茂原学習塾・予備校塾長日記(誠心学院予備校)

塾・予備校の出来事や内容紹介。
身の回りの出来事や思ったことを
綴っています。また、様々な情報
も発信しています。

アブ・シンベル神殿

2009-05-30 13:07:50 | 風景
オリジナルは、砂岩でできた岩山を掘り進める形で作られた岩窟神殿。大神殿と小神殿からなる。建造主は新王国時代第19王朝の王、ラムセス2世。 大神殿は太陽神ラーを、小神殿はハトホル女神を祭神としている(小神殿は最愛の王妃ネフェルタリのために建造されたものでもある)。

建設後、長い年月の内に砂に埋もれていたが、1813年にスイスの東洋学者ヨハン・ルートヴィヒ・ブルクハルトによって小壁の一部が発見され、1817年にブルクハルトの知人であったイタリア人探検家ジョヴァンニ・バッティスタ・ベルツォーニによって出入り口が発掘された。

1960年代、ナイル川にアスワン・ハイ・ダムの建設計画により、水没の危機にあったが、ユネスコによって、国際的な救済活動が行われた。1964年から1968年の間に、正確に分割されて、約60m上方、ナイル川から210m離れた丘に移築された。このことが、世界遺産の創設のきっかけとなった。アブ・シンベル神殿は世界遺産の象徴的な遺跡で、世界文化遺産に登録されている。

この神殿では、年に2回神殿の奥まで日の光が届き、神殿の奥の4体の像のうち、冥界神であるプタハを除いた3体を明るく照らす。これを一目見ようと多くの観光客がその日に訪れる(場所を移した際にもともとの日から、1日ずれてしまったが)。その2回とは元は2/22と10/22である。ラムセス2世の生まれた日と、王に即位した日にこの現象が起こる。

アスワン・ハイ・ダムの建設によってできた人造湖のナセル湖のほとりにたたずんでいる。
コメント

何も言わない花。

2009-05-16 13:57:26 | 日記
花は何も言わずに綺麗に咲いています。

あれこれ主張せずに自然のままに。
コメント

今日は暑いです。

2009-05-12 14:51:46 | 日記
今日は暑いですね。

それでも日本は幸福な国です。

世界では5人に1人が食べ物に困っているといいます。

毎日ちょっとでも誰かのために何かをしたいです。
コメント