古墳・・・古墳?・・・・古墳か?-屋敷山古墳-

2014-07-30 12:58:51 | 歴史あるトコ-奈良

奈良県葛城市

屋敷山古墳

5世紀半ばに築造された全長135mの前方後円墳。

 

被葬者はこの辺りの有力豪族・葛城氏の首長の墳墓と考えられています。

現在、公園として整備されていて、何も案内がなければ分からないくらいです。

墳丘の側に、かろうじて古墳だよ!と主張する天井石が置かれています。


 

 

確か古墳に来たはずですが・・・・・

城跡?

 

古墳自体、後世に違う使い方がなされている事が多々あります。

 

戦の陣が敷かれたり、陣屋がおかれたり・・・・


ここも戦国時代に布施氏の館があり、江戸時代には大名・桑山氏の陣屋があったとのこと。


大阪府羽曳野市のある第27代安閑天皇陵は、

室町時代後半、畠山氏の高屋城が築かれていたといいますし、

 

岡山県岡山市にある第4位の大きさを誇る造山古墳は、

大河ドラマの舞台の一つ、備中高松城水攻めの際、毛利方の陣が敷かれていました。

 

逆で言えば、京都市の伏見桃山城の本丸には、明治天皇陵がありますし・・・・

規模、高さなどがちょうどいいんでしょうね・・・。

 

古墳の石室や石棺の石が、

城の石垣の使われている事が多々あります。

これを「転用石」といいます。

姫路城や福知山城にあったやつですね。

 

 

でもここまで古墳に見えない古墳って久しぶりだな。

案内板なんて日焼けして読めなったし・・・・

 

 

 

一度、行ってみて

奈良県葛城市 屋敷山古墳

 

 

 

 


歴史 ブログランキングへ

『奈良県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 天然記念物-井倉洞- | トップ | [古墳の歩き方]-まりこふん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

歴史あるトコ-奈良」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事