ふわふわ‘ふう’ともこもこ‘マロン’とふんわり‘くりむ’とパンダの‘れたす’と葉状腫瘍と強迫性パーソナリティの‘ここ’

ーうさとにゃごとパンダうさの長毛3姉妹ズとトイプー暮らし♪病気3コともイヤイヤ付き合い中ナリ。。ー

七夕‥☆

2018-07-07 | ロンちゃん
今日は七夕ですね

七夕はサンタクロース並みに
大人には関係のない事のように思います

よってこれまで私は七夕に
なんの思い入れもなく過ごして来ました。。

一応クリスマスには
「クリスマスツリー」や
「リース」なんかを手作りしたり‥
しなかったり‥です。。

さての七夕‥☆
「1年にたったの1度だけ‥」
だけれど逢えるなんて素敵だな
羨ましいなと思います

私はロンロン☆に逢いたい‥

ナゼか夢にも出てきてくれなくて
夢でいいからロンロン☆に逢いたい!
と寝る前に強く強く思って眠りについても
ちっとも逢えずで‥

ロンちゃんと離れて10年以上も
経つけれど夢で逢えたのは
多分5回もないかと‥さみし。。

なんか
飼い主を心配してるコは
夢に出ないとゆうのを目や耳にする度
胸が締め付けられてしまいます‥

心配掛けないように
しっかりしなくては!
と思う毎日です。。



たぬきさんが混ざっているのは
ご愛嬌。。


こちらも雨降りで星は見えないけれど
一刻も早く日常に戻られますように
とにかく無事に動物たちも元気にと
ただただ願っております‥☆

コメント

♪ロンロン☆のお誕生日♪

2018-01-01 | ロンちゃん
おめでたい元旦の今日は
「ロンちゃん☆のお誕生日♪」
でもあります

小鳥屋さんに保護されてた
☆雑種のロンちゃん☆
は本当のお誕生日はわからないけれど

3ヵ月くらいだったので逆算し
そして縁起の良い
「1月1日☆」に♪

だけど小学生だった私は
お誕生日がわからないなんて
全然気にしてなかった☆

ただただ
☆ものすっごく嬉しかった!☆

わんこで役所に提出が必要の
親が決めたのでもちゃんと

「ロンちゃん☆のお誕生日♪」
はあったのに大人になっても
お祝いをしてあげなかった‥。。

《☆お祝いをする☆》は

「ふうちゃん♪ブログ(マロ付き)」
でうさ友さん達のを見てやっとで気づいた‥

「手作りケーキ♪」
作って食べさせてあげたかったな凄く。。

ロンロン☆の紹介を前ブログでは
したことがなかったので

「☆大好きだよロンちゃん☆」
の気持ちを込めてご紹介♪



棚の中にある可愛いぬいぐるみは
私の☆ロンロンの宝物☆です

ふうちゃん♪もくりむもれたすも
この中に入って
「可愛いぬいぐるみと同化♪」

テカテカしてるのはビニールシート
アノ?「おさるさんくむ!」
の防御の為活躍
今は使ってません

さて
「ぬいぐるみのような可愛いお姫さまたち♪」
も一緒にアップしたくて探し

けどアノ?膨大な量のデータから
探し出すのは困難を極め挫折

でももっともっと嬉しい
「ロンロン☆のお誕生日♪」
にぴったり!
のを見つけれました

だって数年前の
「今日!☆」のなのだ!

‥が
やはりの毎度のいつもの
にっくき宿敵のアノ?
「またしてもっっ!!」
に木っ葉のみじん切り‥

シクシクぐすんぐすん

ナゼか「SDカード」を入れても
「挿入表示すら出ナイ‥」のだ。。

でも頑張り掃除機をかけ
なんとか直り
2回はコピー出来たのに‥

‥もう掃除機も効かナイ。。

(マイナスドライバーを使わナイと開けれナイ
裏側に挿入口がある為牧草の粉が溜まるのか?)

