★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画&DVDのちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

ミッドナイト・イン・パリ

2012年05月27日 | ★★★+(3.5/5)

【MIDNIGHT IN PARIS】 2012/05/26公開 スペイン/アメリカ 94分
監督:ウディ・アレン
出演:キャシー・ベイツ、エイドリアン・ブロディ、カーラ・ブルーニ、マリオン・コティヤール、レイチェル・マクアダムス、マイケル・シーン、オーウェン・ウィルソン、ニーナ・アリアンダ、カート・フラー、トム・ヒドルストン、ミミ・ケネディ、アリソン・ピル、レア・セドゥー、コリー・ストール

真夜中のパリに
魔法がかかる

ギルは婚約者と共に、彼女の両親の出張に便乗してパリを訪れる。彼はハリウッドで売れっ子脚本家として成功していたが、作家への夢も捨て切れずにいた。ロマンチストのギルは、あこがれの作家ヘミングウェイや画家のピカソらが暮らした1920年代の黄金期のパリに郷愁を抱いており... (シネマトゥディより)

パリを舞台に、作家志望のギルがひょんなことからヘミングウェイやピカソなどの伝説の作家や芸術家たちが集う1920年代のパリにタイムスリップしてしまうファンタジー・コメディ。

え?と思われるかもしれないけど、たまには洒落た作品も観るんですよ〜ってことでMOVIXにて鑑賞。
ちょっと気分が低空飛行だったもので魅惑のパリを堪能して余韻に浸っておりまする。
ウディ・アレン監督作は『タロットカード殺人事件』しか観たことがないんですが、面白かった記憶があるので大丈夫だろうと.....うん、とっても素敵な作品でした。

20年代のパリは素敵だ〜。今のパリも素敵なんだと思うけれど、20年代の街の雰囲気やファッションが素敵。そこに深夜0時の鐘の音でギルがタイムスリップする設定がこれまたいい〜。毎日同じ時刻に憧れの人と出会えるなんて素敵すぎる!! 同じタイムスリップでも昨日観てきたMIB3とはえらい違い(笑) ←比べるな!
行けるもんならパリに行ってあの場所で深夜0時の鐘の音を体験してみたい〜と思っちゃう。
でもってロケ地めぐりなんぞしてみたいもんですな〜。今はパンフを観ながら脳内観光♪

特に盛り上がりがあるわけでもなく何がどうしたーってわけじゃないんだけど幻想的な雰囲気がとっても良いのです。次々と現れる作家や芸術家のみなさんにおおっ!と思いながら観てたので睡魔も訪れない。そして出会った人たちのアドバイズによってギルの小説が手直しされて完成されていくのがいい。

ただ、もうちょっと登場人物について勉強してから行けばよかったと後悔、、、。聞いたことあるようなそうでないような、申し訳ないけど存じ上げませーんという人も....。ヘミングウェイやピカソ、ダリといった有名人は分かっててもそんなに詳しくは知らない。けれど、こんな感じの人なのかなーとか考えるのは楽しいです。

個人的にはヘミングウェイが素敵〜なんて思ったのだけれど、エイドリアン・ブロディのダリもいいね〜サイ! 何かと....サイ!!(笑)
おかげさまで94分の幻想的で魅惑的な時間を過ごさせていただきました。

あ、探偵さんはちゃんと帰れたのでしょーか??

それにしても...ギルとイネズは最初から合わないと思ってた。
価値観がまるで違うのにどうして今まで付き合ってたんだろう...。

レイチェル・マクアダムスは相変わらずチャーミング。
でもちょっと太った??ちょいと気になる部分もあったりなんかして....。

教訓:知ったかぶりしてうんちくを垂れるのはやめよう。時には記憶違いで恥ずかしいことも...

★★★.9


よろしければポチッとお願いします♪

ミッドナイト・イン・パリ [Blu-ray]
キャシー・ベイツ,エイドリアン・ブロディ,カーラ・ブルーニ,マリオン・コティヤール,レイチェル・マクアダムス
角川書店
  ミッドナイト・イン・パリ [DVD]
キャシー・ベイツ,エイドリアン・ブロディ,カーラ・ブルーニ,マリオン・コティヤール,レイチェル・マクアダムス
角川書店

 

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (39)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メン・イン・ブラック3 | トップ | ピザボーイ 史上最凶のご注文 »

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
yukarin★こんばんは (mig)
2012-05-27 23:24:01
楽しめたようで良かった♪

>価値観がまるで違うのにどうして今まで付き合ってたんだろう...。

ほんとそう。最初からずっと否定的だし
笑)

アレン作品、ファンタジックなのはここまではないけど、他にも面白いからぜひみてみて〜♪

migさんへ (yukarin)
2012-05-28 12:46:20
うん楽しめたよ〜♪
アレン作品は2本とも良かったから他の作品も観てみるね〜。
Unknown (KLY)
2012-05-28 23:01:50
そうだよね、こんな人なのかなぁって考えちゃう。ダリってあんなにエキセントリックだったのかな?でもだとしたら面白いよね(笑)そうじゃないかもしれないけど、何かそこはそうであっても良くない?って素直に思えちゃう。
知識として知っていれば、セリフ的ナ妙味をもっとキチンと味わえたんだろうなって思います。
こんばんわ (にゃむばなな)
2012-05-28 23:20:02
知ったかぶりも悪くないのですが、オールジャンル知ったかぶりとか、ガイドさんに楯突くとかはダメですよね。
ですからピカソの絵の間違った評価をギルが正すくだりは結構すっきりしましたよ。
文化人度 (ノルウェーまだ〜む)
2012-05-31 16:03:08
yukarinさん☆
私も半分くらいしか知らなかったので、アレン爺さんの教養人度テストには落ちたかな。
パリと言う場所が、「文化人であること」を要求しているもんね。それは決してえせ教養人度とは違うものなのでしょう。
アレン爺さんはよほどパリを愛しているのね。最も美しい角度でパリを撮っているな〜と感心したわ。
人が夢を観るから「儚い」のだっ (q  今の自分が自分の全て)
2012-05-31 16:32:19
愛しの観まくり絵画達の画家
読んで感動した作家達
午後のパリはチャーミング
夕方のパリは魅惑的
じゃあ真夜中のパリは????
ふふん♪マジックだー
素敵で迷い込んじゃうよ〜
エレガントでコケティッシュ
全編、アドリアナのミステリアスで気高い美しさは惚れるねぇ
過去を旅する。過去は背負って生き、ふり返ってたらつまんな〜い
という生き方はしてるqなのさ
人が夢を観るから「儚い」んでぃっ
KLYさんへ (yukarin)
2012-06-01 12:53:14
こんな人かなーと考えられて楽しいですよね。
ほんと知識がもっとあればもっと楽しめたと思います。
にゃむばななさんへ (yukarin)
2012-06-01 12:55:19
そうそうガイドさんにはまずいですよねぇ^^;
明らかに正しいのに...
私もピカソの絵のくだりは好きです〜。
ノルウェーまだ〜むさんへ (yukarin)
2012-06-01 12:57:46
私も落第です^^;
でも皆さん知ってて当たり前かと思ってたのでホッとしました。
本当にパリが好きなんだというのが作品からあふれてきましたね〜
素敵な作品でした!
qちゃんへ (yukarin)
2012-06-01 12:59:48
うん、ほんと真夜中のパリはマジックだよね♪
パリを舞台にした作品の中で一番素敵かもしれない。

>人が夢を観るから「儚い」んでぃっ
確かに!!
Unknown (たお)
2012-12-03 12:41:22
我の強い女性に対する恐怖感ってのも、過去への強い思い入れってのも、非常にアレンらしい一本だったなぁと。
たおさんへ (yukarin)
2012-12-05 13:00:03
あまりこの方の作品を見て無くて....
アレンさんは強い女性に何かあったんでしょうかね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

