相原言の『日々是好日』

日々の生活での出来事や鉄道模型工作、写真撮影等を日記と備忘録を兼ねて綴っていきたいと思います。

10系客車

2017年03月29日 22時33分55秒 | 懐かしの鉄道写真
久しぶりの「懐かしの鉄道写真」シリーズ

今回は2002年に家族で碓氷峠鉄道文化むらを訪問した際の写真から10系客車を。

碓氷峠といえば「シルエイティ」か「ハチロク」か、はたまた「ロクサン」か。


保存されている10系客車はオハネ12とオシ17、それからナハフ11です。
今回はオハネとオシを中心に。

何度見ても美しい10系寝台車のサイドビュー。
古臭くもあり、またモダンでもある、不思議なデザインです。

冷房用ディーゼルエンジン
通路側

寝台側


当時は車内に入ることが出来ました。今も入れるのでしょうか?
客室寝台部分。

既に「寝台では禁煙」のプレートが無くなっています。
寝台灯が懐かしいですね。
昼間時に、隣との仕切り板を跳ね上げられる構造になっているのがわかります。

折角なら人がいなくなってから、もっと丁寧に撮ればよかったと後悔。
でも、家族旅行なので仕方がなかったかもしれません。


冷房装置

配水管が通路側屋根まで真っ直ぐに伸びているのがすごい。
後付け感満載です。

その通路側屋根を外から。


洗面所

実車が現役時代に、外から見ると、窓の内側に棒の様なものが見えるのですが、それは既にありません。
多くの人たちが、新しい朝を迎えて、揺れる車内で顔を洗っていたのでしょう。

10系寝台車は上野→新潟間の急行天の川で1度だけ乗車経験があります。
全く覚えていないのですが、多分スハネ16だったはずです。

隣はオシ17です。
調理室側は全く残っていませんが、この客席側が素晴らしいです。

椅子やテーブル等の調度品が、ほぼ現役時代のまま残っています。
長距離急行列車には必ず連結されていた食堂車。
この写真を見ていても「カチャカチャ」と食器を運ぶ音が聞こえてきそうです。

う~ん、やっぱり10系客車は良いですね。
「人生を掛けて」とは申しませんが、模型化の際はこだわりたい題材の一つです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カメラストラップ

2017年03月26日 15時14分18秒 | 撮影機材
仕事から帰ると、最近、よく見るこの箱があります。


「お、今度は12-100mm PROか?」なんてことはありません。
もう、完全に弾(お金)は使い果たしました。
今年の大型の買い物は、もうありません。

今回、買ったのはこちらの商品。

カメラストラップです。

1本はE-PL7用。
メーカ純正品のCSS-S109LLIIライトブラウンです。


このカメラを買った時からこのライトブラウンのカメラケースとストラップは必ず買おうと思っていました。
この歳のジジィが言うセリフじゃないと思いますが、ホワイトのボディにこの組み合わせは「可愛い」と思っています。
家族で旅行などに出掛けた際も、いかつい「黒」のカメラよりは「可愛い」カメラのほうが写欲がわくというものです。

このストラップは本革で剛性があるので畳みにくく、収納性では標準ストラップ(黒色)のほうが良かったのですが、
「オシャレ」にはある程度、不便を許容する必要があると思い、このまま使用していく予定です。

もう一本はE-M1 Mark2用です。
こちらもメーカ純正品のCSS-P118です。


E-M1無印を使用していた際は付属ストラップを使用していましたが、かなり剛性が強く、一部では「荒縄の様に固い」と評されており
私も何か良いものがあればと探していましたが、YouTubeで「CSS-P118がよい」との話を聞き、購入することにしました。

やや「ヘラッ」とした感じがありますが、手に巻き付けて使ったりすることも出来るようで、収納も便利になりました。


これからは、楽しい撮影ライフが楽しめるように、ゆっくりと周辺アクセサリーをそろえていきたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

羽田空港&都電(その2)

2017年03月20日 22時04分23秒 | 撮影紀行
昨日の続きです。

午後から河岸を変えました。
東京都交通局荒川線(いわゆる都電)早稲田停留所です。
後から考えると、三ノ輪橋に行ったほうが良かったと思いました。

7000形に大規模な改修を行った7700形


オリジナルの7000形更新車の7001

やっぱり都電の塗装はこの色ですよね~
全部この色にすればいいのに(個人の意見です)。

7001の側面の表示

この部分だけ見ると昭和感が満載です。
思わず、うれしくなります。

沿線で適当な撮影場所を探します。

普通に撮影するとこんな感じですが


アートフィルターのラフモノクロームを使用して

こんな感じに。
いいでしょ?

