白いミニチュア・シュナウザー ちぃ君 ( CALL ME JOE ) と共に

白いミニチュア・シュナウザーちぃ君のパパとママが綴るちぃ君の日記

素敵な迷子札 ( 仮の呼び名 : 幼名 ) ・・・ ?

2009年03月27日 | プロフィール
          



C.N.

コール・ネーム

呼び名


あなた方の家族の呼び名は何ですか

どのようにしてその名前を付けられましたか

その名前にはどんな想いが込められいますか

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、彼等が永久に旅立った後も

いつまでも ・・・ その名前を忘れないであげて下さい。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





コール・ネームを決める時あなたは何を考えながら ・・・

何を想いながら、どんな願いを込めながらコール・ネームを決めましたか

沢山の候補があったことでしょうね

女の子なら ・・・

男の子なら ・・・

あの名前がいい、この名前がいい ・・・

ご家族みなさんで喧々諤々 ・・・

或いは、一人で何日も想いを巡らせて ・・・

そして、その中から選ばれた、たった一つの呼び名 ( コール・ネーム )






コール・ネーム ( C.N. ) : ちぃ君


            




『 命を司る神様 』 から 『 生 ( 誕生 ) を司る神様 』 に委ねられた

『 大切な砂時計 』 は、命の設計図 ( 運命 )に沿って時を刻み始めます。

置かれる場所も、刻む時の長さも

全て命の設計図 ( 運命 )に定められているのです。

私達は、彼等の命の設計図 ( 運命 )にしるされた ・・・

いいえ、定められた出会うべき存在なのです。

その時、私達は一つの目印を探すのです。

犬種であったり、色であったり、大きさであったり等々 ・・・

そして、ほとんどの人は、その瞳に ・・・ 何かを感じて

家族として迎え入れることを決意するのです。






まだ見ぬ家族 ・・・



我が家の白い息子達の場合は ・・・ っというと

ある事情があって ・・・ ( 一部の家族の同意が得られず ・・・ )

ブリーダーさんと綿密な打ち合わせをしながら ・・・

ブリーダーさん、その節はご迷惑をおかけいたしましてすみませんでした。

一度も触れることなく ・・・

ケーブルの向こう側に彼等を待たせたまま眺めているだけでした。

じっと ・・・

彼等がやって来る日を楽しみにしながら ・・・

実際にこの目で見、この手で触れたのは

羽田へ迎えに行った時でした。






素敵な迷子札 ( 仮の呼び名 : 幼名 ) ・・・



彼等には、ブリーダーさんによって迷子札 ( 仮の呼び名 : 幼名 )が付けられていました。

とても素敵な迷子札 ( 仮の呼び名 : 幼名 ) が ・・・

小さな小さな『 ちぃ坊 』 と モコモコの 『 モケタン 』 という素敵な迷子札

ブリーダーさんは、迷子札を付けて新しい家族のお迎えを待っていて下さるのです。

『 生 ( 誕生 ) を司る神様 』 に委ねられた『 大切な砂時計 』に素敵な迷子札を付けて ・・・





呼び名を付ける ・・・



我が家でも、ご多分に漏れず様々な呼び名が考えられました。

我が家に来る前までに呼び名を考えておかなくては ・・・

しかし、いくら考えてもピンときません。

そして、画像とにらめっこ ・・・

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あぁ ~ いい呼び名があったじゃん

そして、ブリーダーさんで付けていただいた迷子札の名前を頂くことにしました。

ちぃ坊 : ちぃ君   モケタン : もっ君

この呼び名ならブリーダーさんもいつまでも覚えていて下さるに違いない。

そして、何よりも如何にも彼等らしい呼び名であったこと

いつまでも小さくて可愛い元気な男の子でいて欲しい

いつまでもモコモコした毛吹きのいい元気な男の子でいて欲しい

そんな願いも込めて、この呼び名を決めました。

ブリーダーさんのお宅でも、我が家に来てからも

決して彼等が戸惑わない様に ・・・

一日も早く家族として馴染んでくれるように ・・・





コール・ネーム ( C.N. ) : もっ君


             



