azusa flutter

ayami yasuyhoのダンサー・栃本あずさが時々思ったオモイ。

踊に行きました。

2022-05-25 | 思うこと
先週にダンスの撮影に出かけました。
今回は日本海の海で踊りました。
この海は私の青春時代の思い出の海でとてもお気に入りの場所です。
この海はそのころ、人生につまずいた時生き詰ってどうしようもない時に京都からバイクを走らせ訪れた場所です。
20年ぶりぐらいの歳月が経ち、この海に訪れました。
海に近づく道は私の覚えている道で、まるで故郷に帰ってきたようでウキウキしました。
懐かしい場所。
思い出があることがこんなにも私の心を強くしてくれるとは思ってもいませんでした。
思い出の場所があることがこんなにも私の心に勇気を与えてくれるとは思ってもいませんでした。
この景色を最後に見たのはいつだったのだろう・・・。
海は私を覚えていてくれていた。
海は言う。
波は言う。
風は言う。
あなたを忘れることはないよ。
ずっとずっと。あなたを覚えていたよ。
そしてずっとずっとここであなたを待っていたんだよ。
さあ、踊ってごらん。

海は優しく私に呼びかける。
波は優しく私にキスをしてくれる。
風は優しく私を抱きしめてくれる。
私は優しさに包まれて踊ることが出来る。


















愛バイク BENLY50 このバイクで当時いろんなところに旅をしました。私の大事な大事な時を一緒に過ごした仲間です。





旅パート3

2022-04-06 | 思うこと
お地蔵さんと出会って、また車を走らせました。

さて、いよいよ栃本という土地に行きます。
栃本という土地は埼玉県の秩父にあり、栃本関所跡というところがあります。


 栃本関は中山道(なかせんどう)と甲州街道の間道である秩父往還の通行人を取調べるために設けられたものである。
 埼玉と山梨を結ぶ国道140号は「彩甲斐街道」と呼ばれています。古くは「秩父往還」という武州と甲州・信州を結ぶ街道でした。

 当地の往来を監視する目的で戦国時代に武田信玄によって設けられたのが栃本の関所です(国指定史跡)。警固を厳重にするため、少し下った麻生(あそう)に加番所も設けられました。栃本から右へ折れると白泰(はくたい)山を越えて信州へ、左へ行くと雁坂峠を越えて甲州に至ります。


秩父というところに初めて行きましたが、これがかなりの山奥にありました。
天気も良く、秩父はツーリングなどの良いコースなのかバイクが多く走っていました。

ずいぶんと遠くに来たものだ・・・。
知らない土地に行くのは本当にワクワクして楽しい。
気持ちもすがすがしく、広い心になります。

何度かの休憩をして、ようやく栃本関所跡に到着。
想像していたよりひっそりとその土地はありました。

そこは人々にもう忘れられたかのようにとても静かで物音ひとつなく、人の気配も車の音もしない山の奥にありました。

なんでこんなところに関所をつくったのだろう???
何にもない山奥の斜面に何軒かの民家がありましたが、生活感のない物音もない場所でした。

「私は栃本あずさです。よろしくお願いします。」
と、言っても誰も何も返事はない。

心細い土地でした。


何もすることがないので、早々車に乗り、神戸に帰ることにしました。
そんな場所でしたが、訪れてよかったです。
自分の目で確かめ、自分の足で訪れたこの旅が、新しい門をくぐり抜け、新しい自分に生まれ変わったような、そんな気持ちになりました。
門をくぐり抜けることは人生にそんなに遭遇しないですが、今回の旅はこの門をくぐり抜けることがとても重要だったように思います。
その昔この関所の存在のように、
「栃本あずささん、この道を通ることを許可します。
どうぞ先にお進みください。」

と、身体の一部に判子を押してもらったように思いました。
この先の新しい人生を歩いていくことを許されたように思いました。


毎日は休む暇もなく続いていく。
明日も明後日もずっとずっと続いていく。
どんな思いに出会っても私は受け入れていく。
その出会った思いに感謝していく。
良いこと、悪いこと。悲しみ。喜び。喪失感。嫉妬感。幸福感。焦り。怒り。不安感。
感情の持つ力を感じ取り、自分でかみ砕き、身体の細部に吸収していく。そしてその力を使っていく。

それが今の私に必要な力だと思う。

旅はどの時間も私の身体に刻まれていく。すべてを吸収していく。
今まで身体に蓄積していたものを吐き出してくれる。
そのことを私は自分の身体で感じ取ることができる。
さあ、行こう。

































旅パート2

2022-03-23 | 思うこと
光の鳥はコンビニでトイレ休憩した時に見ました。
神戸から何十時間と車を走らせた旅先でこんな光の鳥を目にしたときは本当に神様がいるんだな!!と思うしかありません。
ほぼ思い付きで来た旅先の初日に見た空は、私に希望しか持たさないようです。
希望が心いっぱいになりました。
あまりにも大きく羽ばたく光の鳥は大きく空に飛びました。
大きく。大きく。
広い広い空。
無限の可能性。
どこまでも…どこまでも…続く‥‥私の心。私の旅。


ゲストハウスで宿泊して、次の日はいよいよ秩父に向かいます。
栃本という土地に行きます。

その途中に車を走らせていた時に休憩した街の神社に立ち寄りました。
その時に出会ったモノ。
私に神様は何かを伝えてくれている。
何んとかそれを肌で感じよう。
何んとか心で感じよう。
何も今は考えない。
出会ったモノに感謝を感じるだけ。
出会ったモノに手を合わせるだけ。
ありがとう。と言うだけ・・・・。



















