azusa flutter

ayami yasuyhoのダンサー・栃本あずさが時々思ったオモイ。

2023年の終わりと2024年の始まり

2024-01-02 | 思うこと
2023年が終わり、2024年が始まりました。
31日大晦日から1日元旦、2日は今通っているヨガスタジオに行きました。
31日は太陽礼拝54回
1日はヨガ二トラ・OM瞑想・トラタカ瞑想
2日は太陽礼拝54回

それぞれのクラスを受けました。

昨年の10月、私はインド・リシケシのYogaViniのTTC・ティーチャートレーニングコース28日間に参加し、無事に終了しました。
ここでの毎日の体験、オモイはまだまだ整理のできないことばかりで、この体験・オモイを自分に伝えていくにはじっくりと時間がかかりそうです。そして一人旅の体験・オモイも同様にスクールとは違った気づきが大きくて整理に時間がかかりそうです。

その整理のためと今を生きている自分のために今、ヨガをしています。

日本の日々の生活の中にヨガの時間がある生活は今では必要な時間となりました。
忙しく時間に追われる日常、仕事や日本での生活は当たり前だけどインドの生活と違い、自分に落ち着いて向き合う時間は短いです。
でもその限られた時間の中でヨガスタジオのマットの上に坐ること、立つことは自分の身体と心に向き合える、集中できる時間となりました。それと行き来の電車も本を読んだり、景色を見たり、だらだら何かを考えたり、呼吸を意識してみたり。と、そんな時間もいただき、ありがたい時間となっています。

この3日間、私の大好きな先生TINA先生は太陽のような人で、傍にいるだけで元気になり、心が落ち着いてきます。
そのエネルギーはすべての人々に与えられ、愛と優しさに溢れています。
そしてそのエネルギーはもっとできる。あなたはできる。と唱えるように伝わっていきます。

私は安心して身体を動かして、移りゆく何かを眺めることができます。
身体のつまりはなくなり、風が身体と心に吹くのがわかります。とても心地よい風が吹きます。私はその心地よさがとても好きです。
その心地よさはすべてが美しく見えます。優しい空気に包まれます。私の息はアタタカク優しくなります。

そんな身体となり過ごしています。
毎日疲れていきます。その変化も楽しいものです。疲れたことに正常さを感じます。疲れたことに自分が頑張ったんだな。と休みを与えることができます。イライラしたらイライラします。
そんな時に食べるごはんは本当に嬉しくありがたいです。
野菜たちが可愛く、美味しいです。
スパイスがエネルギーを復活させてくれます。
水が身体にしみていきます。

ヨガを日常に取り入れながら、スクールで習ったVini先生の講義のノートを別のノートに書き写しながら勉強しています。
その作業をしながらインドの自分と出会い、その自分の考えたこと思ったことをノートに書いています。

2024年が始まりました。
ダンスを踊りたい。
絵を描きたい。
個展をしたい。
ヨガを教えたい。
ダンスを教えたい。
マッサージを私らしい場所と空間で人を癒したい。
たくさんの人と話したい。

今日は青空が綺麗です。雲もない青空です。
心がとても嬉しいです。
あんなにも寂しくて辛くて身体が鉛のように重くて死にたくて生きたくて、身体のあちこちが痛くて心が痛すぎて絶えれなくて、毎日何年も何年も泣いてヘトヘトになり、自分の生き方に不満でしかたなくて愛情が欲しくてたまらなくて、カラスと話して、めまいと幻聴と幻覚と過呼吸で毎日必死だったのに......。

ありがとう。
今を。





いよいよインドに行きます。

2023-09-29 | 思うこと
いよいよ、明日の30日9:20のフライトでインドに行きます。

目的はヨガのインソラクターの資格を取りに28日間スクールに入ります。
場所は北インド リシケシです。

スクール終了後に10日間の北インドの一人旅をして帰国します。

長年にわたりインドに行きたいと思っていたことがようやく実現しました。


私がインドにオモイを寄せる理由。
それは色々ありますが、一番の理由は横尾忠則さんがインドに行っていたからです。

私は横尾忠則さんの作品がとても好きです。
私の人生は踊りを踊っています。そのことは私にとって生きる喜びでもあり、かなりの苦痛を背負い生きています。
苦痛で押しつぶされそうな日常を何んとか自分の身体を引きずり回して生きています。
横尾さんの作品を観るとそんな苦痛が吹っ飛んでしまい、勇気と希望に満ちます。

私はダンサーだ!!

