エシカルで三重のステキを発見 ☆ ミエシカル

オーガニック、フェアトレード、伝統工芸品など環境や人に優しく配慮した様子(モノ)の総称エシカル。三重のエシカルをご紹介!

日本初のエシカルジュエリーHASUNAの白木夏子さんの本を読んで

2016年11月29日 09時38分21秒 | エコ・エシカル
昨日の夜、 「The Challenges Of An Ethical Jewellery Brand : HASUNA 世界と、いっしょに輝く  エシカルジュエリーブラント  HASUNAの仕事」 という白木夏子さんが書かれた本を読みました。 内容的には、 ・白木さんがなぜNASUNAをしようと思ったか ・その経緯 ・夢物語といわれたエシカルジュエリーの素材をいかに集め始めたか ・制作する商品(ジュエリー)デザインに込める思い ・ジュエリー・美とは何か などがかかれていました。 私自身、エシカル事業を始めた当初、 「三重県内にある、魅力がつたらわらず眠ったままの素敵な商品を  エシカルという視点でとどけることで、その魅力や価値を再編集したい。  そして、知っていただき、足を運び、購入してもらうことで、地域を元気にしたい」 そんな思いではじめました。 その気持ちは今も変わっていません。むしろ、想いは膨らむばかりです。 三重県からローカルながらもエシカルという視点で商品を紹介し、多くの方に知っていただきたい。 そして、 伝統製法で作っているものや環境や人に優しい商品を大切に守っていきたい。 また、自分にも子どもが生まれ、安心安全で作り手が見えるエシカルな商品を届けたいのは、 子育て中のお母さんやお孫さんを大切に思う祖父母だ。と、どんどん募っていきます。 そして、販売できる場所の確保と届け方を考えたとき、 今の通販サイトの立ち上げにいたりました。 エシカルは、支援では成り立たないと思っています。 仮に形としては成り立ったとしても、誰もが幸せという状況にはなれないと思います。 きちんとビジネスになってこそ、生産者・間を担う私たち・お客様、 すべてが幸せになれる。 それは、文字にすると単純だけど、実際に展開するうえではとても難しい。 そんなことを考えていた最中でした。 この本から、立ち止まって考える機会をいただきました。 . . . 本文を読む

親子で安心して食べれる手作りサンドイッチ ロロを持って、子どもと一緒に公園へ行ってきました!(四日市駅周辺 諏訪公園)

2016年11月10日 12時19分25秒 | スポット
今日は、念願の前々から食べたかった「パン、サンドイッチの具まで手作りのサンドイッチのお店 Sand Kitchen RoRo」を持って、1歳7か月になる息子と一緒に四日市駅近くにある諏訪公園とこどもの家(中央児童館)に行ってきました。わかりやすいよう、公園やこどもの家の写真を掲載しています。是非、子どもと一緒に公園や児童館にいってみてくださいね。 . . . 本文を読む