石丸日記

反原発運動半世紀
バックは福島第一原発事故を伝える福島民報2011年3月13日号

汚染水放出 全体像示される!

2021-10-06 11:55:03 | 脱原発情報

新設 海底トンネル掘削 1キロ㍍沖へ・・・

8月末、東電は汚染水の放出について、海底トンネルを造り沖合に放出する計画を発表した。2年後の放出に向けて、議論がないまま約束違反の計画が推し進められている。その問題点を探った。

 
[資料1]ALPS多核種除去設備で2次処理ができないなど
    様々な問題が浮上した新計画

過酷事故前の第一原発トリチウム放出は5~6号機取水口から港湾内の海水を取り込み復水器冷却後同排水溝から港湾外へ放出していた。それが(資料1)の新計画では「ALPS処理水タンク」→「ALPS多核種除去設備・二次処理」→「ローテーション3万m3・受入・測定・放出」→「移送ポンプ」→「流量計・流量調整弁」→「直径2m・長さ7m・ヘッダー管に汚染水を流入・海水で希釈」→「海底岩盤を掘削して2.5mの海底トンネルを造り」→「1㎞沖合の放水口」から海洋放出する案へ変更した。
 これまで、口を開けば「トリチウム水は害はない!」と言い続けて来た。それが風評被害…これだけで手間暇と莫大な金をかけるのか・・・である。更に、ボーリング調査を行うためには地元自治体、政府、漁業組合の承認が不可欠であると言う。特に、汚染水の海洋放出には全国漁業協同組合連合会、福島、宮城、茨城の漁協共同組合など30の団体が反対を表明し、これを納得出来るのか!福島県では全体の凡そ70%にあたる41の自治体が反対している。2年後に向け、更なる反対運動が求められている!

 

脱原発情報 No237号 PDF版はこちら

 

P2~3 「ALPS多核種除去設備」とは・・・②
    複雑すぎて故障の連続 役立たずの設備!

P4~5 猪狩忠昭さん過労死第1回口頭弁論
    仙台高裁 被告を糾弾し和解勧告する

P6  追悼 佐久間寛さん(三春町)
      岩下 潔さん(喜多方市)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

広島原爆76年

2021-08-26 19:54:45 | 脱原発情報

菅首相 核兵器禁止条約に参加しないと明言!!

 76年前の8月6日は、人類史上初めての原子爆弾が広島に投下され、9日には長崎に落とされた。私たちは「三度許すまじ原爆を」と、核廃絶を願い、訴えてきた。


  [資料1] 核兵器禁止条約の制定交渉の様子

10年前、福島第一原発の事故が発生し、(広島・長崎・ビキニ環礁・JOC臨界事故などにつづく)核の恐怖に見舞われた。核被害を受けた日本は、「核と人類は共存できない」事をしっかりと確認しあい、次世代につないで行かなくてはならない責務がある。
 広島に原爆が投下された後に降った、黒い雨裁判では、広島高等裁判所の判決をうけ、政府は最高裁への上告を断念した。原告に限らず、黒い雨の被害を訴える人達を広く救済する考えも示した。被曝から76年の苦難の歳月を強いてきたのである。



[資料2] 平和記念式典の挨拶する菅首相

 核兵器禁止条約が今年1月に発効して初めての、広島原爆の日の平和祈念式典で、菅首相が、あいさつの一文を読み飛ばすという失態を犯した。飛ばしたのは「我が国は核兵器の非人道性をどの国よりもよく理解する唯一の戦争被爆国であり、『核兵器のない世界』の実現に向けた努力を着実に積み上げていくことが重要」などの部分だ。

 広島の松井一実市長は、平和宣言の中で、各国に呼びかけをしている「各国の為政者に強く求めたいことがあります。核により相手を威嚇し自分を守る発想から、対話を通じた信頼関係を基に安全を保障しあう発想へと転換することです」。
 そして、日本政府には「一刻も早く核兵器禁止条約の締約国となるとともに、これから開催される第一回締約国会議に参加し…..核保有国と非核保有国の橋渡し役をしっかりと果たしていただきたい」と強く求めた。今年の2月現在、核兵器禁止条約の署名国は86カ国、批准国は、55カ国となった。
 式典後、菅首相は被爆者団体代表と面会したときに条約への参加を直接要望されたが、その後の記者会見で「現時点で核禁止条約には参加しない」と明言した。このことの為に、読み飛ばしがあったわけではあるまいが、今の日本の政府に過去の反省に立ち、恒久平和と非核を担えるものを持ち合わせているだろうか。核保有国やアメリカの「核の傘」の下にいる日本政府は、条約に背を向けている。
 核兵器廃絶に対して、戦争核被曝国としての日本の役割は重要だ。一日も早く日本は、批准国加盟をしなくてはならない。国民の声に真摯に向き合ってほしい。  文責 千葉親子

 

脱原発情報 No236号 PDF版はこちら

P2~3 再開後61回目東電交渉
    東電 トリチウム濃度測定せず 1,020倍に希釈 放出?

