深空(mi so ra)

忘れたくないこと、憶えておきたいこと、心に留めておきたいこと・・・
記憶の受け皿に少しずつ並べていく。

神の手はにじむピンク

2010-03-14 20:57:20 | 映画
ミッシェルガンエレファントの「THEE MOVIE」を昨年の暮れに観る。
年末の渋谷の映画館は全席完売で立ち見まで出るほどの盛況だった。
幕張メッセのラストライブが2003年10月11日。もう6年以上経つんだな・・・
解散してしまったことへの感慨や、アベフトシが亡くなってしまったという未だ信じ難い事実を差し引いても、大画面で大音量でライブ映像を観ることができたのは単純に楽しめた。冒頭の「ドロップ」はイントロを聴いた瞬間にパブロフの犬みたいに涙が出てしまったけれど。豊田監督の「青い春」でも「赤毛のケリー」と共に強烈な目に見えない残像をスクリーンに焼き付けた曲だ。そういえば「ドロップ」も「赤毛のケリー」もイントロはアベフトシのギターから始まる。アベがイントロを奏でそこからどっと音がなだれこんできて本編が始まる。ドロップの切なくも力強いあのリフは誰も同じように弾くことはできない。大画面に写しだされたアベの顔を観ながらそんな思いに囚われた。他に演奏された曲は懐かしく大好きだった曲群ばかりであって、「BIRDMAN」「ジェニー」「GET UP LUCY」等々・・・「ダニーゴー」も聴きたかったな。
確実に演じ手と受け手が共有した時間 二度と再生することができないその刹那を そのとき胸に去来した感情を記憶によって“生き物”として甦らせることができた二時間だった。
コメント

2009年12月31日

2009-12-31 18:28:45 | 音楽
HAVE YOU EVER SEEN THE STARS?

今年も今日で終わり。
一年を無事に終えることができることに心から感謝。
来年もよい年にしよう。

今年のライブの締め括りもモーサムだった。去年のCDJからもう一年。本当に時の経つのは早い。
今年は12月21日のZher the zoo代々木が最後。
今年は後半を過ぎたあたりから、“実験期間”と称して、ドラムの藤田勇がギターを持ったり、ライブをやるごとに新曲を披露したり、アルバムリリースはなかったけれど、来年への期待が高まる展開を見せてくれた。
うまく言葉では言えないけど、モーサムのライブを観るようになっていつも感じることは、このバンドは必ず何かを確実につかむのだな、と。毎年毎年必ず腑に落ちるのだ。今年も音源化はまだされていないけれど、新しい音を何曲も聴くことができて充足感に満たされたのだった。
気持ちは一年前にここに書いたことと同じ。
今年も彼らの音楽に触れ続けることができて幸せでした。

いつかライブで百々が言った言葉 「ライブは続くし、モーサムも続く」


モーサムへ
今年もありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。


コメント

2009年11月15日

2009-12-31 18:28:07 | 
コメント

2009年10月31日

2009-12-31 18:25:12 | 
コメント

ゴジラも世につれ

2009-10-05 20:53:35 | 映画
「東宝特撮映画DVDコレクション」

TVCMを観て、即効買い。もうビデオ持っているんだけど(笑)。

本屋で手に取ったとき、子供の頃買った附録つきの雑誌みたいになんかワクワクした。
こういうワクワクは久しぶりかも。

「水爆大怪獣ゴジラ」

これからじっくり観ることにします。

次号は「モスラ対ゴジラ」だそうで、ゴジラ作品の中でも自分の中ではいろんな意味で一番の作品なので、これも買ってしまうなー。

ほかにも「ガス人間第一号」や「「宇宙大戦争」「海底軍艦」観たい作品が目白押し。

ゴジラは現時点で最後の作品「FINAL WARS」まで全作品リリースしてくれるようで、FINAL WARSからもう5年も経ったのかと・・・もう5年ゴジラに会っていないのだな、と思ったり。
2001年の東京国際映画祭で「ゴジラ・モスラ・キングギドラ大怪獣総攻撃」を観たとき、キングギドラが千年竜王になるシーンでオーチャードホールが拍手喝采に包まれたのを思い出したり。

これも一つの「記憶を掘り起こす旅」であります。


コメント