素敵な迷子札 ・・・



私達は、この素敵な迷子札のおかげで彼等と出会い

楽しい毎日を送っています。

また、多くのシュナ友・ワン友の方々と知り合う事ができました。



『 命を司る神様 』に感謝

素敵な迷子札をプレゼントして下さったブリーダーさんに感謝

シュナ友・ワン友の皆さまに感謝

                        




                        by ちぃ君 & もっ君 のパパ とママ


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

春の囁き ・・・

2009年03月23日 | お散歩
       



天気の良い春の休日

穏やかな柔らかい春の陽ざしを全身に感じながら

我が家の白の貴公子達が春の活動開始します。

穏やかで暖かく柔らかい春の陽ざしは、彼等にも、森の木々にも

永かった冬の眠りから目を覚ますように

そっと囁きかけるのです。

さあ、春がやってきましたよ ~

その囁きに応えるかのように ・・・

花芽を芽吹き

つぼみが膨らみ

そして、花を咲かせる ・・・

          ちょっぴり早い春の囁きに ・・・

                   いつもより暖かい春の囁きに ・・・




       




例年よりも少し早い

桜のつぼみのふくらみに

何か清々しく晴れやかなものを感じます。




  



散りゆく桜花の姿に

いさぎよさを重ね合わせて

精神的な美を求める日本の美意識 ・・・

           それも好いのですが ・・・




                          



散りゆく桜花より

今を盛りと咲き誇る桜花がいい

ほのかに、ほんの僅かに紅をさした桜花が

今を盛りと咲く姿が美しい ・・・

まだまだ、これからですが ・・・


あぁ ~ 春が来たんだなぁ ~ !




       ルンルン ・・・





            ルンルン ・・・   




       暑い ~ !

       

                                             お水くらさい ・・・




そして、春がまた囁きます

     ちぃ君&もっ君の 眩しい注意報 』・・・

                 春の穏やかで暖かい爽やかな風に乗せて ・・・



  




まだまだ 眩しい白の貴公子 とまではいっていませんが ・・・




                         




もっ君は、大好きないつもの場所で

自分の故郷や予報官さん達のいる方を向いて

いつの日にか皆さんにお会いすることを誓っているようでした。




  




この日、お散歩から帰って

シャンプー、夕食、歯磨き、お髭のお手入れが終わってからの事 ・・・





       



もっ君 お散歩で疲れたのか、それとも ・・・

バンザイして寝ちゃってます。

気持ちいいんですかねぇ ~ ?

何か夢でも見ているんですかねぇ ~ ?




                       by ちぃ君 &もっ君 のパパ とママ

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

白い貴公子は、 『 白い歯も命 ! 』 かぁ ~ !!!

2009年03月19日 | お手入れ
  



今度は何なのォ ~

えェ ~ !

歯のお手入れですってェ ~ !!

白い貴公子は、 『 白い歯も命 ! 』 かぁ ~ !!!


先ずは、小道具から ・・・




                  

       ちぃ君&もっ君 御用達歯ブラシ         歯磨きジェル ( カテキン入り )



歯ブラシは、子供用歯ブラシです。

ピンクが 『 ちぃ君 』 用、ブルーが 『 もっ君 』 用です。

歯磨きジェルはカテキン入り、この商品を使い続けています。

毎夕食後歯磨きしています。

歯磨き後は、朝食まで間食は一切無し !