P4~5 汚染水処理「ALPS多核種除去設備」とは・・・①

P6  76年の闘いが暗黒の核の闇を晴らす
    隠され続けた放射性粉塵による被ばく

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

福島はオリンピックどころでねぇ!! No235号

2021-07-26 21:24:56 | 脱原発情報

復興五輪でもない、コロナ克服五輪でもない

  2013年9月、安倍元首相は「汚染水はコントロールされている」と東京にオリンピックを招致した。原発収束も汚染水問題も核廃棄物の問題も、避難の権利や健康被害など課題山積のままだ。


[資料1] 全国に設置された五輪マーク

 県内では「福島はオリンピックどごろでねえ!!」と開催反対の声が上がっている。世論調査でも、中止を求める声は7割近くある。復興五輪が今やコロナ克服のイメージをつくろうとしているが、コロナ感染は、来日の海外選手からも発見されている。世界の200余りの国々から約10万人の選手や関係者が入国し、全国からも警察や医師、大会関係者が集められている。ここに集団感染がおきたら、世界各国から集まり世界中に散っていくことになる。人類の命を懸けた最悪のオリンピックとなるだろう。その弊害は、福島第一原発の現場でも起きている。オリンピックの開始前日から閉会まで(7月20日~8月8日)と、パラリンピック開会式前日から閉会式(8月23日~9月5日)までの約1か月間、溶接などの火を使う作業や、放射性物質を含むほこりが舞う恐れのある作業を自粛するという報道があった(東京新聞)溶け落ちた核燃料の冷却や汚染水の処理などは続けるというが、世界的イベントが開かれる中で、作業中のトラブル発生を考慮したということだ。
 ここには、毎日4,000人の労働者が働き廃炉作業を続けている。中断した作業はお盆休みに実施するということだが、1年中で一番暑さ厳しいお盆の時期に作業をすることになると、作業員の熱中症やトラブル、事故につながるのではないかと下請け企業の幹部は危惧する。日給の作業員は、長期にわたる作業中断で収入がなく死活問題でもある。


 [資料]    管理できない放射能


(資料2)7月20日の地方紙に「汚染土保管の金属製容器からストロンチウム90など高い放射性物質を含む水が河川流出」と報道があった。川は海につながる。「環境に影響は無い」などと済まされない。日本政府は、福島県民に対し、世界的な公衆被ばく線量1mSvを20mSvに据え置き、帰還困難区域を解除し、生活支援、補償を打ち切り、帰還政策を強めている。いつ何がおきるかわからない、不安要因を抱えたままの「原発緊急事態宣言発令中」の福島第一原発なのだ。オリンピック中止の声が世界的に広がる。命と危険を天秤にかけたオリンピック開催となった。(文責 千葉親子)

 

 脱原発情報 No235号 PDF版はこちら

 

P2   汚染水 2次処理なし 海水で薄めて放出

P3   泥水のような汚染水は・・・
     ALPS多核種除去設備では取り除けない

P4   汚染水 海洋投棄は決して許してはならない!

P5~6  高汚染地に取り残された赤宇木の人々
    「100年帰れない故郷」を書き残す今野さんと地区役員

 

 


      

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

汚染水放出「二次試験」で見えてきたこと No234

2021-06-26 19:55:02 | 脱原発情報

汚染水海洋放出の絶対条件である「二次処理試験」が昨年9月15日に終わったという。ところが、この試験には様々な疑念が持たれる状況になっているのだ! それを順を追って考えてみた。


【資料1】東電 広報誌

 (資料1)は東電広報誌(注1)だが「本当のことを伝えていない!」が際立っている。
 その内容は、国が廃炉を監視する原子力施設監視・評価検討会の中で議論されているから、議事録を見れば分かる。


【資料2】放出基準を超えているものが約7割

①(資料2)はメディアが伝えるタンクの水の約7割は放出基準(告示濃度)を超えている。要するに、セシウムやストロンチウム、トリチウムなど73核種が取り去っておらず、それが7割にも及んでいる。更に、主要7核種のほか炭素14、テクネチウム99など検査が難しい核種が一杯あると言うのだ。この検査について東電は「昨年6月の時点で、難測定核種なので、非常に特殊な技量が必要で、分析ができる要員は1名しかいなかった。現時点では9名まで増やしている」これでは100万トンを超える汚染水検査など不可能に近いと見ている。


【資料3】 1000トンタンク3体で検査か?