2022-03-20 | 思うこと
先日、旅に行きました。
ずっとずっと何処かに旅に出よう!!と、思っていたのですがなかなか決断できづにいましたが、
ようやく心が決まりました。
仕事の休みを急きょ取り、車で出かける用意をしました。
まずは最近知った米津玄師さんのCDを買い、最近調子が悪いポータブルCDプレイヤーを新しく買いました。
そしてどこまで行くのだろう…私・・・。みたいな感じでbooking comのサイトをある程度把握しておく。
昨年10月に行った河口湖にもう一度行きたい。
そして今回は更に東へ進もう。
そう、秩父に栃本という土地がある。
栃本という名の土地がある。
その土地をこの目で確かめたい。
存在を知りたい。
私の出発の地点になるかもしれない。

そう、私は栃本あずさなのだ。

私は栃本あずさなのだ。

それを確かめたい。そして力を貸してほしい。私というパワーが欲しい。

出発を決めた朝。朝日がとても綺麗。決めたことが良いことだと感じる。信じよう。




仕事を終えて、家に帰り、荷造りしていたものをもう一度確認して、車に積み込んでいく。
気持ちが興奮していく。
何か忘れ物している気分になる。
落ち着かない。
シャワーを浴びる。
疲労感が出てくる。
まだ宿も取っていない。
行かないことも選択できる。
何だか悲しくなる。
旅に出て何になるの??と。問いかけてみる。
答えは返ってこない。
疲れてくる。
このままベットで眠りたい。
今から高速に乗ることにうんざりする。
今から向かうところに何も期待できない。
旅に出て何になる。疲れるだけじゃない。
悲しい気持ちになる。
それでも出るしかない。行くしかない。
私、旅に出る。
さあ、行こう。
栃本あずさ、さあ行こう!!

考えてるうちに時間が過ぎてしまい、21;30車に乗る。
とても緊張している。

洗車とガソリンを入れ、コンビニで水と少しの食料を買い車を東に走らせる。

とても緊張しとぃる・
高速道路は空いていて走りやすい。
大阪、京都、すぐに大津に着く。
早い。時間はゆっくりと過ぎていく。
まだまだ時間はたっぷりある。眠気も今はない。
走ろう。行けるところまで走ろう。
運転は快適。時間もまだまだある。
私の時間。
ゆっくりゆっくり進もう。行けるところまで行こう。

眠気がきた。パーキングで寝る。
そしてまた車を東へ走らせる。
そしてまた眠気が訪れる。
ここは夢の世界なのか?と、思うような眠気が訪れた。そして眠る。
2回目の目覚めはかなりの時間眠っていたようで、太陽が高く上がっていた。

さてと。。。。
インターの新富士まではあと少し。午前8:00には新富士のインターを降りた。
今日は晴れ。快晴。
富士山が大きすぎるくらい大きく見える。
とても不思議な気持ちになる。あまりにも大きい富士山。近すぎて戸惑う。

朝霧高原で車を止めて富士山を見る。太陽が眩しくて富士山が光っている。
あまりにも大きくて何か戸惑う。こんなにも富士山はおおきのかな・・・・・??





昨年いった神社、竜宮神社に行く。
樹海は雪が残っていて道が少し凍っている。
車を止めて樹海を歩き竜宮神社に行く。
神様がまるで私を優しく呼んでくれてるように、神様がまるで私を優し包んでくれるように私は優しい空気に包まれて神社に着いた。
優しい笑顔で迎えられた。
優しい空気。優しい木々。
神様は私の話を優しく聞いてくれた。私は誰にも話さない話をする。
よく来たね。待ってたよ。と、言ってくれる。
とても優しい。
ありがとう。といって私は甘えてしまう。










そして西湖に行く。
西湖はとても美しくて私を待っていてくれていた。
私はここでも心をゆるし、とてもリラックスして西湖を眺める。
身体が気持ち良い。空気はとても優しい。ここでもよく来たね。待ってたよ。と言ってくれて、私は涙を流して喜ぶ。ありがとう。来ました。と。





そして河口湖へ。
富士山がキラキラ光っていて、大きくて、目がクラクラした。
あまりにもキラキラしてるからじっと見れない。
時々しか見れない。
あまりにも大きくて近すぎてじっと見れない。
ごめんね・・・。





そして河口湖浅間神社へ。
ここも待ってたよ。と言ってくれて大きく大きく抱き寄せてくれた。よく来たね。よく来たね。
ありがとう。
私は何回も何回も言う。ありがとう。











栃の木に会いに行った。
栃も木はとても大きくてずっしりとしている。






旅は続く。私の旅は続く。
どこまでも行こう。
どこまでも行こう。
そこで出会うもののために。


まず出会ったのは光の鳥でした。
とある街で出会いました。



あずさチャンネル出来ました!!

2022-01-27 | 思うこと
2022ン年はコロナウィルスの流行で厳しい世の中となっています。
どこか胸の内に引っかかるものと共に生きていかなければならない日々は時々息苦しくもなります。

それでも雨風しのげる家があることに感謝しています。


さて、この度、栃本あずさのYou Tubeのチャンネルをつくりましたのでお知らせいたします。

2005年からパフォーミングアーツグループ ayamiyasuyho で活動し、2020年8月に私のアトリエを持ちました。
マイペースではありますがそのころからソロ活動をはじめ、2021年夏ごろにayami yasuyhoから離れることを正式に決めました。

今までの活動の記録を栃本あずさ You Tubeチャンネルにまとめました。

ぜひ、ご覧ください。

今後もよろしくお願いいたします。

OGPイメージ

Azusa Tochimoto

YouTube