雑司ヶ谷停留所にて

都電も随分、ハイカラになったもんだ。

マスコンハンドル

車両型式はわからないのですが、かなり新しい車両でした。
この写真もアートフィルターのラフモノクロームを使用して重厚感のある感じに。

7000形青帯車7022

こちらも悪くないですね。

荒川電車営業所。

敷地内には現在運用中の「いま風」な電車が休んでいました。

荒川車庫前に到着したのは17時30分頃。
「都電おもいで広場」は、16時までの営業時間で立ち入る事が出来なかったので、敷地外から撮影しました。

5501形。
言わずと知れたPCCカー。

その源流は、アメリカのウェスティングハウス(WH)社とゼネラル・エレクトリック(GE)社だったとか。
両社ともアメリカだけでなく世界的に有名な老舗電機メーカですよね。

隣に設置された電停の標識が懐かしいですね。

彼らが銀座通りを闊歩していたころ、本当にモダンな電車だったことは間違いありません。
運用期間は僅か13年、廃車後約50年を経過した彼らは、今、何を思うのでしょうか。

5501形の隣には7500形7504が展示されています。


だいぶ暗くなってきたので、面影橋停留場まで戻ることにします。

都会の夕方を路面電車は快走します。

この写真、ワイド端の12mmですが、結構揺れる車内から、シャッター速度1/6秒で手持ち撮影しています。

面影橋についたころはすっかり日も暮れていました。

この写真もワイド端の12mmですが、シャッター速度1秒で手持ち撮影しています。
特に力むことなく、ライブビューモニタを見ながら普通に撮影しました。


面影橋停留所に進入する電車

こちらも同じ条件です。

同じ条件と場所で友人(かなり上手い人)がE-M1無印で撮影していましたが、なかなか「カチッ」とは止まりませんでした。
E-M1 Mark2の手ぶれ補正機能は「5.5段」。E-M1無印の「4段」と比べて大幅に改善されている事が確認できました。

最後のカットは、やはり面影橋停留所に進入する電車を1秒で。

絵もちょっときれいかなぁ。

都電の撮影は、周囲が都会であるため撮影できる箇所が限られてくるので難しく感じました。
多分、撮影に適した個所も沢山あると思いますが、それはまたリベンジの時にでも・・・。

おしまい。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

羽田空港&都電(その1)

2017年03月19日 21時05分38秒 | 撮影紀行
三連休の初日。
いつも一緒に出掛けて頂ける友人とE-M1 Mark2を引き連れて撮影に出掛けました。

場所は羽田空港。
朝10時前に到着したときは既に国際線ターミナルと第2ターミナルの駐車場が満車で、第1ターミナルの駐車場も「まもなく満車」との表示が出ていました。

「快晴」とまでは言えませんでしたが富士山がうっすらと見えます。


羽田空港に撮影に来ることはめったにありません。
成田空港と比べると圧倒的な広さに感動します。


各地の空港を朝、飛び立った飛行機が次々と着陸します。

全日空のBoeing737-800


同じく全日空のBoeing777-300

昨日、福岡→羽田間で乗ったJA704Aはひどかったなぁ・・・(詳細省略)

大好きなトリプルセブンですが、就航からすでに20年を経過し退役が始まっています。

日ごろお世話になっているスカイマーク・・・てか一昨日乗ったな。
Boeing737-800


日本航空のBoeing767-300

少し「アートフィルター(ポップアートⅡ)」で遊んでみました。
結構いいでしょ?

