

青木さんの演出はとてもわかりやすく

語気はマキノさんとあまり変わらないかんじで(ご想像におまかせいたします笑)

どんだけ強く言われてもせっかちな私にはとてもさくさくありがたかったです。マジで。

(芝居のことならどんどん言われた方がありがたいですからね♪

ま、言われる前に気がつけよってところもありますが 笑)



今度の「≪不思議の国のアリスの≫帽子屋さんのお茶の会」

コンドルズの近藤良平さんが演出です。

コンドルズの近藤良平さんがリーディングセッション!

どうなるんでしょう!?☆

もう!こうしてる今から,すごいわくわくなんですけど。。。☆

あ、一応リーディングセッションとありますが、、、

いわゆる「朗読」と思って観に来たらびっくり、されるかも???

あ、でもこれ、私の勝手なひとりよがり予想です!! 笑

まったくまだ稽古はじまってないんでわかりません!!すいません。

でも本当どうなるんでしょうか!?

演じる私もすごい楽しみです 

もろもろの筋とかイタメないようにせめて今から体動かして備えとこうと。。。

それと、このリーディングセッションは音楽をその場で生演奏で、

というのも売りでして!楽器は毎回違うんですけど。

昨年の「ロングクリスマス・ディナー」は

ある一家の90年間のクリスマスディナーの風景を追うお話だったんですけど

藤野よしひささんという北九州のギタリストさんがもう本当に素敵なギターで

作品の世界を奏でてくださったんです。

で,今回は,,,,

ストライクの吉田とおるさんがキーボードで!!

この音楽もめっちゃ楽しみです。。。



あと,こないだ行ったときに写した,リバーウォーク近辺の写真載せまーす。

近藤さんのオーディションは2次審査もあったので,オーディション後、小倉におとまり☆

これを写したときには、あ、翌日写した冒頭のリバーウォークの写真もですけど

まだオーディションの結果が出てない状態で写したので

今みても私自身じゃっかん、きゅう、ときます 笑





リバーウォークのクリスマスツリー☆

近くのレバーを回すと光るので子どもたちが!




リバーウォークから市街地へ渡る橋もイルミネーションが。

土曜日の夜だったこともあってか家族連れの皆さんで賑わっていました!





橋を渡ってデパートにもイルミネーション。







街路樹にはハートのイルミネーション!

なんか、若い!!?



では,また。。。

師走、風邪とかひかないようがんばろうではありませんかっっ☆