歯磨きでも対応できない汚れには ・・・

歯垢、歯石等ですが ・・・

犬用歯垢歯石除去具を使用しています。

器具には二種類あります。

先の尖った物 ( ティースピック Ⅰ ) 先の平らな物 ( ティースピック Ⅱ )

お近くのホ-ムセンターのペット用品売り場や

ペット用品店でお買い求めできると思います。



             

                        犬用歯垢歯石除去具




先の尖った方で歯間や溝に付いた歯垢や歯石を ・・・

先の平らな方で表面の広く平らな部分に付いた歯垢・歯石を落とします。

あまり強く擦り過ぎると歯のエナメル質に傷をつけるので

慎重にそっと落としてください。

また、先の尖った ティースピック Ⅰ は、歯茎を傷つけ易いのでご注意ください。

先の平らな方も使い方次第で傷つける場合がありますので

説明書を熟読のうえ御使用ください





                  

            ティースピック Ⅰ                 ティースピック Ⅱ






もっ君の歯垢・歯石除去の様子です。

常日頃は、こんな具合でしています。

太腿で体を固定して、片方の手で唇やあごを固定し

もう一方の手で歯垢・歯石取りの作業をします。

お手入れは、明るい環境で行ってください。

手元を明るくする事で誤って歯茎を傷つける事が少なくなるはずです。




        

                                パパしゃん !!  なにしゅるのォ ~ ?



こんな時に便利なのが

このヘッドランプです。



                

                             ヘッド・ランプ


頭につけて光のあたる場所を調整すれば

両手は、歯垢・歯石取りに専念できます。

これは、耳毛抜きの時にも使用すればとても便利な道具です。

照明スタンド等の利用も併せて行えばかなりかなり見易く安全な作業環境となります。

お手入れの作業環境は、見易く、周りに邪魔な物がなく

道具等が体を移動させなくてもすぐ手に届く範囲に置く様にしておきたいものです。

この時、 ちぃ君 は、と言いますと ・・・

少し離れたところでじっとしています。

こちらの様子を窺いながら ・・・

ここには隠れる場所がないので、出来るだけ距離をとって ・・・


「 パパしゃん ! こっちに来ないでっ !!

「 お願いっ !!

アレ ~ っ ?

ちぃ君のピンと立っていた尻尾がどこかに行っちゃいましたネェ ~ !




大切な家族のお手入れは、安全な環境のもとで行いましょう。

お手入れで致命的な怪我をさせない為に !

お手入れで怪我をさせたのでは何のためのお手入れなのか ・・・

そんな事にならない様に慎重の上にも慎重にお手入れをして下さい。

相手は、人形や縫ぐるみではないのです。

切れれば血も流れます、痛いと意思表示もします。

「 痛いからやめて ! 」 と暴れて嫌がりもします。

そうならない様に日頃から人に体のどの部分を触られても

嫌がられない様に彼等との深いコミュニケーションを取れるようにしておきましょう。

私達が発したコマンド ( 命令 ) を忠実に聞いてくれる彼等だけが良いわけではないのです。

それで彼等の全てをコントロールできたと思ったならばそれは大きな勘違いだと思います。

彼等にもそれぞれの個性があり感じ方も考え方も違うのです。

それは、千差万別なのです。

彼等は、あくまでも私達の家族なのです。

物や商品ではないのです。

彼等が私達の手元に来てくれた日から

彼等に対する 『 私達の責任と義務 』 が発生しているのです。

それは、私達が彼等に対して有するであろう権利などとは違い

計り知れないほど大切な事だと思っています。

私達は、彼等に対する 『 私達の責任と義務 』のもとに

彼等が健やかに成長し育まれていくことを遂行しなければなりません。

そのために毎日のお手入れは欠かせないものだと思っています。

自分自身の身になってくれぐれも慎重に行いましょう。



『 誰かを癒し隊 』 隊員の任務遂行の成否は、

                  私達のちょっとした心掛け次第なのです。




お ~ い !

次は、ちぃ君の番だぞォ ~  !!


                          by ちぃ君 &もっ君 のパパ


コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

つらつら想うに ・・・

2009年03月17日 | お手入れ
          


どぉ ~ もぉ ~ !

『 もっ君 』 でぇ ~ す。

パパさんが僕を狙ってまぁ ~ す !

