より一層の知識と光を求めて・・・・

時に末日聖徒/モルモン教への私見含むメモ帳にて御座候 ほな毎度どんもにて 御きげんよろしゅうで御座候

日本の教会員数  その7

2017-03-07 22:13:49 | 福音と教会

前回 日本の教会員数  その6  2014-04-02

 2016年の統計は、来月4月の総大会時に発表でしょう。

「先程, 菊地長老はグラント大管長がその
一行と日本の地を訪れた時のことをお話に
なりました。グラント大管長はかつてこの
ように記しています。


『私には, この伝道部が教会の中で最も
成功した伝道部のひとつになるという揺る
ぎない確信がある。最初はゆっくりとした
歩みかもしれない。しかし刈り入れは偉大
なものとなり, やがてそれは世の人々を驚
かすものとなるであろう。神がそのみ手を
この国の上に注いでこられたからである。』


私は, グラント大管長がこの言葉を述べ
た時, 予言者として語られたことを信じて
います。今, この日本の地には約5万人の
末日聖徒がいます。

この国旗に象徴されるように, この国
はまさに「日出ずる国」で同様に私は, こ
の国が「教会の出ずる国」であると感じて
います。

そこで今日ここに集っている皆さんにひ
とつのチャレンジを差し上げたいと思いま
す。私は5年前にこの地を訪れた時, 神殿
が建設されるまでに教会貝が5万人になる
よう努力して欲しいと申し上げました。し
かしほんのわずか及ばなかったようです。
現在, 教会員数は48,627名だと聞いていま
す。・・間・・ただ今菊地長老が, 今月その5
万人を達成したと教えて下さいました。(笑
い) スバラシイ! 兄弟姉妹の皆さん, 本当
に素晴らしいことです。

では, 今から5年後のことについて考え
てみましょう。その時, 日本の教会員は10
万人になるでしょう。そうするためには,
毎年1万人の教会員が増えればよいわけで
す。私は, 皆さんがそれ以上にできると思
います。皆さん方が必ずそれ以上のことを
達成することを知っています。またそうで
きることを確信しています。また主の祝福
があって, 皆さんはそれ以上のことを達成
できると思います。

兄弟姉妹の皆さん, 必ずできます。皆さ
んはすでに何ができるかを証明して下さい
ました。しかし, まだもっと偉大なことが
起こるのです。」

ゴードン・B・ヒンクレー長老

『聖徒の道』1981年1月号・東京・大阪地域大会特集号、p24~
(東京神殿の奉献後翌週くらいに二つの地域大会が開催された)

 

まぁ、今後、教勢が大きく変わっていくのかもしれないし、或いは、その予言が成就したということなのかな、拙速バプテスマで?   拙速(せっそくと読むんですね)
      http://blog.goo.ne.jp/numano_2004/s/%E6%8B%99%E9%80%9F

 

2004年に12万台になって、2015年128,216。11年間で日本全国約8000弱の増加ですかぁぁ。

そのうち、少なくとも半分の4000弱は、お休みなんだろうか??

全国で毎日曜の推定出席数は、25,000--30,000人。

2001年くらいから、なかなかね。ワード数、支部数、13個、35個、減りましたかぁぁ。

 

 

 http://www.cumorah.com/index.php?target=countries&cnt_res=2&wid=109&cmdfind=Search

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 英国歌の調べは フリーメイ... | トップ | ジョン・ハンツマン ロシア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL