らくがき・ルナ

ルナ。色塗り間違っちゃいました。面倒なのでそのままごまかし…。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・アンジェリカ

アンジェリカ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

四季 秋(森 博嗣)

四季 秋(森 博嗣)。読み終わりました。これは主に犀川と萌絵ですね。「有限と微小のパン」の続きが書かれています。S&Mシリーズが好きなら、これは読むべきではないかと! その後のふたりが見られて嬉しかったです。すごく不安を残した終わり方でしたし、どうなるのだろうと心配でならなかったのです。

それに、今さらのように新事実が…! Fはあれがすべてではなかったわけで。恐るべし真賀田四季。というか、恐るべし森博嗣氏と言いたい(笑)。

S&Mシリーズはもちろんですが、Vシリーズも読んでおいた方が確実に楽しめそうですね。春も夏もそうでしたが、今回はS&Mシリーズとのリンクがかなりあるようなので特に。私は Vシリーズは未読なので、微妙にくやしい思いをしてしまいました。


----------
ここからはネタバレありです。

萌絵はやっぱり可愛いな! 指輪をもらったあとの萌絵の壊れっぷり(笑)が、可愛くて仕方ないです。しかし、結局、指輪の意味はわからないままでした。普通じゃない犀川なので、普通に考えていたら肩すかしを食らいそうですけど。どうなんだろうなぁ。1回、何か言いかけたけど、そんなたいそうなことでもなさそうな感じでしたし…。

瀬在丸紅子が犀川の母親で、祖父江七夏が世津子の母親だったのか。ここらへん、複雑そうですね。前回、林が「犀川です」と名乗っていたのもよくわからなかったのですが、いまだにわからないままです…。でも、この人が犀川創平の父親であることは間違いないみたいですね。あれ? 林って、姓ではなく名前? うーん、よくわからない。私が何か大きな勘違いをしているのだろうか。

真賀田四季は犀川が瀬在丸紅子の息子と知っていて興味を持ったのでしょうね。

真賀田四季のお話の三つのこと。そのまま鵜呑みにしてもいいものかどうか。これが本当だとすると、Fで語られた動機やらなにやらがすべてひっくり返ることになりますが…。もちろん、犀川の推測にすぎないので、間違っていても不思議ではないですけど。

もし、娘の死が本当に事故だとしたら、いや、事故というより自殺ですかね。もしそうだとしたら、それが起こってから、すべてを準備したということになりますけど。とてもそうは思えない。何年も前からの用意周到な行動は何のためだったのか、ということになってしまいます。百歩譲って、起こったことはそのとおりだったとしても、それは真賀田四季がそうするように上手く誘導した…と考えた方がありえるかなぁ。死と再生の実験のために、あらかじめ想定したシナリオだったと。クロンは肉体の束縛から逃れるための方法だと考えているのだろうか。

もし、本当に想定外の事故だとして、彼女の細胞を持ち出しクロンを作ろうとしているとしたら、それは新藤の細胞のためなのかもしれない。そうしなければ、新藤の細胞が途絶えますからね。体だけのこと、などといいつつ、「夏」では細胞を受け継いだとか、そういうことにこだわっているように感じましたから。

まあ、これはきっと冬に続くことですよね。冬も楽しみですよ!
----------
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・サイファ

サイファ。うにゃー、絵が描けない。気分を変えようと思って男を描いてみたけど見事に自爆。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・アンジェリカ

アンジェリカ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

DEATH NOTE「突入」

キャンパスライフから一転してシリアス展開。とうとうキラ対策本部の刑事さんも亡くなりました。これはショックでした。本当に月の仕業なのでしょうか。どうもやり方が月っぽくない。それに、名前を知りようもない一般の警察官まで亡くなってますし…。どういうことだろう。

夜神局長。入院中にも関わらず、病院を抜け出し、護送車でテレビ局に突入。さらに銃で脅してテープを奪う。オイオイ、むちゃくちゃだな(笑)。もっと思慮深い人だと思ってたのに、意外と突っ走りますね。あの親にしてあの子あり、かもしれません…。