シクシクぐすんぐすん。。


こないだのクリスマスに書いた
アノ?「葉っぱツリー☆」

ツリーのてっぺんには
やはり書いたアノ?一日サンタさんの

「ふうちゃん♪サンタさん☆」
がお耳にはめてた
「サンタさんたすき☆」
が葉っぱツリーのてっぺんの星を飾る☆

12月14日に来たばかりの
♪あかちゃんくむ♪が

「飾りを捕ろうとしてる可愛い姿♪」

さらにはなんと
マロも来てて

「マロと葉っぱツリー☆」
「♪マロとくむの初ご対面~♪」

も見つけれたのに‥

シクシクぐすんぐすん

ナゼにいつもすんなり行かない
こんなにも頑張っているのに‥


でもでも
今となっては奇跡的なご褒美!☆
ですらの
アノ?「2回☆」で

♪あかちゃんくむれた♪
は取り込めたので

「れたのはじめまして記念日☆」
の日にアップします♪

コレを紹介出来るだけでも
ホントよかった‥

‥コレすら出来なくなったんだから

掃除機気づいて頑張った私!
‥もう効果ナイけど‥。。

♪あかちゃんのくむとれた♪
は記念日☆がもうすぐなので
少しのお待ちを~


コメント

ー☆ロンロン☆への想い!ー

2017-11-13 | ロンちゃん
ロンロン☆にお付き合いありがとです♪

写真がアップ出来るようになったら
すぐさま☆ロンロン☆をアップせねば!

でもロンロンがどんなに可愛いか
気になる方は前ブログをチェック!

部屋のアチコチに写真が飾ってあり
ふうちゃん♪と一緒に写ってますので
よかったらロンを探してみてくだされ~

ふうちゃん♪のケージの上が
穴場かと(‥人任せ)


私の長い人生でもあんなにも嬉しかったのは
ロンロンを飼ってもいいと言われた
確実に「☆あの時☆」です

大人になればある程度は自分で出来る
ほとんどの事を自分で選び
そして責任を取らなくてはならない

けれど子供は親に従うしかない

私の命を大切に思う気持ち
動物が大好きな理由は
簡単に動物を飼えなかったから

だから子供の時の理不尽ゆえの
数え切れない程の数の涙は
今は☆良かった事☆
となんとかしています 
辛過ぎだけど‥。。


私はロンロンを家族に迎えてから
ずっとずっと幸せだった☆

18年間もの長い間いつも
私の傍にはロンロンが居てくれた☆

「1番お世話をした人に懐いてくれる」
と帰りの車の中で母親が言った

ロンロンが入ってる箱を膝に抱っこしながら
私は「私を1番大好き♪」になって貰おう!☆
と決意し強い気持ちと嬉しさとで
帰宅の車の中ロンロンを撫で続けた

それから
お散歩もお世話も一生懸命頑張った! 

だから
「☆ロンロン☆」
は私を1番に愛してくれた♪

私に1番最初に幸せを与えてくれた
大事な大事な世界一可愛い
☆ロンちゃん☆


☆ロンロン☆
私は今でもロンロンのおかげで幸せだよ!
ありがとうじゃ足りない
言葉をどんなに並べても現せない程
ロンを愛してるよ♪

それにうちの子達を私のとこに
連れて来てくれたのは
ロンちゃんだよね
ほんとうにありがとうね☆


(私大分おかしな人になってますが
大丈夫でしょうか?付いて来れてますか??
まあ動物ぶろぐどころかコノ巻物
読んでくれてるめずらし好きさん達なら
大丈夫かとは思うのだけど‥自分が心配)


では続けてどうぞ
(心配は拭えナイけど‥)


私ロンロンを感じる事があるんです
わかりやすい所だと
「雨に当たらない」

まあ雨の時は傘さしてるけど
土砂降りの時、突然の雨で傘がない時

車から家、スーパーまでの
ほんの少しの時間だけ
「雨が止むんです」


そして不思議感満載は
私がもの凄く大変な時に起こるのです!

