相棒たち

smash・桜子・ポロ・カフェラテ・kneeは天寿を全うし、今一緒に暮らして居るのは「あゆ」と「カプチーノ」。

轍(わだち)・・・昔こんな「詩」があった:その82

2020年12月04日 | 詩・唄・歌・曲
♪ あの日 湯島聖堂の白い 石の階段に腰かけて
♪ 君は陽だまりの中で盗んだ檸檬 細い手でかざす
♪ それを暫く見つめた後で きれいねと言った後でかじる
♪ 指の隙間から蒼い空に かなりや色の風が舞う

♪ 食べかけの檸檬 聖橋から放る
♪ 快速電車の赤い色が それとすれ違う
♪ 川面に波紋の拡がり 数えたあと
♪ 小さな溜息まじりに 振り返り
♪ 捨て去る時には こうして出来るだけ
♪ 遠くへ投げ上げるものよ

♪ 君は スクランブル交差点斜めに 渡りながら不意に涙ぐんで
♪ まるでこの街は 青春達の姥捨て山みたいだと言う
♪ ねぇほらそこにもここにもかつて 使い捨てられた愛が落ちてる
♪ 時の流れと言う名の鳩が 舞い降りてそれをついばんでいる

♪ 食べ掛けの夢を 聖橋から放る
♪ 各駅停車の檸檬色がそれを噛み砕く
♪ 二人の波紋の拡がり数えたあと
♪ 小さな溜息混じりに振り返り
♪ 消え去る時には こうしてあっけなく
♪ 静かに落ちて行くものよ

詩・曲・唄:さだまさし「檸檬」

YuoTubeへのリンク
https://www.youtube.com/watch?v=z04TUbpjI5s


 盗んだ檸檬、
 食べかけの檸檬、
 かなりや色の風、
 青春たちの姥捨て山、
 使い捨てられた愛、
 時の流れと言う鳩、
 食べかけの夢、


聖橋から放った檸檬は、川に波紋を広げ静かに沈んで行った。
青春たちの姥捨て山みたいな街のスクランブル交差点で涙ぐみ、
捨て去る決意と共に、放り投げた檸檬が造った波紋と、
二人の間の波紋を重ねて数えながら、ため息を付いた。
青春時代の苦い別れを見事に文学的な詩にしている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

叡王八段戦 C組予選準決勝 終局

2020年12月03日 | 将棋
杉本八段と藤井二冠、師弟の3回目の対局が、午後7時から関西将棋会館で始まりました。
対局室には杉本八段が先に入り、下座に着席しました。
振り駒の結果、藤井二冠の先手。
持ち時間は、確か1時間、その後は1分将棋なので、本日中に決着するでしょう。


予想より早く、9時半前に終局しました。
結果は、藤井二冠の73手目「6四桂打」を見て、師匠杉本八段投了。


三度目の師弟対局を終え、時折笑顔を見せながら感想戦を行っています。
本局より長い感想戦になるのでは・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

轍(わだち)・・・昔こんな「曲」があった:その81

2020年12月03日 | 詩・唄・歌・曲
今日は「詩」ではなく「曲」を・・・

作曲:ポール・デスモンド「Take Five:テイク・ファイブ
演奏:デイブ・ブルーベック・カルテット
PIANO:デイブ・ブルーベック
Alto.SAX:ポール・デスモンド
BASS:ユージン・ライト
DRUMS:ジョー・モレロ

YuoTubeへのリンク
https://www.youtube.com/watch?v=tT9Eh8wNMkw


「Take Five」はサックス奏者のポール・デスモンド作曲で、「五拍子で」と言う意味。
デイブ・ブルーベックの奥さんアイオラ・ブルーベックが以下の歌詞をつけ
カーメン・マクレンのボーカルで録音した事で、「5分間の休憩」と言う意味が広まったが。
「5分間の休憩」と言う解釈はつまり、後付けのアイディアだそうだ。

Won’t you stop and take a little time out with me?
ちょっと立ち止まってみない?
Just take five
5分でいいからさ
Stop your busy day and take the time out to see
忙しい毎日をやめて
I’m alive
僕を見つめ直してくれよ

