★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画&DVDのちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

J・エドガー

2012年01月28日 | ★★★★(4/5)

【J. EDGAR】 2012/01/28公開 アメリカ 137分
監督:クリント・イーストウッド
出演:レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、ジョシュ・ルーカス、ジュディ・デンチ

だれよりも恐れられ、だれよりも崇められた男。

 1924年にFBI初代長官に任命されたジョン・エドガー・フーバーは、歴代の大統領に仕え、数々の戦争をくぐり抜け、半世紀にわたって法の番人としてアメリカをコントロールしてきた。しかし、フーバーには絶対に人に知られてはならない秘密があった... (シネマトゥディより)

クリント・イーストウッド、レオナルド・ディカプリオが初めてタッグを組んだ、初代FBI長官ジョン・エドガー・フーバーの生涯を描いた伝記ドラマ。
20代でFBIの前身となる組織の長官になり死ぬまでFBI長官であり続け、歴代の大統領までもが恐れたというジョン・エドガー・フーバー。そんな彼の輝かしい功績の裏に隠された私生活を描く。

今の科学捜査を確立させ犯罪者の指紋管理システムを作り、FBIを大きな影響力を持つ組織へと創り上げた人。彼の国家を守るという強い信念は素晴らしいけれど、そのために手段を選ばず大統領をはじめ要人たちの秘密を調べて極秘ファイルまで作ったり、恐喝まがいなこともしてしまうという悪の部分もある人なのでした。

これくらいのやり手じゃないと生涯現役は無理だろうし、こういう映画は作られないよね。それに彼の右腕のトルソンや秘書のミス・ガンディがしっかり彼をサポートしていたからこそでもあると思う。完璧なチーム!

やはりイーストウッド監督作品は好き。137分の2時間超えも全く睡魔に襲われることなく最後まで興味深く観られました。FBIと言っても激しいドンパチがあるわけでもなく淡々とした展開なので盛り上がりを期待しちゃうとつらいかも。睡魔に襲われた人もちらほらいたけど、、、。

いきなり70代から始まってびっくり。回顧録を作成するシーンから始まり、そこから過去と現代が交互に描かれていくというもの。そういうのって戸惑うこともあるんですがそれもなく観られたのは良かったです。それに過去と現代の切り替わりのセンスが良いです。エレベーターに乗る時は現代なのに降りる時は過去になっていたり...などなど。カラーをかなり抑えたセピアっぽい映像も好み。

レオの20代と70代のエドガーの演じ分けもさすが。70代の特殊メイクは自然で違和感なし。実際のエドガー本人にも似てる。ただ年代の声の差はあまり感じなかったけれど、、、。監督に直々に電話してこの役をやりたいと言っただけある役作りと熱演は素晴らしかったです。アカデミー賞にノミネートされなかったのは残念だけど、なんとなく好まれてない気もする...。

エドガーの母親役のジュディ・デンチはハマリ役。黙ってそこにいるだけでも威圧感ある(笑)。溺愛すぎてああいう子になっちゃったんですね。
エドガーがプロポースして断られた秘書のミス・ガンディが最後まで秘書でいた事も驚き!

後半はエドガーとトルソンとの愛の物語でもあった、、、。ってか、一個人を描いたというよりこの二人を描いたお話なのだと思って観るといいのかも。同性愛の演出もあったけどそういう関係を超えた繋がりを感じてラストは泣けましたもん。面接の時はまさかここまで長く一緒にいるとは思わなかったな。運命の人に出会った瞬間だったんですねー。あ、でも二人が殴り合いのケンカしてその後のオチにはベタすぎて笑っちゃいましたけどね。

パンフ情報ですが、トルソン役のアーミー・ハマーの曾祖父は実際にエドガーからソ連のスパイだと疑われていたとか。それだけでもワクワクしますねー。
それにジョシュ・ルーカスの祖母は第二次大戦の米空軍女性パイロットだったとか。リンドバーグを演じたのもお導きですかね。