それは『ー虹ー』
大変な時に☆2度☆
虹の贈り物を貰ったのです

一度目はふうちゃん♪の初めての
「麻酔」での不正交合の処置の時

麻酔が不安で不安でたまらず
怖くて怖くて仕方なかった時
ふうちゃん♪を病院に預け出ると
もの凄い土砂降りに

空は真っ暗お昼なのに
気持ちはさらに落ち込みます

すると一度帰宅の車中土砂降りが止み
晴れたねびっくりと言ってると
その先には大きくてそれもちゃんと
『7色のそれは綺麗なー虹ー』が‥!☆

姉と一緒に
「ロンロンが大丈夫だよ!」
って言ってくれてるね
「守ってるから大丈夫!」
って伝えてくれてるね
と励まされたのです☆


もう1コの虹は
私が①の病気で初めて病院に行った
帰りの車中

またしても土砂降り
「でも私ロンロンのおかげで雨には
濡れナイから大丈夫!」
と自慢しながら曲がれば家

で曲がったら真正面にやはり
『大きくとても綺麗なー虹ー』

私が「雨に濡れナイ」すら疑ってた家族も
さすがに
「ホントだね!」
「ロンロンは今でも
私を守ってくれてるね☆」
と認めたのです


こうゆう事は動物と暮らし
深い繋がりで結ばれた人(飼い主)
なら珍しい事ではナイと思われますが

まあ本でもよく読むし
テレビでもよくやるし

私が不思議ちゃんにならない事を願いつつ
とりあえず☆ロンロンとの出逢い☆
は完結で

これから始まる☆ロンちゃん☆との
幸せな幸せな暮らし出来事お出掛けなどなど
たくさんの思い出はまたこれからゆっくり
書くことにします♪

長々とお付き合いありがとです


コメント

ー☆ロン☆との運命的な出逢い!☆ー

2017-11-13 | ロンちゃん
一番飼いたいわんこが保護されて傍にいる‥
でも飼えないことは既に十分知っている。。
やっとやっとでの「小動物」だったのに‥

涙が目に溜まりしまリスも小鳥も
よく見えない‥
うさぎがいるかなんてわからない。。

涙がこぼれ拭ってると
姉と双子の片割れが

『犬飼っていいって!☆』
『白の子と茶色の子、どっちにする?』

と「夢か」と思うことを言ってきた!
ウソみたい信じられない
よく理解できないままわんこのとこへ
引っ張られて行く


私は近所の「スピッツのランちゃん」
が大好きだった♪
優しくてとてもかわいかったのだ

だから一目だけだけど見た時から
『白いわんちゃん』と思ってた☆

小鳥屋さんのおじさんとおばさんは
とっても嬉しそうで凄く喜んでくれた

私が動物大好きなのは
ブロには一目瞭然だったと思う

だから、よかったほっとした
いい子にもらわれてよかっね嬉しいね
と白いわんちゃんに言ってた

そして私中心に話してくれた
この子達兄妹がうちに来るまでの経由も
いくつものおうちを回って
うちで保護してくれと頼まれたのだそう

たからおじさんもおばさんも
白いわんちゃんへの想いは強かったハズ
だけどさみしさ等は全く感じなかった
不安や寂しさがナイはずないだろうに

あの時の私はおじさんとおばさんが
すごく嬉しそうで喜んでくれた記憶しかない
気づいたのはもっとおっきくなってからだ

だから単純に2人に負けないくらい
一杯一杯可愛いがろう!
白いわんちゃんに淋しい不安な思いは
絶対させないぞ!と誓って頑張った☆

おばさんは白いわんちゃんの為に
子犬用のごはんも赤色の首輪もお皿も
とたくさんプレゼントしてくれた♪

そして
この子は「スピッツのお母さんと
柴犬のお父さんの子」だから
「今(3ヵ月くらい)は真っ白だけど
少ししたら茶色になるよ」
と教えてくれた

おじさんの言った通り少ししたら
淡いクリーム色の模様が
さらに可愛さアップだ♪

(おじさんは心配で言ったのかも
真っ白じゃなくなったら
私がショックを受けるかもと
子犬のことも心配したと思う
が、私には心配ご無用だ!)

スピッツと柴犬だけの血じゃない事も
子供なりにわかってた

(柴犬はおじいちゃんが大好きで
代々そして名前もチビでオス
スピッツと柴犬
だった事にも何か繋がりや不思議な縁
運命的なものを子供ながらに思ったし
今でもすごく思ってる)