もうひとりデスノートを持つ人物がいる。しかも、死神の目を持っている…ということなのですね。なるほど、納得です。で、あのミサという子がもうひとりのキラか。声はバカっぽいけど(失礼)、やり方をみているとそれなりに頭が良さそうです。月ほどではないかもしれませんが。またやっかいな子にデスノートが渡ったものですなぁ。声はいつもエンディング後にコスプレしていた子なのですね。

Lは月に捜査協力を要請するようです。ただし、もうひとりのキラのことは伏せて。うわ、またややこしいことになりそうですね! ミサも絡んできますし、3人の駆け引きになるのかな。楽しみです!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 2 )

らくがき・レイチェル

レイチェル。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・梨子

梨子。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

名探偵コナン 迷宮の十字路(クロスロード)

京都ですー。DVDを持っていて、すでに飽きるくらい見てますよ。いまさらと思いつつ、やっぱりビデオ予約してしまった私です。せっかくなのであとで見ます~。(後半しか見てないので)

これを見るとすごく京都に行きたくなるのですよねぇ。背景はかなりきれいです。満開の桜がすごく印象的。京都の町並みや名所も忠実に描かれていますね。ストーリーはところどころ納得がいかないところもあるのですけど。いや、細かいところなんですけどね。平次が初恋の人をいまだに探しまわっているとか、平次とコナンがそれぞれの思い出(恋愛がらみ)を語り合ったりとか、幼なじみの顔も声もわからないなんてとか(笑)。

何気に好きなのは、平次に変装した新一の、ちょっと下手な関西弁(笑)。あきらかに平次のしゃべり方とは違いますよね。下手でも頑張って関西弁をしゃべっているだけ偉いけど。平次なんて、新一に変装しても関西弁丸出しだったし(苦笑)。

ワタシ的には和葉の出番が多いのが嬉しいです。好きなんですよ。ひたすら平次に一途でいじらしいです。傍から見て素直にそれがわかるのが可愛らしい。「阿呆」「ボケ」とか軽く言い合える関係というのもいいなぁと思う。

名探偵コナン 紺碧の棺(ジョリー・ロジャー)の特報をちょこっとだけやっていました。あの声は蘭…ですよねぇ。コナン君とか言ってたし。海底神殿に沈めらたり…?? 前回の蘭は危機感がまったくなかったので、今度はたっぷりつらいことが用意されてそうな気がします。

名探偵コナン@SKY BLUE
コメント ( 2 ) | Trackback ( 2 )

らくがき・アンジェリカ

アンジェリカ。膝抱え。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

四季 夏(森 博嗣)

四季 夏(森 博嗣)。読み終わりました。今回は真賀田四季 13歳のときの話。「すべてがFになる」を読んでいる人にはわかると思いますが、例の事件とそれに至るまでが書かれています。

そんな重要な話にもかかわらず、こんな阿呆な感想を書くのは憚られますが…四季のあまりの可愛さに身悶えしてしまいましたッ。いや、こうなるとは思いもしませんでしたよ! 特にツボだったのは、タクシーでの眠ったふりと、キスの練習、そして「おじさん」を「お兄さん」に言い直したところ。いいね! 可愛いね!

例の事件のところは、Fで四季が自ら語っていたことと少し違っていました。実際はこういうことだったんだなぁ。「すべてがFになる」を読んだ方にはぜひ読んでもらいたいです。


----------
以下、ネタバレありです。

四季も成長して、子供の頃のような気難しさは消え、それなりに社会に順応していました。研究員に付き合って一緒にラーメンを食べたり、ひとりで電車に乗って出かけたり。普通の人の会話に普通に応じたりもしてましたね。天才だから、それを装うのも簡単、ということかな。

新藤に近づいたのは、普通に好きとか慕っているとかいう気持ちではなく、利用するためでは? とちょっとだけ疑念を持っていたのですが、各務亜樹良がその質問をぶつけてくれて疑いは晴れました。確かに、そんなことしなくても、四季ならいくらでも思いどおりにできますものね。

この遊園地あたりの四季は本当にめちゃくちゃ可愛いです。タクシーのときもそうだし、キスの練習も、泥棒さんとのやりとりも。「おじさん」を「お兄さん」に言い直すなんてお約束、まさか四季がやってくれるとは思いませんでした(笑)。