嫌な予感がしまぁ ~ す。

たすけてぇ ~ !!


        ・・・ ?



指がスースーしゅるでしゅ


     


                                         爪も短くされちゃった !


爪の上の最初の関節が見えるくらいまで刈り込んでいます。

側望したときパッドが見えるぐらいで足先の飾毛の長さを調整しています。

この方がお散歩や日常生活において汚れやゴミを拾いにくく、お手入れが楽になります。

お散歩から帰ってからの四肢のシャンプーがし易く

パッドとパッドの間を常に清潔に保てます。

パッドとパッドの間に生えてくる被毛は、皮脂や汚れで四肢先の被毛が赤く変色したり、

臭いの温床となりやすいので、できるだけ短く処理しておく事をお勧めします。

また、室内、屋外を問わずスリップを防ぐ効果もあると思います。

ただし、指の間のデリケートな皮膚を保護できなくなるので注意してください。

お散歩のコースはできるだけ草むらや角の尖った砂利が多い道などは避けてください。

被毛は意味もなく生えているわけではありません。

柔らかい皮膚 ( 弱い部分 ) を保護するという意味合いも持ち合わせています。

私達の都合で処理しますので処理後のケアには十分に気を配ってください。




ほれっ! 見てみィ ~


             すっきりだぁ ~ !



爪切りを嫌がる子について

ちぃ君&もっ君も爪切りは嫌いなようですが

我が家では、私が強引に太腿の間で体を固定して切っています

しかし、暴れたり泣きわめいたりはしません。

ましてや噛みついたりなんてとんでもない事 ・・・

我が家に来て暫くしたころから四肢先や、耳、口腔 ( 歯等 )、尻尾 を触るようにしていました。

     ( ブリーダーさんのご指導のもとに )

ただ意味もなく、気が付いたときに触るようにしておりました。

どこまですれば嫌がるかを見極めながら ・・・

これは、コミュニケーションを取るという意味からも大切ですが

体の一部分を人に触られることに慣れさせるという意味合いも持ちます。

彼等は、体の先端部分を触られることを嫌がります。

いわゆる、急所といわれる部分です。

それは本能的なもの( 身を守る )からきていたり、

解剖学的な身体の特徴からきているものと思われます。

とにかく体のどの部分でも嫌がらずに触らせる様にさせることが大切です。

できるだけリラックスした状態で少しずつ始められる事をお勧めします。

なるべく早い時期から始められることが理想です。

『 今からじゃ ・・・ ? 』 っと思われている貴方 !

まったく無意味なことで終わることはないと思いますよ。

時間をかけてじっくりと取り組むことも

『 命を司る神様 』 から家族に与えられた使命と思ってください。
コツ ?

っと言うのもなんですが ・・・

ギロチン式の爪切りが初心者にも使いやすい安全な道具の一つとしてあげられます。



  


            


                    




我が家ではこれを使って少しずつ切っております。

一度に切り落とそうとすると切り過ぎて出血することがあります。

少しずつ角々を落としながら加減して短くしております。

しかし、これでも爪を切り落とすとき爪を押し切るために痛み?圧迫感?を感じるのか

ぴくっと四肢を縮める仕草をして嫌がります。

そこで、精密ニッパー ( プラスチック用 ) の登場です。



  


               




一般的なニッパーでも良いと思いますが、たまたま手元にあったので使っております。

これは、歯掛りもよく、切れ味が良いため痛み?圧迫感?を感じさせないようです。

少しずつ角を落とすように爪一本に対して7~8回ほど切り込みます。

一気に2~3回の切り込み回数でも大丈夫ですが ・・・

やはり、大きく切り落とそうとすると数回に一度ぐらいの割合で嫌がります。

切れ味で左右されますので質的には良いものを選ばれることをお勧めします。

精密ニッパーの刃先は、かなり鋭利になっていますので取り扱い、保管にご注意ください。
愛犬の四肢の届かぬ所へ保管してください !