色々な血(雑種)が混ざってるのも
私にはロンに似た子はどこにもいない!
と嬉しい自慢になるのです♪

スピッツの血と柴犬の血が
入ってるのはホントでロンちゃんは
『♪スピッツ似のふっさふさ♪』

私の長毛好きの
きっかけになった子です☆

ブラシが大好きでブラシを催促するくらい♪
なのでブラシや爪きり毛のカット
お風呂も全て私がしてました

小学生の子供が育てたとは思えない程
もの凄く賢く優しく愛情深く
その上
もの凄っく可愛いのです♪♪

家族以外には触らせない程
家族想いの自慢のわんこなのです☆


1度、スカウト?された事も

「可愛いくていつもお散歩の時間見に来てて
同じ犬種の子をと探したけど見つけられない
わんちゃんが何の種類か教えてください!」

あれは最高に嬉しかったよね♪
☆ロンちゃん☆ 

「雑種」です♪ 
と自信満々に喜んで答え!
がっかりされた程です

スピッツと柴犬の血は入ってます
とは伝えたけれど


今の私でもロンロンにそっくりな子は
1匹だけしか見た事ナイです
ネットで見て驚いたから双子の片割れに見せた程

ロンロン☆と言って見せたのに
騙されなくて悔しかった‥
淡い色の模様からやせっぽちなとこ
までそっくりだったのになー


こうして、奇跡的にロンロンに出逢い
そして家族に迎えることが出来たのです☆


また巻物に‥
でもロンちゃんの事だもの
仕方ないのです♪

まだお付き合いおっけーの方は
お次へどうぞ~


コメント

ー☆ロンちゃん☆のご紹介♪ー

2017-11-13 | ロンちゃん
昨日はさっそくの病気ネタにお付き合い
ありがとでした☆

さて今回は私の「最初♪」の大事な大切な
王子さま『☆ロンロン☆』のご紹介♪

うちの子達以上に運命を感じた
必然的な出逢いでした☆

ロンロンと家族になれなかったら
「今の私」にはならなかったハズ。。


ちっちゃな頃モノ心がつく頃にはすでに
動物が大大大好きだった私

けれどうちは動物が飼えなかった‥

祖父,父が動物が大っ嫌いで
でもその事は
長い間隠されていたのだ‥。。

正直に言ってくれたら
不満も疑問も理不尽な思いもせず
諦めが付いたハズ

動物嫌いだから飼えナイ
私にはどうする事も出来ナイ‥
と私が気づくまで様々な
「難題クリアできたら小動物なら飼ってヨシ!」

を苦労しながら頑張ってきた
ムダな努力をし続けた‥

叶える気ナイくせに
私の弱み(動物と暮らしたい)
に付け込みひどい事された
人間不信だ

頑張ってえらかったね!
とあの頃の私を褒めちぎってあげたい!☆

小学4,5年生になる頃に
自分で気づいた‥
うちじゃ動物は飼えないと‥。。

それまで
「いっぱいごはんを食べて太る事!」
(やせっぽちだった)
「成績表の最高の数が何個に増えたら!」

とゆう叶わない
『闇の取引』
に素直に戦いを挑み
敗北し続けるのです‥
可哀相過ぎる私。。


だけどまだまだ小さな子供の私
飼えない悔しい悲しい理不尽な思いを
どれ程し、どれだけ泣いたか‥

千は軽く超え万は行く

簡単に動物を飼えなかった事が
今の私の
「命と向き合う強い想い」
になったのだと思います
だから良かった事なんだと
なんとかしてます


私の頑張りをやっとで認め
やっと「小動物」なら飼っていいと
許しが出たのは
小学6年生になる春休みでした☆

私の憧れ続けた『夢』が等々叶うのです!!
図書室の動物の本はほぼ全て読んだ私が
「小動物の中」から選んだのは

『しまリス』でした
もしいなかった事も考え
『文鳥』も候補に入れてました

もちろん勉強はしまくり
準備万端で完璧です!☆

田舎でペットショップもなく
隣り町まで行っても「小鳥屋」しかなく
『うさぎ』はお祭りでしか
見た事がなかったのです

ホントなら小動物なら『うさぎ』
と暮らしたかったけど
小鳥屋さんで見た事がなかった

私の大好きな飼いたい動物
ランキングは←から
「犬、猫、うさぎ」だったのだけれど

やっとのやっとの思いで
自力で掴み取った
『小動物』です!!
十分かなりの嬉しさ感で
ハンパなかったです♪

嬉しくて嬉しくて
♪ウキウキどきどきルンルン気分♪
で家族みんなで小鳥屋さんへ!


が、小鳥屋さんに行ったら
『わんこの子犬が2匹』
保護されてたのです‥
わんこがいた事なんてなかったのに。。


1番飼いたい1番大好きなわんこが
保護されてるなんて 

「天国から地獄‥」
あんなに喜んで嬉しくて嬉しくて
幸せいっぱいだったのに

涙が出そうです‥

必死にこらえても涙で目がにじみ
しまリスもよく見えません
 

子供には今しか考えられないから
あとたった数年ガマンすれば
好きなだけ動物と暮らせる
は子供の私には考えられなかった‥


だけど、コレまでの頑張りと
動物好きはもちろん祖父も親も
親戚みんな知ってたのです

大分大人になってから知ったのだけど
おじいちゃんも父も自分のせいで
動物大好きな私に飼ってあげれないと
責め申し訳なく思ってくれてたそう

言って欲しかった
ムダな努力をたくさんした‥

(私だけが金魚のお世話をしてた事
姉の金魚なのに兄弟誰もしないから
普段の私を見てるんだから
まあ当然だ反省しまくって欲しい)


動物が大好きな母方のおじいちゃんは
私が可哀相過ぎると何度も母に
「説教」してくれてたそう

いとこのおじいちゃんちは
動物大好きなおじいちゃんの元
動物フリーで
あらゆる動物を飼っていて
わんこのチビのお世話をするのも
お泊まりのお楽しみにしてた程


長ったらしくなったので
(大分削除してるのだけれど
まあそれだけ想いが強いので)

コピーしてと
子犬わんことはどうなったのか?!
はお次へどうぞ


コメント