それにしても生涯FBI長官として大統領たちに恐れられていた人が...ゲイだというのは聞いたことあるけどマザコンだったは知らなかったな。どんな人間でもいろいろな秘密はあるもんなんですねー。とても興味深いおはなしでした。

人気ブログランキングへ
よろしければポチッとお願いします♪

J・エドガー Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
レオナルド・ディカプリオ,ナオミ・ワッツ,アーミー・ハマー,ジョシュ・ルーカス,ジュディ・デンチ
ワーナー・ホーム・ビデオ
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (47)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ナニー・マクフィーと空飛ぶ... | トップ | 麒麟の翼 ~劇場版・新参者~ »

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2012-01-29 00:44:29
レオ様はオスカーはどうかと思ったけど、ノミネートはされても不思議は無かったよね。
あの殴り合いのケンカのオチはもうダチョウ倶楽部みたいで大笑いでしたよw
個人的には大統領がもう少し出てきて欲しかったなぁ。
ディカプー老けプー (ボー)
2012-01-29 09:17:50
なかなかの評価ですね。
私も嫌いじゃないですが…。
ディカプーの映画は真面目、で意外性がないのも、いまいち受けがよくないのかも?(あ、それは一部の人にだけ?)
Unknown (mig)
2012-01-29 11:23:10
おー、yukarin評価高いね!
私は3作連続いまいちだったよ~
イーストウッド、もうちょっと映画としての面白さ、演出が欲しいと思っちゃった☆
(上から目)

レオも、ジャレッドの老人みたいに声も徹底して老けさせるとかするとか。。。
アーミーハマーよかったけど大麻で捕まっちゃったね(笑)
Unknown (えふ)
2012-01-29 11:35:08
いきなりデカプーの老け顔でびっくりしましたね。
でもまだまだ若い!とおもいました(苦笑
興味深いフーバーの伝記だったけど、
ちょっと退屈だったわ(苦笑
こんばんわ (にゃむばなな)
2012-01-29 21:47:33
そうそう、レオくんの唯一の欠点ってあの高い声なんですよね。
あれが老け役の時に凄くジャマになっちゃうのが淋しいところ。

それにしてもマザコンでゲイというのを描いてしまう監督にも少し驚きです。
どこからか圧力はなかったのかな?
KLYさんへ (yukarin)
2012-01-29 22:25:34
私もノミネートはされても良かったんじゃ?と思ったんですけど伝記ものは感動がつきものだからなと思ったり、、、
ケンカ...いくかなーと思ったらやはり^^;
ダチョウ倶楽部は言わないで~。
大統領も恐れたわりにあまり出て来ませんでしたね。私もそこは出てきて欲しかったかなと。
ボーさんへ (yukarin)
2012-01-29 22:28:51
ちょっとひいきもあるんですけど、
個人的にはなかなか良かったんですよ。
確かにレオの映画は真面目すぎなのが多いですもんね。
migさんへ (yukarin)
2012-01-29 22:34:19
うん、私は良かった。
migさんはダメかー。
まぁ映画としての面白さはいまひとつではあるよね^^;

ああ、ミスター~の老人役は別の人かと思ってたら自身が演じてたんだよね。あの時の老人声はすごいと思った!
レオももうちょっと声のトーン落とせば良かったのかなぁ。

え?アーミー・ハマー捕まっちゃったの?
だめじゃん!!
えふさんへ (yukarin)
2012-01-29 22:36:51
まさか初っぱなからだとは思わなくて(笑)
途中からフーバーの伝記とは別の視点で観ちゃったんでねぇ^^;
伝記ものとしては物足りなさもあったかもね。
にゃむばななさんへ (yukarin)
2012-01-29 22:43:18
こんばんは♪
そうそう声が高いのが残念になっちゃうことがあるんですよね。
老け役の演技はとってもいいのに声が....