次は耳だと ・・・


     


ツルツルじゃん !


     

                                    よ ~ く 聞こえるどォ ~ !!



耳のお手入れについて

ナチュラルイヤーの場合は、その形状から外耳・外耳道ともに蒸れ易く

常に清潔に保ってあげなければなりません

雑菌の繁殖による耳の病気や悪臭の原因となります。

ここで、普段から彼等とどう接してきたかが問われます。

彼等が私達にいかに心を許しその身を任せてくれるか

彼等の身体の中で最もデリケートな部位が耳なのです。

爪切りや、歯磨き、歯垢・歯石取りの比ではないと思われます。

さて、我が家のちぃ君&もっ君はどうかと言いますと ・・・

一応させてはくれますが、やはり耳毛抜きとなると ・・・ やはり ・・・

ママさん の応援を要請しなくてはならない状況が時折あります。

普段のお手入れは、耳洗浄剤やスキンローションで外耳や外字道内の清浄を保ちますが




             

       耳洗浄剤 : ノルバサン オチック     ラファンシーズ スキンローション




定期的に外字道内に密生する被毛を

鉗子 ( カンシ )を使って抜き取ってあげなければなりません。

これは、避けては通れないお手入れの一つです。

ご自分でなさるか、人にお願いするか ・・・

できることならば少しずつご家族の手でしてあげることが一番かと思っています。

病気の治療は別として出来る事は自らの手で ・・・

彼等にとって安心して身を任せられる者こそが家族でありたいと思うのですが ・・・

どうでしょうか ?




耳のお手入れについては、断耳している子も、そうでない子も同じです。

普段のこまめな外字道内のクリーニングから耳毛抜きまでちゃんとしてあげましょう。



                鉗子 ( カンシ )



外耳道内の耳毛を抜いた後は、乾電池式のミニクリッパーを使って外耳の被毛をカットします。

できるだけ静かな物を選びたいものですが

お知り合いで持っておられる方がいらっしゃるならば

実機をご覧になって他のものと比較された上でお手元に置かれる事をお勧めします。

コードレスで軽くて静かな振動音のできるだけ小さなものをお選びください。




             



      ペンシル型のミニクリッパー ( 上 )     通常のミニクリッパー ( 下 )



             



歯幅の狭いペンシル型は、外耳道入り口周辺や外耳の襞の内側向けです。

通常のミニクリッパーは、その他の部分をカットする時に

これらのクリッパーがあれば、顔周りやお腹、お尻周り・・・

もちろん四肢のパッド周りのお手入れが比較的安全にできます。

しかし、だからと言って歯先を皮膚に強く当て過ぎたりしないよう細心の注意を払ってください。

それでもまだと言う時は、慎重にハサミを使ってください。

狭く細かいところは先が丸くなったハサミ ( 上 ) が比較的安全でしょう。

      その下は、標準的な刈り込み用のハサミです。



             



どうですか?

少しずつご自分の手で愛犬のお手入れをしてみませんか?

彼等にとって嫌で嫌でしょうがないお手入れも ・・・

終わってみれば ・・・

またいつもの可愛い聞き分けの良い彼等に戻っているでしょう。

貴方々が根気良く、気長に、愛情を持って彼等に接していれば

必ず彼等も答えてくれるものと思います。

焦らずに、気長に、溢れるほどのいつもの愛情をもって ・・・

特別な愛情はいりません、

ごくごく、いつもの愛情を持って ・・・

いつもの愛情を持って ・・・




   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




パパしゃ ~ ん !

早くお手入れの道具を片付けてくれないかなぁ ~ ・・・

落ち着かないよ


アレっ ?