いつも叫びます。

だから今もダンサーです。


横尾さんのの本を今までに何冊か読みました。
インドにオモイを寄せるのも読みました。
私もきっと、いつかインドに行くだろう。
きっとインドに行くその時が向こうからやってくるだろう。
その時をずっとずっと待っていました。

その時「今」でした。
その時がやってきたのです。
だから私はインドに行きます。


52歳になりました。
8歳からクラシックバレエを始めてからずいぶんと時が経ち、今は自分のスタイルで表現活動しています。

2003年にびわ湖ホールの舞台の上の暗闇から、私の旅が始まったように今感じます。
クラシックバレエで有名な作品「ジゼル」のミルタ役に選ばれたのが2002年の出来事でした。
この役に選ばれたことで、私はバレエダンサーとしてプライドを高め、仕事であるバレエの指導をお休みしてミルタの練習に専念しました。

練習しても練習しても踊ることが怖くて、かなりのプレッシャーを抱えました。
そんな中でもミルタは私の身体の中に気づきを語ってくれ続けました。
私はミルタの声を頑張って耳を澄まし、聴いていきました。

ミルタは私にたくさんのことを教えてくれました。
私はミルタが好きでした。ミルタの心がわかりました。
たくさんミルタと語り合いました。

そして本番。
舞台の上で私一人立っている場所は真っ暗な、本当にこれ以上ないというぐらいの暗闇の中に私は立っていました。
私は怖くて怖くて仕方ありませんでした。
その暗闇から声が聞こえたのです。
「ここはあなたのいる場所ではない」と.........

あれから20年。
私は旅を続けてきました。
雨の日も。風の日も。晴れた日も。

そして西川千麗さんに出会いました。
秋紀芳慧さんに逢いました。
ジョン先生に逢いました。

そして
今も旅の途中。

何を探しているんだろ?
何を求めているんだろう?
私はなんでインドに行くのだろう?

それでも探したい。
それでも見つけたい。
ワタシを。

ワタシ!!どこにいますか??

ワタシ。

ワタシ元気ですか?
ワタシ元気ですか?

明日、いよいよ旅立ちます。
さよなら。
こんにちは。
さよなら。
こんにちは。

今、思い出しました。
私は「ヒカリ」を知っています。
くるみ割り人形の役
「雪の女王」
踊った時の舞台で観た「ヒカリ」

千麗先生の舞台「畜生塚」で処刑される女性を踊った時に舞台の上で観た「ヒカリ」

そう、「ヒカリ」
は存在する。

そのヒカリを求めている。
ヒカリを探している。

「ヒカリ」

私は旅を続ける。
私は旅を続けていく。

そして
私は踊り続ける。
踊り続けていく。





BIRD 202303 shioyacollection #1

2023-07-25 | 稽古日誌
新しくダンスの映像をアップいたしました。
ぜひご覧ください。


BIRD 202303 shioyacollection #1

絵画展を開催いたします。

2023-02-27 | 思うこと
わたくし、栃本あずさは2020年からクレヨンで鳥を描いておりました。
この度個展を開催いたします。

個展開催は神戸・塩屋と大阪・中津にて2回の開催が決まりました。

1回目は
神戸・塩屋にてシオヤコレクション企画の

AZUSA TOCHIMOTO EXHIBITION
「BIRD」
Crayon picture
絵画展を開催いたします。

2023年3月24日(金)から4月3日(月) 
休み・3月28日(火)・29日(水)・30日(木)

場所
シオヤコレクション
しおみちゃんの家
の2箇所で開催です。

シオヤコレクション
11:00~17:00

しおみちゃんの家
11:00~19:00

シオヤコレクションとは、
神戸塩屋の古着屋。
みなさんから寄付いただいた古着を販売し「NPO法人GivingTree」「音遊びの会」を支援する日本では珍しいチャリティーショップ。
塩屋のアレコレも販売。シェアキッチンイベントも。

と、いろんな活動されている方々です。
この度、お話を頂き、絵画展を開催することになりました。

私にとってこの塩屋にアトリエを持ち、黙々と約3年間ひたすら描き続けた絵たちと、この塩屋でシオヤコレクションの皆様のご協力で開催出来ることは、奇跡のような出来事です。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

シオヤコレクションの方々と開催する展示がどのような展示になっていくのか!!今からワクワク、ドキドキの期待感満載です。

絵たちが開催中にきっとイキイキと大空を飛ぶように思います。

そんな鳥たちをぜひ観に来てください。
よろしくお願いいたします。


しおみちゃんの家では毎晩、展示終了後の19:00から私のダンスコンサートを行います。
即興で毎回踊ります。

ぜひ、ダンスも楽しみに観に来てください。


2回目は
大阪・中津にありますビーガンカフェ「人空間」さんにて開催いたします。
4月21日(金)~30日(日)
休み26日(水)27日(木)
カフェの営業時間内にて、ワンドリンクオーダーでお願いいたします。
こちらのランチは心も身体も喜びます。
私も何度も何度もランチに助けていただいています!!
身体も心も元気になります。

人空間
古民家をリノベーションしたとても雰囲気のあるお店で、1日数食限定の有機野菜のヴィーガン定食&ドリンク&スイーツがあります。
2階はイベントスペースをされています。

近所にはこれまたいつもお世話になってます、
無農薬の野菜屋さん
「ハナヤ」
大阪中津商店街なかほどにあるコモンスペースです 八百屋さん、カフェ、各種ワークショップ、古本市などのイベントもやってます。

天然酵母パン
「ウステトパン」

があります。

私は毎週中津でお買い物してます!!