ゲイというのは聞いたことあったけどマザコンまで描かれてるとはビックリでした。
圧力なんてマグナムでぶっ飛ばしちゃいますよ(笑)
ここまでするなら (ノルウェーまだ~む)
2012-01-30 15:30:59
yukarinさん、こんにちは☆
デカプーはここまで老け役の大役をするなら、やっぱり声も変えないとでしょうね~
喋り方が若い時との差を感じなくて、一本調子で私はちょっと眠くなっちゃった。
Unknown (FREE TIME)
2012-01-31 00:19:27
こんばんは。
ジョン・エドガー・フーバーの生き方には共感出来なかったけど、彼の中にある2面性がうまく描かれていた作品であったと思います。
あと年老いた特殊メークもインパクトありました。
同作品で同一人物が、ここまで年老いた姿に見せる事が出来るのかと舌を巻きました
ノルウェーまだ~むさんへ (yukarin)
2012-01-31 17:12:17
こんにちは♪
今度は声の研究して欲しいな^^;
珍しく眠気に襲われませんでしたー。
別目線で見てたからかなぁ。
FREE TIMEさんへ (yukarin)
2012-01-31 17:15:37
こんにちは♪
そうですね、共感は出来ませんねぇ。
ジョン・エドガー・フーバーがどういう人物だったのかがよくわかりました。
ほんと!老けメイクはインパクトありましたよね。
こんばんはー☆ (kira)
2012-02-08 21:50:03
これが意外に2時間超も全く気にならず、
最後まで興味を持って観ました

潔癖症で吃音症、でもって、あれもこれも、、と、
まあ、レオが演じるのもあったでしょうが、感情移入はしなくとも
面白い作品だったと思います
kiraさんへ (yukarin)
2012-02-10 12:42:52
こんにちは♪
2時間超えは私も気にならなかったです。
レオも役作りは大変だったと思いますが見事に演じきってましたね。
なかなか興味深い内容でした。
こんにちは (maki)
2012-06-08 10:07:35
じっくりみせる映画としてはなかなか興味深いところをついていて楽しめましたね。
私も老年の熟された二人の愛には感動しちゃいました~
喧嘩のあとのキスも、ありだと思ったな
「二度とするな」てのが良かったのよね

二人が深く思いあっていたんだなーと感じるのが食事のシーン。ラストも、家をかいとって…って、凄く深い愛情。
老年期の演技も違和感なかったけれど、声質を落とすとか出来れば文句なかったですね(レオさん、声高いから><)
makiさんへ (yukarin)
2012-06-08 18:19:58
こんにちは♪
あのキスには驚きました(笑)
まぁアリでいいかなと。

レオの声は高いからちょっと気になりましたけど演技力でカバーですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