午後から河岸を変えました。

明日に続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひこうきの丘&さくらの山 (E-M1 Mark2ファーストインプレッション)

2017年03月13日 23時16分29秒 | 撮影紀行
先週は、会社で年に一度のイベントがありました。

今年は精神的にも肉体的にも非常に激務の1週間で、来年は「体力作り」から始める必要があると思っています。

そんな状況ですから本来であれば、昨日(土曜日)と今日(日曜日)はタップリと休養するべきなのですが、早く新しい機材を使いたくて、頑張って成田空港まで出掛けてきました。

到着時は34L運用でしたので、新しく出来た「ひこうきの丘」に向かいます。

中国国際貨運航空のBoeing747-400

中国国際航空(Air China)とは別会社なんですねぇ。

日本貨物航空のBoeing747-8F

日本貨物航空ではこれからもBoeing747を使い続けるとか。
単純にうれしいことです。

途中から16R運用となり、さくらの山へ移動します。

今回、E-M1 Mark2を使って「あ、変わったな」と最初に思ったのはEVFの見え方です。
前回のモノサクでは、EVFのフレームレートを初期値の60FPSのまま使用していたのですが、これを120FPSにすることで移動する飛行機をフレーミングしながら追い続ける際に、残像が残らない感じになり非常に見やすくなりました。

日本航空のBoeing777-300ER

EVFが見やすいので、被写体を画角全体に納めるのが容易です。

全日空のBoeing787-8

メーカは「連写時のブラックアウトを改善した」と言っていますので、それも見やすさに貢献していると思います(「思います」としたのは、E-M1無印と撮り比べたわけじゃないのでよくわからないという意味です)。

E-M1 Mark2で大きく改善されたとされるAFですが、こちらも良くなっているようです。
今回、C-AFで撮影したのですが、ピントが来ていない写真は殆ど無く、普通にストレス無く撮影が出来ました。
ただ私の感じとしては「E-M1無印のC-AF撮影でも、この様な撮影条件でピントを外すことは有りますが、それほど多くも無かった」という印象です(あくまでも個人の感想です<(_ _)>)。

全日空のBoeing777-300ER

当日はフォーカスリミッターも設定しておきました。
この機能は、まだ効果を体感していませんが、良い機能だと思います。

アメリカン航空のBoeing777-200ER

いかにも「アメリカン」な塗装ですね。
通り過ぎる際にアメリカの国家が頭の中をよぎりました。

連写機能ですが、こちらはまだ、その良さを体感できていません。
いませんがE-M1無印の「L連写(最大6.5コマ/秒)」の感覚でE-M1 Mark2の「L連写(最大18コマ/秒)」を使用したため、撮影後のデータ整理が非常に大変でした。
また「L連写(最大18コマ/秒)」は電子シャッターなので、高速連写が出来るとか機械的振動が無い事等が良い点なのですが、「撮影している感」が乏しく撮影の楽しさに欠ける感じがしました(あくまでも個人の感想です<(_ _)>)。
ま、お互いの長所を活かして使用していけばよいかと思っています。

ユナイテッド航空のBoeing747-400

しっかり、撮影することが出来ました。

そして最後に・・・
家に帰って撮影された画像をチェックしていると「どうも画像が甘い」ことに気が付きデータをチェックすると、全てJPEGの「LN」で撮影されていました。
あ~ぁ、どうりでね。
E-M1ではJPEGの「LF」か「LSF」を常用していました。


大げさなタイトルにした割には内容の薄い投稿になってしまいましたが、これからも撮影を楽しんでいきたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

OM-D E-M1 MarkⅡ試し撮り

2017年03月05日 23時51分08秒 | 撮影紀行
今朝開封したばかりのOM-D E-M1 MarkⅡを持って、いつもの場所に行きました。

今週は、毎年恒例の会社イベントの為、明日の日曜日は出勤の予定です。
この為、日没までのわずかな時間ですが、撮影に行ってきました。

カメラバックに入れてきた取説を見ながら設定を変更しながら撮る。

(止まっていません)

また設定を変更しながら撮る。


日没・・・・

なかなか、思うとおりになりません。

週末は疲労困憊だと思いますが、撮影に行けたらいいなと思っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

OM-D E-M1 MarkⅡ投入!