其志雄が復活。消えたわけではなく、深いところに潜っていたようですね。さらに、須磨が四季の中の人格として復活。Fでそう書かれていましたけど、名字が違いますし、本当に森川須磨の人格なのか疑っていました。ものすごく意外です。便利なだけで、どうでもいいような人だったのに。どういうことなのだろう。そもそも、私はてっきり四季が須磨を殺したのではないかと疑っていたのですよね。「夏」で違うということが判明しましたが。しかし、彼女の死には怪しいところがあるのも事実。その真相は明かされるのでしょうか。

新藤を誘うまでの計画、駆け引きはすごかった。まるきり大人の女性です。いや、ここまでやる人は滅多にいないでしょう。相手の奥さんの声色を使って電話をかけ、予定を聞き出すなんて(笑)。

四季が自分が妊娠したことを父と母に告げるあたりは、Fで四季が語ったこととだいぶ違いがありましたね。Fではたしか、もっと無邪気な感じだったはず。でも、実際はとても落ち着いていて、すべてを予想していた。父親に殴られたときも、驚いた様子もなく悟りきっていましたし。

両親を刺し殺すところも、ちょっと違っていました。新藤が四季を利用して刺し殺したというふうに思っていたのですが、四季自身の意思だったわけで。新藤の方が利用されたともいえなくない感じです。

四季は両親を殺したわけですけど、どういうわけか単純に非難する気になれないのですよね。擁護も賛同もするつもりはないのですが、彼女の中での純粋な考えに基づいての行動だったわけで。その考えも利己的なものではなく、ある種の真理を孕んでいるものだと思えますし。もちろん、人間としては非難されるべき行動ですが。真賀田四季は人間という枠組みに収まりきれなかった人間なのかな。動物や昆虫なんかは、合理性のために残酷なまでの習性を備えた種もあるわけで、何となくそんなものを思い出してしまいました。

砂浜を誰かと歩きたいという四季の言葉を聞いてドキリとしました。このときから考えていたこと…だったのか…。
----------

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・アンジェリカ

アンジェリカ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

天保異聞・妖奇士「駁竜、月に吠える」

前話までのあらすじが上手くまとまっていて良かったです。アビとエドゲン、いい仕事をしています(笑)。でも、これで仕事は終わりか! うーん、出番が少ないですねぇ。

え? 宰蔵…ですよね? どうしちゃったの? 滝の涙にビックリした。あと、目が点と鼻ちょうちんにも。うーん、ものすごい違和感。キャラ変わってないか? というか、演出がおかしいのかも。ギャグにしたいのにギャグになりきっていない感じがしました。しかも、そこでなぜギャグ化するのかも理解に苦しみます。

これだけ妖夷がバリバリ出現している世の中で、その存在を信じていない人がいるというのが驚き。今までは遭遇しなかったのですかね。急激に増えてきたということなのだろうか。それとも往壓が惹き付けているのだろうか。

雲七はただの雲七ではなかった! 神様を押さえ込んでいたのですか。すごい。そんな力があったなんて、全然知りませんでしたよ。

今日の話はなんだか疑問だらけです。小笠原と加納の関係とケリの付け方もよくわかりませんし、往壓と雲七についてもいったいなんだったんだろうと。話の進め方にも疑問が。私はすっかり置いていかれた感じ。理解もできないし、納得もできない。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 8 )

らくがき・梨子

梨子。ああ、失敗。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Harry Potter and the Deathly Hallows

ハリー・ポッター最終巻のタイトルは「Harry Potter and the Deathly Hallows」。J.K.ローリングさんの公式サイトにて発表されました。なんかカッコ良さげです! 日本のニュースでは「死の聖人」などと訳されているようです。日本語タイトルの正式発表はまだなので、とりあえず訳してみたものですね。それぞれの単語の意味は deathly…死のような、死を暗示するhallow…聖職者というような意味です。

the Deathly Hallowsが何を(誰を)指すのかが気になるところ。複数形ですので、ひとりではないのでしょう。不死鳥の騎士団みたいな団体名みたいなものかもしれません。もしかして、これもスネイプのことだったなんてことは…ないですよねぇ。実は裏切ってなかったスネイプがドラコを味方に引き入れ、ともにヴォルデモートに反旗を翻す…なんて、いろいろ想像してしまいました。

空想学園 side:H
コメント ( 4 ) | Trackback ( 2 )
« 前ページ