47 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
J・エドガー/J. Edgar (LOVE Cinemas 調布)
クリント・イーストウッド監督最新作。FBI初代長官ジョン・エドガー・フーバーの半生を描いた伝記物語だ。大統領ですら手が出せないほどの権勢を誇った男の人生の裏側を赤裸々に映し出す。主演は『インセプション』のレオナルド・ディカプリオ。共演に『愛する人』の...
劇場鑑賞「J・エドガー」 (日々“是”精進! ver.A)
フーバーのもたらした、光と闇… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201201280004/ キネマ旬報 2012年 1/15号 [雑誌] キネマ旬報社 2012-01-06 売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-...
「J・エドガー」 (或る日の出来事)
FBI(アメリカ連邦捜査局)(Federal Bureau of Investigation)の初代長官ジョン・エドガー・フーヴァー(在位1924年~1972年)とは、どんな人物だったのか。
J・エドガー (佐藤秀の徒然幻視録)
ディカプリオがフィリップ・シーモア・ホフマン化 公式サイト。原題:J. Edgar。クリント・イーストウッド監督、レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、ジュ ...
J・エドガー / J. Edger (勝手に映画評)
虚実に包まれた謎の人物である、FBI初代長官ジョン・エドガー・フーバーの半生を描いた映画。一応、歴史的事実を元に描かれていますが、フーバーを巡る物語自体は、創作という形になっています。1972年のフーバーが回顧録を口述していると言う設定で物語は進み、時に応じ....
映画レビュー「J・エドガー」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
J・エドガー(レオナルド・ディカプリオ主演) [DVD]クチコミを見る◆プチレビュー◆ディカプリオがフーバーの青年期から老年期までを怪演。伝説の男が信じた正義は現代アメリカの闇を ...
J・エドガー / J. EDGAR (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click アメリカでは誰もが知る存在を恐れられていた実在の人物、J・エドガー=ジョン・エドガー・フーバーを レオナルド・ディカプリオが熱演の、クリント・イーストウッド監督最新作 またまた2時間超えの長さ! ...
J・エドガー (ハリウッド映画 LOVE)
原題:J. Edgar監督:クリント・イーストウッド出演:レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、ジョシュ・ルーカス、ジュディ・デンチetc・・・まだまだ若い!ディカプリオ。
J・エドガー (うろうろ日記)
試写会で観ました。【予告orチラシの印象】実話っぽくてワンマンなFBI長官のお話
「J・エドガー」 「アメリカ」の国家像とかぶる (はらやんの映画徒然草)
ジョン・エドガー・フーヴァー、彼はFBI初代長官にして、48年もの長期にわたりそ
クリント・イーストウッド監督『J・エドガー』(J. Edgar) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。クリント・イーストウッド監督『J・エドガー』(J. Edgar)脚本はダスティン・ランス・ブラック(ガス・ヴァン・サント監督「ミルク」でアカデミー賞脚本賞受賞) 物語・F
『J・エドガー』 毛布をかけてもらうには? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  クリント・イーストウッド監督がJ・エドガー・フーバーの映画を撮る!  その報に接したとき、あまりにも上手い組み合わせに驚くとともに、傑作になることを予感してワクワクした。 ...
『J・エドガー』 ('12初鑑賞13・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 1月28日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:35の回を鑑賞。
J・エドガー (あーうぃ だにぇっと)
J・エドガー@よみうりホール
『J・エドガー』 (こねたみっくす)
初代FBI長官、革新者、マザコン、同性愛者、秘密主義、権力者、正義を愛するアメリカ国民、そして近代アメリカの裏の歴史ジョン・エドガー・フーバー。 恐喝・盗聴・科学捜査を駆 ...
『J・エドガー』 (ラムの大通り)
(英題:J. Edgar) ----J.・エドガーって何した人? 「何をしたというよりも、 ある地位に君臨し続けたという方が分かりやすい。 J・エドガー、J・E・フーバーは、FBIの初代長官。 20代にして、FBI前身組織の長となり、 以後、死ぬまで長官であり続けた男。 20世紀の半....
ゲイ色強し。 【映画】J・エドガー (B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら)