2017年03月05日 22時22分58秒 | 撮影機材
オリンパスさんから箱が来ました。


箱が来たのは3月2日(木曜日)でしたが、開封は今日までとっておきました(笑)。

中から出てくるのは・・・・・・・


出た~

昨年12月に発売開始となったオリンパスOM-D E-M1 Mark2です。

中身はこんな感じ。

本体は一番下の真ん中にある黒い袋に入っていました。

取り出します。


早速、現行機(E-M1)と比較します。

正面から


上面から

事前情報では「大きさは殆ど変わらないが大きくなった」と聞いていましたが、全くその通りでした。

操作部の拡大

うん、どっちもかっこいい。

付属のストロボ。

角度が可変できる機構があり、しっかりした作りのストロボです。
でも殆ど使うことは無いと思いますが。


いやぁ、ついに買ってしまいました。

実はE-M1の後継機には、すごく興味がありました。
2016年9月にフォトキナで発表されると聞き、フォトキナの会場からオンラインで配信された発表会を、月曜日の午前2時頃から聞いて居ました。
「高速連写」「AFの追従性」「手ぶれ補正」等が改善されたとのこと。
そして、その後、日本に入ってくる情報は良いことばかり。
さらに、あの広田泉さんが、E-M1 Mark2のプロモーションに登場。
これは、もう「当然買うしかない!」と決めておりました。

ところが、最後に入ってきた情報が「価格が20万円超え」という最も悪い情報。
勝手に想定した価格の1.5倍!

流石にこの時は諦めようとしましたが、
①人生もいつまであるかわからない。
②「広田泉さんと同じ機材を使ってマトモな写真が撮れなければ、全て私のテクニックの問題」という、極めて判りきったことを証明したい。
③金は墓まで持っていけない(カメラも墓まで持っていけませんが)
という、自分でもわけのわからない理由から、正面強行突破を敢行しました。

お金がありませんから、結果的に最も安く変える方法-オリンパスのオンラインショップで購入しました。
現金をあちこちからかき集め、カメラに関わらず売れるものは売り、毎日Fotopusで必ずゲームをしてポイントを上限まで貯めた、その日に「ポチっ」としました。
製品は、発注後、1週間で無事に出荷となり、私の手元に来た次第です。


これから、しっかりと使い込んでいこうと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

CP+2017

2017年02月26日 22時01分55秒 | 日々の暮らし
久しぶりにCP+に行ってきました。
前回、行ったのは2012年なので、5年ぶりです。

いつものパシフィコ横浜


事前登録受付はかなり混んでいました。



この日は100%プライベートなのですが、ビジネスの札を(笑)。

今回も、この方の追っかけです。

しかもオリンパスブースで!

新製品のOM-D E-M1Mart2を片手に


作例です。

「太陽が昇る位置と時間を計算して、機関車の窓から朝日を抜く」そうです。
こういうことが出来る人を「プロ」と呼ぶのでしょうねぇ。
素晴らしいです。

お次は、こちらのブースで親子共演。


神様

神様は「あまり言いたくないのですが、GHは良いカメラです」とおっしゃっていました。

息子様

ジャケットを羽織っていますね。

お次は、こちら。

3社の講演の中で、こちらが最も技巧的で有意義でした(←個人の意見です)

この後、EIZOさんのブースで楽勝(諏訪さん、並木さん、広田さん)のトークショーがあったのですが、疲れてきたので早々に撤収することにしました。

散歩がてら、桜木町まで歩きます。


大都会です。


折角の晴天、青空なのでモノクロで(笑)。


最後に東急東横線桜木町駅の遺構を。

道路側から見ると、以前の趣を保っています。


裏側はこんな感じ。


カッターで切り取られた切断面。

廃止から大分経つので、痕跡が少なくなってきています。

で、無事に家に帰ってまいりました。
めでたしメデタシ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「ポチっ」
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ランボード組立て、雨樋取り付け