                            by ちぃ君&もっ君のパパ

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

最近 『 もっ君 』 ・ 『 ちぃ君 』 が ・・・

2009年03月16日 | その他
          


ご無沙汰いたしております。

年度末は何かと忙しく ・・・

っというのは言い訳で ・・・

僕達のお仕事は、日々破壊活動家としての訓練とその実践

『 誰かを癒し隊 』 隊員としての任務です。

年度末は、この一年間の報告書作成のため忙しく ・・・

あっ、また、つまらぬ言い訳を ・・・




  誰 ~ ?



パパしゃん ! こっちに来ないで !

          


「 もっ君シャンプーしようか ? 」

「 や ~ だよォ ~ ! 」

「 ちぃ君は ~ ? 」

「 兄ちゃんなんか知るもんかぁ ~ ! 」

「 パパしゃん ! こっちに来ないで ! 」

「 こんな時に限って兄ちゃんは

           いつも廊下のつき当たりの暗~い扉の陰に隠れちゃうんだから ・・・ 」

「 僕と一緒に隠れてよ ! 」

最近 『 もっ君 』 がシャンプー前になると

何かを察知したかのように

姿を隠すのです。

カーテンの向こう側に ・・・

『 ちぃ君 』は 、その存在すらも私達に悟られずに

息を潜めて ・・・

そっと ・・・

うす暗 ~ い物陰に ・・・

最近の彼等には何でも分かってしまうようです。

テーブルの上に出されたタオルを見つければ ・・・

テーブルの上に出されたシャンプーの容器を見つければ ・・・

ドライヤーなんか手にしようものならテーブルの下にもぐりこみ

椅子と椅子の間でじっとこちらの様子をうかがい

気配を悟られずに姿を消すことに知恵を巡らせているのです。

ひたすら息を忍ばせて ・・・ そして ・・・



食器の音がすればマットの上で ・・・

メイン・ディシュが終われば次はデザート ・・・

お行儀良くお座りして尻尾ピコピコ ・・・

オーブンの前で ペロリン & 尻尾ピコピコ ・・・

「 お芋 ! お芋 ! お芋 ! 」

「 パパさん & ママさん 早く早く ・・・ 」

催促の嵐 ・ 嵐 ・ 嵐 ・・・ 




最近よく思うのです。

成長するという事はこういう事なんだなぁ ~ ・・・ ( ただ体が成長するだけじゃなくて ・・・ )

年齢を重ねると共に様々な知恵を身につけていく彼等にクスッと笑ってしまいます。



     




二人の白い息子達は、日々私達の想像の少し先を小走りに進んでいるようです

こちらを振り向きながら ・・・

「 そんなに慌てないで、ゆっくり・ゆっくり ・・・ 」

「 お願いだから、 ゆっくり・ゆっくり ・・・ 」

「 パパ &ママ と一緒に歩いて、ゆっくり・ゆっくり ・・・ 」



  


     私達の可愛い白い息子達  へ


                         by ちぃ君 &もっ君 のパパ とママ


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ミニチュア ・ シュナウザー と暮らすということ

2009年03月02日 | お手入れ
     


私が初めて ミニチュア ・ シュナウザー と出会ってから

もう40年近くの時が過ぎてしまいました。

その 『 時 』 は、突然、叔父と共にやってきました。

「 今日から君たちの新しい家族だよ 」

「 可愛がってあげてね 」

それはそれは、愛嬌顔の地味~なお犬様でした。

当時は、ヨーキーやポメラニアン、マルチーズ等々が

高価な家庭犬として持てはやされておりました。

灰色でゴマ塩柄の地味~でちょっと変わったお犬様。

でも、口髭と眉毛、眉毛の下から覗きこむ様にこちらを窺う人懐こそうな

黒く輝く瞳 ・・・

そして、叔父のコマンドをキビキビとこなす賢さ

私たち兄弟は、彼等をすぐに気に入ってしまいました。




            