【映画】J・エドガー FBI初代長官ジョン・エドガー・フーバーの半生を描く。 クリント・イーストウッド×レオナルド・ディカプリオ 【あらすじ】 1924年にFBI初代長官に任命されたジョン・エドガー・フーバー(レオナルド・ディカプリオ)は、歴代の大統領に仕...
J・エドガー (心のままに映画の風景)
1919年、司法省に勤務していた・ジョン・エドガー・フーバー(レオナルド・ディカプリオ)は、新設された急進派対策課を任され、その後、FBIの前身である司法省捜査局の長官代行となる。 片腕となるクライ...
J・エドガー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(F) ディカプリオのフィルモグラフィーに、またひとつ箔が付く。
「J.エドガー」フーバー長官の秘密 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
アメリカでFBI初代長官として、科学捜査の基礎を確立し、大統領や有名人の秘密を知り尽くして恐れられていた人物の隠された本質とは・・・ 彼が徹底した人種差別は、何から来るものだったのか・・・?
J・エドガー (風に吹かれて)
FBIに48年君臨した男公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/hoover監督: クリント・イーストウッドFBI初代長官として、アメリカの秘密を握ってきた男、J・エドガ
J・エドガー/レオナルド・ディカプリオ (カノンな日々)
FBIの初代長官となったジョン・エドガー・フーバーの半生をクリント・イーストウッド監督がレオナルド・ディカプリオを主演に描く伝記ドラマです。FBI長官のJ・エドガーといえば有 ...
J・エドガー (Akira's VOICE)
その男,葛藤につき。  
映画「J・エドガー」 (FREE TIME)
映画「J・エドガー」を鑑賞しました。
J・エドガー (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「J・エドガー」監督:クリント・イーストウッド(『ヒア アフター』)出演:レオナルド・ディカプリオ(『インセプション』『シャッター・アイランド』)ナオミ・ワッツ(『フェ ...
『J・エドガー』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「J・エドガー」□監督 クリント・イーストウッド □脚本 ダスティン・ランス・ブラック □キャスト レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、       ジョシュ・ルーカス、ジュディ・デンチ、デイモン・ヘ...
J・エドガー (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
     『J・エドガー』  (2011) 1924年にFBI初代長官に任命されたジョン・エドガー・フーバー(レオナルド・ディカプリオ)は、歴代の大統領に仕え、数々の戦争をくぐり抜け、半世紀にわたって法の番人としてアメリカをコントロールしてきた。 し...
J・エドガー・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
権力の裏側で、男が守ろうとした“正義”の根にあったのは何か。 実に48年間に渡ってFBI長官としてアメリカの司法の世界に君臨し、クーリッジからニクソンまで8人の大統領に仕えた男、ジョン・エドガー・フー...
FBIを創った男~『J・エドガー』 (真紅のthinkingdays)
 J. EDGAR  初代FBI長官J・エドガー・フーバー(レオナルド・ディカプリオ)は、老境に 差し掛かってもその地位に君臨していた。彼は、半世紀近くに渡るFBIでの 出来事を、自らの回想録と...
J・エドガー (to Heart)
だれよりも恐れられ、だれよりも崇められた男。 原題 J. EDGAR 製作年度 2011年 上映時間 137分 脚本 ダスティン・ランス・ブラック 監督 クリント・イーストウッド 出演 レオナルド・ディカプリオ/ナオミ・ワッツ/アーミー・ハマー/ジョシュ・ルーカス/ジュディ・デン....
偉人の話かと思いきや・・・。『J・エドガー』 (水曜日のシネマ日記)
FBI初代長官ジョン・エドガー・フーバーの半生を描いた作品です。
J・エドガー 自らの権威にここまで執着する人物ってすごい!ってのを見事に描いていた (労組書記長社労士のブログ)
【=7 -0-】 最近、クリント・イーストウッド監督の作品は絶対に見逃せないと思っている。 封切りからずいぶん経ってしまったが、先日ようやく鑑賞できた(上映時間がなかなか噛み合わなかった) 期待を裏切らず、興味深い、のめり込める作品だった! FBI初代長官として...
J・エドガー (ダイターンクラッシュ!!)
2012年2月4日(土) 16:05~ 丸の内ピカデリー1 料金:1250円(チケットフナキで前売り券を購入) パンフレット:未確認 『J・エドガー』公式サイト FBI初代長官の話。 「アンタッチャブル」のような爽快な話ではなく、同性愛疑惑もあり吃音で実は小心者であると...
【J・エドガー】栄光の人物の光と影 (映画@見取り八段)