ブルーベックカルテットのLPを買ったのはいつだったろうか。
ダイヤトーンのスピーカーで、一日中回していた事もあった。
今でもたまにBGMとして一日中繰り返し流して居る時がある。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

轍(わだち)・・・昔こんな「詩」があった:その80

2020年12月02日 | 詩・唄・歌・曲
♪ ひとりで寝る時にはよォー
♪ ひざっ小僧が寒かろう
♪ おなごを抱くように
♪ あたためておやりよ

♪ ひとりで寝る時にはよォー
♪ 天井のねずみが
♪ 歌ってくれるだろう
♪ いっしよに歌えよ

♪ ひとりで寝る時にはよォー
♪ もみがら枕を
♪ 想い出がぬらすだろう
♪ 人恋しさに

♪ ひとりで寝る時にはよォー
♪ 浮気な夜風が
♪ トントン戸をたたき
♪ お前を呼ぶだろう

♪ ひとりで寝る時にはよォー
♪ 夜明けの青さが
♪ 教えてくれるだろう
♪ 一人者(ひとりもん)もいいもんだと

♪ ひとりで寝る時にはよォー
♪ ララララ…

詩・曲・唄:加藤登紀子「ひとり寝の子守唄」

YuoTubeへのリンク
https://www.youtube.com/watch?v=v8VZ8r5tlUM


この詩がリリースされたのは、51年前、1969年の秋。
私が三浦を離れ東京でアパート暮しを始めたのもこの年の秋だった。

恋人が獄中に居て、この詩が・・・
加藤登紀子の心の強さにただただ感心するしかない。


以下、中川右介氏のコラムから抜粋

 加藤登紀子は、おそらく日本初の女性シンガー・ソングライターである。
しかし、1969年秋にシンガー・ソングライターとしての第1作「ひとり寝の子守唄」が発売された時、〈初の女性シンガー・ソングライター登場〉とは宣伝されなかった。
本当の〈初めて〉というのは、ひっそりと登場する。
誰も〈初めて〉であることすら知らなかったのだ。

東大生歌手としてデビューした加藤と学生運動のリーダー藤本敏夫との恋。
「ひとり寝の子守唄」を作るヒントになったのは獄中の藤本からのハガキだった。
「ひとりで小さな部屋にいると、朝起きてトイレ兼椅子の蓋を開けた時に、ひょっこり顔を出すネズミ君がたったひとりの友達だ。」
そして、この詩はレコード大賞歌唱賞のヒットとなりシンガーソングライター加藤登紀子が認知された。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

轍(わだち)・・・昔こんな「詩」があった:その79

2020年12月01日 | 詩・唄・歌・曲
♪ 人にやさしくされた時 自分の小ささを知りました
♪ あなた疑う心恥じて 信じましょう心から
♪ 流れゆく日々その中で 変わりゆく物多すぎて
♪ 揺るがないものただ一つ あなたへの思いは変わらない
♪ 泣かないで愛しい人よ 悩める喜び感じよう
♪ 気がつけば悩んだ倍 あなたを大切に思う
♪ ほら元どおり以上だよ 気がつけばもう僕の腕の中

♪ あなたに逢いたくて 逢いたくて
♪ あなたに逢いたくて 逢いたくて

♪ 眠れない夜 夢で逢えたら
♪ 考えすぎて眠れない夜 夢で逢えたら
♪ どこへ行こうか あなたがいれば どこでもいいよ

♪ あなたに逢いたくて 逢いたくて
♪ あなたに逢いたくて 逢いたくて

♪ 流れゆく日々 季節は変わる
♪ 花咲き散れば元にもどるの 
♪ こんな世の中 誰を信じて 歩いてゆこう
♪ 手を取ってくれますか

♪ あなたに逢いたくて 逢いたくて
♪ あなたに逢いたくて 逢いたくて
♪ あなたに あなたに

作詞:上江洌 清作、作曲:MONGOL800、唄:加藤登紀子「あなたに」

YuoTubeへのリンク
https://www.youtube.com/watch?v=X2GYzUpXR5w


MONGOL800と言うロックバンドのの代表曲らしいが・・・
♪ あなたに逢いたくて 逢いたくて
このフレーズとメロディーだけが聴き覚えがあった。
やっぱり加藤登紀子の聲は心地よい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加