39 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ミッドナイト・イン・パリ (佐藤秀の徒然幻視録)
パリの狂気の星空を覆う救いの雨 公式サイト。原題:Midnight In Paris。ウディ・アレン監督、オーウェン・ウィルソン、レイチェル・マクアダムス、マリオン・コティヤール、レア・セド ...
ミッドナイト・イン・パリ/オーウェン・ウィルソン (カノンな日々)
『人生万歳!』でニューヨークへと戻ったウディ・アレンがヨーロッパへとまた帰ってきたわけですが、今作の舞台は本拠地のロンドンではなくタイトルにあるようにパリです。そして予 ...
映画:ミッドナイト・イン・パリ Midnight In Paris 好調ウディ・アレンが再現する1920年代のパリ。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
最近「それでも恋するバルセロナ」「Whatever Works」(邦題忘れた)と、好調な作品が続いているウディ・アレン。 今回もまた評判が良く、アカデミー賞に4部門もノミネーション。 (作品賞/監督賞/脚本賞/美術賞) という中、さっそく。 環境は英語で(字幕は中国...
ウディ・アレン監督『ミッドナイト・イン・パリ』(Midnight in Paris) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。ウディ・アレンの監督生活47年、監督作42本目にして自己最高の興行成績を樹立した『ミッドナイト・イン・パリ』本作でゴールデン・グローブ賞の脚本賞を受賞。アカデミー賞では作
映画レビュー「ミッドナイト・イン・パリ」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Midnight in Paris [Blu-ray]クチコミを見る◆プチレビュー◆パリを舞台にした幻想的なファンタジー「ミッドナイト・イン・パリ」。ユーモアと皮肉のブレンドが絶妙。 【80点】 ハリウッ ...
ミッドナイト・イン・パリ / Midnight In Paris (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 去年のカンヌ映画祭でオープニングを飾り、 今年のアカデミー賞作品賞、9作ノミネートのうち日本で公開となる最後の1本 アカデミー賞で脚本賞、ゴールデングローブ賞作品賞受賞! 2004年、NYから舞台をヨー...
『ミッドナイト・イン・パリ』 (ラムの大通り)
(英題:Midnight in Paris) 「こういう何の驚きもない映画というのも、 ある意味いいよね。 安心して観ていられる」 ----えっ? これって 主人公が自分の憧れる1920年代のパリに行って、 歴史に名を残す著名な人たち、 ピカソやヘミングウェイなどと会うってお話でし...
ミッドナイト・イン・パリ (悠雅的生活)
午前零時。憧れの時代。雨の中の散歩。
ミッドナイト・イン・パリ/Midnight in Paris (LOVE Cinemas 調布)
語り部ウディ・アレンが第84回アカデミー賞脚本賞受賞したファンタジー・コメディ。1920年代のパリを黄金期と信じて疑わない主人公がタイムスリップし、過去の著名な芸術家たちと不思議な交流す姿を描いている。主演はオーウェン・ウィルソン。共演にレイチェル・...
ミッドナイト・イン・パリ/MIDNIGHT IN PARIS (いい加減社長の映画日記)
「ガール」も気になってはいるんだけど・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 映画脚本家のギルは、婚約者イネズの父親の出張に便乗して憧れのパリにやってきた。 脚本家として成功していたギルだが虚しさを感じ、現在は本格的な作家を目指して作品を執筆中だ。...
ミッドナイト・イン・パリ (ここなつ映画レビュー)
真夜中の12時の鐘が鳴ったら魔法が解け、馬車はカボチャに戻り、身に纏った美しい衣装もボロボロに戻る。シンデレラのお話しは確かにそうだけれど、この「ミッドナイト・イン・パリ」では、12時の鐘がパリの街角で鳴ったその時が、夢の始まり。 少しネタバレ...
ミッドナイト・イン・パリ (Akira's VOICE)
パリふれあい街歩き。  
ミッドナイト・イン・パリ (そーれりぽーと)