こちらもよろしくお願いいたします。









2020年6月
1枚目の絵が完成した時の写真です。


シオヤコレクション絵画展 
栃本あずさ
ダンサー・アーティスト
8 歳よりクラッシックバレエを始め、27 年のバレエ人生からコンテンポラリーダンス の世界へ魅了されました。未知の身体の世界観やその謎に包まれた感情、ココロとの対話の難しさ、もっと もっとワタシを知りたい、その思いをダンスや絵、動画で表現しています。
今回は 2020 年から始まったコロナウィウルスの流行で大きく世界が変わり、私自身も戸惑いな がら何もできない無力さにどうしたらいいのかわからない中、ひたすら絵を描きはじめました。 モチーフはその時の私に希望と勇気をあたえてくれた鳥たち。1 枚目の絵が完成した時にそ の鳥が「飛べ、飛べ、飛べるよ。」と言い、私はアトリエを持ちました。 風と太陽、雲と鳥たち、月と星の美しさに包まれるアトリエは私をいつも優しく包んでくれました。 描いた鳥たちは私に語りかけます。「生きろ」
だから私は必死で描きました。 そんな鳥たちの言葉を皆さんに届けたい。聞いてほしい。そう願って、今回の個展を開催いたします。 どうぞゆっくりと心穏やかに鳥たちと会話しながら観てください。




2023年

2023-02-07 | 思うこと
2023年が始まりました。
今年は年末から年始にかけてマッサージの仕事に出勤しており、とても忙しい日々を送っていました。
そのせいか、その後、日に日に体調を崩してしまい、更に1週間ほど前には発熱で寝込んでしまいました。
未だに風邪が治らずに頭痛と倦怠感と耳鳴りの日々です。
身体がこんなにもしんどくなるのも久しぶりで、辛い日々です。

そんな中ですが、1月の15日から強行で巡礼の旅に出かけました。
今回、東に向かいまいました。
以前からどうしても見てみたい 木 を見に行くのが最大の目的ですが、もう一つ、最大の目的があり今回の旅に出ました。

話は長くなるのですが、2020年にコロナウィルスが世界を襲い、初期のころはとにかく予想もつかないほどの強烈なウイルスで多くの死者や、都市閉鎖や体験したことのない悪夢のような世界になってしまい、生きることが脅かされました。

ayami yasuyhoの活動もストップしてしまい、働いていたアルバイトも半分の出勤に減らされ、新しいアルバイトを探して面接にいっても次々に不採用で、5個の面接に落ちてしまい、家に閉じこもる日々が続きました。
ごはんを食べるのも美味しく食べれない日々。毎日毎日が不安と未来が脅かされて前が見えてこない。

何をしたらいいのだろう。どう生きればいいのだろう。
生きることをどう考えればいいのだろう。
まったく自分のことがわからなくなりました。
私は何をしていけばいいのだろう。

まったくわからない。

私はダンサーでアーティストです。

私は何をすればいい。

毎日毎日自分に質問しても何もわからない。

そんな日々でしたが毎日踊り、毎日絵を描きました。

何のために?なんで?
そう自分に質問しても何もわからない。

それでも続けなければならない。
私は踊り、絵を描き続けなければならない。

私はこの3年、一人で海で踊り、鳥の絵を描いてきました。
踊りと絵は私にいろんなことを語ってくれました。
踊りと絵は私にいろんなことを気付かせてくれました。

私はそれを大切に受け取り生きてきました。
私は必死に踊り、絵を描き続けてきました。

そして今年。
私の描いた鳥たちの個展が決まりました。
いよいよこの鳥たちと一緒に皆さんにお会いすることができます。
こんなにも嬉しいことはありません。
どんなに感謝しても感謝しきれないほどの嬉しさでいっぱいです。

今回、個展が決まり、いよいよと思うと嬉しくて嬉しくてたまりません。
ふと思い返します。
コロナウィルスの始まった日々を。そしてこの3年の私の行動を。

まるで砂嵐の中を歩いていた日々のように感じます。
目の前は何も見えない。
真実はこの身体。
信じるモノはこの身体しかないという真実。
私は信じ続けました。
この身体を。
この私を。
不安しかない砂嵐の中を。

今回の旅で何で旅に出たいのか、ようやくわかりました。
今、ふと気が付くと砂嵐は止んでいたのです。

私は砂嵐の中にもういない。
ここは穏やかな風の吹く優しい場所にいることに気づきました。

砂嵐の中、私は塩屋にアトリエを借りました。
砂嵐の中、一人で生きることを決意しました。
砂嵐の中、マッサージの仕事を再開しました。

今の生活が出来ていることにお礼を言わなきゃいけなかったのです。
「ありがとう」と、私は神様に言わなきゃいけないのです。

私は無事に砂嵐をくぐり抜けることができたのです。

「ありがとございます。」



その旅にでました。


「ありがとう」

「おめでとう」


これでよかったのでしょうか?

すべてはこれでよかったのでしょうか?

私にはわかりません。

でも。これしかなかったのです。

私の生きる道はこれしかなかったのです。

「ありがとう」

「おめでとう」

ありがとう。