②(資料3)は広報誌に記されたもので、どう見ても「サンプルタンク1基1,000㌧=3基=3,000㌧検査」と見てしまう。ところが昨年11月行われた第85回検討会で東電は「サンプルタンクの中段まで注水機を落とし…それを40L程度取って、それを全部集めて、全部混ぜ合わせて、それぞれ分析している」要するに40㍑なのである。
③これを今年2月に行われた東電交渉(既報No230)で汚染水の「白濁」問題共々、追及しても「調査中」を理由に延び延びになり回答はない。
④広報誌や同検討会の中で、東電は「除去対象62核種+炭素14の告示濃度比総和は0.35や0.22になっている」と試験結果を公表している。
 これを責任者の伴委員は「環境中に放出する場合は純粋に科学的、技術的見地から詰めていきたい」と語っている。東電のデタラメさは、半世紀…いささかも代わることなく続いている。

 

 脱原発情報 No234号 PDF版はこちら

P2~3 再開後60回目東電交渉
    「二次処理試験」の回答は延び延び・・・何故か?

P4   健康被害はなかった事にしたいのか!

P5   ひどすぎ!除染廃棄物からトリチウム汚染水まで
    約束破り福島に押しつける国と東電

P6   日本列島で最も地震の多い県は
    東京島しょ部に次いで福島 宮城 茨城‥原発立地県だ!

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

判断を誤る内部被ばく無視! No233号

2021-05-25 16:25:38 | 脱原発情報

県民健康調査 事故後10年目報告

 5月17日(月)に第41回「県民健康調査」検討委員会が開催され300ページを超える資料が提出された。その中の「基本調査」は事故直後から4ヶ月間の県民の動向を調査し、被災県民がどれほど被ばくしたかを明らかにし健康管理における基礎資料とするものであったのだが・・・


[資料1] 専門家がなぜ誤った判断を広める?
    福島県民を愚弄するな! 朝日新聞5/22

 基本調査の報告はわずか1ページ半のスペースで外部被ばく線量のみの推計であると断ったうえで、回答率は200万県民の27.7%、被ばく量は2mSv未満が全体の93.8%、5mSv未満が99.8%、最大値は25mSv、平均値は0.8mSv、中央値は0.6mSvというものであった。
 これを「健康管理における基礎資料」とするというのであるから仰天する。 何故なら被ばくで最も心配されたのは「甲状腺被ばく問題」であり甲状腺被ばくは飲食や呼吸などにより甲状腺に放射性ヨウ素がどれだけ取り込まれたかが重要で、県の「緊急被ばく医療活動マニュアル」にも記載され、スクリーニング検査の重要な目的の一つでもある。この内部被ばくを除外した線量推計にどれだけの意味があるというのか。全くの欺瞞と言わざるを得ない。
  3月17、18日いずれかに郡山市の避難所のスクリーニング検査で11歳児が100mSv程度の被ばくしていたことが報告され、後に新聞報道された。(既報229号)しかもこれはレアケースではなく県内各地の避難所で実施されたスクリーニングでも「1歳児甲状腺等価線量100mSv= 13,000 cpm」(注1)を超える者が多数のため除染対象基準値を3月13日以降はGMサーベイメータ振り切れの値である10万cpmに引き上げたのである。(既報231号)そのため13,000 cpm以上10万cpm未満の除染対象であった多数の避難民は体表面の拭き取りもされず「大丈夫です」ということにされたのである。3月13日~14日は基準値超えの全員、15日~17日には約半数の方のデータは記録されなかった。それでも10万cpm越えの人は102人、13,000cpm~10万cpm未満の人は901人という数字が残っている。
 調査委員会が調査すべきはこの内部被ばくであり、少なからぬ避難民が「有意に健康被害が懸念される」レベルの被ばくを受けた可能性があり、一人ひとりの県民の行動記録から放射性粉塵の吸収量を推計し、外部被ばくと併せて健康被害の程度を推測することが本来の任務であったはずである。もし、基本調査で内部被ばくを考慮した推計となっておれば少なからぬ避難民が100mSvを超える被ばくをした可能性があり、特に児童の被ばくは、これまで発表されているような誤った見解「被ばく線量は低く、甲状腺への影響は考えにくい」とはならなかったに違いない。委員会の中でも「基本調査」が誤解されないか懸念する声があった。その誤解が県民の健康を守る中核の医療機関、県立医大から発せられようとは・・・県民を愚弄するものと言わざるを得ない。(文責 斉藤章一)

(注1)事故前、福島県は避難者のスクリーニング基準として「緊急被ばく医療体制」のなかで40ベクレル/㎠センチを設定しており、これはGMサーベイメータではかると機種によって違いがあるが10,000~13,000cpmになる。この値は「1歳児甲状腺等価線量100mSv」に当たる。 初期被ばくについては「集英社新書 福島が沈黙した日 原発事故と甲状腺被ばく 榊原崇仁著」に詳しい。

 

  脱原発情報 No233号 PDF版はこちら

P2~3 ドキュメンタリー 「まぼろしのひかり 原発と故郷の山」
     侵略戦争の惨禍と原発事故の現状

P4        原子炉格納容器の水位低下と
    高線量シールドプラグ問題を考える

P5  第1原発敷地全体が放射性廃棄物の山・山・山

P6  滋賀県に自主避難
   青田恵子さん自作の布絵と詩に込めた思いを・・・!

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする