古天気学 A

明治時代以前の日本のお天気や地震また天文関係の資料を収集中

火事 「享保日記」享保十七年十ニ月七日 天気編

2020-01-12 13:58:32 | 古天気学

火事 「享保日記」享保十七年十ニ月七日 天気編

2020年1月12日 日曜日 天気 晴 

「享保日記」 享保十七年十ニ月七日

「享保十七年十ニ月七日申刻鐡炮場酒井市之允所より出火。家不(V)残、家財道具不(V)残焼失。向ノ町やへ火うつり、橋ノきハ迄貳軒類焼。外無(2)類火(1)。」を検証する。  

 

「テータ変換」

年月日 享保十七年十ニ月七日申刻 → 1734年1月11日16時

場所 水戸 → 水戸

現象種類 火事 

 

吉村名誉教授・歴史天候データベース(HWDB)と古天気学データベース(KTDB)で検証

吉村名誉教授・歴史天候データベース(HWDB)

享保十七年十ニ月七日 → 1734年1月11日

弘前 曇 

八戸 晴 

盛岡 雪 

日光 晴 

東京 晴 

八王子 曇 

鯖江 雨 

伊勢 晴 

京都 晴 

池田 晴 

津山 曇 

鳥取 晴 

諫早 曇 

臼杵 晴  

古天気学データベース(KTDB)

弘前 曇  

日光 晴

 

「検証結果」

年月日 享保十七年十ニ月七日 → 1734年1月11日

吉村名誉教授・歴史天候データベース(HWDB)天気記録有

場所 水戸市 吉村名誉教授・歴史天候データベース(HWDB)水戸市の天気記録無

天気の種類 無し

 

「データ整理」

享保十七年十ニ月七日 → 1734年1月11日

弘前 曇  

八戸 晴  

盛岡 雪  

日光 晴   

水戸 火事 

東京 晴   

八王子 曇  

鯖江 雨  

伊勢 晴   

京都 晴   

池田 晴   

津山 曇  

鳥取 晴   

諫早 曇  

臼杵 晴  

 

「検証結論」  

十二月七日(1734年1月11日)

日光の天気は、晴  東京の天気は 晴  で、水戸の天気は、 晴  で、16時頃 火事  がありました。

昔の天気は大変面白いですね。 

茨城県水戸市での大変貴重な天気資料です。

コメント

火事 「享保日記」享保十七年十一月十六日 天気編

2020-01-05 07:38:40 | 古天気学

火事 「享保日記」享保十七年十一月十六日 天気編

2020年1月5日 日曜日 天気 晴  寒 寒 寒 

新年あけましておめでとうございます。  

今年もよろしくお願いします。

昨日東京で初雪。

「享保日記」 享保十七年十一月十六日

「享保十七年十一月十六日、夜中湊村火事有(V)之由沙汰ニ付、・・・近年ニ無(V)之大火之由、和田前より出火、五町め迄焼失。家數大數五百軒ほど焼失候事。」を検証する。  

 

「テータ変換」

年月日 享保十七年十一月十六日 → 1734年1月1日

場所 湊村 → ひたちなか市

天気種類 不明

 

吉村名誉教授・歴史天候データベース(HWDB)と古天気学データベース(KTDB)で検証

吉村名誉教授・歴史天候データベース(HWDB)

享保十七年十一月十六日 → 1734年1月1日

弘前 雪 

八戸 雪 

盛岡 晴 

日光 - 

八王子 晴 

鯖江 雪 

伊勢 晴 

京都 晴(小雪) 

池田 晴 

津山 曇 

鳥取 雪 

諫早 晴  

古天気学データベース(KTDB)

弘前 曇 終日大吹雪 

日光 -

京都 -

 

「検証結果」

年月日 享保十七年十一月十六日 → 1734年1月1日

吉村名誉教授・歴史天候データベース(HWDB)天気記録有

場所 水戸市 吉村名誉教授・歴史天候データベース(HWDB)水戸市の天気記録無

天気の種類 無し

 

「データ整理」

享保十七年十一月十六日 → 1734年1月1日

弘前 雪 

八戸 雪 

盛岡 晴 

日光 - 

八王子 晴 

鯖江 雪 

伊勢 晴 

京都 晴(小雪) 

池田 晴 

津山 曇 

鳥取 雪 

諫早 晴

 

「検証結論」  

十一月十六日(1734年1月1日)

日光の天気は、無 八王子の天気は 晴  で、水戸とひたちなか市の天気は、日中 晴  で、ひたちなか市で夜中大火  がありました。

昔の天気は大変面白いですね。 

茨城県水戸市での大変貴重な天気資料です。

コメント

初雪 「享保日記」享保十七年十二月十三日 天気編 Ⅱ

2019-12-22 16:48:10 | 古天気学

初雪 「享保日記」享保十七年十二月十三日 天気編 Ⅱ

2019年12月22日 日曜日 天気 曇    

「享保日記」 享保十七年十二月十三日

「享保十七年十二月十三日、暮時より雪降三四寸積。當冬ノ初雪也。但、寒ノ内也。壹時ほどふり止。 ・・・ 一、當暮ハ何年ニも無(V)の□(ムシ)ひでり也。十三日雪ふり候計、冬中押通し雨ふらず。晝夜晴天也。」を検証する。  

 

「テータ変換」

年月日 享保十七年十二月十三日 → 1733年1月28日

場所 水戸 → 水戸

天気種類 晝夜晴天初雪 → 昼夜晴天初雪

 

吉村名誉教授・歴史天候データベース(HWDB)と古天気学データベース(KTDB)で検証

吉村名誉教授・歴史天候データベース(HWDB)

享保十七年十二月十三日 → 1733年1月28日

弘前 雪 

八戸 晴 

盛岡 晴 

日光 曇 

八王子 曇(雪) 

鯖江 曇 

伊勢 曇(雪) 

京都 曇(雪) 

池田 晴 

津山 晴 

鳥取 雪 

諫早 晴  

古天気学データベース(KTDB)

弘前 晴 雪夜中に及ぶ

日光 曇

京都 -

 

「検証結果」

年月日 享保十七年十二月十三日 → 1733年1月28日

吉村名誉教授・歴史天候データベース(HWDB)天気記録有

場所 水戸市 吉村名誉教授・歴史天候データベース(HWDB)水戸市の天気記録無

天気の種類 雪

 

「データ整理」

享保十七年十二月十三日 → 1733年1月28日

弘前 雪  

弘前 晴 雪夜中

八戸 晴  

盛岡 晴   

日光 曇  

水戸 晴雪

八王子 曇(雪) 

鯖江 曇  

伊勢 曇(雪) 

京都 曇(雪) 

池田 晴   

津山 晴   

鳥取 雪  

諫早 晴  

 

「検証結論」  

十二月十三日(1733年1月28日)

日光の天気は、曇 八王子の天気は 曇(雪) で、水戸の天気は、昼夜晴  で、暮より雪  が降り約9cm~12cm積る。2時間ほどで止む。初雪です。

-- 参考資料 --

水戸地方気象台ホームページより、水戸地方の平均値初雪は(統計期間 1981~2010 ・資料年数 30)12月31日となっています。

享保五年から享保十七年の水戸地方 初雪年月日

享保五年十二月廿四日 → 1721年1月21日 初雪 享保五年は、現在の平均値より21日遅いことがわかった。

享保六年十二月二日 → 1722年1月18日 初雪 享保六年は、現在の平均値より18日遅いことがわかった。

享保七年十二月十三日 → 1723年1月19日 初雪 享保七年は、現在の平均値より19日遅いことがわかった。

享保八年十一月廿四日 → 1723年12月21日 初雪 享保八年は、 現在の平均値より10日早いことがわかった。

享保九年十二月七日夜中 → 1725年1月20日 初雪 享保九年は、 現在の平均値より20日遅いことがわかった。

享保十年十一月廿九日 → 1726年1月2日 初雪 享保十年は、現在の平均値より2日遅いことがわかった。

享保十一年十二月廿六日 → 1727年1月17日 初雪 享保十一年は、現在の平均値より17日遅いことがわかった。

享保十ニ年 → 1728年 この年は雪が降りませんでした。初雪月日無    享保十三年十ニ月十七日 → 1729年1月16日 初雪 享保十三年は、現在の平均値より16日遅いことがわかった。

享保十四年十月廿九日 → 1729年12月19日 初雪 享保十四年は、現在の平均値より19日早いことがわかった。

享保十五年十二月十五日 → 1731年1月22日 初雪 享保十五年は、現在の平均値より22日遅いことがわかった。

享保十六年十二月二日 → 1731年12月30日 初雪 享年十六年は、現在の平均値より1日早いことがわかった。

享保十七年十二月十三日 → 1733年1月28日 初雪 享保十七年は、現在の平均値より28日遅いことがわかった。

享保五年から享保十七年(享保十ニ年は初雪なし 個数12個) 年の平均初雪は 1月13日 現在の平均値より13日遅いことがわかった。

享保十七年十二月十三日 → 1733年1月28日 初雪 享保十七年は、現在の平均値より28日遅いことがわかった。

  昔の天気は大変面白いですね。 

茨城県水戸市での大変貴重な天気資料です。

コメント

初雪 「享保日記」享保十七年十二月十三日 天気編

2019-12-21 21:24:10 | 古天気学

初雪 「享保日記」享保十七年十二月十三日 天気編

2019年12月21日 土曜日 天気 早朝小雨  曇  小雨  曇 

「享保日記」 享保十七年十二月十三日

「享保十七年十一月晦日朝ノ内しぐれ候。十二月四日頃より晴天。三日とも能シ。十三日、暮時より雪降三四寸積。當冬ノ初雪也。但、寒ノ内也。壹時ほどふり止。」を検証する。    

 

「テータ変換」

年月日 享保十七年十二月十三日 → 1733年1月28日

場所 水戸 → 水戸

天気種類 初雪 → 初雪

 

吉村名誉教授・歴史天候データベース(HWDB)と古天気学データベース(KTDB)で検証

吉村名誉教授・歴史天候データベース(HWDB)

享保十七年十二月十三日 → 1733年1月28日

弘前 雪 

八戸 晴 

盛岡 晴 

日光 曇 

八王子 曇(雪) 

鯖江 曇 

伊勢 曇(雪) 

京都 曇(雪) 

池田 晴 

津山 晴 

鳥取 雪 

諫早 晴  

古天気学データベース(KTDB)

弘前 晴 雪夜中に及ぶ

日光 曇

京都 -

 

「検証結果」

年月日 享保十七年十二月十三日 → 1733年1月28日

吉村名誉教授・歴史天候データベース(HWDB)天気記録有

場所 水戸市 吉村名誉教授・歴史天候データベース(HWDB)水戸市の天気記録無

天気の種類 雪

 

「データ整理」

享保十七年十二月十三日 → 1733年1月28日

弘前 雪  

弘前 晴 雪夜中  

八戸 晴  

盛岡 晴  

日光 曇  

水戸 雪 

八王子 曇(雪) 

鯖江 曇    

伊勢 曇(雪) 

京都 曇(雪) 

池田 晴  

津山 晴  

鳥取 雪  

諫早 晴 

 

「検証結論」  

十二月十三日(1733年1月28日)

日光の天気は、曇  八王子の天気は 曇(雪)  で、水戸の天気は、日中曇り  で、暮より雪  が降り約9cm~12cm積る。2時間ほどで止む。初雪です。

-- 参考資料 --

水戸地方気象台ホームページより、水戸地方の平均値初雪は(統計期間 1981~2010 ・資料年数 30)12月31日となっています。

享保五年から享保十七年の水戸地方 初雪年月日

享保五年十二月廿四日 → 1721年1月21日 初雪 享保五年は、現在の平均値より21日遅いことがわかった。

享保六年十二月二日 → 1722年1月18日 初雪 享保六年は、現在の平均値より18日遅いことがわかった。

享保七年十二月十三日 → 1723年1月19日 初雪 享保七年は、現在の平均値より19日遅いことがわかった。

享保八年十一月廿四日 → 1723年12月21日 初雪 享保八年は、 現在の平均値より10日早いことがわかった。

享保九年十二月七日夜中 → 1725年1月20日 初雪 享保九年は、 現在の平均値より20日遅いことがわかった。

享保十年十一月廿九日 → 1726年1月2日 初雪 享保十年は、現在の平均値より2日遅いことがわかった。

享保十一年十二月廿六日 → 1727年1月17日 初雪 享保十一年は、現在の平均値より17日遅いことがわかった。

享保十ニ年 → 1728年 この年は雪が降りませんでした。初雪月日無    享保十三年十ニ月十七日 → 1729年1月16日 初雪 享保十三年は、現在の平均値より16日遅いことがわかった。

享保十四年十月廿九日 → 1729年12月19日 初雪 享保十四年は、現在の平均値より19日早いことがわかった。

享保十五年十二月十五日 → 1731年1月22日 初雪 享保十五年は、現在の平均値より22日遅いことがわかった。

享保十六年十二月二日 → 1731年12月30日 初雪 享年十六年は、現在の平均値より1日早いことがわかった。

享保十七年十二月十三日 → 1733年1月28日 初雪 享保十七年は、現在の平均値より28日遅いことがわかった。

享保五年から享保十七年(享保十ニ年は初雪なし 個数12個) 年の平均初雪は 1月13日 現在の平均値より13日遅いことがわかった。

 

  昔の天気は大変面白いですね。 

茨城県水戸市での大変貴重な天気資料です。

コメント

天気 「享保日記」享保十七年十二月六日 天気編

2019-12-15 14:13:37 | 古天気学

天気 「享保日記」享保十七年十二月六日 天気編

2019年12月15日 日曜日 天気 晴 

「享保日記」 享保十七年十二月六日

「享保十七年十一月晦日朝ノ内しぐれ候。十二月四日頃より晴天。三日とも能シ。十三日、暮時より雪降三四寸積。當冬ノ初雪也。但、寒ノ内也。壹時ほどふり止。」を検証する。  

 

「テータ変換」

年月日 享保十七年十二月六日 → 1733年1月21日

場所 水戸 → 水戸

天気種類 晴天 → 晴天

 

吉村名誉教授・歴史天候データベース(HWDB)と古天気学データベース(KTDB)で検証

吉村名誉教授・歴史天候データベース(HWDB)

享保十七年十二月六日 → 1733年1月21日

弘前 雪 

八戸 晴 

盛岡 晴 

日光 晴 

八王子 晴 

鯖江 雪  

伊勢 晴 

京都 晴(曇) 

池田 晴 

津山 晴 

鳥取 雨 

諫早 晴  

古天気学データベース(KTDB)

弘前 曇 時々雪 夜に入る

日光 晴

京都 -

 

「検証結果」

年月日 享保十七年十二月六日 → 1733年1月21日

吉村名誉教授・歴史天候データベース(HWDB)天気記録有

場所 水戸市 吉村名誉教授・歴史天候データベース(HWDB)水戸市の天気記録無

天気の種類 晴天

 

「データ整理」

享保十七年十二月六日 → 1733年1月21日

弘前 雪  

弘前 曇 時々雪 

八戸 晴  

盛岡 晴   

日光 晴   

水戸 晴  

八王子 晴   

鯖江 雪    

伊勢 晴   

京都 晴(曇) 

池田 晴   

津山 晴   

鳥取 雨  

諫早 晴  

 

「検証結論」  

十二月六日(1733年1月21日)

日光の天気は、晴  八王子の天気は 晴  で、水戸の天気は、晴天  です。  

昔の天気は大変面白いですね。 

茨城県水戸市での大変貴重な天気資料です。

コメント