J・エドガー~ J.EDGAR ~ 監督: クリント・イーストウッド    出演: レオナルド・ディカプリオ、アーミー・ハマー、ナオミ・ワッツ、ジョシュ・ルーカス、ジェフリー・ドノヴァン、リー・トンプソ...
J・エドガー (Movies 1-800)
J. Edgar (2011年) 監督:クリント・イーストウッド 出演:レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、ジュディ・デンチ FBI初代長官として、約50年に渡り、君臨したJ・エドガー・フーバーの伝記映画。 アメリカの自由主義を脅かす外敵を排除すべく立...
J・エドガーという人 (笑う学生の生活)
1日のこと、映画「J・エドガー」を鑑賞しました。 イーストウッド監督、ディカプリオ主演 期待は高まるわけですが 50年もの間 権力を手にしたFBI初代長官 J・エドガー・フーバーの話 ストーリーは淡々と語られていき 伝記のようですね ちょっと 盛り上がりに欠けたか...
J・エドガー/J. Edgar (いい加減社長の映画日記)
FBIを築き上げた初代長官のフーバー。 ちょっと気になる人物だし、クリント・イーストウッド監督、レオナルド・ディカプリオ主演ということで、観たいと思ってた作品。 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 FBI初代長官として、アメリカの秘密を握ってきた男、J....
J・エドガー/J. Edgar (いい加減社長の日記)
FBIを築き上げた初代長官のフーバー。 ちょっと気になる人物だし、クリント・イーストウッド監督、レオナルド・ディカプリオ主演ということで、観たいと思ってた作品。 「オフィシャルサイト 」 【ストーリー】 FBI初代長官として、アメリカの秘密を握って...
J・エドガー (映画的・絵画的・音楽的)
 『J・エドガー』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)こうした実在の人物を描く作品はあまり好みませんが、クリント・イーストウッド監督(注1)が制作し、L・ディカプリオ(注2)の主演ということであれば、何はともあれ見ざるを得ないところです(同監督の『インビクタ...
J・エドガー (我が頭に巣くう映画達)
33点 2011年のアメリカ映画で、 監督はクリント・イーストウッド、 主演はレオナルド・ディカプリオです。 FBIの初代長官である、ジョン・エドガー・フーバーの 生涯を描いた作品です。 う~ん...
J・エドガー           評価★★★★85点 (パピとママ映画のblog)
「インセプション」のレオナルド・ディカプリオが、FBI初代長官ジョン・エドガー・フーバーに扮し、創設から50年もの間、そのトップに君臨し続けた権力者の隠された生涯を描く。監督は「ヒア アフター」のクリント・イーストウッド。共演は「フェア・ゲーム」のナオミ・....
映画『J・エドガー』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-17.J.エドガー■原題:J.Edgar■製作年、国:2011年、アメリカ■上映時間:137分■字幕:松浦美奈■観賞日:2月23日、渋谷シネパレス(渋谷) □監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド◆レオナルド・ディカプリオ(J.エドガー・フーバー)◆ナオミ...
J・エドガー (いやいやえん)
これイーストウッド監督作品だったんですねぇ。 ジョン・エドガー・フーバーといえばFBI。アメリカ犯罪史にとって重要な科学捜査を確立させ、指紋管理システムを作り大組織へと変貌させた男。実に48年もの間長官
猜疑心と虚栄心、そして愛 『J・エドガー』 (映画部族 a tribe called movie)
監督:クリント・イーストウッド出演:レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、ジュディ・デンチアメリカ映画 2011年 ・・・・・・ 6点
「J・エドガー」  !!(゜ロ゜屮)屮マザコンでホモかよ! (ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て)
レオナルド・ディカプリオ主演映画来ましたよ[E:sign03] しかも[E:si
J・エドガー (こんな映画見ました~)
『J・エドガー』---J. EDGAR---2011年(アメリカ)監督:クリント・イーストウッド出演:レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ 、アーミー・ハマー 、ジュディ・デンチ 初代FBI長官ジョン・エドガー・フーバーの生涯を、クリント・イーストウッド監....
【映画】J・エドガー…ヤッパリ、アメリカの昔話は退屈 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
一昨日、帰省する息子を小倉駅まで迎えに行った足で、そのまま「アイアンマン3」を観てきました 感想文は後日…といっても、まだ「アベンジャーズ」のもアップしていない私でした 早速ですが、以下は映画観賞記録です(もうすぐ1年遅れに) 「J・エドガー」 (監督...