みんな主役の6匹わんこ。今日の主役はだ~れ?

ビーグル3匹チワワ3匹。 自己主張の強い女の子たち。そして、おとなしい唯一の男の子ビーグルの一日。

少しずつ、少しずつ・・・・・

2018-03-12 23:05:06 | 日記

まりんが亡くなって3週間。

月日が経つのが早いのか、遅いのかよくわかりませんが、

いろいろ変化があるときだったので、忙しくすることで、気持ちが保てたような気がします。

まりんは愛嬌のある子だったので、しぐさがほんとにかわいかったなぁ。

いろいろな写真をアップしたいのに、なぜか取り込めない状況が続いています。

ということで、

ブログお休みしていた間に取り込んでいたものから少し。

 

居候柊は、末っ子になりました。

まだまだ末っ子でいたかったたんぽぽ。

頑張ってお兄ちゃんしています。

そして、猫族に荒らされて、破壊された襖は・・・・・・

貼りなおされました。

上の写真はお正月です・・・・・・

本当は新年にアップするつもりだったのですが。

立ち入り禁止の部屋にしたので、もう、大丈夫かな。

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

寂しくなりましたが、たくさんのありがとうとまたね。

2018-03-09 14:58:05 | 日記

長い間、お休みしてしまいました。

杏の膵炎ではご心配をおかけしましたが、杏は元気にしております。

 

杏は元気なのですが、

2月19日月曜日、午前2時20分にまりんが亡くなりました。

急死でした。14才なので、不安なところはあったのですが、おやつも食べて、前日はお散歩にも行き、

夜のご飯のときも、走ってきて・・・・・・

12時が過ぎていたので、地域の病院はどこも診察が出来ない時間帯。

私が抱いて3時間くらいでしょうか。

静かに息を引き取りました。

あまりに突然すぎて、実感がありませんでした。

まりんは、娘とずっと一緒にいたので、娘の胸中を思うと辛さもありましたが、

精一杯生きたと思います。

亡くなった後、いろいろ考えました。

びびの死。プリンの死。そして、今回のまりん。

結局はどのように病気と向き合うのか、死と向き合うのか

それは非常に難しいことだと思いました。

まりんは、プリンのように苦しみがなく、プリンは、びびのように病院で亡くなったのではなく、

でも、その選択はその症状により、それぞれ違うし、難しいですね。

そして、どんな形であれ、やはり後悔はどうしてもくっついてきます。

 

みんながまりんを見送った写真もあるのですが、

なぜか、取り込めないので、また改めて・・・・・・

お友達になってくださり、ありがとうございました。

まりんは、たくさんの写真と、パンダのお洋服を持って、旅立ちました。

娘と一緒に暮らし、たくさん旅行も楽しんだまりん。

楽しかった思い出を持って旅立ってくれたかな。

楽しかった、杏と空の誕生日パーティー。

寂しくなったね。

元気がなかった珊瑚も、やっと普通の生活に戻りつつあります。

 


にほんブログ村

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

杏、復活・・・・・

2017-11-12 19:24:54 | 日記

ご心配をおかけしました。

杏は、かなり良くなっています。

吐いたり、食欲なければ病院に行くことになっていましたが、

昨夜から、食欲も出てきて、

今朝は、療養食もぺろりと食べました。

まずまずなので、

検査は、お薬がなくなる水曜日に連れて行くことにしました。

数値はどうなっているかわかりませんが、

とりあえず、ほっとしています。

立ち上がることもでき、夕方には、

ごはんの催促。

 

空の器を舐める猫・・・・・・柊

猫餌に突進するビーグルは、自然な気もしますが、

柊は、杏と空の器をぺろぺろ。

ごはんの時は、監視しておかないと、

空と杏のご飯を横取りにいきます。

そこはね、大変な事になりますので、押さえつけています。

猫砂不要です。

猫砂には見向きもしませんでした。

杏と空と一緒のトイレで・・・・・・

 

どうも、ビーグル化していますが、

里親さん探し、難航しています。

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

まさかの杏が・・・・・頑張ろうね杏

2017-11-10 15:37:28 | 日記

それは、水曜日の事・・・・・・

「膵炎ですね。値が非常に悪いので、入院治療になります。」

「急変するかもしれません。その場合はすぐに連絡しますので」

 

火曜日の夜。

大量に嘔吐、水曜日の朝には血液が混じったものを大量に嘔吐。

びびの時と、症状がよく似ている。

吐いたものと、便を持って、

杏を抱いて病院に・・・・・・

 

心臓病の薬を飲んでいないのは杏だけ。

いつも元気いっぱい。

今までに治療したのはヘルニアだけ。

14才になっても、缶詰を自力で開ける根性と、歯。

几帳面で、部屋のトイレシートが汚れたら、半分に折る。

そして、啼いて教えてくれる。

自分の時だけではなくて、空の時も、保護している柊のときも、

いつも、啼いて教えてくれる。

やや分離不安があるから、啼くときも多いけれど、空がいるから

空と一緒の部屋が一番好き。

杏は元気って、ずっと思っていたから、

月曜日に下痢した時に、何か変なものを食べたのかなとは思ったけれど。

変なもの食べたくらいでは、下痢することもこれまでなかったし、

火曜日は予約診療だから、水曜日に病院に行こうかなと

思っていたら・・・・・・・症状はとんでもないことに。

 

びびの時の後悔から、杏を入院させることはやめて、

毎日連れて行き、点滴治療をしてもらうことにしました。

毎朝連れて行き、夜迎えに行く。

入院したほうがいいのだろうけれど、杏には理解できないだろう。

びびの時のように、急変し、万が一のことがおこったら、

と思うと、入院する選択肢はなかった。

杏は、私たちとも離れられないけれど、空と離れることが何よりできない。

水曜日は七時にお迎えとなり、

迎えに行った私に、

「すごく、元気にしています。ずっと啼いていて、体力なければ啼くこともできなくなるので、

明日からは、点滴じゃなくお薬での治療にしてみましょう」

点滴も効いたのでしょうけれど、杏はどんなこともできるまでやるタイプ。

どうしても帰りたいと思ったら、

帰るまで啼いたんだと思います。

帰りの車ではぐったり。

家に戻って、心配する空にくっついて眠っていました。

 

食欲は全くなく、昨日まで吐いたり、

空を散歩に連れ出しても、

柊がうるさく啼いても、

目を覚まさず眠り続けていましたが、

今朝は、元気が戻ってきました。

 

お薬が効いているからだとは思いますが、

少しずつでもよくなってくれればと、願っています。

 

昨日は上がれなかった階段も、

今日は、門の前までちょっとだけ出られるようになりました。

 

早く元気になろうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

さすがの杏も今回ばかりは・・・・・・

2017-11-04 22:58:05 | 日記

久しぶりのお休みの晴天。

昨日、3日はびびの誕生日。

元気だったら、17歳。セブンティーンかぁ・・・・

大好きだった柿をお供えして、お誕生日のお祝いをしました。

箱の中から、柿を取りだして持ってきたときは、かわいかったなぁ。

(杏なら、勝手に皮のまま食べるでしょうけれど、びびは皮をむかないと食べなかったから)

 

さてさて、まだ居候?している柊。

最近は杏に叱られることも多いみたいなのですが、懲りないのでしょうね。

ラギは叱られたら逃げるもん。

高いところに逃げるもん。

お昼寝もゆっくりできない

こっちだよ

あっかんべー

(舌を出す猫)

 

 

 

 


にほんブログ村

 

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加