ひまあり人は風まかせ~

自分で歩いて得た季節のきまぐれ情報です。気が向いたときに写真付きで時々出します。

冬咲きニオイカズラとウグイスカグラ

2019-03-15 | 自然

ニオイカズラとウグイスカグラはどちらもスイカズラ科の落葉低木です。花の付き方の雰囲気も似ています。

冬咲きニオイカズラは中国原産で名前のように冬(1月~2月末)に白色~淡紅色の花を咲かせの芳香を発します。実際に沈丁花のような強いにおいではなくほのかな香りを辺りに漂わせていました。

 フユサキニオイカズラ(ウィンタービューティ)

  

  

 

ウグイスカグラもスイカズラ科ですが、名前はなぜか「カズラ」ではなく「カグラ」です。

ウグイスがこの木の枝を渡り歩く姿が「神楽を舞う様だ」というのが名前の由来の一つと言われています。ウグイスが鳴く頃に鳴くさくことから別名ウグイスの木とも呼ばれます。

こちらは未だ咲いている木は少ないです。

 ウグイスカグラ

  

 

ジャンル:
みんなの花図鑑
コメント   この記事についてブログを書く
« 早くも桜が咲きだしました。 | トップ | 雪割草 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自然」カテゴリの最新記事