私たち兄弟がしなくてはいけなかった事

「 ブラシは毎日、毛玉が出来ないように掛けるんだよ 」

「 シャンプーは週に一回か二周に一回してあげること 」

「 爪切りや耳の掃除はなるべく自分達家族でしてあげること 」

そして、最後に

「 毎日のお手入れの時、お話しながらゆっくりとあわてずに ・・・ 」

「 そうすれば、きっと良い家族になってくれるよ 」

「 ただし、甘やかしてはいけないけれど・・・ 」

「 お前たちもお父さんやお母さんに甘えちゃあいけないぞ 」

「 毎日の散歩やお手入れは、自分たちでするんだぞ! 」

そう言って叔父は、見慣れぬ愛嬌者の洋犬を私達家族に預けてくれました。





  





それから2か月

被毛が伸びて、毎日のブラッシングが手に負えなくなった頃

洋書を片手にハサミとバリカン ( クリッパー ) を持って叔父がやってきました。

ブラシの通り具合を確認すると

シャンプーを始めました。

そして、洋書を参考にカットを始めました。

サクサク、サクサク小気味良くバリカン ( クリッパー ) が掛けられ

彼等は、見る見るうちに我が家に来た当初の美しい姿に変身してゆきました。

叔父は、定期的に彼等のトリミングに来てくれました。

そしてそれは、彼等との悲しい別れが訪れるまで続けてくれました。

時折クリッパーを片手に

「 よく見ておきなさい、いつかはお前達もできる様にならなくちゃーネ! 」

「 最初は大変だけれど楽しいよ ! 」

「 上手に刃物が扱えるようになったらやってみようネ! 」

そう言った会話をした記憶が蘇ります。

現在のようにあちらこちらにペットサロンがなかったころなので

手入れはすべて自分たちでしておりましたが

トリミングだけは、幼かった私たち兄弟には手に負えず叔父に頼ってばかりでした。




     





それから三十有余年

ペットロスから抜け出せぬまま月日が過ぎてまいりました。

その間、外から事あるごとにミニチュア ・ シュナウザーを眺めてまいりました。

その飼われている頭数の多くなったこと

嬉しく思う限りです。

きちんと手入れされ、綺麗にカットされたミニチュア ・ シュナウザーは、美しい !

そのようなミニチュア ・ シュナウザーを見る度に

私は、逝ってしまった彼等のルーツを知りたい

誰か知っている方はいまいかと・・・思っております。

未だにこの思いは叶っておりませんが・・・

ちぃ君&もっ君に巡り合えやっとペットロスからも抜け出し、

彼等に巡り合えたことで沢山の方々とお知り合いになることができました。

また、長年の悲願であったわが家族のトリミングへの挑戦もかないつつあります。

まだまだ駆け出しの自己流トリミングですが、

そっと前に押し出して下さったブリーダーのH&Y様には感謝いたしております。

ミニチュア ・ シュナウザーという犬種は、定期的にトリミングを施してあげることで

美しく、凛々しい姿を見ることができる犬種です。

好みのカットスタイルも楽しむことができると思います。

また、常日頃から比較的安易に自らの手で手入れをしてあげることのできる犬種です。

抜け毛もほとんどなく、体臭も他犬種に比較すれば少ない犬種です。

共に暮らす家族の身の回りの世話を殆ど全てしてあげられる事の楽しさ

特に、トリミングの楽しさは、やってみなければわかりません。

ブラッシング、シャンプー、爪切り、歯磨き、歯石取り等々

彼等にしてあげなくてはならないことはいくつもあります。

家族の世話はできるだけ家族の手で

ミニチュア ・ シュナウザーと暮らすということが

どれだけ楽しみなことがあるか

どれだけ幸せなことか

自らの手で彼らの身の回りの世話を
彼等が安心して頼れるのは ? 身を任せられるのは ・・・ ?
答えは一つしかありませんネ !

それは、共に暮らす家族に他ならないのです。



ミニチュア ・ シュナウザー と暮らせるということ・・・これほど幸せなことはありません。





                           by ちぃ君 &もっ君 のパパ












コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加