減塩親父の絵手紙日記

2010年初夏、脳梗塞回復で始まった減塩生活を機に、気まぐれで不定期な絵手紙ブログをスタートしました。

笹部の棚田の奥に、ひっそりと古い農具小屋。

2020年09月27日 | 日記


兵庫県笹部の棚田は有名で、
カメラマン、絵描きの的になっている。
いま、ここは黄金色の稲穂が
刈り取りを待っている。
その奥に、ひっそりと
農具小屋が佇んでいる。
少し秋色になりはじめた
木々からの木漏れ日が美しい。
奥に抜ける光を感じて
そよ風の中で描いた。(F6)
コメント

9月というのに、残暑が厳しい。箕面龍安寺。

2020年09月02日 | 日記


7月は長梅雨、8月は猛暑、
そして9月は、
中程まで猛暑日もあると言う暑さ。
今年の天候はどうなってる?。
台風9号と10号が発生したが、
いずれも九州西側を北上し、
例年とは違うコースだ。
そんな中、箕面・龍安寺を描いた。
台風9号の影響で
昼過ぎに雨に襲われた。(F6)
コメント

兵庫県、猪名川のポツンと夏の農家。

2020年08月21日 | 日記


猛暑が続く、コロナも続く。
そんな中、車で猪名川へ行った。
稲が夏の風で波を作っている。
国道からポツンと農家が見えた。
緑一色の中に
田舎らしい田舎の風景だ。
ぎらつく太陽の下では描けないので、
写真を撮った。
帰宅して、冷房の下で描いた。
コメント

またまた南千里公園のトイレ。きれいですね。

2020年07月30日 | 日記


新型コロナウイルスの感染が
全国的に拡大!!!
いつまで続くのか不安だ。
猛暑のマスクも辛い。
少し早いが、今年の流行語大賞には、
新型コロナウイルス、クラスター、
ソーシャルディスタンス、三密、
外出自粛、テレワーク……と
すべてコロナ関係から選出されるだろう。
この絵は、南千里公園のトイレ。(F6)
コメント

梅雨の晴れ間の、箕面滝道・龍安寺。

2020年07月14日 | 日記


長梅雨の晴れ間のスケッチは、
大阪・箕面の龍安寺。
ここは宝くじの起源である
富籤(とみくじ)の地として有名だ。
開基は650年というから相当古い。
修験者を見かけることもある。
この山門とその奥の本堂は
数年前に改築されたが
さらに奥の弁財天は
荘厳な趣がある。(F6)
コメント

またまた南千里公園。今度は池の映り込み。

2020年06月30日 | 日記


前回に続いて南千里公園。
誰もが捉える
池に映る東屋の構図だ。
池が画面のどれだけを占めるのかが
この構図の判断のしどころ。
最近の梅雨は、シトシトではなく
ザーッ!と言うイメージ。
今日も朝から激しい雨、
今年の梅雨は早く明けるらしい。
また暑くなるが、いい絵を描きたい。(F6)
コメント

千里南公園。やはりスケッチは屋外で。

2020年06月16日 | 日記


どうにか外出規制が緩んだ6月、
2回目のスケッチは、緑豊かな千里南公園。
一気に暑くなって
水分補給をしながらのひと時。
この絵は、実はトイレだ。
快晴、緑の中の
レンガ色が鮮やかだったので描いた。
2ヵ月間、写真を見ながら
室内で描いていたが
やはり青空の下はいい!!(F6)
コメント

久しぶりの屋外スケッチ、千里中央公園。

2020年06月05日 | 日記


2ヵ月ぶりの屋外スケッチは
千里中央公園。
外出自粛で足腰が弱くなった。
久しぶりに歩数計が1万歩を超えた。
熱さも一気に真夏日。
マスクをして歩くのは辛い。
でも、繁りはじめた緑の下で描くのは
気持ちいい。
作品の出来よりも
開放感を存分に楽しんだ。(F6)
コメント

箕面滝道、初夏の木漏れ日。

2020年05月25日 | 日記


コロナウイルスの
「緊急事態宣言」がようやく解除された。
少し自由になり、わが町箕面の滝道も
散歩の人出が増えるのだろうか。
陽ざしが春から夏のまぶしさになった。
沖縄は入梅したそうで
いよいよ夏の到来。は、いいのだが、
気温が高くなるとマスクは厳しい。
第2次感染防止のためにもしかたないか。
この絵は、以前の写真を見て描いた。(F6)
コメント (2)

外出を控えて描いた、奈良の生駒神社近く。

2020年05月15日 | 日記


新型コロナウイルス自粛の
「緊急事態宣言」がやっと解除された。
100%とは行かないが、
誰もがホッとしたと思う。
外出を控え、以前の写真を選んでは
駄作を重ねた。
その中にこの1枚も含まれる。
2年前に行った
奈良・生駒神社の近くの集落。
この辺りは日本の歴史の宝庫だ。(F8)
コメント