ウディ・アレンのロマンティック・タイムスリップ映画、『ミッドナイト・イン・パリ』を観てきました。 ★★★★★ また好みのジャンル、タイムスリップ物。 VFXバリバリの『MIB3』に続いて、同じタイムスリップものでもVFXとは対極にあるようなウディ・アレンのヒューマ...
『ミッドナイト・イン・パリ』 (こねたみっくす)
これはパリでしか撮れない大人の洒落た映画です。 第84回アカデミー賞で脚本賞を受賞したウディ・アレン監督の最新作は、アメリカなんぞでは絶対に撮れない、過去と現代が共存して ...
「ミッドナイト・イン・パリ」 心地よい巨匠のお遊び (ももたろうサブライ)
監督 ウディ・アレン
迷子の旅人〜『ミッドナイト・イン・パリ』 (真紅のthinkingdays)
 MIDNIGHT IN PARIS  ハリウッドの売れっ子脚本家だが、実は作家志望のギル(オーウェン・ウィル ソン)は、婚約者のイネズ(レイチェル・マクアダムズ)と憧れのパリにやってき た。何...
「ミッドナイト・イン・パリ」隣の芝生 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ウッディ・アレン監督作品は初体験。 「隣の芝は青い」という単純明快なテーマを、パリならではのノスタルジックでアーティスティックな世界と、ウィットに富んだ大人のジョークで包んだお洒落な作品。
「ミッドナイト・イン・パリ」 (NAOのピアノレッスン日記)
〜真夜中のパリに魔法がかかる〜 本年度アカデミー賞脚本賞受賞作品2011年   スペイン・アメリカ合作映画   (2012.05.26公開)配給:ロングライド      上映時間:94分監督:ウディ・アレン脚本:ウディ・アレン衣装:ソニア・グランデ出演:オーウ...
ミッドナイト・イン・パリ (Said the one winning)
おはなし ギルは婚約者と共に、彼女の両親の出張に便乗してパリを訪れる。彼はハリウッドで売れっ子脚本家として成功していたが作家への夢も捨て切れずにいた。ロマンチストのギル。あこがれの作家ヘミングウェイや画家のピカソらが暮らした1920年代の黄金期のパリに郷愁...
ミッドナイト・イン・パリ・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
真夜中のパリは、不思議の街。 ウッディ・アレンが、自らもこよなく愛すパリを舞台に描くファンタスティックな寓話。 世俗的な仕事に嫌気がさし、小説家としての再出発を志す主人公、ギルが迷い込んだのは...
ミッドナイト・イン・パリ / Midnight in Paris (勝手に映画評)
酔って深夜のパリを徘徊していると、クラシックカーに乗った人々から一緒に来るように誘われる。戸惑いつつも、付いて行ってみると、いつの間にか1920年代にタイムスリップしていた。 幻想的で、ユニークな内容です。ティーパーティー運動の事に触れていたり、アメリカ人...
★ミッドナイト・イン・パリ(2011)★ (Cinema Collection 2)
MIDNIGHT IN PARIS 真夜中のパリに 魔法がかかる 上映時間 94分 製作国 スペイン/アメリカ 公開情報 劇場公開(ロングライド) 初公開年月 2012/05/26 ジャンル コメディ/ファンタジー/ロマンス 映倫 G 人気ブログランキングへ 【解説】 本国アメリカではウ...
『ミッドナイト・イン・パリ』 (2010) / アメリカ・スペイン (Nice One!! @goo)
原題: MIDNIGHT IN PARIS 監督: ウディ・アレン 出演: キャシー・ベイツ 、エイドリアン・ブロディ 、カーラ・ブルーニ 、マリオン・コティヤール 、オーウェン・ウィルソン 、 レイチェル・マクアダムス 、マイケル・シーン 公式サイトはこちら。 苦手な...
ミッドナイト・イン・パリ (心のままに映画の風景)
ギル(オーウェン・ウィルソン)は、婚約者のイネズ(レイチェル・マクアダムス)と共に、彼女の両親の出張に便乗し、憧れのパリを訪れた。 ある日、真夜中の街を彷徨っているギルの目の前に、一台のクラシ...
ミッドナイト・イン・パリ (だらだら無気力ブログ!)
当時の文学や芸術の知識があれば、より楽しめる内容だったと思う。
ミッドナイト・イン・パリ/解りあえない僕とキミの物語 (映画感想 * FRAGILE)