2017年02月19日 23時46分55秒 | 鉄道模型:ED70
この週末は工作室に入り込んでいろいろと作業をしていましたが、工作室の片付けなどを並行して行っていたので、工作はあまり進捗がありませんでした。
(本当は、ただ単に工作が遅いだけです。)

ランボードは組立て終了。

組みあがったランボードの側面を気持ちよくヤスっていたら、ランボードの足が薄くなりすぎてペナペナになったことは秘密です。

こちらも、初期段階で気持ち良~く削り取った雨樋の修復を行います。
雨樋材は、t=0.2mm、幅0.5mmの帯材を適当に取り付けます。

ところが、どうも上手く出来ません。
出来はテレテレです。


「確かEF65-1000の時も同じように作業した気がした」と思い、改めて自分のブログを見直したらt=0.3mmの帯板を使っています。
なるほどねぇ。

最近、ほんと物忘れがひどくて・・・・。
健康診断の問診の時に、担当医に相談してみましょうか。

雨樋は、やり直すにしても材料が無いので、このまま目をつむるか、剥がしてやり直すか思案中です。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

リハビリ3-ランボード組立て

2017年02月16日 23時58分08秒 | 鉄道模型:ED70
昨日に引き続き、ランボードの組み立てを行います。

今日は、はんだ付けは行わず、
 (1) ランボード上板の端面出し
 (2) 接合面の磨きだし
を行いました。



地味な作業ですが、出来上がった時に「ムフフ」と独りで楽しめる箇所なので、のんびりと作業を行います。

最近、「人生、いろいろな事があるなと」思います。
嫌な事やイライラすることも沢山ありますが、会社から帰宅後、こうして模型工作を楽しめることは本当に幸せな事ですし、私の人生に関係して下さっている全ての人たちに感謝です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リハビリ2-ランボード組立て

2017年02月15日 23時58分22秒 | 鉄道模型:ED70
あまりにも模型工作の中断期間が長かったもので、模型を見ても何から手を付けていいのかわからない状態です。
なので、大勢に影響のない(?)ランボードの組み立てから始めます。

工作台に向かうと、いろいろと見えてきます。

何が?
人生が?

いえいえ、不足している工具や部品等です。

はんだ鏝の先も大分傷んできました。
カッターの替え刃がありません。

ランボードの上板の端面をやすりで仕上げます。

上が仕上げ前、下が仕上げ後。

長浜の保存機を見ると、ランボードの端面はきれいに板の厚みが出ています。

ほらね。

ま、こんなところを仕上げても、模型としての出来が格段に良くなるとは思っていませんが。
自己満ですよ自己満。

で、今日の出来高。

ランボードが3枚。

大小合わせて残り7枚です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リハビリ・・・・

2017年02月14日 23時47分30秒 | 鉄道模型:ED70
久しぶりに古い模型を引っ張り出してきました。

2年ぶりにしげしげと眺めてみると、組も雑だし、加工も雑だし。
特に前面部、貫通扉の埋め込み加工。

それでも勇気(?)をふり絞って、次回からの工作の手順を考えます。
つぎは雨樋の取り付けですね。

ランボードと屋根板の幅を考えながら、取り付け位置を考えるとしましょう。

今日はここまで。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年01月26日 23時09分07秒 | 鉄道模型
今日のお昼休みに、疲れた体を引きずって、会社の下にある本屋さんに入りました。

「ま、大したモノは無いだろうな」と思いつつ、書棚を眺めると・・・・・・

「・・・・・・・!」


こちらの2冊の本が、私に向かって「オイデオイデ」をしておりました。

何でこの時期に、示し合わせたかのように「10系」と「20系」なんでしょうかねぇ。
どちらの形式も、一応、資料としての書籍は足りているのですが、買わないわけにいかないですね。
2冊まとめて買うと、ちょっとお高いのですが、この2冊があれば、この週末の心の安定は保たれると思います。

それにしても、この2形式。美しいですねぇ。
20系も美しい。でも10系寝台車は、本当に美しいです(←あくまで個人の見解です)。

10系寝台車は、昭和45年頃、急行「天の川」で乗車しました。
残念ながら10系寝台車はこのとき限りです。

20系寝台車は、昭和49年に中学校3年生の修学旅行で、青森→上野間を特急「ゆうずる」に乗車。
同じルートを昭和55年頃(定かではない)急行十和田に乗車しました。
寝台列車は好んで乗っていたのですが、意外と少ないです。

両形式とも、ちゃんとした模型にして、手元に置きたいものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年初詣

2017年01月15日 21時51分20秒 | 日々の暮らし
少し遅くなりましたが、初詣に出掛けました。

相原家では、毎年、地元のお寺に行きます。
そのお寺は、比較的有名なお寺で、お正月3が日の参拝者数が300万人を超えます。
なので少し遅れて、毎年、この時期に行くことにしています。

そのお寺は成田駅から歩いていきます。

しばらく見ない間に、駅前に見慣れないハイカラな建物が出来て、イメージが変わっていました。

この時期には駅前で護摩祈祷の受付をしてくれます。

便利ですねぇ。
受付から1時間後に、本堂でお札を受け取ることが出来ます。

参道をてくてく歩いていきます。

「金時の甘太郎 」さんで「あずきあん」を頂きます。

寒い時にこれを「ホフホフ」しながら食べるのが好きです。

おせんべい屋さんは、参道に何軒かありますが、相原家はいつもこのお店です。

「櫻せんべい阿部商店」さん。

参道の途中にある薬師堂です。


この薬師堂、成田山の旧本堂です。

実は、私も先日放映されたNHKの「ブラタモリ×鶴瓶の家族に乾杯 2017初詣スペシャル」で初めて知りました。
現在の本堂の前の前の前の本堂だそうです。

さらに参道を進みます。


この界隈では、最も古き良き時代を残す建物の「大野屋」さん。

外観も素晴らしいがですが、1階内部の構造も歴史を感じさせる建物です。

総門をくぐり、階段を上ると本堂が見えてきます。

これは1月14日(土)の朝9時30分の写真です。
まだ空いています。

古いお札を納めて、参詣後に新しいお札を頂き、初詣は無事に終了しました。

成田駅前のミスドで温まってから


大好きな「とんQ」さんでお昼を頂き、帰途につきました。


相原家の2016年は、お陰様で良い1年間を過ごす事が出来ました。

2017年の目標は、生活に「新しい風」を取り入れようと思っています。
もうすぐ60歳ですから、出来る事と出来ないことをしっかりわけて。
今まで習慣(生活での常識?)を見直して、自分の心の中を新しい風が吹き抜けるような、そんな1年にしたいと思います。

あらためて「今年1年、よろしくお願いいたします」<(_ _)>
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年初工作

2017年01月09日 23時33分55秒 | 鉄道模型:キハ22
2017年。
皆さん、いかがお過ごしですか?

私は相変わらずダラダラと過ごしております。
人生、もうすぐ60年経ちますが、その時は「精一杯」なのでしょうが、後から振り返ると「たいしたことしてねぇなぁ」と思う、ぐうたらな人生です。

今年は「シャキッ」としたいですね。

この三連休で皆さんのFB(← そうなんですよ、最近、皆さんFBですね)を見ていたら、模型工作がしたくなって、久しぶりに工作室に入りました。

以前から超~悩んでいるキハ22の仕切り板を検討しています。


正直言うと、
私は内装(座席等)を付けるのが嫌いです。面倒くさいから。
私は電装(照明等)を付けるのが嫌いです。面倒くさいから。

しかし、どうもこれがないと運転会などで自己主張が少ないので目立たないきがして。
現在工作中のキハ22とキハユ15は座席と照明を入れたいと考えています。

ですが、どうやって入れたらよいか、さっぱり思い当たりません。

で、とりあえず、車内の仕切りから入れてみることにしました。
作っていけば何とかなるでしょう。

写真は、アングルの代わりに取り付ける枠板(中抜き前)に仕切り板(運転席側)を付けたところです。今回は、塗装後に組み立てられるように考えてみました。

しばらくは試行錯誤の亀工作です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加