ミッドナイト・イン・パリMidnight in Paris/監督:ウッディ・アレン/2011年/スペイン、アメリカ 真夜中のパリには、魔法がかかっている。 ウディ・アレン監督作品は初めてです。おじいちゃん。なぜ今まで見てこなかったんだろう? と思うんですが、まあ、めぐり...
ミッドナイト・イン・パリ・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
真夜中のパリは、不思議の街。 ウッディ・アレンが、自らもこよなく愛すパリを舞台に描くファンタスティックな寓話。 世俗的な仕事に嫌気がさし、小説家としての再出発を志す主人公、ギルが迷い込んだのは...
ミッドナイト・イン・パリ (こんな映画見ました〜)
『ミッドナイト・イン・パリ』---MIDNIGHT IN PARIS---2011年(スペイン/アメリカ)監督:ウディ・アレン出演:キャシー・ベイツ 、エイドリアン・ブロディ 、カーラ・ブルーニ、マリオン・コティヤール、レイチェル・マクアダムス、マイケル・シーン、オーウェ....
アレン流 タイムスリップ! (笑う社会人の生活)
映画「ミッドナイト・イン・パリ」を鑑賞しました。 婚約者とパリに訪れたハリウッドの人気脚本家ギル しかし 小説家になることを捨て切れず、1920年代のパリに想いを馳せていた ある夜 彼は憧れの1920年代にタイムスリップしてしまい… ウディ・アレン監督作品 いや〜...
映画・ミッドナイト・イン・パリ (読書と映画とガーデニング)
2011年 スペイン=アメリカ合作 原題 Midnight in Paris 2010年 ハリウッドの売れっ子脚本家ギル(オーウェン・ウィルソン)は婚約者イネズ(レイチェル・マクアダムス)の両親の出張のご相伴に預かり憧れの街パリを訪れる パリの屋根裏部屋での暮らしを....
ミッドナイト・イン・パリ      評価★★★★92点 (パピとママ映画のblog)
午前0時の時計台の鐘に導かれ、芸術家たちとの夢の一夜へ 第84回アカデミー賞脚本賞を受賞し、ウディ・アレン作品としては全米で最大のヒットを記録した、ファンタジック・コメディ。 あらすじ:ギル(オーウェン・ウィルソン)は婚約者(レイチェル・マクアダムス)....
「ミッドナイト・イン・パリ」 (或る日の出来事)
パリの真夜中、過去へタイムスリップ!?
Midnight in Paris (naguCo.com)
ウディ・アレンあまり得意じゃないのだけども・・・ (って彼の作品を観るたびに書いてる気がする) コレは面白かったー! パリの街並みに溶け込むBGM 時代を象徴する作家やアーティスト達 アート好きじゃない方はちょっとだけ予習すると良いかも フィッツジェラルド、ヘ...
ミッドナイト・イン・パリ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ミッドナイト・イン・パリ』を渋谷ル・シネマで見てきました。 (1)昨年の『人生万歳!』をはじめとして、これまで何本も見ているウディ・アレン監督作品というので、だいぶ遅れてしまいましたが映画館に足を運びました。  本作は実に他愛ない内容で、1920年代のパ....
ミッドナイト・イン・パリ (rambling rose)
小説家への転身を志す脚本家のギルは、婚約者イネズ一家と共に訪れたパリで益々その思いを強くする。そんな折、イネズの家族や友達とソリが合わない彼は1人真夜中のパリを彷徨うハメになり・・
『ミッドナイト・イン・パリ』 (Cinema+Sweets=∞)
この間の休みに、やっとのことでウディ・アレン監督の最新作『ミッドナイト・イン・パリ』を映画館に観に行ってきました。 こういう小粋な作品は素敵ですね、映画を観て気持ちがリフレッシュ出来ました。 ...
ミッドナイト・イン・パリ (Midnight in Paris) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ウディ・アレン 主演 オーウェン・ウィルソン 2011年 スペイン/アメリカ映画 94分 コメディ 採点★★★★ 「まぁ!?なんて後ろ向きな人!」と言われようが何であろうが、自分の過ごしてきたある一時期に対する思い入れが強い私。自分の楽しんでいる娯楽の原...
ミッドナイト・イン・パリ (ぷかざの映画感想記)
ミッド・ナイト・イン・パリを見ました。 [満足度:★★★☆☆] ※ネタバレありの
『ミッドナイト・イン・パリ』('13初鑑賞73・WOWOW) (みはいる・BのB)
☆☆☆★− (10段階評価で 7) 8月14日(水) WOWOWシネマの放送を録画で鑑賞。